黒ギャル考察

黒ギャルヒロインのエロ漫画作品における役割への一考察②~タイプ別の作劇における役割~

 どうも、当ブログ管理人のへどばんです。先日までの猛暑が嘘のように、ここ数日は涼しく感じますね。元より酷暑で体も弱っておりますので、読者諸氏におかれてはご自愛くださいませ。

 管理人は相変わらず黒ギャルVtuberの皇牙サキさんが大好きで、なるべく配信は生で見て、アーカイブも欠かさず観ております。雑談でも朗読でも変わずに窺わせる教養の広さにはビビりますね。チャンネル登録、しよう!


  さて、黒ギャルヒロインについての前回の考察では、エロ漫画に登場する同種のキャラクターをBitch型(B1型およびB2型)、Encourager型(E1型およびE2型)、Acceptor型およびFool型の4タイプ(より細かくは6タイプ)に分類しました。
今回の考察では、前回の予告通りにこのタイプ分けに基づいて黒ギャルヒロインの作劇・エロシチュ上の役割を考察しましたが、エロシチュエーションについてはかなり多様で一定の傾向を客観的にお示しするだけのデータ採取が出来ていません。このため、主に男女の関係性という作劇上の軸となる要素について、各タイプの特徴を抽出することを主たる目的とし、エロシチュについては補足的な記述に留めています。
  なお、本考察中で、“セックスに対する促進要因と阻害要因”という用語を用いていますが、これについては該当の考察記事をよろしければご参照下さい。また、“優位性”という単語を用いており、群れの中での社会的優劣を示す英語のDominationに近い意味を想定していますが、それよりは緩やかに作中で登場人物が属するコミュニティや対人関係における強さ・積極性などを含めた定義とご理解頂ければ助かります。

【Encourager型】
スライド1
  Encourager型の黒ギャルヒロインはその名の通り、男性キャラクターに活力を与えるタイプのヒロインです。
このタイプは、「作品開始時」において優位性が低く、また優位性を高めることに消極的な男性キャラクター(図においては男性キャラを示す青い四角とそれに付随する下向き矢印)に対して強く作用し(図中の橙色矢印)、「作品終了時」において男性キャラクターの優位性およびそれに対する積極性を増加させます。ヒロイン自身は常にポジティブであり、男性に対する高い優位性を保ち続けます。これは支配/被支配といった関係性ではなく、黒ギャル側が所属コミュニティにおける一種のメンターとして機能していると言えます。また、恋愛関係の成立(E2型)は、この男女間の優位性の差が減少し、対等性が獲得されることで可能となります。
  この構図において、セックスに対する主要な阻害要因は「男性キャラクターの消極性・自己評価の低さ」であり、促進要因は「女性キャラクター(黒ギャルヒロイン)の好意・性的欲望」です。また、後者が前者を乗り越えていくという流れが作劇として重要になります。
  エロシチュエーションとしては明確に女性上位な導入が多いものの、男性側に自信を持たせるという性質なヒロインであるため、男性キャラクターに一定の主導権を持たせ、努力・奮起を促すことが多いことも特色と感じます。

【Bitch型】
スライド2  このタイプでは、Encourager型よりも男女間の優位性の差は小さいですが、ヒロインの性的好奇心や性的欲望が容易に叶えることができる関係性という意味で、ヒロインの優位性が高い状態から始まると考えられます。
 作劇において「女性キャラクター(黒ギャルヒロイン)の性的欲望」という促進要因が圧倒的に強く、強いて阻害要因を挙げるのであれば「男性キャラクターの羞恥心」程度でしょう。男性キャラクターは優位性獲得に対する積極性は+であることも-であることもありますが、その動向は作劇面であまり大きな影響を持ちません。女性側の促進要因が作劇を強く支配しているのが、当然と言えば当然ですが、Bitch型の特色です。
 基本的に明確な恋愛関係の成立が生じないB1型は、「作品終了時」において男性に対する高い優位性を維持するのに対し、恋愛関係が成立するB2型は、ヒロイン側が優位性を低下させて男女関係の対等性を獲得するタイプと言えます。女性側の促進要因が駆動する作劇は、男性にとって棚ボタ的な状況を形成しやすく、ヒロインが(基本的に自ら)優位性を下げてきてくれる展開、例えばヤンキーがデレるの意味でのヤンデレなどはこの棚ボタ的な幸福感を伸長するものと言えます。
  エロシチュエーションとしてはやはり明確に女性上位な導入が多く、男性キャラクターに主導権を渡すことがあっても、それはヒロイン自身が気持ち良くなるためという描き方が多く、奔放で容易に支配できない存在として描かれています(だからこそ排他的な恋愛関係が生じると嬉しいわけです)。

