NakedGirl!!! TVアニメ版『のんのんびより のんすとっぷ』第1話「カエルの歌を吹いた」を観ました。細やかな風景描写、個々のキャラクター性、穏やかでくすっと笑える展開とこの作品らしい魅力が改めて感じられる3期という印象でよかったですね。
カエルさん見せてあげると言って巨大なガマガエルを持ってくるれんちょんの相変わらずのマイペースっぷりが楽しかったです。

 さて本日は、ゲズンタイト先生の『裸ガール!!!』(ワニマガジン社)の越年へたレビューです。先生の前々単行本(初単行本)『#ふつうのおんなのこ』(リイド社)のへたレビューもよろしければ併せてご参照下さい。
テクニカルかつ荒唐無稽な構成の漫画チックな楽しさで多彩な美少女ヒロインとのエロ模様をお届けな作品集となっています。

 収録作はいずれも読み切り形式の短編で計8作。1作当りのページ数は18~24P(平均22P弱)と標準的なボリュームで推移。ストーリー性が強いタイプではないものの、話の設定や展開、或いは構成そのものに興味を惹きつける力があり、適度なボリューム感のあるエロシーンと共に読みの満足感を生む作品が揃っていると感じます。

【常に捻りを効かせつつ根底は意外に真っ直ぐな面白さ】
 オタクコンテンツ的なお約束であったり定番要素であったりを明確に前提としながら、それらの扱い方が個性的なスタイルであって、既存のサブジャンルにカテゴライズするのが難しい作風なのは相変わらずですが、雰囲気としてはエロコメ系統が今単行本のメイン。
NakedGirl!!!1 魔法少女ヒロインの敗北ピンチな短編「魔法少女メルヘン☆シュシュ」、いわゆる“SEXしないと出られない部屋”的な部屋に閉じ込められたヒロインを描く短編「THE ROOM ○○○しないと出られない部屋」(←参照 自分では見れない頭上の脱出条件を果たさないと脱出できないのだが・・・?  同短編より)、家庭教師のショタコンお姉さんが教え子を誘惑しちゃう展開の短編「タケシと家庭教師」等々、よくある展開や設定を用いた作品が多くなっています。
しかしながら、例えば上述の作品群であっても、ヒロインピンチの理由が雑に振った彼氏の陰湿な復讐であったり、“SEXしないと出られない部屋”には出会うキャラごとに異なる脱出条件や、映画『CUBE』めいた設定が盛り込まれたり、目当てのショタ君がお姉さんのエロ誘惑を完全に無視した状況であらぬ方向へとヒロインが突き進むことになったりと、むしろよくある設定を逆手にとって意外性のある面白さを打ち出すのが特色と言えます。
NakedGirl!!!2 加えて、不思議なランプではなく不思議なチンポをこすったら中から魔人が登場して願いを叶えてくれる短編「トランスちんポーター歩」、大好きなお義兄ちゃんとの念願のセックスを果たしたヒロインの意識が数億光年の宇宙の果てまで駆け抜け、生命の源泉、宇宙の心理を垣間見ることになる短編「ほっこりアイマスク」(←参照 宇宙、断面図、膣内、二人の意識 同短編より)、ローマ貴族の妻である女性が、奴隷たちに様々なシチュエーションでセックスさせてオナニーのオカズにする短編「セクスレッススの妻」と、設定や展開の面白さや素っ頓狂さがインパクトのある絵面と共に提供されることでのユニークな印象もこの作家さんらしい魅力。
 短編作なのに一人でテーマアンソロジーを描くという態で絵柄の異なる4作品を投入するも(ゲズンタイト先生が飽きて)次第に1作品当りのページ数が減っていく短編「ノーパンアンソロジー」、おそらく福を授ける豊穣神である存在が田植えガールズを次々と犯していく様を(ほぼ)無声劇で提供することで理解し得ない人外の存在としての印象を意識させる短編「HARVEST」などは、構成そのものも面白さや技巧がある作品。
斯様にかなり個性的な読み口を揃えつつ、互いを尊重する恋愛としてのセックスを貴ぶこと、夫婦和合や因果応報の勧善懲悪といった誠実さやポジティブさを構えていて、それを含めてのギャグやエキセントリックさという面もありつつ、その辺りの素直さが斜に構えすぎた作品にしない要因とも言えるのではないでしょうか。

