AchmeHotShotBust TVアニメ版『プリンセスコネクト!Re:Dive』第12話「きまぐれパティシエ自慢の一品~迷宮とクレープのメモリー~」を観ました。コッコロママのスタンプが沢山集まっているシーン、ユウキ君の成長はもちろんのこと、美食殿の皆が共有してきた時間を示していて、良かったですね。
その美食殿が大ピンチなのですが、ペコリーヌさんの過去が重要になってくるんですかね?

 さて本日は、えれ2エアロ先生の初単行本『絶頂❤孕ませおっぱい』(メディアックス)のへたレビューです。あとがきによると外国の方なのですが、あとがきの文章も漫画としてもそれを感じさせないので、色々と漫画や日本語の勉強を積み重ねてきたんだろうなぁと感心しました。
それはともかく、ファンタジーやSFとしての設定やギミックの面白さがある作劇と美人ヒロインのお下品痴態をハードにお届けなエロシーンとが楽しめます。

AchmeHotShotBust1 収録作は、精液が魔力の供給源であると信じられている世界で、天にそびえる塔に挑戦する女性冒険者たちのパーティーに勢力供給役として加わった非力な少年である主人公だが、一行の前に現れ魔物を駆使する少女との出会いから、少年と世界の真実が明らかになっていくのだが・・・な中編「アクメ★エクスプローラーズ」全4話(←参照 この少女の正体は・・・ 同中編第2話より)、および読み切り形式の短編4作。
 1話・作当りのページ数は22~30P(平均24P強)と中の上クラスのボリュームで推移。短編・中編共に設定そのものに読み応えを持たせた作劇であり、ハード指向のエロシーンにも十分な存在感の強さがあります。

【設定の作り込みの魅力があるファンタジー・SF作品】
 “MDコミックスNEO”レーベルからの出版でありつつ、戦闘ヒロイン凌辱やSF、ファンタジー、人格改変アプリというギミックもののと、ファンタジーの自由度の高さを活かした作品が多く、キルタイムコミュニケーションからの出版でも不思議ではないお話が揃っています。
 真面目で厳格な生徒会長への逆恨みで人格&常識改変アプリを用いて好き放題な短編「パラレルチェンジャー♥アプリ」、囚われの女スパイへのハードなエロ拷問&快楽堕ちな短編「女スパイは肉便器の夢を見るか」など、ファンタジー凌辱系としての王道的な要素・展開を備えた作品が目立ちますが、そういったテンプレートに収まらない話の作り込み方が最たる美点。
AchmeHotShotBust2“美しいエルフが醜悪なオークに~”に近似した構図を取りつつ、異なる文明や生態を持つ二つの種族の出会いがオーク的存在の文明に飛躍的な発展をもたらすことになる短編「宇宙一ヤバい出会い」(←参照 色々と噛み合ってしまって大変なことに! 同短編より)、精液が魔力供給源というエロ的に分かり易い設定のファンタジーものかと思いきや壮大な設定のSFものであることが判明する中編「アクメ★エクスプローラーズ」など、創り込んだ設定で意外性のあるストーリーが展開されていくことの面白さはオタク的コンテンツらしい魅力と評し得ます。
 また、短編「パラレルチェンジャー♥アプリ」では平行世界を利用したアプリの使用による主人公への意外な代償、短編「イビルスレイヤーズ」でヒロイン達が殲滅してきた邪悪な魔物の意外な正体、複数の短編にまたがって登場し、ヒロインへの凌辱・調教に加担する超常存在が、人間や魔物に対して無慈悲で冷淡だが、同時に真面目に淡々と観察記録を付け昇進を目指す小人物感といった細かな各設定の面白さ、エロはハードに話は大真面目に描きながら“今!!ここで!!(中略)中出し交尾を!!するんだ!!”“世界の頂上での絶頂(アクメ オブ アクメ)”“淫語を脳にインストール!”といったトンデモな(誉めてます)台詞の数々によるギャップなども非常に特徴的。
 主人公君の幼馴染お姉ちゃんへの愛情や仲間のための頑張りもあって大団円のハッピーエンドに落ち着く中編、明確にバットエンド系でありつつギャップのあるコミカルさもある短編群に、正統派な悪堕ち展開とも言える短編「イビルスレイヤーズ」と、様々なまとめ方をしつつ、それぞれに漫画としての面白みを備えているのも高く評価したいポイントです。