【Fool型】
スライド3  Fool型は、優位性に対する高い積極性を持ちながら(図中のピンク色四角とそれに付随する上向き矢印)、それが他者、特に悪意を有する男性キャラクターによって利用されることで(図中の緑色矢印)、自身の優位性を喪失するタイプのヒロインと言えます。
  Bitch型と同じく、セックスに対する促進要因としては「女性キャラクターの性的欲望・性的好奇心」が明確でありつつ、ヒロイン側にそれ以外の要素例えば「社会・家庭への反発」「男性キャラクターへの好意」などが付随し、かつ男性キャラクター側の促進要因として「性的または金銭的な搾取の意図」などの悪意が性的欲望に付随することが作劇上の大きな特色と言えます。
  エロシチュエーションとしては、凌辱系統やそれに近い要素を含む乱交・寝取られ系統が多く、性的に奔放であることが“強いこと”“自由なこと”と信じた結果、それを利用されて酷いことになるという傾向が認められます。

【Acceptor型】
スライド4 Acceptor型では男女間の優位性に明瞭な差は元からなく、男女が互いの対等性を相互認証することによって恋愛関係性を成立させるタイプと言えます。これは黒ギャルヒロインだけではなく、一般的な恋愛系作品で非常にポピュラーな構図と言ってよいでしょう。
男女ともに、「性的好奇心」「相手への好意」といった促進要因を持ちながら、「性的なことへの羞恥心」「自身やコミュニケーション能力への自信の無さ」といった阻害要因も有しており、優位性獲得への積極性も+と-の双方を備えています(図中の四角に付随する上下の矢印)。
 「作品開始時」と「作品終了時」図として非常に動きが無いのですが、これは決して作劇として動きがないのではなく、“実際には既に存在している対等性を相互が如何に確認し上げることができるのか”ということを前述の促進要因・阻害要因を絡めながら描く作劇となっており、恋愛ストーリーとしては大変にポピュラーなものと言えます。
  エロシチュエーションとしては明確にラブラブH系統がメインであり、性癖や性的経験の少なさなども含めて、恥ずかしいと感じることを相手に受け入れて貰うという構図が特色と言えるかもしれません。

  多々例外というかバリエーションはありますが、作劇の大まかな構図において各タイプの果たす役割は以上のようにまとめることが可能であろうと考察しました。
Acceptor型をやや例外として、他の3タイプはいずれもヒロインの優位性、および優位性獲得への積極性がキャラクターの位置付けとして重要と言えます。それがヒロイン自身にとって上手く機能するのが、Bitch型やEncourager型、上手くいかないのがFool型と分類できます。
img315物凄くざっくり言うと“黒ギャルは強い(強そう)”というのが重要なわけですが、これはかなり大事なファクターとして管理人は考えていまして、“黒ギャル”というある種の異装をすることと、強くあること・自由であることの認識を、キャラクター自身が踏まえていることも多いと感じています(←参照 “地味な私”からの変貌 篠塚醸二(2017)『やさしいせかい』収録作「あたらしいわたし」より, p144, ワニマガジン社)。
  なので、次回の考察では、せっかく黒ギャルヒロインデータベースも拡充中ですので、“黒ギャルヒロインが異装として何を身に付けているか”という点に着目した記事を書く予定です。

