SecretLip TVアニメ版『ウマ娘 プリティーダービー Season2』第2話「譲れないから!」を観ました。トウカイテイオー、明るくで前向きで元気なウマ娘なので、レースに出られない悔し涙のシーンは本当に胸が締め付けられたのですが、ライバルたちの姿を見て再び立ち上がる展開が非常に良かったですね。
あと、OPのツインターボちゃんがとても可愛くて、これも大変よろしい点でございます。

 さて本日は、ささちん先生の『ひめごとりっぷ』(文苑堂)の越年へたレビューでし。これが2冊目となる作家さんですね。
アブノーマル寄りなプレイ&シチュに興じるカップルさん達を描く変態ラブコメディな作品となっています。

SecretLip1 収録作は、学業に専念するため、いつもエッチばかりな彼氏君におあずけを食らわせる代わりにご褒美を約束した彼女さんだが、彼氏君がリクエストしたご褒美は拘束プレイで!?な短編「むーでぃーべいびー♥」(←参照 この後目隠しも 同短編より)+描き下ろし後日談(5P)、および読み切り形式の短編9作。
 描き下ろし後日談とフルカラー作品であるタイトル短編「ひめごとりっぷ」(8P)を除き、1作当りのページ数は20~24P(平均20P強)と中の下クラスのボリュームで安定。基本的には軽めの読み口でありつつ、程好いボリューム感のエロシーンを提供するスタイルが保たれています。

【アブノーマル系のエロシチュを穏やかな雰囲気でお届け】
 エロは少しアブノーマルな趣向で適度なハードさを打ち出しつつ、シナリオワーク全体としては軽く穏やかな雰囲気を保つ変態ラブコメ的な作風で概ね統一されています。
 お嬢様姉妹の“ペット”にされてしまう短編「あいまいペット」こそ(女性上位な)主従モノ的な関係性で恋愛感情はあまり介在しませんが、その他の作品はカップルであることが大半であって、後述する様に背徳感のあるプレイであっても暗さや重さは大よそ排し、相互の信頼関係に基づくことでの和姦エロとしての安心感を担保しています。
 作劇としては、拘束プレイで感じさせられちゃう上記の短編「むーでぃーべいびー♥」や彼氏君にローター装着羞恥プレイをさせられちゃう短編「乃々花♥れっすん」など、ヒロイン側がアブノーマルなプレイをさせられて羞恥&未知の快感を覚えるというほんのり嗜虐性がある展開が主軸の一つ。
SecretLip2 もう一つの主軸は、エッチに積極的なヒロインに男性側が押し切られたり、圧倒されたりな展開であって、こちらは(男性にとっての)被虐感がほんのりとあるタイプ(←参照 完璧系イケメン彼氏君は彼女さんにされるがままなのだ! 短編「理想のカノジョ」より)。主導権が男女いずれかにあるかでエロシチュの趣向自体は変わってきますが、そういったアブノーマルなプレイを共有したり、相手の痴態を独占したりといった面でラブエロ系としての甘味にもつなげています。
 全般的にエロシチュのお膳立てに徹するタイプの構築であって、ストーリー性はあまり無いものの、エロのハードさや倒錯性を軽い読み口で包み込むことでの安定感はありますし、これからも二人(ダブルヒロインの場合は三人)でアブノーマルプレイに励んでいくことを示すラストを以て、ポジティブな印象を打ち出して〆ています。

