エロ漫画

竜太『蜜事』

SecretThings  TVアニメ『ゾンビランドサガ』第2話「I❤HIPHOP SAGA」を観ました。デスメタルの次はまさかのラップバトルでしたが、記憶が無く一番アイドルとしてのモチベーションがないはずのヒロインが熱さを発揮して、他のメンバーを牽引するという描き方は面白いですよね。サキちゃん意外にチョロくてカワイイところ。

  さて本日は、竜太先生の『蜜事』(エンジェル出版)のへたレビーです。先生の前単行本『妻色いんび』(同社刊)のへたレビュー等もよろしければ併せてご参照下さい。
豊満ボディな美女達とのもどかしい思いの交錯するインモラルストーリー&パワフルな汁だくファックが詰まった作品集となっています。

SecretThings1  収録作は、他界した父親と関係を持っていた憧れの義姉と、主人公もまた関係を持つことになって、父親と義姉双方への複雑な想いを抱えるタイトル連作「密事」前後編(←参照 同連作前編より)、結婚を考えていた交際相手からフラれ、無為になった婚約指輪を抱えていた主人公は女癖の悪い彼氏を持つ隣人の女性と知り合い・・・な連作「先約指輪」正続編、教え子と関係を持った女教師さんは一度きりの火遊びのつもりであったが、婚約した相手はその教え子の兄であり、二人の関係は・・・な連作「ゴム越しの関係」前後編、ドスケベなサービスを秘密裏に提供するコンビニ店で働く女性達それぞれの物語な中編「月末大姦射祭」シリーズ全3話、および読み切り形式の短編「コクハク~僕にも彼女ができました~」。
1話・作当りのページ数は20~24P(平均20P強)と中の下クラスのボリュームで推移。連作メインということもあって、作劇面にも一定の存在感を持たせつつ、エロシーンの量的満足感を相応に強く意図した作品構築となっています。

【もどかしいなからもポジティブさのある人間模様】
  パワフルな凌辱エロや明確なダークネスを有するインモラル系が多いエンジェルレーベルにおいて、作劇面で独特の立ち位置を有する作家さんであり、今単行本でも他人の恋人との関係であったり、変態チックなセックスであったりとインモラルな要素を持ちつつも、雰囲気としての明暗や軽重が複雑に絡み合う作劇が特徴的。
  父親と関係を持っていた憧れの女性を、性愛の相手として親から“引き継ぐ”形になる連作「密事」、女性にフラれて傷心の男性と女癖の悪い彼に癖癖しながらも関係を続けている女性との邂逅を描く連作「先約指輪」、教え子であり義弟である少年との関係を継続することを女性側の心情として自己欺瞞を絡めて描く連作「ゴム越しの関係」と、シンプルに割り切ることの出来ない、もどかしさのある男女関係が描かれています。
SecretThings2これらの連作群においては、他者の考えや欲望を完全に理解したり制御したりすることは出来ないが(←参照 浮気している彼氏を気遣うヒロインに対して 連作「先約指輪」前編より)、同時に故人への思慕や寂しさ、そしてセックスの快楽など、共有できるものもあるという描かれ方をしており、インモラル系としての重さ・暗さを追求するというよりかは、“人間関係の限界を分かった上でのポジティブさ”を感じさせます。
告白した清楚な見た目のヒロインに、目前で男性教師との濃厚セックスを繰り広げられながら彼女の変態っぷりを告白されるという、異性の理解不能性を突き詰めたかのような短編「コクハク~僕にも彼女ができました~」、乱交エロに調教エロ、誘惑エロとそれぞれ異なる模様の「月末大姦射祭」シリーズは、それぞれエロシチュを作劇の要に据えたタイプの構築。
関係の立ちきれなさがじんわりとアモラルさを高める連作「ゴム越しの関係」、清楚と思っていた少女の強烈な変態性欲の実情に打ちのめされる短編「コクハク~僕にも彼女ができました~」といったまとめ方もありますが、前述した様に関係性のもどかしさや欲望の我儘さを抱えつつもポジティブな方向にまとまるラストが中心と言えるでしょう。

【女体の豊満さに由来するエロさとキャラデザの清楚感】
  女子校生級~30代前半程度と思われる美少女・美女によって構成されるヒロイン陣であり、今回はママさんヒロインや人妻ヒロインなどの美熟女の登場頻度はそこまで高くないことにはファンの諸氏は要留意。
  とは言え、彼氏持ちの女性、教師と教え子の関係から兄嫁(義理の姉)との関係になる男女、義理の姉にして父親の情婦でもあった女性に男性とのセックスを貪りまくる変態肉食系女子など、背徳感のある関係性や倒錯性を感じさせるヒロイン設定を取り揃えているのは、これまでのキャラ造形と近似する点。
欲望や感情のままならなさや、ヒロインの異性としての理解の難しさを尊重した描き方である分、キャラクターとして平板にならず、人間関係の機微が表現されていると感じられるのは明確な美点と感じます。
SecretThings3 ヒロインの年齢設定によってボディデザインに一定のバリエーションはありますが、アダルト美人を中心に、若々しさのある顔つき、垂れ気味の巨乳、駄肉感のある下腹部や太股、さわさわと陰毛の茂り熟した秘所が備わる股間を組み合わせた豊満さと淫猥さのある肉感ボディが揃っています(←参照 連作「ゴム越しの関係」前編より)。
肢体全体として十二分な官能性を備えつつ、形の良い乳房と程良いサイズ感の乳輪&乳首、適度な濃さの茂みに艶っぽい唇や舌の描写など、体パーツの描写にも淫猥さがありますが、同時に整った印象や落ち着いた色気も安定して感じさせています
  単行本を通して絵柄の安定感は強く、表紙絵とも完全互換であることも安心材料となっています。