次回につづく

黒ギャルヒロインのエロ漫画作品における役割への一考察①~黒ギャルヒロインの定義と類型化~

 どうも、当ブログ管理人のへどばんです。世間では三連休ですが、管理人の休みは今日だけなんですよね・・・。世知辛いのじゃ~と呟きたくもなります。

 以前にも言及しましたが、黒ギャルVtuberの皇牙サキさんに相変わらずハマっております。漫画の語りが一番好きなのですが、最近はゲーム配信とか朗読とかもされていて、これまでとはまた異なる魅力を発揮されているなと感じます。大変お勧めなので、チャンネル登録とか皆さんもしましょう!



  さて、本記事は久しぶりの本格的な考察記事で、エロ漫画の黒ギャルヒロインの魅力や役割について考察していくシリーズの第1回となります。
 なぜ黒ギャルヒロインに着目したかというと、一つは単純に管理人が好きな属性だからです。エロ漫画レビュワーとして幸いに10年もレビューを書き続けてきましたが、まぁ何時突然死するかも分かりませんので(とはいえ、健康体ですのでご安心ください)、好きなものについてちゃんと考察しておこうという次第であります。
 もう一つは、こちらの方が重要なのですが、黒ギャルという属性が現実世界ではかなり下火になっているのに対し、エロ漫画を含めたオタクコンテンツ的なジャンルにおいてはむしろそのポピュラーさを増しているという現象の面白さがあるからです。
例えば『チョベコミ』(東京三世社)掲載作での黒ギャルヒロインは、雑誌自体がAV雑誌ということもあって、現実に存在した黒ギャル(ガングロギャル)のイメージを明確に持っていたのに対し、近年の黒ギャルヒロインというのは、オタク的コンテンツの中でイメージが反復・再生産される中で、現実の属性と異なる独自のキャラクター性を獲得していったように感じます。
  管理人は、エロ漫画作品の骨子は、セックスに対する促進要因が阻害要因を上回っていく過程にあり、それら二つの要因はヒロインのキャラクター性やサブジャンルによって定義づけられると考えています(詳しくはこの考察記事をご参照下さい)。
エロ漫画の中で形成されていった黒ギャルヒロインというものの魅力とこれらエロ漫画の構成がどのように結び付いたかを考えたいというのが、本記事のモチベーションとなっております。

 本記事においては、以下の①~③に該当する女性キャラクターを“黒ギャル”として定義しています。
①作品タイトル、作中での会話やモノローグ、作者による人物紹介等で“黒ギャル”または“褐色ギャル”と呼称されているキャラクター

②作品タイトル、作中での会話やモノローグ、作者による人物紹介等で“ギャル”と呼称されており、そうでないキャラクターと明確に判別可能な程度を以て、肌が日焼けしている状態がトーン等で表現されているキャラクター

③日焼けをしていないキャラクターと明確に判別可能な程度を以て、肌が日焼けしている状態がトーン等で表現されており、染髪や派手な化粧・アクセサリー、若者言葉の多用などの特徴が認められ、以下の者を除いたキャラクター
1)屋外作業、屋外スポーツ等によって非意図的に日焼けしていることが明示、または強く推察されるキャラクター
2)外国人等、生得的に褐色の肌を持つキャラクター
3)    現代日本ではない世界設定を有する作品に登場するキャラクター

 ①および②は確実に定義できるのですが、③の1)において除外されるキャラクターのうち、マリンスポーツ等のある種リア充的な要素をとの関連が深いキャラクターについては黒ギャルとして定義するか悩んだのですが、一応定義の厳密さを重視して今回は外しております。今後黒ギャルヒロインについて考察する上で、他の褐色肌のキャラクターにおける特性との対比は重要だと考えていますが、今後の課題としておきます。

