WhenYouGetHotandWhenYouGetFuck 太陽まりい先生の『ギャルごはん』最終第10巻(白泉社)を読みました。みくの気持ちと教師としての責任感にきちんと向き合い、藤原ちゃんを含め、他のヒロインとの関係性にもきちんと決着を付けた上での大団円、いい終わり方でしたね。
みくちゃん、卒業後におっぱいが更にたわわになっているような気がしましたね、ぐへへ(邪悪な笑み

 さて本日は、牡丹もちと先生の『シコやかなるときもハメるときも』(コアマガジン)のへたレビューです。先生の(成年向け)前単行本『ミルキータイム』(ワニマガジン社)のへたレビュー等もよろしければ併せてご参照下さい。
多彩なシチュエーションでの明るく楽しいラブコメディとしっとり柔らかボディが官能的に蕩けるエロシーンとが楽しめる作品集となっています。

 収録作はいずれも読み切り形式の短編で10作。1作当りのページ数は10~22P(平均19P弱)と平均値としては多少控えめな部類となっています。
基本的に軽く楽しい読み口の作劇と、程好い濃厚感と尺のあるエロシーンとで構成されています。

【素直な性欲や恋愛感情が実る明るく楽しいラブコメ系】

 作劇の方向性としては明朗快活なコメディ系であって、多彩な設定でラブ&エロ模様を描いています。
 優秀な知能を持ったチンパンジーが飼育員さんの恋のアシストをしてくれる短編「天才ムラムラ動物園」、ふたなりが普通の世界でちんちんの欲望に素直すぎるフタナリガールズを描く短編「ふたなり家族」、砕けた体を集めて復活したものの、ちんちんが見つからなかったために美少女化して復活した魔王様の受難を描く短編「TRANS SEXUAL INTER WORM」など、漫画チックに楽しい設定・展開を備えた作品も揃っています。
また、日常の中でのラブ&セックスを描く作品においても、後述する様な多彩なヒロインの設定を活かした展開となっており、その設定に絡めた各種の言葉遊びが作品のコミカルさを形成しているのはこの作家さんらしい点と言えます。
WhenYouGetHotandWhenYouGetFuck1 互いに勘違いをしながらのドタバタ模様でエロへと投入していく短編「ハレンチ維新」といったタイプもありつつ、ヒロイン側に主導権がある展開が多く魅力的なヒロインに翻弄されるドキドキ感や棚ボタ的な幸福感がある作劇も、ラブコメ・エロコメ的に王道の魅力と言えるでしょう(←参照 “じゃあ童貞のちんこん歌ね・・・っ” 短編「ドンドンフェラハーメニー楽団」より)。
どちらかと言えば、コメディとしてのお馬鹿テイストが魅力となる作品が多いですが、仕事一筋で色恋沙汰が無かったが結婚願望は強い女性が終に報われる短編「崖っぷち恋唄」、久しぶりに再会した先輩・後輩の男女コンビがそれぞれの“青春の未練”を解消する短編「あとの祭囃子」など、温和でポジティブなラブストーリーもあります。
 これらの作品ではラブエロ系としての優しい甘味を残すタイプのまとめ方ですが、その他の作品はコミカルなオチを用意し、読者をクスリと笑わせて楽しい読書感を一貫させてくれています。

【多彩な設定&巨乳ボディの綺麗なお姉さんタイプ】
 短編「ふたなり家族」のふたなりJKガールや、短編「TRANS SEXUAL INTER WORM」の年齢不詳な美少女化魔王様などを例外としつつ、20歳前後~30代前半クラスの綺麗なお姉さんタイプがメイン。
 オーケストラサークルのピアニストな美人先輩、不器用なところのある結婚願望の強いキャリアウーマンさん(処女)、年下イケメンに翻弄されるも逆に主導権を握る清楚系美人家庭教師さん、本性は結構過激な元アイドルの女優さん、チンパンジーの飼育員さんに明示時代に薬局を営む和装美人さんなど多彩な設定を用意しており、その設定と絡めたエロ展開や台詞回しも特徴的です。
 ボディパーツが回収しきれていないせいなのか、貧乳ボディとなった魔王様やご立派サイズのちんちんをお持ちな並乳クラスのふたなりガールなどのファンタジー存在各位は例外としつつ、もっちり柔らか質感の巨乳&桃尻をお持ちなヒロインが勢揃い。
WhenYouGetHotandWhenYouGetFuck2すべすべのお肌、程好いサイズ感の乳首&乳輪を持つ美巨乳、バスト&ヒップのもっちりとした弾力感と肢体の整った美しさを保ちつつ、各体パーツのエロさを主張していますし、艶やかな髪の毛の表現やしっとりとした唇の質感の魅せ方など、細やかな描き込みでヒロインの性的魅力を高めています(←参照 美巨乳&艶やかな黒髪 短編「崖っぷち恋唄」より)。
 これら体パーツ描写に加えて、和服や下着など、衣装の細やかな描き込みも特色であって、それらの美しさも含めて“綺麗なお姉さん”としてのキャラデザの魅力を形成していると感じます。
 今回はコアマガジンからの出版ですが、『快楽天』系列での作品も多い作家さんであり、同系列の作家さんらしいお洒落感が特色の絵柄。前述した様に丁寧な描き込みを魅せ、作画密度は高く安定していますが、それでいて絵としてクドくならずにメリハリが効いているのも◎。

