GapInMyHeart 高遠るい先生の『はぐれアイドル地獄変』第10巻(日本文芸社)を読みました。フリードマン氏、南風原さんのお父さんの死に何かの関係を持っていそうなんですよねぇ。彼とのインタビューを勝ち取るためのミカさんの怒涛の攻め、鬼気迫るものがありました。
ドスケベ衣装褐色美人対決、大変眼福でしたし、やっぱりおっぱいはだいじだなぁとおもいました、まる

 さて本日は、わいら先生の初単行本『ココロノスキマ』(文苑堂)のへたレビューです。手前が庭、奥に部屋の境界に事後の性的な美少女が居るというこの表紙絵の絵自体に物語性を感じさせますよね。
それはともかく、制御不能な感情や欲望に衝き動かされる愛欲のストーリー&美少女ボディが淫液と快感に染め上る濃密痴態が詰まった作品集となっています。

GapInMyHeart1 収録作は、生活水準を落とした元・お嬢様と“早い者勝ち”で交際を始めた主人公であったが、自分に自信が無く、転入してきた彼女が他の男子達に声を掛けられるのを見て、独占欲や嫉妬によって彼女を校内で犯し、しかも逃げ出してしまうという最低の行為をしてしまうのだが・・・な連作「最初で最後の・・・」前後編(←参照 優しくて主人公に一途な彼女さんにひどいことを・・・だが? 同連作前編より)、および読み切り形式の短編7作。
1話・作当りのページ数は20~24P(平均21P強)と標準的なボリュームで推移。作劇・エロ共にページ数以上の読み応えがあり、適度に読ませるシナリオワークと濃厚さで満腹感を打ち出すエロ描写とで構築されています。

【強烈な欲望や感情が発揮され、受容される多彩な展開】
 受験勉強のためにセックスは我慢しようということになったものの、結局彼女さんの方もエッチはしたくて約定破りに~というカップルさんのラブエロ系な短編「ゆうちゃんの金曜日」はほのぼのとしたラブエロ系ですが、その他の作品は何らかの形で暗い情念が入り混じるストーリーになっています。
 魅力的な交際相手が他の男性と関係を持ってしまうことのへの嫉妬や不安(連作や短編「ワンルームの王様」)、自分が手を出したことが原因とは言え人生が転落した原因としてヒロインに対する鬱屈とした感情と(短編「空白と空白」)、男性側のある種の“駄目さ”や“器の小ささ”を感じさせる展開は、男性読者の胸に刺さるものもあるでしょう。
GapInMyHeart2そういったネガティブな感情を、セックスを通じてヒロインに強烈に叩き付ける衝動性や不安の裏返しの征服欲を明瞭に喚起しつつ(←参照 自分が失ったように相手にも失わせたい 短編「空白と空白」より)、ヒロイン側が単に受動的に支配されるのではなく、男性達のそのような感情を引き出してくることで、強固な関係性を構築することにつなげており、そういった男女の駆け引きもストーリー性につながっています。
 姉への対抗心や簒奪の優越感から姉の婚約者との浮気セックスを続け、その優越感や余裕に付け込まれて無理やり中出し生セックスをされてしまうヒロインを描く短編「まだ暖かいベッドの上で」のように、ヒロイン側のモチベーションにほの暗いものを含む作品もありますが、ヒロイン側が展開を主導する場合には強い性的欲求が駆動するタイプが主。
 前述の短編「ゆうちゃんの金曜日」では、恋人とセックスしたいという素直でポジティブな性欲の暴走ではありますが、短編「ビッチの探しもの」「Buying and Selling」では当初見下していた相手とのセックスに夢中になってしまい、ヒロインが自身の快楽欲求を抑えられなくなってズブズブとハマっていくことになるインモラルな様相を呈しています。
 そういった欲望や感情の衝動を抑えることが出来ないためにビターであったりインモラルであったりなラストにつながるケースもありつつ、前述した様に男女の関係性の強化やセックスの快楽のギブ&テイクにつながってハッピーエンドになることも多く、陰陽の情動を併せ持つ性愛の複雑さ、いい意味でのもやもや感を残してくれる作風とも感じます。