【技巧的な画面構成で魅せる艶っぽい痴態描写】
  連作前編では中核となるエロシーンに導入するまでの作劇に一定の尺を設けるなど、必ずしもイージーにエロへと突入していくスタイルではなく、各エピソードのページ数も多くは無いのですが、適度なボリューム感のある濡れ場が揃っていると言えるでしょう。
  浮気セックスに義理の姉妹との近親エロス、乱交セックスや調教エロ、セックス見せつけられと、背徳感のあるエロシチュエーションが多いですが、それらの重さ・暗さを強めるというよりかは、背徳性や不義を超越した快楽の強さと共有が描かれたエロシチュであると感じます。
  ヒロインの肉感ボディの存在感を触れたり密着したりで感じつつ、性感帯を愛撫したり、はたまたお口ご奉仕をされたりな前戯パートは、射精シーンを投入してエロ的な盛り上がりを形成することもありますが、どちらかと言えば抽挿パートの尺を重視して短めにまとめることが多い傾向
SecretThings4前戯ですっかりぐしょぐしょになった秘所へのピストン運動が描かれる抽挿パートは、汗でしっとりと濡れる柔肌、抽挿に合わせて結合部から溢れる淫液と水音と、液体と女体の組み合わせで官能性を高めていく、比較的抑えたエロ演出で痴態を彩っています(←参照 中編シリーズ第2話「クズとゲスの板挟み」より)。
  エロ演出としてはアタックの強さや密度をそれ程追求しない一方、ヒロイン側の反応を強調する表情や結合部のアップ描写の連続コマであったり、描写の連続性を重んじたコマの配置と視線誘導であったりと、女体の存在感そのものをしっかりと打ち出した上で、描写の組み立て方に明瞭な技巧があることが実用性を高めています
一部にゴム付きセックスやそのままフィニッシュというケースもありますが、一線を越えての生セックスという展開にしていることもあり、いずれにしても熱っぽく蕩けた官能フェイスとビクビクとアクメ感覚に震えながら白濁液を受け止める女体を1Pフルで投入し、その後の追撃描写も含めて抜き所を形成しています。

  抜きツールとしての満足感も強く仕上げられると同時に、作劇としての円熟味も増した印象があって、味わい深さもある作品が揃っていました。
個人的には、それぞれ異なるエロシチュエーションでアダルト美人達の痴態が楽しめる「月末大姦射祭」シリーズに愚息が大変お世話になりました。

暫時『Passion Girls!!』

PassionGirls  つむらちた先生の『JKと女装おじさん』最終第2巻(フレックスコミックス)を読みました。女装四天王が全員登場しての、女装おじさんアイドル爆誕とは予想もつかない展開で楽しませて頂きました。大団円で良かったですねぇ。
しかし、担当編集(男性)の女装写真特集・・・これはいったい誰向けなんですか・・・

  さて本日は、暫時先生の『Passion Girls!!』(ワニマガジン社)の遅延へたレビューです。前単行本(初単行本)は未読なのですが、今回は表紙絵の褐色巨乳ガールに心惹かれて購入した次第。
スベスベお肌に包まれた美少女ヒロイン達の豊満ボディの質感を、総天然色で堪能できる作品集となっています。

PassionGirls1  収録作は、情熱的なパフォーマンスが特長の褐色アイドルさんは本番の前にエッチをしないと本気を出せない性格で、しかも彼女の妹さんもアイドルデビューでマネージャーとのエッチを!?な連作「Passion Girls」シリーズ正続編(←参照 同連作正編「Passion Girls!」より)、および読み切り形式の短編・掌編11作。
元々モノクロ作品でありながら今単行本に収録するにあたってフルカラー化された短編「Natural+」(16P)を除き、1話・作当りのページ数は4~10P程度ですが、フルカラー作品集としては標準的な水準。ストーリー面での読み応えはほぼ無く、エロシーンの量的満足感も弱いですが、フルカラーらしい情報量の高さによって質的な満腹感は相応に図られていると感じます。