【多彩なキャラデザ&ボディデザインの美少女ヒロインズ】
 短編「逆転♥カンケイ」の女子大生な年上彼女さんや、短編「あいまいペット」の幼さを感じさせるお嬢様姉妹などを例外としつつ、ほぼ女子校生ヒロインで統一された陣容。なお、10作品中3作品は姉妹のダブルヒロイン制となっています。
 大人しいヒロインが羞恥系シチュにすっかり染まって積極的になる(短編「乃々花♥れっすん」)、無邪気な年下ガールが妖しく迫ってくる(短編「ゆうわく♥2段ベッド」)、普段は年上としての余裕を示している彼女さんが普段とは逆に主導権を握られて蕩けちゃう(短編「逆転♥カンケイ」)など、エロ展開の中で示される“ギャップ”が魅力となるキャラメイクが揃っているのが特徴的です。
 また、日焼け肌のクール美少女な彼女さん、ギャルっぽい外見の年上彼女さん、瀟洒な印象のあるお嬢様姉妹、黒髪ロングポニテの清楚系彼女さん、小動物的な可愛らしさのある女の子等々、キャラデザインの多彩さも魅力の一つ。
SecretLip3 身長の高低や等身にはキャラ設定によってバリエーションを設けていますが、控えめバスト~ギリ巨乳クラスのおっぱいに程好く肉感的なお尻~太股回りを備えたボディデザインを基本としていて(←参照 ご主人様であるお嬢様姉妹 短編「あいまいペット」より)、巨乳&安産型ヒップの肉感的な女体のヒロインも居ますが(短編「逆転♥カンケイ」)、女体の柔らかさを感じさせつつ、エロアピールをマイルドにまとめて綺麗な印象を打ち出す女体描写とも感じます。
 アニメ/エロゲー絵柄的なキャッチーさをベースとしつつ、細やかな修飾性で華やかさ・可憐さを感じさせる作画であって、現代のエロ漫画ジャンルにおける王道的なスタイル。表紙絵と完全互換で単行本を通して安定しているのも加点材料と言えるでしょう。

【程好いアタック&密度のエロ演出で彩る蕩ける表情&女体】
 ページ数そのものはそれ程多いわけではないのですが、作品によっては開始2Pからエロシーンに突入するなど超特急でエロシーンに移行するため、抜きツールとしては十分なボリュームを有しています。
 いずれも合意の上でのセックスではありますが、拘束セックス、羞恥プレイ、周囲から隠れながらのセックス、近親エロス(非血縁)、お嬢様に奉仕する下僕プレイ等々、エロシチュやプレイとしてはアブノーマルな要素を含んだものを揃えているのが特徴。
男女いずれかに主導権がある序盤が多く、ヒロイン側が一方的に押し切られ続けるシチュやヒロイン側の優位性が常に保たれるシチュもありますが、スイッチが入ったヒロインが積極性を発揮し出す展開や、興奮した男性側が激しいピストンを繰り出す展開など、攻守の変化を付けたエロ展開も多くなっています。
 エロシーン全体に十分な尺を備える分、前戯パートにもボリューム感があり、目隠し&拘束による感覚の鋭敏化でのローター愛撫責め&頭抱え込みフェラ、ローター装着羞恥プレイからの発情ねっとりフェラ、Sっ気のあるヒロインによる脚コキ責めやら拘束パイズリと、エロシチュに合わせた多彩なプレイを複数投入するのが特色。
SecretLip4 ヒロインの可愛らしい印象をしっかりと保ちつつ、蕩けまくった表情やアクメで叫ぶ言葉にならないハートマーク乱舞の悶絶ボイス、ストレートな結合部見せつけ構図、ねっとりキスや愛液の溢れる結合部、子宮口をパワフルにノックする断面図、蕩けフェイス等で濃度を打ち出す液汁描写など、アタックのある演出を十分な密度で施しています(←参照 試着室で年下彼氏君にメロメロにされちゃうシチュエーション 短編「逆転♥カンケイ」より)。
 この演出の適度な飽和感に加えて、女体がコマの枠線を越えることが多く、見やすさを確保しながら描写を詰め込んでいる画面構成も美点であり、前戯・抽挿の両パートに射精シーンを投入する複数ラウンド制ということもあって、全体的にハイカロリーな印象が保たれているのも実用性を大きく高めていると言えるでしょう。

 適度にハード&アブノーマルなエロシチュを程好い長尺で提供するエロシーンを軸としつつ、読み口の良さがあるタイプであって、特色を出しつつ万人向けの抜きツールと言えるでしょう。
個人的には、強気ヒロインが拘束快楽責めでアクメ連発な短編「むーでぃーべいびー♥」と年上彼女さんを変態プレイで圧倒しちゃう短編「逆転♥カンケイ」が特にお気に入りでございます。