【程好い量感のバスト&ヒップなエロ可愛いJKヒロインズ】
 短編「ワンルームの王様」には女子大生ヒロインが登場していますが、その他の作品は女子校生ヒロインで統一されています。
 誰とでも仲良くなれて男性との距離が近さが不安を呼ぶ彼女さん、優しく貞淑な美少女ながらそれ故に喪失の不安が付きまとう彼女さん、過去の過ちから強烈な快楽を求め続ける女の子、セックス大好きビッチギャルちゃんや真面目そうながら特大ディルドでのオナニー探究に励む眼鏡ガール、年上を翻弄する暗い喜びとその余裕を蹂躙されることになる奔放生意気ガール等々、多彩な設定のヒロインが揃っており、彼女達の恋愛やセックスに対する動機づけそのもので、作劇の雰囲気や男女の関係性の趨勢を決定づける作りになっていると感じます。
 男性キャラについては、前述した様にそのネガティブなものを含む情動が展開において重要となるケースもありつつ、ヒロインに強烈な快楽を与えてくる度し難い存在として描かれるケースもありますが、いずれにしてもヒロインを激しく犯して強烈な快楽を叩き込んでくる竿役という存在であることはほぼ共通しています。
GapInMyHeart3 短編「らてっくすらぶ」のオナニー大好きガールは貧乳さんですが、その他のヒロインは程好いボリューム感の巨乳をお持ち(←参照 短編「まだ暖かいベッドの上で」より)。健康的な肉感の体幹に組み合わされるバスト&ヒップは、量感の主張がそれ程強い訳ではありませんが、適度な淫靡さのある粘膜描写なども含め、健康的で綺麗な印象の女体がエロシーンで一挙に官能性を増すギャップに強い魅力があるタイプ。
 初単行本ということもあって、絵柄や作画密度には多少の変遷を感じることはありますが、評価に強く影響する程ではありません。ふわっと柔らかい描線で女の子の可憐さや瑞々しさを表現しつつ、エロシーンを中心として高い作画密度で濃厚感を打ち出していく絵柄そのものの特色も訴求因となっています。

【豊潤な液汁描写と前のめりなセックス描写での濃厚感】
 ページ数の都合上、分量としてたっぷり長尺という訳ではないものの、前述した情動が生み出す強烈なエネルギー感と高い濃厚感のある痴態描写とによって質的な満腹感は強く、抜きツールとして十二分の信頼性があります。
 姉の彼氏との浮気セックスやおじさんとの援交セックス、交際関係にはありつつも強引で一方的なセックスと、作品によってエロシチュの趣向に明確な変化は設けつつ、個々のエロシチュの方向性に強く踏み込むというよりかは、それらの状況に至るキャラクター達の欲望や感情が炸裂することでの前のめり感や没入感を重視し、それが読みを牽引する熱量につながるスタイルであることは共通していると感じます。
 屹立した肉棒へのねっとりフェラや、ねちっこく舌を絡めるキスや秘所への愛撫といったヒロインを感じさせるプレイなど、前戯パートに十分な尺や抜き所を設けることもありつつ、抽挿パートへの助走に徹するスタイルであって、激しく体を絡めあい、がつがつと性的快感を貪るハード&アグレッシブな抽挿パートの存在感を軸とするエロシーンの構成であることは一貫しています。
GapInMyHeart4 抽挿パートを中心として濡れ場に特徴的なのは、程好い肉感で健康的な印象のある女体が汗や愛液などの淫液にぐっしょりと濡れ、かつ愛撫やピストンなどの行為によってどんどんと淫液の量を増していく流れが強烈な快感を物語る表情&台詞表現と同期して痴態の濃密さを打ち出していくアグレッシブな進行と言えるでしょう(←参照 短編「Buying and Selling」より)。
小ゴマも多用する比較的詰め込んだ画面構成でページ数当りの情報量を高めていますし、個々のコマについても高い演出密度や各種アップ描写における丁寧な作画による淫猥さもあって、欲望が衝き動かしていく激しいセックスのエネルギー感と各種演出の強さがしっかりと噛み合って進行していくセックス描写は圧巻の出来。
 あまり極端な演出は用いない一方で、意識は吹っ飛んでいる様な表情付けや言葉にならない悶絶ボイスなど、絵柄の方向性に沿わせた上でのハードな演出を組み込んでおり、中~大ゴマでの中出しフィニッシュでヒロインにトドメを刺すような強烈なアクメを迎える様はオーラスの抜き所としても、両者の関係性が導かれる状況としても強い存在感を有しています。

 作劇の方向性は様々ですが、とは言え、ままならない感情が衝き動かすことでの陰陽飲み込んだ強烈なエネルギー感のある展開・エロ描写は強い魅力であって、それらを語り回しの良さとして魅せているのを高く評価したい作品集。
個人的には、ヒロインの一途さが特殊な形とは言え維持されることで両者の紐帯が改めて確かなものとなる連作「最初で最後の・・・」と、生意気援交ギャルがおじさんに返り討ちアクメな短編「Buying and Selling」が特にお気に入りでございます。お勧め!