【サクサクと濡れ場へ突入するイージーさ】
  商業誌でのフルカラー作品は、ページ数の短さ故にストーリーラインの構築がそもそも難しいタイプであって、本作についてもサクサクとエロシーンへと突入するシンプル&イージーな作劇が揃っているのは確か。
PassionGirls2  既に恋人同士であるカップルさんのラブエロ模様や、好きな人にモーション(死語)を掛けるヒロインや積極的な枕営業を仕掛けるアイドルさんなどによる(男性にとっての)棚ボタ展開など(←参照 テヘペロからの誘惑枕営業だ! 短編「がんばれ ゆみなちゃん!」より)、分かり易いラブコメ・エロコメ的な雰囲気でまとめた作品が主流となっています。
  その一方で、アイドルヒロインが悪い大人に枕を強要されちゃったり、彼氏君から意地悪な羞恥シチュを敢行されてしまったりと、背徳的な要素やインモラルな要素を含む展開も存在するのですが、ヒロイン側の逆転勝利であったりコミカルなオチにまとまったりと、読後に暗さ・重さを残さないシナリオワークである分、前述のラブコメ・エロコメ系と雰囲気の大きな違いを感じさせません。
フルカラー作品集にストーリー面での読み応えを求める読者はあまり居ないと思われるので、シナリオ展開の存在感の無さは長所でも短所でもないと総括してもよいのですが、短いながらも話としての起承転結がしっかりとしており、“オチ”で作品全体の雰囲気を整えることができる技量は相応に評価されるべき美点とも個人的には思います。

【視覚的な多彩さが魅力の美少女ヒロインズ】
  どうもサバを読んでいるらしい“永遠に18歳”キャラを突き通すメイド喫茶のメイドさんや、年齢不詳組も存在しつつ、20歳前後程度と思われる美少女さん達で概ね固まったヒロイン陣となっています。
メイド喫茶のメイドさんや双子口リ姉妹、恋にも一途な柔道ガールや留学生ヒロイントリオなど、ヒロインの設定は多彩ですが、アイドルなヒロインの登場頻度が比較的高いのは一つの特徴でしょう。
  導入パートを短く畳む必要もあって、ヒロインのキャラクター性を掘り下げる余裕には欠けるものの、おっとりふわふわとした女の子であったり、負けず嫌いで暴走系な女の子であったり、元気でエッチにも情熱的な褐色ガールであったりと、それぞれに分かり易い属性付けを施して、キャッチーな魅力を形成しています。
  ちっぱいさんから巨乳ガールまでボディデザインには一定の幅があり、スタンダードな肉感的巨乳ボディを量的にメインとしつつ、スレンダーボディの美女や、低身長&ちっぱいなロリ色強めのボディの持ち主もいるなど、設定の多彩さと合わさって視覚的なバリエーションを設けています。
PassionGirls3肢体設計の多彩さに加え、髪や肌の色、衣装の色彩などでキャラデザインの多彩さを増強し、また華やかな印象を与えているのはフルカラー作品ならではの魅力であって、幅広い読者層にとって明確な訴求要素として機能(←参照 銀髪褐色&金髪巨乳コーカソイド!マーベラス! 短編「国際交液」より)。
  初出時期によって描線の濃淡やキャラデザに一定のバリエーションがあることに加え、フルカラーとしての色彩感覚にもある程度の幅があるため、表紙絵との互換性を含めて、絵の印象には作品による差異が感じられることには留意されたし。

【適度な濃密さのあるエロ演出で彩る痴態描写】
  ページ数の少なさ故に、サクサクとエロシーンに突入するとは言っても、濡れ場の物理的なボリュームは小さくならざるをえず、結果としてエロ展開の組み立てもせわしなくなる分、じっくりと煽情性を積み上げていく長尺のエロシーンを好む諸氏には不向き。
  もちろん、その量的なボリューム感の無さを、フルカラー故の情報量の高さや質感の良さで質的に補うのが商業誌のフルカラー作品としての醍醐味であって、柔らかそうな肌の質感や液汁描写の淫猥さなど、官能性を高める要素が総天然色ならではの強みとして機能しています。
  ヒロイン側が主導する棚ボタ系のラブエロ模様もあれば、アイドル美少女が枕営業でおっさんに好き放題されたり、はたまたギャグエロ的なエロシチュの特殊性で魅せるタイプもあったりしますが、ダーク&インモラルな要素は全体的に抑え目で、快楽全能主義的な雰囲気でまとまっています。
  一応、前戯パートに相当するページは存在し、ここで射精シーンを設けるケースも存在するものの、ここをスムーズに切り上げて抽挿パートへ移行して~という1回戦仕様でまとめるケースがメイン。
PassionGirls4  紅潮し、ふにゃっと蕩けた表情付けや、ハートマーク不随の熱っぽい台詞回し、断面図等も含めてクドくならない程度に主張させる結合部の強調構図など、全体的に演出としては抑えながら、ヒロインの痴態に十分な密度を持たせる絵が詰まって存在していることが、実用面に直結(←参照 短編「FOREVER 18」より)。
  着衣面でのキャラデザの幅を設けつつ、エロシーンでは全裸セックスへと移行するのも、フルカラー作品ではお肌の質感を強調することにつながっているため一つの長所でもあり、ヒロインの陶酔感を十分に打ち出しつつ中出しフィニッシュへと駆け込む流れは、忙しなさはありつつも、エッチな秘所から白い淫液が零れだす様子をフルカラーでお届けな追撃描写も含めて、抜き所としての威力の高さを備える〆へときっちり収束しています。

