ClassOfOnaHoles のなかたま先生の『多田依さんはホメられない!』第1巻(電撃コミックス)を読みました。人を誉めるのは意外に難しいことがあるのは良く分かるのですが、ヒロインの不器用さと部下の女性の妙な方向への成長がコミカルな化学反応をしているのが楽しいところ。
とは言え、山下君はもっと怒られた方がいいと思いますね・・・。

 さて本日は、大嘘先生の『オナホ教室~女子全員妊娠計画~』(文苑堂)の遅延へたレビューです。先生の前々単行本『あしアソビ❤』(同社刊)のへたレビューもよろしければ併せてご参照下さい。
可憐な美脚美少女さん達への復讐ストーリー&ストレンジラブを特殊なエロシチュでお届けな作品集となっています。

ClassOfOnaHoles1 収録作は、女子ばかりのクラスで孤立している主人公の少年は女子達から性的暴行に金銭巻き上げという凄惨なイジメを受けていたのであるが、そのイジメの一環で入手したオナホは、特定の相手と感覚がリンクし、かつ精液も届くワームホール・アイテムであり、主人公はこれを利用し次々とイジメ加害者達を罠に嵌めていくのだが・・・な長編「オナホ教室」全6話(←参照 すべすべストッキング脚コキ!うらやまイジメ許せない!! 同長編第1話より)+話として直接関係ないアナザーストーリー番外編、および読み切り形式の短編「靴下売りの少女」。
1話・作当りのページ数は20~28P(平均23P強)と標準的なボリュームで推移。長編として一定の読み応えはありつつ、エロメインの構築で安定しています。

【陰湿ないじめへの陰湿なワンサイドゲームの復讐劇】
 タイトル長編はいじめられていた少年によるエキセントリックな方法での復讐劇であり、イジメに加担していたクラスメイト達とそれを放置していた女性教師を遠隔ファックしていくという内容。
ClassOfOnaHoles2不思議なオナホを用いて遠隔で凌辱するため、主人公側がほとんどノーリスクであり、ヒロイン側は自分が何をされているか分からない状態で、主人公がイジメの中でさせられた様に、公衆の面前で情けない痴態を曝け出すという得体の知れない恥辱、そしてそれが自分にも伝播することへの恐怖に晒されることになります(←参照 次は自分もこうなるのでは・・・ 長編第4話より)。
 主人公の関与を認識できないヒロイン側が妊娠の危険性を認識できない状態で中出しを連発され、妊娠を知って精神的に弱った状態で主人公が快楽漬けになっているヒロインを更に蹂躙することで全員への復讐完了という流れであって、主人公側のワンサイドゲームである分、緊張感のある攻防といった展開を期待するのは避けるべきでしょう。
個人的には、責任の無い子供に類が及ぶ“妊娠”を復讐の手段として用いることに倫理的な抵抗感があることに加え、この一方的な展開で主人公側が歪んだ全能感に支配されて歯止めが効かなくなっていることを示すラストもあって、勧善懲悪の爽快感は無いものの、根本的にはイジメ加害者が悪いわけで、それらに対する因果応報がはっきりしているのは作劇として筋が通っているところ。
 短編2作については打って変わってのラブエロ系であり、同じ遠隔ファックのオナホを用いつつ、恥ずかしがり屋の二人がそれを活用してラブ&エロを深める長編作の番外編短編に、奇妙なキッカケでヒロインが素直な恋愛感情を主人公に開示でき、ラブラブ足フェチセックスを展開する短編「靴下売りの少女」は共にハッピーエンドでまとまっています。

