PrettySwimsuitSuccubuses 紙魚丸先生の『惰性67パーセント』第6巻(集英社)を読みました。かつてこんなにしょーもない(誉めてます)裸エプロンからの乳首ポロリがあったでしょうか・・・?西田君、つきあっても自然な気はしますが、いくら巨乳でもねぇ・・・。
新キャラの五木さん、なかなかぶっ飛んだ言動の人物ですが、ミモレットの感想は分かる気がします(ウェット・青カビ好きなので

 さて本日は、ぼっしぃ先生の『水泳部のサキュバス達』(ワニマガジン社)の越年へたレビューです。当ブログでは久しぶりにレビューの俎上に載せますが、『Radical GoGo Baby!』(同社刊)のへたレビュー等、過去作のレビューもよろしければ併せてご参照下さい。
柔らかボディの美少女&美女のしなやかボディとそれを包む密着着衣の質感&濡れて蕩けるセックス描写を総天然色で楽しめる1冊となっています。

PrettySwimsuitSuccubuses1 収録作は、強豪の女子水泳部の秘密は有力選手が男子部員を(性的な意味で)食うことで精液によるパワーアップを図ることで!?な中編「水泳部のサキュバス達」全3話(←参照 エッチな特別メニューだ! 同中編第1話より)、楽しい夏を前に入院してしまった彼氏君に彼女さんが浴衣姿で夜に訪れて病室でエッチをエンジョイな連作「アフターサマーあふたー」「ぱんつ♥らいん」正続編、入居人のエッチな相談に乗ってあげる管理人の男性の奮闘劇なシリーズ2作、および読み切り形式の短編・掌編10作+フルカラーイラスト計7P。
連作正編「アフターサマーあふたー」を除いていずれもフルカラー作品ということもあって、1話・作当りのページ数は2~16P(平均7P弱)と基本的に少量。エロ・シナリオ共に小粒ではありますが、そこはフルカラーの魅力で一定補っています。

【漫画チックな楽しさをライトに提供する設定】
 上述した様にストーリー性を構築するにはページ数が足りていませんが、作劇の方向性としてはライトな読み口のラブコメ・エロコメ系が主力。
PrettySwimsuitSuccubuses2 入居人のエッチなケアもお仕事なアパート管理人さんであったり、積極的な英語教師さんに押し倒されたり(←参照 いきなりパイズリ! 掌編「Super English teacher X」より)、カップルさんのラブラブHであったりと、サクサクとエロシーンの突入できる仕様で冒頭からエロシーンを提供しています。
 二組のカップルによるスワッピング(短編「サマーとりかえっこ」)や、教え子二人に押し切られてしまう年上女教師さんなど(短編「まりあ先生は教育熱心」)、シチュエーションとしてインモラルさや欲望のダークさを織り込むこともありますが、話自体が軽めなことに加えて話のオチもポジティブなので、他のラブコメ・エロコメ系との差異をあまり感じさせません。
 また、エッチで男子のエナジー?を吸い取る競泳美少女さん達と男子達の反乱?を描く中編シリーズや、失楽園のモチーフを取りつつおねショタ&とある物の嘘起源が描かれる短編「楽園のわるい子たち」、頭の中での天使と悪魔の戦いという漫画的葛藤表現をセックスバトルに仕上げた掌編「なやませ♥Devil」等々、漫画チックに楽しい展開や設定があるのは嬉しいところ。
 読み応えはほとんど無いですが、キャラや設定のワンアイディアの面白みが光るのは短い作品の構成として美点であって、単行本として賑やかな読み口を提供しています。

【柔らか巨乳ボディとそれに張り付く衣装の官能的な質感】
 年齢不詳のファンタジーキャラも登場しますが、年齢層としてはハイティーン~20代半ば程度を主とする美少女&美女であり、人妻や競泳選手、女教師さんに外国人さん、グラビアアイドルに浴衣姿の似合う黒髪美人の彼女さん等々、設定も多彩。
 キャラクター性を掘り下げる余裕が無い分、ツンデレ系やエッチなお姉さん、肉食系ガールに気弱美人、優しい彼女さん等、分かりやすい属性を織り込むのを基本としていますが、同時にテンプレ的なキャラ属性でガチガチに固めるというよりかは、設定の面白さを主軸にしてそれに合わせたキャラメイクという印象があります。
 貧~並乳クラスの女性キャラクターも複数名登場しつつ、程好いボリューム感の巨乳をお持ちなヒロインがメイン。バスト&ヒップの量感を十分打ち出しつつもそれらのアピールが強過ぎることなく、整ったプロポーションの魅力で幅広い層に訴求するスタイルと感じます。
PrettySwimsuitSuccubuses3この女体の柔肌の質感が魅力であることに加え、競泳水着を含めた水着や濡れたTシャツといった濡れて肌に張り付く着衣の質感もこの作家さんの特色であり(←参照 日焼け尻&濡れ水着! 掌編「黒の誘惑」より)、柔肌とピッチリ衣装の中に入り込む密着感や濡れ透けのエロティックな表現などでも魅せています。
 これまで収録に漏れていた作品を集めたという要素もある1冊であるため、初出時期には最大で7年もの開きがあり、キャラデザインや画面の密度に多少の変動があるのは確か。とは言え、華やかさと親しみ易さを両立する絵柄はキャリア初期から完成しているので、それ程違和感を覚えることはありませんし、フルカラー作品ということもあって表紙絵との印象の祖語もほとんどありません。

【程好いアタックの演出&柔肌と粘膜の官能性】
 上述した様にページ数の関係上、エロシーンの尺は短いものがほとんどであって、フルカラーによる質感の良さで質的な満腹感を高めつつ、抜きツールとしての物足りなさがあるのは確か。
 スワッピングや強引さのあるエッチ、ヒロインによる捕食エッチと彼女達への逆襲お仕置きセックスなど一定のインモラル感のあるエロシチュも含めて基本的には和姦エロであり、ラブラブHやおねショタHも用意。
短いエロシーンであるため、構成の特徴を論じるのは難しい面もありますが、柔らかボディ&着衣の感触を満喫したり、フェラやパイズリなどのご奉仕プレイで射精に導かれたりな前戯パートに一定の尺を設ける反面抽挿パートがかなり短いケースもあれば、短尺の中でピストン描写を優先するケースも存在しています。
PrettySwimsuitSuccubuses4 フルカラー絵そのものが持つ情報量の高さやエロティックさがあるため、エロ演出は量的に抑制して絵の邪魔をしないスタイルであり、蕩けきった表情に快感と興奮を物語る台詞、粘膜のエロティックな表現で魅せる結合部見せつけ構図、ぶっかけ精液や汗などの程好い分量の液汁表現といった描写・構図で程好いアタックを形成(←参照 シリーズ第1話「103の秋月さん」より)。
中出しの場合でも溢れ出す精液や追加のぶっかけ描写を加えると共に、比較的外出しフィニッシュが多く、柔肌に精液が飛び散ったり伝ったりの官能的な表現を重視するスタイル。いずれにせよ、大ゴマ~2P見開きでのアクメ痴態で〆ており、演出的な盛り上げはそこまでに引き続いて適度なアタックにまとめています。

 フルカラー作品の長所と短所をそれぞれ有していますが、シナリオとしてもエロとしても長所が長所として光っているのは確かでしょう。
個人的には、巨乳日焼け肌の先輩さんのラブエロアタックを受けるウハウハ展開の掌編「黒の誘惑」が一等お気に入りでございます。