  キャラデザの多彩さや、肢体造形における質感の官能性など、フルカラー作品集としての魅力をしっかりと押さえた作品集であるのは間違いなく、実用面での満腹感を量的なものではなく、質的なものに求める諸氏にはお勧めできる1冊。
個人的には、南米ハーフな褐色巨乳美少女さんとのエッチが楽しめる「Passion Girls」シリーズが特にお気に入りでございます。

メネア・ザ・ドッグ『明るく楽しくキモチよく』

HappyCheerfulSoGood  古日向いろは先生(原作:Alexandre S.D. Celibidance氏)の『サクラクエスト』最終第5巻(芳文社)を読みました。非常に丁寧なコミカライズ作品で、ほのぼのとコミカルで優しい雰囲気を保ちながら、過疎化・地方の衰退というシリアスな問題に主人公が真摯に直面した様子をしっかりと描いていました。ラストはアニメでも本コミカライズでも感動しましたね。

  さて本日は、メネア・ザ・ドッグ先生の初単行本『明るく楽しくキモチよく』(コアマガジン)の遅延へたレビューです。発売から2週間ほど遅れてのレビューで申し訳ありません。
お馬鹿で純なヒロイン達とのにぎやかなドタバタ模様&そんな彼女達がエロ可愛く乱れるエロシーンが詰まった作品集となっています。

HappyCheerfulSoGood1  収録作は、スクールカースト上位で容姿端麗&華やかな人気者のヒロインは幼馴染である主人公の前では我儘な素の表情を見せるのだが、超苦手なホラーゲームをプレイしてしまった上に親が旅行に出かけてしまうため、主人公に一緒に居てくれと懇願して・・・!?な中編「傍にいなさい!」シリーズ全3話(←参照 普段は横暴な幼馴染ちゃんが 同シリーズ第1話「今夜だけは傍にいなさいっ」より)、および読み切り形式の短編5作+各作品のカップルさん達大集合な描き下ろし後日談(15P)。
描き下ろし作品を除き、1話・作当りのページ数は24~28P(平均25P弱)と中の上クラスのボリュームで推移。ストーリー全体としての読み応えには乏しいですが、その上で登場人物たちの会話で形成する展開の面白さはしっかりとあり、その上で適度な満腹感のある濡れ場を提供する構築で安定しています。

【お馬鹿でドタバタでそれ故に愛おしい青春ラブコメ】
  作劇の方向性としては、コミカルな要素の強いラブコメディであって、単行本タイトル通りに“明るく楽しい”雰囲気こそが身上。
  互いに好意を寄せながらやはり互いに素直になれない幼馴染ボーイ&ガール、彼女さんとエッチしたい彼氏君と恥ずかしがり屋故にセックスに応じられない彼女さん、レ○プ願望があるので顔が怖そうな主人公(めちゃくちゃ善人)を拉致ってプレイを敢行しようとするお嬢様、エロ漫画で得た知識をさも自分の体験のように吹聴する女子にそれに呆れている幼馴染男子と、男女の関係性そのものにコミカルさがあって、両者の掛け合いでテンポのよいシナリオラインを形成していきます。
HappyCheerfulSoGood2  登場人物たちの言動は、賑やかでお馬鹿ではあるのですが、素直に表出されていく彼ら彼女らの感情や性的欲望は非常に伸びやかであって、コミカルな雰囲気の中から恋愛ストーリーとしての甘味や誠実さ、それ故の幸福感を感じさせるシーンをスッと描き出してくることで、誠実なラブストーリーとしての鮮やかさを生み出していると評したいところ(←参照 締まらないけど、それで二人はよいという描き方 短編「触れ合えなければ死ぬしかねえ!!」より)。
  踏み込んで評するのであれば、冷静になって考えれば馬鹿げたこと、下らないことであっても、当事者である若者達にとっては大事で、悩み、心が乱れ、そして相手を強く求めてという激しい感情を生むのは、それこそ若者の特権であって、そのことへの懐古や親しみを呼び起こすという、青春ラブコメの一つの醍醐味をしっかりと踏襲した作劇スタイルと個人的には評したいところ。
  ラストまでコミカルさを保ちつつ、決してラブエロ模様を軽く扱わないスタンスも維持されており、色々あっても掛け替えのないベストマッチな二人の幸福な関係性を称揚するハッピーエンドでまとまっており、読後感のポジティブさ・微笑ましさも大きな魅力と言えるでしょう。

