CoachingFuckDayAfter シネクドキ先生の『エルフさんは痩せられない。』第6巻(ワニブックス)を読みました。この作品では珍しくダイエットに成功しているゴーゴン姉コンビ(おそらくステンノ&エウリュアレ)とのビーチバレー勝負ですが、とんだ茶番でしたね(誉めてます)。ダークエルフさんの黒饅頭尻が充実で大変よろしかったです。ボードゲーム回は実在の作品を少し捻ったネーミングでクスリとさせられました。

 さて本日は、BANG-YOU先生の『指導姦 Day after』(ジーオーティー)のへたレビューです。先生の前単行本(初単行本)『ストップウォッチャー』(同社刊)のへたレビューもよろしければ併せてご参照下さい。
日焼け肌短髪巨乳アスリート美少女の引き締まったボディを様々なシチュエーションで堪能する作品集となっています。

CoachingFuckDayAfter1 収録作は、コーチの言うことが絶対であったり、競技に性的な要素が加味されたりな世界で日焼け肌短髪巨乳アスリート美少女達にドスケベな特訓が与えられることになる「指導姦」シリーズ8作(←参照 常識改変ボイスを手に入れたコーチがクールで高慢な有望選手を言いなりに!? 「指導姦Zero」より)+描き下ろしエピソード(8P)、日焼け肌短髪巨乳スポーツガールなリョウコちゃんが彼氏のスケベ願望に翻弄される日々な「りょうこちゃん」シリーズ3作、および読み切り短編「ミッドナイトフィットネス」。
描き下ろしエピソードを除き、1話・作当りのページ数は6~20P(平均16P強)と控えめな部類。ストーリーの存在感はほぼ無く、日焼け肌短髪巨乳アスリート美少女のエロシーンに集中できる仕様となっています。

【ヒロインに好き放題する暗い欲望をイージーに充足する展開】
 ヒロインのキャラクター属性と各種エロシチュに特化したタイプの作品構築であって、作劇の存在感は軽微ではありますが、話の方向性としては、催眠モノや調教モノなど、ヒロインに対する征服欲・死は欲を満たすタイプのものがメイン。
CoachingFuckDayAfter2 「指導姦」シリーズについては、指導と称してヒロインにエッチなことをしたりさせたりなシチュエーションが共通しており(←参照 度胸をつけさせるためのスケベ特訓だ! 「ゆけむり指導姦」より)、それをヒロイン側が当然のこととして受け入れるために常識改変であったり、それが広範に適用されたと思しき世界観であったりを用いています。
このエロ特訓が実際に効果を出して、ヒロインもアスリートとしても女性としてもすっかり満足するケースもありますし(「指導姦After」等)、一方的に好き放題され続けてしまうダーク&インモラル系にまとめることもありますが(「指導姦Origin」等)、後者の方がメインとなっています。
シリーズ作ではありつつ、基本的にオムニバス形式であり、「指導姦Zero」で提示された改変世界が設定として共通しているのか否かなど、シリーズ全体としての設定の共通性は曖昧な印象なので、その点も話の存在感を乏しくしている感はあります。
 ヒロインが彼氏君の性癖等に翻弄されて痴態を曝け出しちゃう「りょうこちゃん」シリーズや、ミスをした日焼け肌短髪巨乳アスリート美人が性的ご奉仕&エロ特訓をさせられてしまう短編「ミッドナイトフィットネス」についても、常識改変といった便利ギミックの登場は無いものの、ヒロインの羞恥心を刺激したり、好き放題にエッチなことをしたりといったコンセプトは共通していると言えます。

