同人関係

小梅ちゃん可愛いよ小梅ちゃんな雑記

どうも、当ブログ管理人のへどばんです。モバマス、MM特訓したメイド小梅ちゃんを育成する日々でございます。通常レアでは守備型ですが、イベントレアではすっかり攻撃力が強くなってまして、双方を守備と攻撃のフロントに入れて可愛がっております。
それはともかく、拙著同人誌『EroManga Lovers』シリーズに関していくつかご報告がありますので、当雑記にて述べさせて頂きます。

 まず、『EroManga Lovers Vol.4』の告知の際にお約束しました通り、今回もその売り上げから以下の様に寄付させて頂きました。
実在児童の人権擁護基金様:3万円 (参照:同基金による寄付の公表希望者リスト
日本コンテンツ文化研究会様:3万円 (参照:払込書のコピー

 前回のVol.3よりも寄付の金額が少なくなっており、大変申し訳ありません。
今回から同人誌の編集を自分で行っているため、それに用いるDTPのソフトウェアに必要な費用や、当同人誌のアンケート調査や各種連絡に御協力して頂いた方への献本約150冊などに関わる費用などが嵩んでおり、このような結果となってしまいました。
現状、収支としては赤字となっておりますが、当サークルは今後とも表現規制に反対する団体への支援を出来うる限り続けて参りたいと思います。
勿論、同人誌をお求め頂いた皆様があってこそ、こういった寄付が出来るわけで、そのことについても心からお礼申し上げます。

 現在の『EroManga Lovers』シリーズの在庫状況ですが、先ず、新刊であるVol.4は以下の2書店で委託した在庫がまだ残っています。(共に『EroManga Lovers Vol.4』の紹介ページへ)
コミックZIN
ダイトアイテム

Vol.4の内容は、これまでの『EroManga Lovers』シリーズで最高のものだと自負しておりましたが、人気・反響は芳しくないのかなぁと感じております。
書き手としては忸怩たるものはありますが、次回以降の参考にしていきたいと思います。もっとも、『EroManga Lovers』シリーズの意義や目的にブレが出ない様に心掛けないといけないとも改めて感じております。

 なお、『EroManga Lovers』シリーズのVol.1は僕の手持ちも含めて完全に在庫なし、Vol.2とVol.3はダイトアイテムさんで少し在庫が残っているようです。
“エロ漫画用語の基礎知識編”から“エロ漫画ジャンルの今 編”に移行したこともあり、また、再販の要望も少ししか聞いておりませんので、Vol.1からVol.3は絶版にする予定です。
とは言え、まだ収録したい用語や要素もありますので、新規書き下ろしを加えて“エロ漫画用語の基礎知識編”完全版みたいな本を作れたら面白いかなと思っております。

では、次回のレビューにて

評論サークル“New Wave Of Japanese EroManga Critique”代表
へどばん拝

秀家ちゃんin八丈島な雑記

 エロ漫画新刊ラッシュの月末で大童の当ブログの管理人・へどばんです。録画してそのままになってしまっているアニメとか、途中まで読んで止まっている小説とか、何とかしたいものですなぁ。
もっとも、エロ漫画を含めて漫画は読まずに溜めてしまうことはまずない(レビュー執筆はともかく)というのは、こういったブログを書いている故の習慣でございましょうかね。

 今回は、夏コミで好評を頂き、持ち込み分を完売致しました拙著の新刊同人誌『EroManga Lovers Vol.4』についていくつかお知らせを。
 先ず、これまでと同様、サークル“フラクタル次元”のたーくんさんにご協力を頂きまして、来る9月2日にインテックス大阪で行われる同人誌即売会・コミックトレジャー20にて先方のスペースに新刊を委託させて頂きます。
フラクタル次元さんのスペースは “4号館 キ11a”となっております。詳細は先方様の案内もご覧下さいませ。
 なお、既刊である『EroManga Lovers』Vol.1~3に関しては、夏コミで全て出たこともあり、手持ち在庫がゼロなので委託はございません。Vol.2とVol.3はダイトアイテムさんで少しだけ残っている様なので、 もしお求めの方がおられましたらご検討下さいませ。