【スレンダー感が強いしなやかなボディの美少女さん達】
  短編「ヤバそな女」の暴走系ドMお嬢様は20歳前後かと思われますが、その他のヒロインは女子校生~女子大生級の美少女であることが作中で明言もしくは分かり易く提示されています。
中身は意外にヘタレかつ横暴な人気者美少女、お馬鹿&ドスケベな元気娘、いろいろと残念な要素の多い美人お嬢様に見栄っ張り故に迷走する幼馴染ガールなどなど、皆さん漫画チックに楽しいキャラクターが揃ったヒロイン陣と言えるでしょう。
お馬鹿でトンデモな要素を有する彼女達が、素直な恋愛感情を自覚し、またそれを異性に対して表出すること、および馬鹿でスケベな男子たちも、ヒロインへの確かな愛情やそれに基づく性欲を表出することで、男女が明確な相互認証を果たし、セックスの性的快楽も増長するという描き方は、青春ラブエロ系としての誠実さを担保していると評しても良いでしょう。
HappyCheerfulSoGood3  ヒロインによっておっぱいサイズには、ほとんど無乳から巨乳クラスまで幅がありますが、等身高めでスレンダーさのあるデザインは共通しており、すらっとした美脚や腕のしなやかさと全体的に抑え目なバスト&ヒップの肉感との組み合わせは(←参照 短編「ラストチャンス!」より)、端正さが魅力の肢体表現であると同時に、やや読み手を選ぶ印象はあります。
  初単行本であることに加え、初出時期に最大で3年ほどの開きがあるため、絵柄の印象には一定に変遷があるのは確かですが、コミカルな表情付けなども含めて絵柄の自由闊達さがある分、定点観測的な絵柄の評価を重要視させないタイプであって、ヒロイン達のチアフルな感情描写や適度な甘味のエモーショナルな描写など、漫画チックな楽しさと感情の表現力の高さを共に味わえる技巧があると評したいところ。

【十分なアタックの強さでパワフルに突き進む和姦エロ】
  登場人物達の掛け合いの楽しさが魅力であることもあって、エロシーンへと至る流れを重視する分、たっぷり長尺の濡れ場を期待するのは避けるべきという印象ですが、個々のエピソードに適度なボリュームがある分、濡れ場の量的な物足りなさは感じません。
  作品全体の雰囲気こそコメディ色が明瞭で、エロシーンでもコミカルな要素が存在しないわけではないのですが、そもそも素直な感情や性的欲望が曝け出され、互いにぶつけ合った上で受容されるという構図のパワフルさが優越している分、コミカル成分が実用性を阻害することは無いと個人的には考えます。
とは言え、明け透けで素っ頓狂な会話がエロシーンの中でも行われるのは確かであって、その点が一種の生々しさなり、漫画チックな楽しさに直結していると評し得るので、コメディ要素が濡れ場にあると抜きに集中できないという諸氏は要留意。
  ヒロインのスレンダーボディを愛撫したり、恥ずかしがりながらのフェラや手コキを味わったりな前戯パートにもある程度の尺を設けつつ、ともかく相手とつながりたいというストレートな願望が駆動する抽挿パートに十分なボリューム感を持たせたエロ展開がメインとなっています。
HappyCheerfulSoGood4瞳にハートマークを浮かべたり、頬を真っ赤に染めたりな陶酔感の強い表情付け、乱れた描き文字で表現されるエロ台詞の絶叫、最奥までの抽挿感を強調する断面図や透過図に乳揺れ描写やストレートな結合部アップ描写など、十分にアタックの強いエロ演出・構図を揃えており、男女双方が快楽を求めて交じり合うアグレッシブなセックス描写と噛みあって実用性を高めています(←参照 短編「ヤバそな女」より)。
  複数の射精シーンを擁する多回戦仕様の濡れ場のフィニッシュは、アクメ快感への強い陶酔を浮かべる表情に、ハートマーク付きの絶叫、男女の肢体の密着感のある正常位などで構成されており、ラブエロ系としての高揚感がしっかりと図られたエロシーンとして貫徹されていると評したいところ。

  あとがきで、担当編集氏に“終ぞ「エロかった」とか言われなかった”と書かれていますが、抜きツールとしてのアタックはしっかりとあり、また青春ラブコメとしての神髄もいい意味でのお馬鹿さの中で形成されていると評したいところ
個人的には、残念美人系お嬢様の夢が叶って良かった短編「ヤバそな女」と、お馬鹿で元気なスケベガールの健気?なラブエロアタックが楽しめる短編「触れ合えなければ死ぬしかねえ!!」が特にお気に入りでございます。

甲斐ひろゆき『はんなり大人教育』

MothersSexLesson  わらいなく先生の『ZINGNIZE』第1巻(徳間書店)を読みました。江戸時代初期の高坂甚内と風魔残党との暗闘をベースにしながら、ド迫力の忍法!濃密で聴覚表現と視覚表現が混然とするアーティスティックな演出!豊満バスト美女!!!が炸裂する外連味たっぷりのファンタジー時代劇&忍法帖となっています。流石わらいなく先生!ワザマエ!!