 この定義に基づき、作中において一定の描写量があり(モブ的なキャラクターを除くため)、かつ黒ギャルと非黒ギャルの二つの状態が存在する場合は黒ギャルの状態でエロシーンが存在しているキャラクターをピックアップしました。
近年における黒ギャルヒロインの特性を調べたいということもあり、2014年以降に発売された単行本で筆者が所蔵している大よそ500冊程度を調べ、上述の定義に当てはまる91名の黒ギャルヒロインについてリストを作成しました。リストは本記事の末尾に表示しておきます。

 さて、黒ギャルというキャラクターにもさまざまなタイプがおり、このキャラクター属性を考察していく上では、それぞれのタイプに分類して、その特徴やエロ漫画における役割を調べていく必要があります。おっぱいのサイズとか着目すべき要素はありますが、上述した様に筆者は作劇やエロシチュの形成におけるヒロインの特性の役割に着目していますので、そういった外見的要素は分類の基準としては排除しました。本記事は、作劇の中での立ち位置として、黒ギャルヒロインの類型化を試みています。
 ヒロインのキャラクター性を数値化するというのは、極めて困難な作業なのですが、分類においては必要な作業です。本記事においては、以下の目安において作中の描写から二つの順序尺度を設け、各キャラクターについてその数値を記録しました。
【性的積極性】
+2:ヒロインが明確に性行為への導入を主導する
+1:ヒロインによる性的な言動、誘惑などが明示される)
-1:ヒロインによる性行為への羞恥心・抵抗感等が明示される
-2:ヒロインが明確に性行為を拒絶する
(0はどちらとも言えない、または+-の両側面がある場合)

【関係の良好性】
+2:作品終了時において、恋愛関係や強い信頼関係など、ポジティブで持続性を有する男女関係が形成されている
+1:作品終了時において、セックスパートナー等を含め、持続性を有する一定の信頼関係が男女間に形成されている
-1:作品終了時において、支配-服従関係など、持続性を有する対等ではない関係性が男女間に形成されている
-2:作品終了時において、既存の関係性が破綻を迎える、男女の片方が不幸になる等、関係の破断や劣悪化が生じている
(0はどちらとも言えない、または持続的な関係性が生じない場合)

 実際には他のパラメーター、特に男性キャラクターとの関係性における優位性なども尺度化したのですが、とりあえずこの二つの尺度で大まかに特徴を掴めたので、この2軸を用いて分類しました。他のパラメーターについては、本記事において各分類を定義した上で、各因子との関係性を今後に考察してきたいと考えています。
まず、図1に二つの順序尺度を軸として、各組み合わせの観察個体数を併記した散布図を示します。
Fig.1








 散布図では右上側に大きい円がまとまっていますが、これは黒ギャルヒロインでは性的積極性が高いキャラクターが多いことを示しており、性的積極性の数値が2のキャラクターが占める割合は69.2%と3分の2以上を占めています(1を含めると80.2%)。黒ギャルヒロイン以外のタイプの女性キャラクターにおける分布と比較しないと、必ずしも黒ギャルヒロインの性的積極性が突出して高いとは言えませんが、黒ギャルヒロインというものが性的積極性の高さ、エッチなことにぐいぐい迫ってくる状況と強い関係性を有していることは確かでしょう。
 関係の良好性が2または1のキャラクターが占める割合は53.8%と、比較的良好な関係性を築くことが多く、これはそもそもエロ漫画ジャンルの主流としてラブコメ・エロコメ系が多いことに由来していると考えられます。その一方で、関係の良好性が0のキャラクターが占める割合は26.4 %と4分の1以上を占めており、これも黒ギャルヒロイン以外のタイプの女性キャラクターにおける組成と比較しないと明言できませんが、セックス以外の明確な関係性の構築が描かれないキャラクターがそれだけ存在するのは特徴的と思われます。