【上品かつ濃厚に蕩ける柔らかボディの感触を満喫】
 ページ数の関係上、たっぷり長尺という印象こそ無いものの、抜きツールとして標準的なボリューム感のある濡れ場であり、前述した絵柄の細やかさもあって適度な濃密さを打ち出したエロ描写に質的なボリューム感もあります
WhenYouGetHotandWhenYouGetFuck3 ヤリモクな美人コンビに突如誘惑されての温泉3Pセックス(←参照 短編「大江呂温泉物語」より)、情熱的な演奏で発情しちゃった憧れの先輩に襲われちゃう音楽家セックス、女王様気質な女優さんが弱気になった男性俳優さんを押し倒して自信を付けさせる演技指導ファック、生意気イケメン君に翻弄されつつ最終的に主導権を握る家庭教師さんがリードするエッチなど女性主導型のエロシチュが多いですが、素直にラブ&セックスのドキドキ感のある恋愛セックスや、女体化した魔王様が触手モンスターに襲われたり自分のち○こをゲットしてフタナリ化した勇者とセックスバトルしたりというトンデモファンタジーなシチュがあったりと、ポジティブな印象は保ちつつ変化球なものも含めてエロシチュは多彩に用意されています。
 フェラや手コキなどのサービスプレイとそこからの射精シーンを前戯パートに投入することもありますが、それよりも服を肌蹴たヒロインのエロ美しい肢体を魅せたり、キスや愛撫でその感触を味わったりといった描写を軸とすることが多く、分量としても短めにまとめることが基本。
 愛液ですっかり濡れそぼった秘所に挿入したり挿入を誘導されたりで開始される抽挿パートは、双方が快楽に飲み込まれつつ腰を振っていくエネルギッシュなものであり、美しさを保ちつつ熱っぽく濡れて蕩ける表情やハートマーク付きの嬌声といった痴態描写に絵柄に由来する濃厚感があります。
WhenYouGetHotandWhenYouGetFuck4 ふたなりファックでの竿役ガールも含め、男性(竿役)側の体躯の存在感を適度に打ち出し、おっぱい&お尻を揉む描写などとも合わさって肢体の密着感を形成しており(←参照 密着体面座位で尻わしづかみ&ねっとりキス! 短編「あとの祭囃子」より)、双方の没入感を表現していますが、同時に男性側の描写を強く主張させることもなく、主観構図なども含めてヒロインの表情と柔らかボディに意識が集中できるようになっているのは良いバランス。
 複数ラウンド制を基本としており、尺の都合上、やや早漏展開と感じることもありますが、紅潮した頬、潤んだ瞳、乱れた髪でアクメに震えてアクメボイスを漏らすヒロインの痴態と、結合部から溢れ出す精液&愛液の描写を用意した大ゴマ~1Pフルの中出しフィニッシュ(一部外出し)でハイカロリーに〆ています。

 多彩なヒロイン設定によるシチュエーションのバラエティと上品な印象を保ちつつ十分な濃厚感もある和姦エロが楽しめる作品集であり、短編集らしい魅力があると言えるでしょう。
個人的には、普段は明るく頼れる部長さんだが恋愛経験が無いのがコンプレックスなヒロインがようやく遅咲きのラブ&セックスでエロ美しく蕩けちゃう短編「崖っぷち恋唄」が特にお気に入りでございます。