  さて本日は、甲斐ひろゆき先生の『はんなり大人教育』(富士美出版)のへたレビューです。当ブログでレビューの俎上に上げるのは久しぶりなのですが、『びっちHiスクール』(同社刊)のへたレビュー等、過去作のレビューもよろしければ併せてご参照下さい。
爆乳ド迫力ボディの美熟女ヒロイン達との棚ボタ展開でのパワフルファックが詰まったハイカロリーな1冊となっています。

MothersSexLesson1  収録作は、母子家庭で自分の自慢の母親を女性としても好意を抱いている主人公の少年は、母が眠っている無防備な姿に欲情して手を出してしまい・・・な連作「母子姦貞」前後編(←参照 同連作前編「母子姦貞」第1話「息子のキモチ」より)、および読み切り形式の短編8作。
1話・作当りのページ数は20~24P(平均21P強)と中の下クラスのボリュームで推移。いい意味でストーリー的な読み応えは皆無に等しいですが、その分質的にも量的にもボリューム感のあるエロシーンが用意されています。

【性の解放感と充足感でイージーに展開していくお話揃い】
  男女の主導権が序盤においてどちらにあるかという点で一定のバリエーションはあるものの、基本的には年上美熟女さん達が主人公を誘惑したり、その性欲を優しく受け止めたりな展開が揃っており、優しくてエッチな女性に甘えて受容される(男性にとっての)喜びが主眼となったシナリオワークと言えるでしょう。
  叔母さんに自分の性癖を肯定&受容して貰ったり(短編「はんなり未亡人」)、バイトの同僚である人妻さんとクリスマスパーティーを開くと彼女がドスケベサンタ衣装を着ていたり(短編「妻☆クリ」)、引っ越し先の隣人がドスケベ爆乳な有閑人妻だったりと(短編「とある団地の奥様事情」)、いずれにしても冒頭からエロ漫画的なご都合主義を強固に保った展開が揃っています。
MothersSexLesson2エッチに貪欲な美熟女ヒロインに誘惑される幸福感(←参照 実母と義母のダブル誘惑おねだりだ!! 短編「W母と俺の家族性活」より)、および誘われた上で彼女達を性的に満足させることでの一種の優越感で作品全体の雰囲気を包み込んでおり、双方が性的快楽の充足を得るという意味でも快楽全能主義が非常に明瞭と言えるでしょう。
  不倫エロや近親セックスといった背徳的な要素を含みつつ、それらに由来する暗さ・重さは性的な充足による男女双方の幸福や解放感に比べれば小さなものであるといスタンスも一貫しており、良くも悪くもポジティブさで突き進むスタイルとも感じます。
 ヒロインの誘惑と男性キャラのストレートな性欲で突き進むシンプルさ・明け透け感、エロシチュとしての適度な背徳感を形成しつつ、それ故にストーリーとしての存在感は無いタイプであって、欲望フルオープンの濡れ場の前後について、流れを整頓する役割に徹した作劇と言えますが、ともかく読後感を悪くしない着地の良さは評価すべきポイントであると思います。

【ママさんや人妻である爆乳ボディの美熟女ヒロインズ】
  明確に年齢層を判断する要素には乏しいものの、概ね20代後半~30代後半と思われる美熟女さん達で統一された陣容であり、主人公の男性キャラクターよりも年上であるという点も共通しています。
叔母だったり、実母・義母であったり、他人の妻であったりと、男性との関係性そのものに背徳感を形成する立場であるヒロイン設定で統一されていると同時に、それらの背徳性に閉じることなく、ストーリーの流れとしては男女双方の素直な性欲の発現として構成されていることで読書感の軽さを醸成
いずれのヒロインも、決して肉食系なビッチとして表現されているわけではない一方で、男女双方にとって都合の良い状態へと至れば、女盛りのボディでグイグイと快楽を求めて迫ってくる変容が、エロ描写のアタックの強さを打ち出す上でも強みとなっています。
 MothersSexLesson3 ヒロインのボディデザインについては、頭部の大きさが控えめである故に等身の高さが明瞭で、その上でバスト&ヒップの存在感の強さを打ち出してくるスタイルとなっており、肢体のボリューム感の強さそのものが男性の性的欲望を受け止める存在感として機能するスタイルと評しても良いでしょう(←参照 短編「妻☆クリ」より)。
敢えて肢体全体のバランスを重視しない爆乳の強烈な存在感を中心として、とにかく女体のサイズ感を前面に押し出してくる分、悪く言えばクドさがあるタイプ。
色気の濃さを重視したオールドスクール寄りの絵柄と合わせて好みが分かれるタイプと思われますが、前述した様にストレートなウハウハ系の作劇におけるライト感と合わさることで、抜き重視のパワーで押し切ることに貢献しています。