 加えて、『EroManga Lovers Vol.4』は、現在以下の2書店様でも委託を受けて頂いております。
コミックZIN
ダイトアイテム

 本同人誌の核となる、作家さん117名のアンケート調査によるデータは本当に貴重で、非常に面白いものと自信を持って言えるので、是非お求め頂ければと思います。レビューおよび評論活動にとって重要なモチベーションとなっているので、読者諸氏におかれましては何卒よろしくお願い致します
 また、いつも通り今回も売り上げの一部を表現規制に反対する運動・団体に寄付致しますが、コミトレおよび書店委託での結果を受けてからまとめて寄付および報告する予定です。ご理解頂ければと思います。

 あ、あと、当ブログは900万アクセスを頂戴しました。ご愛読頂きありがとうございます。
これからも、作品への敬意を忘れず、かつ客観的なレビューを書くことで、読者諸氏のエロ漫画ライフに貢献していく所存でございます。

では、次回のレビューにて
へどばん拝

夏コミ(C82)ご報告

コミケ参加者の皆様、暑い中どうもお疲れ様でした。今年も大盛況で、また大きなトラブルもなくコミケが終わりまして良かったですねぇ。

 3日目は会場内が非常に蒸し暑かったですなぁ。挨拶回りもあって、スペースにいない時は会場内を巡っており、だいぶ疲れて本日は寝こんでおりました。あ、いや、決して珠玉の18禁同人誌の数々で抜き疲れたとか、そういったわけでは(語るに落ちる

当日は数多くの方にスペースまで足を運んで頂き、大変嬉しかったです。サークル代表として感謝申し上げます。また、「ブログ読んでますよ」と声をかけて下さった方もありがとうございます。レビューにも同人誌にもモチベーションがグッと高まります。
 同人誌、大変ご好評を頂きまして、新刊・既刊共に午後2時前くらいに完売となりました。来て頂いたのに、本が無かった方には申し訳ありません。参加する度に持ち込む冊数は増やしているのですが、毎度完売で嬉しいやら申し訳ないやらでございます。

なお、新刊『EroManga Lovers Vol.4』につきましては、本日から以下の2つの書店様で通販を開始して頂きました。拙著をお求めの方はこちらでもよろしくお願い致します。
コミックZIN
ダイトアイテム

本日はコミケ疲れでぐったりしているため、レビュー更新をお休みさせて頂きますが、明日から再び頑張ります。
ではでは~

『EroManga Lovers Vol.4』告知

EML04Cover.jpg
 夏コミの新刊同人誌に関してちょこちょこ言及して参りましたが、次の夏コミ(コミックマーケット82)において、私へどばんの評論サークル“New Wave Of Japanese EroManga Critique”(NWOJEMC)は新刊『EroManga Lovers Vol.4』を発表および頒布致します。
今回も成年向け、エロ漫画評論の同人誌でして、頒布価格は毎度おなじみの500円据え置きとなっております。
ありがたいことに前回のC81に続いてサークル当選しまおりまして、3日目(8月12日)東Sブロック-52bに配置されております。いわゆる“島角”でございます。当日はポスター等でなるべく場所を分かり易くする予定ですー。

 『EroManga Lovers』シリーズは、第3巻まで「エロ漫画用語の基礎知識」と銘打ち、このジャンルの構成要素を細分化・普遍化して叙述することで、ジャンル全体の多様性の“源泉”を探ろうとするものでした。
その意図はある程度は達成できたかなと思っていますが、ただ、如何に普遍的な要素に分解しようとも、その解釈が僕個人に由来するものであれば、それはどうしても主観的なものであり、エロ漫画評論の基礎、ひいては“共通認識”という評論の叩き台を生み出すには至らなかったとも自認しています。