 これらのパラメーターによる分類を踏まえた上で、作中におけるヒロインの役割や描写から、黒ギャルヒロインについて以下の4タイプ(より細かくは6タイプ)にカテゴライズしてみました。
以下に各タイプの定義を表記します。
・Bitch型
 男性キャラクターとの性行為への導入において、強い性的積極性を発揮し、それにおいて金銭欲や性的欲求等、自身の欲求・欲望を満たすことが主眼となっている黒ギャルヒロイン
①Bitch型において、主人公格の男性キャラクターとの間に持続的な関係性が構築されない、またはセックスフレンド等、性的な関係性に留まるタイプのキャラクター(B1型)
②Bitch型において、主人公格の男性キャラクターとの間に恋愛関係を中心とした持続的、排他的な関係性が構築されることになるタイプのキャラクター(B2型)

・Encourager型

 男性キャラクターとの性行為への導入において、強い性的積極性を発揮し、結果として男性キャラクターの内向性、コンプレックス、精神的閉塞感などネガティブな面を払拭し、彼らに活力を与える構図が主眼となっている黒ギャルヒロイン
①Encourager型において、主人公格の男性キャラクターとの間に持続的な関係性が構築されない、またはセックスフレンド等、性的な関係性に留まるタイプのキャラクター(E1型)
②Encourager型において、主人公格の男性キャラクターとの間に恋愛関係を中心とした持続的、排他的な関係性が構築されることになるタイプのキャラクター(E2型)

・Acceptor型
 男性キャラクターとの性行為への導入において、性的積極性が弱く、男性キャラクターの欲望・願望を受容することに主眼が置かれ、主人公格の男性キャラクターとの間に恋愛関係を中心とした持続的で一定の排他性を有する関係が構築される、または作品冒頭からされているタイプのキャラクター(A型)

・Fool型
 男性キャラクターとの性行為への導入において、性的積極性の強弱に関わらず、男性キャラクターの欲望・願望を受容させられることに主眼が置かれ、性愛関係を通じて既存の関係性や状態が損壊されることになるタイプのキャラクター(F型)

・Others型
以上の分類に当てはまらないキャラクター または男性キャラクターとの人間関係がほぼ描かれないキャラクター

  実際にはこれらのタイプ分けはかなり難しく、例えば恋愛関係の成立をほのめかしてはいるが確実な描写がない場合などは、B1型とB2型(またはE1型とE2型)の分類は曖昧になりますし、そもそもB型とE型の区別自体も難しいところがあります。
このタイプ分けは筆者の主観にも強く影響されていることは注意すべきですが、黒ギャルヒロインの大まかな傾向を網羅することは可能かと思っています。
まず91名の黒ギャルヒロインについて、各タイプの割合を図2に示します。

Fig.2









 次いで、前述した二つの順序尺度の組み合わせ毎に各タイプの割合を示したものを図3に示します。
Fig.3













 二つの尺度に基づいてタイプを設定したため、当然ではあるのですが、各タイプは散布図上で一定のまとまりを形成しており、例えばBitch1型は性的積極性が1~2・関係の良好性が0~1に集中して分布することが分かります。
Encourager型とBitch型を分別するパラメーターが入っていないので、両者が混在しているのですが、E2型は性的積極性が2・関係の良好性が2のみに分布し、E1型は性的積極性が2・関係の良好性が0に集中する傾向が認められます。個体数の少なさが影響している可能性はありますが、Encourager型とBitch型が作中で果たす役割の違いとも関係していそうで興味深くあります。
各タイプの分布を散布図上で概念的に表示すると図4のようになります。
Fig.4
   このパラメーターとタイプ分けで黒ギャルヒロインの類型化が頑健な状態にあるとは思っていませんが、ある程度特徴を抽出することが出来たと考えていますので、次回以降の考察ではこのタイプ分けに基づいて黒ギャルヒロインの作劇・エロシチュ上の役割について考察を進めていきたいと考えております。
次回につづく

考察に用いた黒ギャルキャラクターのリスト
list
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