【豊満ボディとの密着感を重視したパワフルな中出し連発セックス】
  分かり易くエッチな状況のお膳立てが提示されれば、男女共に性欲を抑えることを放棄して目前の豊満ボディorちんこにがっつくパワフルファックが展開されていき、十分なボリューム感の中で抜き所を複数設けるサービスフルな構築も実用性を押し上げています。
  母や叔母との近親セックス、人妻との不倫エロなど、背徳性を感じさせるエロシチュが多い一方で、前述した様に性的快楽を感じまくって夢中になる解放感が上回る描き方になっており、全体的な雰囲気はポジティブでオープンなものと感じます。
  前戯パートでは、ヒロインの爆乳でち○こを包み込むパイズリ描写を充実させており、ボリューミィな乳房に大粒の乳首、色っぽい唇&舌など絵として主張させつつ、白濁液を胸の谷間から放出させる派手な射精シーンを前半の抜き所として投入。
これですっかり火のついたヒロイン側が、股間でぐっしょり濡れた完熟ま○こを御開帳し、この時点で膣内射精を誘う台詞などと共に挿入を誘導することで抽挿パートへと移行していき、パワフルな腰振りを繰り返して中出しを連発するという、勢いの強さがある抽挿パートに仕上げています。
MothersSexLesson4  ヒロインの豊満ボディそのものの存在感・重量感を強調する構図や(←参照 短編「はんなり未亡人」より)、その豊満ボディに包まれたり、ショタ系キャラがしがみ付いたりな体制など、柔肉との密着感を重視したエロ描写が強い魅力であると同時に、紅潮した表情付けや嬌声と共に男性の興奮を刺激する台詞回しなど、演出面では量的に抑えながらも質的に濃密さを打ち出していくスタイル。
ピストンしながらのねっとりキスや、結合部アップ構図での連続コマ、要所でのアヘ顔や断面図など適度にハードな演出の追加など、ピストン運動のパワフルさや勢いで突き進みつつ、情報量を増したり、抜き所のインパクトを形成したりな構成・演出の安定感はさすがベテランのお仕事と評し得るでしょう。

  爆乳肉感ボディの美熟女さんとイージーゴーイングにパワフルなセックスを!という大変に分かり易い抜きツールであり、軽く読めた上で実用面での満足感は高いタイプの1冊。
個人的には、ダブルママヒロインとの3Pセックスでダブルパイズリ&ダブル中出し連発な短編「W母と俺の家族性活」に愚息が大変お世話になりました。

荒田川にけい『おひさまはまわる』

FlowersBloomAllOverTheWorld  TVアニメ版『うちのメイドがウザすぎる!』第1話「うちのメイドがウザすぎる!」を観ました。沼倉さんボイスの深刻な口リコン趣味なマッチョ眼帯美人メイド・つばめさん、キャラが濃過ぎでございます。
金髪美幼女・ミーシャちゃんが二階の自室から一階の居間へ駆け降りるシーン、実に眼福でございました。

  さて本日は、荒田川にけい先生の初単行本『おひさまはまわる』(ワニマガジン社)の遅延へたレビューです。発売から2週間ほど遅れてのレビューで申し訳ない。
異国情緒のあふれる多彩な設定を有するヒロイン達の、人としての普遍的な性愛を描いた味わい深い作品集となっています。

FlowersBloomAllOverTheWorld1  収録作は、父親の仕事の都合で日本の田舎に引っ越してきた少女・エリーカと田舎暮らしに退屈していた日本人少年の恋を描く短編「六畳間のエリーカ」(←参照 このふんわりとした笑顔が素敵 同短編より)+描き下ろし後日談(7P)、および読み切り形式の短編9作。
描き下ろし作品を除き、1作当りのページ数は16~20P(平均18P強)と控えめな部類。ストーリー面に一定の存在感を持たせた上で、質的・量的に程好いボリューム感を有するエロシーンを組み合わせた構築で安定しています。

【多彩な異国情緒と感情や性愛の普遍性】
  日本を含めた世界各地を舞台に少女達の性愛を描く作品集であり、作劇の方向性は多彩であって、それぞれ異なる味わいがある短編集と評してよいでしょう。
  或いは日本の田舎、或いは米国の都市、或いは氷州の漁村、或いは越南の山中、或いは南洋の小島に暮らす人々を描く中で、その舞台設定故の異国情緒を醸し出しながら、彼ら彼女らの喜怒哀楽を、国や男女、老若の違いを超えた普遍的なものとして描き出しているのが大きな特色と言えるでしょう。
FlowersBloomAllOverTheWorld2孤独感や閉塞感、或いは思春期らしい素直な性欲や純粋な愛情、一種の嫉妬や背伸び等々、少女達がセックスへと至る流れは様々であり、またそれが単純に男性にとってのウハウハなハッピーエンドへ結びつくことは無いものの(←参照 “きっともう会えないよ。でも・・・” 短編「ナオミに続く海」より)、それらの性愛が彼ら彼女らにとって決して“無駄”なものではないという、優しい視線が保たれていると評し得ます。
  話として強いドラマ性を持つわけではないものの、幸福にしても不幸にしても、それが“普通”にありうべきものとして描かれる分、登場人物達にとっては相応に重要なものであって、登場人物の情動を丁寧に追わせることによって読み応えを生み出すシナリオワークと感じます。
“すぐ戦争と貧困にぶち当ってうわっネタにできねえ!ってなるんです。世界はまだまだ戦争と貧困にまみれているんだ。(中略)世界が平和じゃねぇとエロ漫画も描けやしない”とは作者のあとがきでの弁ですが、国籍も年齢も性別も越えて、共感できる喜びも悲しみも人にはあるのだというスタンスは、“戦争と貧困”を克服し“平和”へと至るために必須の美しい物語であると評して良いでしょう。
  寂寥感のあるまとめ方から、ほのぼのとしたラブラブエンド、不器用にすれ違いながらも相互に認め合う関係性、確かな絆を結びながらの別離など、作品のまとめ方も様々ですが、土地であり過去であり家族でありと何かに縛られながら、同時にそこから自由であろうとする人々が描かれていると評しても過言ではないでしょう。