【多彩な設定の爆乳ボディヒロインズ】
 エルフやケモ耳種族、魔法使いといった亜人種やRPR的世界観のヒロイン達が登場する中編、生涯一度だけ結婚相手とセックスをして子を為す習性と高度な文明を持つ短編「宇宙一ヤバイ出会い」のイェルロフ星人(エルフ的なものとお考えください)、腐敗した秘密警察に捕まった女スパイに魔物に逆襲凌辱される女軍人などなど、ファンタジーらしい設定のヒロインが揃っています。
 異なる種族などを下に見ているタイプの種族であったり、誇りや気の強さのある戦闘ヒロインであったりな設定が多く、そんなヒロイン達が快楽でメロメロに~という王道のギャップを形成。
 また、真面目な生徒会長としての存在と平行世界のビッチ黒ギャルとしての存在を好き勝手に入れ替えられてしまう短編「パラレルチェンジャー♥アプリ」、拷問として仮想世界での長時間の快楽凌辱を様々な設定・シチュエーションで繰り返される短編「女スパイは肉便器の夢を見るか」の女スパイなど、SF的要素を含む凝った趣向でヒロインの変化を見せることが多いのも特色です。
AchmeHotShotBust3 中編に登場するエルフさんだけ色々とちっこい体の持ち主ですが、その他のヒロインは巨乳~爆乳&巨尻な肉感ボディの持ち主。すらりとスレンダーな肢体に特大バスト&ヒップ&太股を盛大に乗っけるボディデザインをメインとしつつ(←参照 仮想世界で好き勝手な設定にされてしまう女スパイ 短編「女スパイは肉便器の夢を見るか」より)、体全体の柔肉のボリュームを高めたぽっちゃり寄りの女体造形も存在。
 十分な作画密度を持つオーセンティックなアニメ/エロゲー絵柄は漫画チックな親しみ易さと二次元らしい華やかさを併せ持つタイプであり、初単行本ながら絵柄の統一感は十分。キュート系の女の子キャラから凛々しさのあるアダルト美人まで描き分けの上手さも魅力と感じます。

【ハードなプレイと強烈なエロ演出で突き進むエロシーン】
 エロシーンの分割構成を採ることが多いものの、セックス自体が主題に絡んでくる作品が揃っていることもあって、エロ描写の総量は多いですし、中核となるエロシーンのボリューム感も十分。
 短編では便利アプリや仮想空間を用いた人格や言動の改変での肉便器化、怪物による異種姦や孕ませなどの凌辱系シチュエーションを投入しており、中編ではそれら凌辱系シチュに加えておねショタハーレム的なエロシチュも合わせて用意しています。
意識や人格を操作してお口ご奉仕の強要であったり、お姉さん達による和姦エロの雰囲気での搾精フェラ三昧であったりな前戯パートに一定の尺と射精シーンを投入していますが、エロシーン全体の構築としては、ピストンによる強烈な快感でヒロインを圧倒し、アクメしまくりな状態に追い込む抽挿パートの量的充実が図られています。
AchmeHotShotBust4 前戯パートにおけるひょっとこ気味のバキュームフェラ、抽挿パートでのハートマークを乱舞させる呂律の回らない実況台詞や絶叫、潤んだ瞳にハートマークを浮かべたり、アヘ顔を曝け出したりな表情付け、巨根が子宮口を押しこむ断面図などなど、美人ヒロインがお下品テイストのあるハードな痴態で乱れまくるというギャップを強烈に打ち出しており(←参照 気の強い女軍人が! 短編「イビルスレイヤーズ」より)、そのアタックを畳みかけていく勢いの良さがあります。
 巨根で押し開かれる陰毛標準搭載の秘所やアナル、ピストンに合わせて派手に揺れる巨乳&爆乳、バックショットでのデカ尻&太股のアピールと、豊満ボディの存在感を強く打ち出すと共に、ニプルファックやら異物挿入やら使用済みコンドーム腰蓑やら首絞めファックやら出産アクメやらとハードだったりアブノーマルだったりなプレイも組み合わせていきます。
 輪姦・乱交系を中心に中出し・ぶっかけが連続していく展開が多く抜き所を豊富ですし、フィニッシュは中ゴマ~1Pフルの分量で、前述のエロ演出全部盛りと子宮に白濁液が注ぎ込まれる断面図・透過図が投入されてヒロインがハードなアクメをキめる様子をお届けしています。

 設定の面白さがストーリー・エロの両面に活かされており、ファンタジーエロ漫画の様式美的な部分も抑えながら新たな試み・捻りが効いている作風と感じます。これからが非常に楽しみな作家さんと言えるでしょう。
個人的には、人格改変を平行世界入れ替えと解釈?した設定の面白さと黒ギャルビッチファックが魅力の短編「パラレルチェンジャー♥アプリ」と、強くて凛々しい戦闘ヒロイン凌辱モノでありつつ、様式美とそこからの変化の両方が楽しめる短編「いびるスレイヤーズ」が特にお気に入りでございます。お勧め!