【しなやかアスリートボディの短髪美巨乳ヒロインズ】
 年齢層を特段意識させることは多くないものの、JK美少女なリョウコちゃんを含め、ハイティーン~20代前半程度と思しき年齢層で揃えられたヒロイン陣となっています。
 いずれのヒロインも、陸上や競泳の選手または部員、ジムのインストラクターなどスポーツをしている女性であって、前述のエロ特訓的なシチュエーションもこのキャラ属性と絡めることが主眼にあると言えるでしょう。
 日焼けの程度や部位などにはキャラクターによって差がありつつ、健康的な褐色肌を有するヒロインがほとんどであり、またショートヘアであることも大半のヒロインに共通。作者の明確なこだわりを示す美点と言える一方、キャラデザの方向性が固まり過ぎている故に、(登場エピソードが異なるので読みの阻害になることは少ないとは言え)ヒロインの見分けが付きにくいケースがしばしばあるのは多少の難点。
CoachingFuckDayAfter3複数ヒロイン制の「ゆけむり指導姦」では低身長ぺたんこボディや並乳ボディのヒロインも登場していますが、程好いボリューム感の巨乳&安産型ヒップをお持ちなヒロインが主力であって、締まったウェストの腹筋の存在感やすらりとした脚などはアスリートらしさのある要素(←参照 日焼け肌!陸上ウェア!締まった腹筋! 「指導姦Outdoor」より」。
 稀に全裸セックスもあるものの、着衣セックスが基本であり、陸上ウェアや競泳水着、スパッツなど、アスリートらしい衣装であり、かつ肌にぴっちりと張り付くことが共通するもので統一しています。
 ヒロインのクールな美貌を引き出す絵柄は、アニメ/エロゲー絵柄的なキャッチーさを有しており、日焼け肌の色合もあって作画密度の高さを感じさせます。絵柄も表紙絵とほぼ完全互換で単行本を通して安定していると言えるでしょう。

【凛とした美貌のヒロインが快楽に蕩けて翻弄される痴態】
 ページ数の都合上、濡れ場のボリューム感はあまり強くないのですが、前述した通りにエロメインの作品構築であって、日焼け肌短髪巨乳アスリート美少女の痴態に集中できる仕様ではあります。
 仕事のミスが原因で男性の言いなりになってしまう短編作や、彼氏君の我儘によるアブノーマルプレイやコスプレHに付き合わされる「りょうこちゃん」シリーズ、催淫マッサージでクール鉄仮面ヒロインが蕩けちゃう「指導姦After」といったシチュに加え、「指導姦」シリーズでは常識改変でのエロ特訓や、指導者の言うことが絶対な世界観でのエロ特訓といったシチュエーションを用意しており、いずれにしてもヒロインを好き放題に出来るという暗い全能感を充足させるタイプのエロシーンになっています。
 大人しい性格であったり気弱な面があったりするヒロインも多いものの、凛とした印象のある釣り目がちのクール系美人フェイスが性的快楽で蕩けてしまうというギャップが魅力であって、男性に従う状況でありつつ、羞恥や躊躇いを刺激してそれを快楽で塗り替えていくという趣向と言えるでしょう。
また、バイブを入れての調教プレイや露出プレイ、アナル開発、寝取らせ的な乱交、バイブを挿入したりセックスしたりしながらの各種トレーニングなど、投入されるプレイ内容も多様であって、これらもヒロインの羞恥心を引き出すことにつながっています
CoachingFuckDayAfter4 スレンダーボディを好き放題にまさぐったり、お口ご奉仕をさせたりな前戯パートにも適度な尺と射精シーンを用意しており、そこから突入する抽挿パートでは更に快楽に圧倒されて蕩けた表情と乱れたエロ台詞を曝け出すヒロインの適度にだらしない痴態を用意(←参照 「指導姦Origin」より)。押し広げられるアナルや秘所を見せつける構図や、お漏らしや顔を濡らす涙や涎、じっとりと肌を濡らす汗などの液汁描写など、過剰さは排しつつ十分なアタックと密度のあるエロ描写となっています。
 複数のシーンを入れ込む分割構成に近いスタイルということもあって、やや小刻みな展開となることはありますが、前戯パートでのお口発射やアクメお漏らし、前穴やアナルへの中出し描写など抜き所を複数用意するエロ展開となっており、ヒロインに対する欲望の強さでガンガン突き進む勢いの良さで一貫させています。

 日焼け肌&ショートヘア&しなやかアスリートボディというヒロインのキャラ属性のウェイトが大きい作品群であり、これが好みか否かは作品の評価に大きく影響しますが、エロ願望を分かり易く叶えてくれる作品という意味では、割合に幅広い層にも訴求する抜きツールと言えるでしょう。
個人的には、一人ヒロイン制として登場するエピソードが無かったのが残念ですが、全身褐色肌で三白眼な久米さんが最愛でございます。