【小さな肢体とその胸中をめぐる伸びやかで純粋な感情】
  国によって学校教育の制度が異なるために何とも言えない部分がありますが、日本で言えばJC級と思しきロー~ミドルティーンの美少女達でほぼ統一された陣容。
  天真爛漫な日本の田舎暮らし金髪北欧美少女、ピュアで優しくてそれでいて芯の強さがあるチベット系ガール、“お姉ちゃん”として主人公を可愛がる褐色肌の南国美少女にしっかり者である様で、心の中に悲しさや孤独を積もらせるクールなアメリカンガールなどなど、多彩なヒロイン達を用意しつつ、過度に属性で固めるのではなく、様々な感情の動きに若者のそれとしての普遍性を持たせていることが作品としての美点でしょう。
FlowersBloomAllOverTheWorld3ヒロイン達の民族衣装や、土地土地の風景など、キャラデザインも含めて異国情緒を感じさせる描写に魅力があり、その上で単なる綺麗な風景として切り取らず、そこに生きる少女達の苦悩や孤独感とも関連付けたり、土地に縛られる閉塞感と関連させたりした上で(←参照 極光の舞う大空を見ながら 短編「オーロラひめのシルエ」より)、彼女達自身がどう在りたいかというシナリオの流れを形作っていくのも、作品の魅力であると感じます。
  やや年齢層が上と思われる短編「ナナさんの背比べ」のヒロインであるナナさんはトランジスタ・グラマーな巨乳の持ち主ですが、その他のヒロインについては、ちいさな肢体に無乳~膨らみかけバスト、寸胴気味なウェストにパイパン仕様の股間を組み合わせたロリ色が明確なボディデザインで統一。
初単行本ということもあって、絵柄には一定の変遷が認められるものの、表紙絵から感じられるふわっと柔らかな印象やそれと密接に関連する少女達の愛らしさはいずれの作品の絵柄でも共通しており、表紙買いしても特に問題はないでしょう。

【小さな肢体が熱っぽい快楽に染まる解放感と背徳感】
  ページ数としての制約に加え、セックスに至るまでの流れを丁寧に描写するスタイルや、性描写としてのアタックを強くすることを指向するというよりかは、少女達それぞれの感情や在り方の現れとしての性愛を描いているため、必ずしも抜き特化の構築とは言い難いのも確か。
  その一方で、様々なキャラデザの外国人美少女さん達が、その素直な感情と共に美しい裸体を曝け出し、雰囲気の陰陽はありつつも肉体的な快楽に心身を染めていく様子そのものに強い官能性・背徳感があるのは確かであって、その点が実用性のベースを形成しています。
  ヒロインが小さなお口で太い肉棒を迎え入れるフェラや、小さな肢体の性感帯への愛撫といったプレイで前戯パートを形成し、白濁液の放出や秘所がぐしょぐしょになる様子などで同パートの抜き所を設置。
処女でありながらも男性を受け入れること、はたまた年端もいかない身でありながら既に処女ではないことが明示されることなど、ヒロインの設定に応じた背徳感を明示しながら抽挿パートへと移行し、小さな肢体が熱っぽい快楽に包まれていく様子を活写。
FlowersBloomAllOverTheWorld4  演出スタイルとしては、比較的抑え目なタイプであり、ふにゃんと蕩ける表情付けに、快感や興奮に包まれた台詞回しで表現する陶酔感をエロ描写の中核に据えつつ(←参照 短編「クラリスのウェディングドレス」より)、ロリ系ボディそのものの背徳感やパイパンま○こが剛直で押し開かれている結合部のアップ描写や見せつけ構図のストレートなアタックの強さも過剰にならない程度に組み合わせています。
ちっぱい揉みやキスなど、一定の手数を稼ぎながらも、むしろシンプルに腰を使って相互に快楽を高めていく、寡黙でありつつエネルギッシュなシークエンスで抽挿パートの後半を形成しており、キュッと瞳を閉じ、こらえきれない嬌声を漏らすアクメ痴態を正上位や対面座位で見ながら白濁液を放出するフィニッシュを大ゴマメインで投入して〆としています。

  多彩な舞台設定と普遍的な情動との組み合わせというコンセプトが非常に魅力的な作品集であり、明暗いずれでも読み手の琴線に触れる情動をさらりと織り込んでくるセンスの高さに痺れました。
個人的には、つらい現実を生きる少女に“映画”みたいな幸福がちゃんと現実として付与される短編「サラ・オン・ザ・ビデオレター」と、美しく広がる夜空の光景と少女の心の閉塞が強烈なコントラストを描く短編「オーロラひめのシルエ」が特にお気に入りでございます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