SecretOfMsNao『異種族レビュアーズ コミックアンソロジー~ダークネス~』(キャラクター原案:masha先生、原作:天原氏、富士見書房)を読みました。大変に“分かってる”作家さんをずらりと揃えてきたドラゴンエイジ編集部、有能ですね・・・!
田倉まひろ先生のゾンビ嬢とかオカヤド先生の搾乳とかカラスちゃん先生のスキュラ嬢ぬるぬるプレイとかが特に良かったです。

 さて本日は、大嶋亮先生の『奈緒さんの秘め事~元ヤンギャル人妻、定時制学園に通う~』(エンジェル出版)の越年へたレビューです。先生の前単行本『カチューシャ~堕ちる妖精~』(同社刊)のへたレビュー等もよろしければ併せてご参照下さい。
豊満ボディのギャル人妻さんとのラブラブ不倫だったり寝取られ模様だったりの複雑なエロ模様&激しく乱れまくりなセックスが詰まった1冊となっています。

SecretOfMsNao1 収録作は、学園の定時制に通うことになった主人公の青年・光博は近所の顔なじみのギャルママ・奈緒さんもそこに通うことを知り、体育の授業の一環として実技セックスがある中で彼女に告白し、それを受け入れた奈緒さんと学園の中だけでは恋愛関係にあるという不倫を続けていくのだが・・・なタイトル長編「奈緒さんの秘め事~元ヤンギャル人妻、定時制学園に通う~」全8話(←参照 学園では勝気な元ヤンママとラブラブHを楽しめるが? 同長編第2話より)+描き下ろし後日談(2P)、および読み切り形式の短編「不貞協定-義母相姦編-」。
書き下ろし作品を除き、1話・作当りのページ数は20Pと中の下クラスのボリュームで固定。長編として一定の読み応えがあるストーリーであり、抜きツールとしての適度な満腹感もある構築となっています。

【不倫&純愛&寝取られな関係が絡み合うラブストーリー】
 憧れていた人妻ヒロインとの恋愛ストーリーであると同時にシチュエーションとしては不倫エロであって、定時制の学園という限られた空間内でのみラブラブ&H三昧という趣向が一つのポイント。
勝気でHな元ヤン美人が積極的にHをしてくれ、また限られた時空間内とは言え彼女を独占できるという状況に幸福感があって、また主人公の彼女に対する想いも誠実で熱情的ですし、また昔はヤンチャしていたヒロインがそんな純粋にラブラブな状況への憧れを叶えられているという構図はラブエロ系としての甘味を形成しています。
 その一方、あくまで授業内でのセックスであって、その外での不倫という関係性は駄目という作品世界での設定であるため、二人の関係が他の学生達に知られてしまうことで、弱味を握られたヒロインが他の男達に関係を迫られる展開が中盤以降続いていきます
SecretOfMsNao2主人公・光博君への愛情は保ちつつも、昔ヤンチャしていたビッチな体に火がついて別の男達との関係を続け乱交セックスにまで至ってしまうという構図は寝取られ的ではあり(←参照 “光博・・・マジゴメ・・・ン♥” 長編第5話より)、不倫エロで純愛エロでかつ寝取られ的な展開へと突入するというなかなかに複雑な恋路となっていきます、
 とは言え、芯の強いヒロインの恋愛感情はぶれないこと、ヒロインの性的にだらしない所も含めて主人公が彼女を受け入れ愛していること、奈緒さんの旦那が意外な形の介入によって寝取られ展開の泥沼に決着を付けることが合わさって、奈緒さんとの恋愛関係の回復・強化へと話は収束していき、不倫状態も含めてインモラルさを維持しつつ、ハッピーエンドへとまとまっていきます。
 短編「不貞協定-義母相姦編-」についても、義理の母親との疑似近親姦&不倫&撮影というインモラル系シチュでありつつ、動画の撮影で収益もゲットしママンも満足、義母に想いを寄せていた息子君も満足というWin-Winな関係として描かれており、長編と同じく読後感はポジティブに仕上がっています。