 シリーズ第4巻となる今回は、「エロ漫画ジャンルの“今”」と銘打ち、現在のエロ漫画の在り様を統計資料というカタチで記録し、考察することを目指しました。
今回は、現役のエロ漫画家さん117名にアンケート調査にご協力を頂き、原稿作成や作家性の個人認識、エロ漫画ジャンルの現在についての考えなど様々な事項について回答を頂きました。おそらく、十分なサンプル数を確保した上でエロ漫画ジャンルの統計資料を作成したのは、この同人誌が史上初めてだと思います
非常に貴重なデータが集まったことを、回答者である作家の皆様に心から感謝すると共に、こういった資料を定期的に作成し、後世に伝え遺していくことこそ、評論というものを指向する人間に与えられた責務と考えますので、そこに幾許かの貢献ができたと自負しております。
SampleForWeb.jpg
 中身は、いつもに比べるとやや文章量が減っておりまして、データそのものをグラフなどでしっかり示すことを意図すると共に、適宜エロ漫画作品からの図版の引用を行っています。
今回、自分で編集作業をしたもので、だいぶ胃が痛くなりました(笑

 掲載した表紙絵はサークル「ひつじの木」のもうぴいさんに引き続き描いて頂きました。エロ漫画で描かれる要素が多彩であることを同一キャラに異なる衣装を着せて並べることで表現したいとお願いしたのですが、想像以上の出来でした。この表紙、裏表紙と繋がっているデザインなんですよ。お楽しみに。
また、アンケートの実施等にえろまんがけんきゅう(仮)のたーくんさんに多大なご支援を頂きました。改めて御礼申し上げます。

 なお、当新刊はCOMIC ZIN様、およびダイト・アイテム様での書店委託を予定しております。詳細については後日報告を致します。
さらに、当サークルは創作物の表現規制に反対する立場から、今回も以下2団体への寄付を予定しておりますが、編集ソフトの代金等、制作費用が結構かさんでおりまして、今までの様に1冊につきいくらと固定しての寄付ができません。ただ、なるべく多くの寄付が出来ます様、各種費用を切り詰めて参ります。また、寄付した際にはいつも通り当ブログ内で報告致します。
・コンテンツ文化研究会
・実在児童の人権擁護基金
エロ漫画評論の発展は、エロ漫画ジャンルそのものが盛り上がりことによっても為されると信じておりますので、こういった形式でも業界に貢献できれば良いなと思っております。寄付に関してましても、当サークルおよび同人誌の趣旨にご理解を賜れば幸いです。

会場での他サークル様への委託など、今後も追加情報を出すと思いますので、よろしくお願いします。
では次回のレビューにて!
へどばん拝

桜子ちゃん可愛いよ桜子ちゃんな雑記

どうも、当ブログ管理人のへどばんです。最近、知人にお勧めしてもらった塩野干支郎次先生の『ブロッケンブラッド』を7巻まで一気読みしたのですが、楽しいですねぇこの作品。桜子ちゃん、もう本当に可愛くて・・・(男ですが)。
それはともかく、拙著同人誌に関していくつかご報告がありますので、当雑記にて記しておきます。

まず、「EroManga Lovers Vol.3」の告知の際にお約束しました通り、新刊1冊の頒布につき200円を以下の様に寄付させて頂きました。
実在児童の人権擁護基金様:5万円 (参照:同基金による寄付の公表希望者
日本コンテンツ文化研究会様:5万円 (参照:払込書のコピー

エロ漫画のレビューを扱う当ブログの管理人として、またエロ漫画評論を行うサークルの代表として僕は創作物への表現規制に反対し続けておりますし、またそのための行動を続けて参ります。
この寄付が少しでも規制反対運動の役に立てば幸いですが、お金だけ出して自分は何もしないといったことにならないよう、今後も気を引き締めていきたいと思います。
そもそも自由権が先人の不断の努力によって獲得されたことを考えれば、僕たちも表現の自由・思想の自由を上から与えられたものでなく、自分達自身で守り育てるものと捉えるべきなのではないでしょうか。
とまれ、同人誌をお求め頂いた皆様のおかげで斯様に寄付を出来ますこと、厚く御礼を申し上げます。

その同人誌の委託状況ですが、既刊(Vol.1、Vol.2)を書店様に追加委託したこともあって、在庫は充実しているようでございます(まぁ、充実しているということは売れてないということでは・・・)。
コミックZINさん(当サークルの同人誌一覧へ)
ダイトアイテムさん(当サークルの冬コミ新刊のページへ)
新刊ともども、通信販売でも扱って頂いておりますので、よろしくお願い致します。

では、次回のレビューにて

評論サークル“New Wave Of Japanese EroManga Critique”代表
へどばん拝
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