【多彩なヒロイン&竿役の組み合わせ】
 短編「トランスちんポーター歩」に登場する配達員の女性は20代半ば程度と思われますが、その他のヒロインは大よそ女子校生~女子大生といった年齢層の女の子達。
NakedGirl!!!3 空間操作能力を有する強力な魔法少女(←参照 下衆な元彼のせいでピンチに! 短編「魔法少女メルヘン☆シュシュ」より)、逆立ちが苦手なことが問題になるギャル系JK、露出性癖のある配達員の女性、キュートな教え子君を(性的に)狙うショタコン家庭教師、義兄への恋愛感情が暴走する(義)妹ヒロイン、古代ローマの新婚ホヤホヤ美人妻さん、田植えガールズなどなど、多彩なキャラ設定のヒロインが用意されています。
なお、竿役についても、ゲス彼氏&怪人、穏やかで親切な性格のゴリラマッチョ巨根青年、ほぼさや当てのために用意されたショタな助手君、貴族からはモノ扱いされている古代ローマ奴隷たち、豊穣神と、非常に多彩な顔ぶれであって、キャラとしての自己主張がある面々とも言えるでしょう。
 バストサイズとしては並乳クラスから巨乳クラスまで一定の幅を設けつつ、スレンダーさを感じさせる肢体設計として共通しており、肉感の強さを前面に押し出すというよりかは、健康的な色気感や体のしなやかさを感じさせるタイプの女体と感じます。
 1つの作品の中で敢えて絵柄を4種類に描き分けてみせる短編「ノーパンアンソロジー」、ほぼ視覚表現のみで展開を形成していく無声劇の短編「HARVEST」など、漫画としての技巧に魅力を持たせた作画は特徴的で、上述のインパクトのある画面構築とも密接に関連。
 一方で、多少あっさりとした印象もある絵柄そのものに強い訴求力があるタイプではないのも確かなのですが、表紙絵・裏表紙絵の印象との差異はほとんど無く、前述のように敢えて描き分ける場合を除いて、絵柄が安定していることは安心材料と言えるでしょう。

【独特の飽和感を打ち出すエロ演出と挿入感の強調】
 作品によっては、何処からが中核となる濡れ場なのか判然としないこともありますが、エロ描写を軸として組み立てられた作品であるのは間違いなく、実用的読書に供しやすいか否かはともかくとして、エロ描写そのものは標準的なボリュームを備えています
 リモートおま○こ責めワークによる戦闘ヒロインピンチシチュエーション、SEXしなくても出られる部屋でのポシティブなセックス、魔人の力によって実現する夢の露出セックス、性教育&エロ誘惑なおねショタまな板ショー、意識が大宇宙に吹っ飛んでいく目隠しセックス、浮気セックスなようで奴隷は“人間”ではないのでオナニー扱いの古代ローマ式セックス等々、シチュエーションは様々。
エロシチュとしての倒錯性や、一定の凌辱色を備えたものも多いのですが、前述した様に作劇全体の方向性がポジティブなものであるため、状況としての深刻さは明確に排して、どこかあっけらかんとしたオチにまとめています。
 遠隔指マンでヒロインの弱点を攻めまくる短編「魔法少女メルヘン☆シュシュ」のように前戯パートを長めにとるケースもあれば、挿入パートが大半を占めるケースもありますが、剛直が媚肉をかき分けて最奥まで出入りする様子を表現する断面図の強い存在感が示すように抽挿パートのインパクトを明確に軸に据えたスタイル。
NakedGirl!!!4 この断面図に乱れて言葉にならない嬌声、瞳に浮かぶハートマーク、時に強烈なアヘ顔にふにゃふにゃに蕩けた顔などの印象的な表情付け、うねるような独特のフォントで表現する擬音など、アタックの強いエロ演出を用いており(←参照 短編「タケシと家庭教師」より)、個々の描写に強いインパクトを持たせているのが、好みを分ける点でもありつつ、エロ描写としての威力を形成。
 中出しシーンでのフィニッシュといった定番の構成よりかは、2P見開きで複数の状況を詰め込んだ画面でセックスのノンストップさを意識させてエロシーンを〆るような構成が多いですが、強烈なアクメを迎える様子と射精シーンの組み合わせは用意されており、抜き所としての盛り上げは明確に為されていると言えるでしょう。

 抜きツールとしての評価はかなり分かれそうな印象ではありますが、痴態描写のインパクトは十分ですし、なにより何が飛び出てくるか分からないワクワク感が魅力である作品集と感じます。
個人的には、設定と展開が見事に組み合わさった短編「THE ROOM ○○○しないと出られない部屋」が最愛でございます。