【美しさと淫猥さのバランスが魅力の豊満アダルトボディ】
 長編作のヒロイン・奈緒さんは28歳、短編の義母さんは37歳といずれの年増ヒロイン。年増ヒロインについては顔の造作や体型におばさんらしさを織り込むことが多い作家さんですが、今回についてはどちらも若々しい印象が先行するタイプのキャラデザになっています。
元ヤンで気が強いものの、子煩悩であったり告白してきた主人公には一途な一面を見せたりなギャップが魅力の奈緒さんは、前述した通りに快楽に溺れやすい面はあってビッチな側面もありますが、それはそれとして乗り切っていく芯の強さもあるタイプでもあって、彼女の感情の天秤がどちらに振れるかという点が作劇の緊張感に貢献しています。
SecretOfMsNao3 プリン頭(後にオール金髪に染め直し)にセクシーなリップと元ヤンらしい派手さのある外見な奈緒さんは、定時制に通うといことで制服(狭義)を着用したり、体操服や水着を着たりと着衣セックスメインであり(←参照 濡れて透けるエロ水着で乱交セックス 長編第6話より)、またアダルト美人に制服を着用して貰うギャップ感は好事家にとっての福音。
 短編「不貞協定」のママさんは30代後半ということもあって腹部に駄肉感のある豊満ボディですが、長編の奈緒さんはまだまだ締まったウェストの持ち主。二人とももっちり柔らかなビックサイズ・バスト&これまた柔肉たっぷりのヒップをお持ちなグラマラスな女体であることは共通しています。
大き目でぷっくりとした乳輪、さわさわと濃く茂る陰毛、セクシーな唇等々、体パーツ描写に十分な淫猥さを持たせており、肉感ボディの存在感と合わさって女体そのもののエロさをストレートに打ち出していますが、同時に艶っぽい美人ヒロインとしての美しさとのバランスも保っています。
 髪の毛の表現や柔肌を濡らす汗の表現などに細やかさのある描画スタイルであり、作画密度の高さもあって中身の絵柄の印象がフルカラー絵の表紙とほとんど変わらず、また単行本を通して絵柄の安定感も強く仕上がっています。

【多彩なエロシチュで豊満ボディが激しく乱れる痴態描写】
 ページ数の関係上、たっぷり長尺の濡れ場を期待するのは避けるべきではありますが、分かりやすくエロメインの構築であって抜きツールとしては十分な満足感が図られています。
 主人公との秘密のラブラブHという不倫シチュでありつつ恋愛系のセックスが一つの軸ではありますが、作劇について前述したように脅迫されつつ自身の性的貪欲さもあって他の男性と関係を持って快楽に溺れる寝取られ的な状況や乱交セックスもあるので、恋愛関係にあるヒロインが他の男性とセックスするのが嫌な諸氏は要留意。
 強気美人がねっとりフェラや豊満パイズリでサービスしてくれるというギャップが魅力となる様子や、豊満ボディの性感帯を弄られて潮吹きアクメを迎える様子を提供する前戯パートとなっており、ヒロイン側の積極性と快楽による理性の揺らぎとが合わさるアンビバレンツな様相が魅力。
SecretOfMsNao4 抽挿パートにおいてもヒロインの積極性自体は保ちつつ、同時に男性側がそのエロボディにがっついていくというパワフルさを打ち出しており、熱っぽい実況台詞や激しく乱れる表情、飛び散る汗や溢れ出る淫液の汁描写などの演出と合わさって、濃厚感と勢いのあるセックス描写を形成しています(←参照 長編第1話より)。
ズボズボとしたピストンで押し開かれる秘所のアップ描写、最奥までの挿入を強調する断面図、ピストンしながらのねっとりキスやクリ弄り、巨乳を鷲掴みにしたり上下への肉穴に突っ込んだりといった男女の体の密着感などなど、描写と行為の手数の多さも魅力で質的なボリューム感を高める要因。
 感極まった表情でドスケベボイスを絶叫するヒロインの痴態と完熟ま○こから溢れ出る中出し精液とをがっつり見せつける中ゴマ~1Pフルの中出しフィニッシュでハードに〆ており、オーラスとしての強い盛り上がりが抜き所としての魅力です。

 勝気な元ヤン人妻さんというキャラクターそのものの魅力が作品全体の魅力となっており、登場人物の関係性が複雑になることもあって好みが分かれる部分はありますが、様々なエロシチュでヒロインの痴態を楽しめる作りとも言えるでしょう。
人妻制服エッチは大変眼福でございました。