【ふんわりと柔らかい印象の可憐な美脚美少女さん達】
 長編に登場する女教師さんを例外として、その他のヒロインはいずれも女子校生級の美少女さんで統一。
 主人公をイジメることを喜々として楽しむクラスメイト達に、それを見て見ぬふりをするクールというか冷酷な女教師と、長編作では主人公側の陰湿な復讐の標的になる十分な原因を有したキャラ作りとなっており、これに対し短編2作については恥ずかしがり屋な彼女さんであったり、ツンデレ幼馴染であったりとキャッチーなキャラ属性が施されています。
 いずれのヒロインもすらりとした美脚の持ち主であって、その分等身高めでスレンダーな印象があるボディデザイン。バスト&ヒップ共に十分なボリューム感がありますが、それらの肉感を強く前面に出すタイプではなく、美少女キャラとしての華やかさや可憐さが魅力のキャラデザインとなっています。
ClassOfOnaHoles3細やかな髪の毛の表現やじゅわっと濡れるおパンツの描写、濡れて程好く淫猥さを増す各種粘膜描写と細部まで丁寧な印象の描き込みに加え、何と言ってもさわさわとした肌触りのストッキングに包まれた脚&足の描写はこの作家さんの最たる特長(←参照 生脚&ストッキング足先! 短編「靴下売りの少女」より)。
 ふんわりと柔らかい描線で構成される絵柄は、少女漫画チックな可愛らしさを感じさせるタイプ。作画密度は十分に高い一方で、重さ・濃さを感じさせずに軽く柔らかい印象を保つ絵柄とも言えるでしょう。

【特殊シチュのユニークさとエロ可愛い痴態】
 凌辱系の長編にしても、ラブエロ系の短編にしても、セックスに至る動機付けがある意味シンプルであり、またスムーズに進行することもあってエロシーンには十分な尺が用意されています。
 ヒロイン側の脚コキ等の性的イジメも描写されつつ、遠隔ファックで一方的な孕ませセックスを展開したり、快楽の虜になったヒロインを服従させたりなエロシチュが長編ではメインであり、アナザーストーリーでも特殊アイテムを用いていますが、短編群は互いの想いを素直に表現できる恋愛セックスとして描かれています。
長編作では実際に体を重ねてのセックスも投入されつつ、メインとなるのは“遠隔”でのセックスであり、主人公自体はオナホに話しかけながらオナニーしているという珍妙な構図である一方、ヒロインが電車内や学校内、知り合いの前で強烈な快感を一方的に叩き込まれて快楽に乱れるという羞恥や恐怖を刺激される状態になっていることに、“復讐”としての意味合いを持たせています。
 ストッキング着用脚コキやオナホを指で弄っての遠隔手マンなどの前戯パートを投入し、特に前者には射精シーンも付随させて存在感を持たせていますが、遠隔とはいえ、ピストン運動の描写を充実させており、羞恥や恐怖を強烈な快楽で塗り替えられてしまう流れを形成。
ClassOfOnaHoles4可憐な美少女フェイスが紅潮し、涙が零れたりきゅっと瞳を閉じたりなエロ可愛い表情付けや、乱れた描き文字の小刻みな嬌声、潮吹きなど液汁描写と粘膜描写の組み合わせなど、十分なアタックのエロ演出を適度な密度で施しており、地の絵柄の柔らかさや軽やかさを保ったままで煽情性を打ち出しているのは大きな魅力(←参照 遠隔同時ファックだ! 長編第2話より)。
 ハートマーク付きのキュートかつ乱れた喘ぎ声を絶叫しつつ、白濁液が秘所(キャラによってはアナル)に注ぎ込まれてアクメを迎えるヒロインの痴態を1Pフル級の十分なボリュームで提供しており、そこに至るまでの盛り上げ方と分量としてのタメもあって〆に相応しい抜き所になっています。

 この作家さんとしては珍しく完全に男性側が支配的なシチュエーションとなる長編作で、脚コキがメインではないという点も好みが分かれそうではありますが、キュートな美少女がエロ可愛く蕩けさせられちゃう様子は大変眼福です。
何だかんだで女の子達を次々と好き放題な長編に愚息がお世話になりました。