FuranariIsland 山本崇一朗先生の『からかい上手の高木さん』第12巻(小学館)を読みました。高木さんの“センパイ”呼びで私の心が完全敗北をするところを何とか持ち直したのに、そこからの“キス”関係のからかい連発で完全に撃沈されましたね・・・。西方君、木端微塵に爆発しないかな・・・。
石鹸の匂いを感じながらのお風呂帰りの二人・・・くそぅ、「神田川」かよぉ・・・(おじさん発言

 さて本日は、火愚夜先生の初単行本『フタナリ島』(キルタイムコミュニケーション)のへたレビューです。久しぶりにナイスなフタナリものをご紹介できて何よりでございます。
多彩なフタナリ美女達が繰り広げる迫力のバトル・ファックをハイテンションに突き進むストーリーでお届けな1冊となっています。

FuranariIsland1 収録作は、恋人のヒトミ(フタナリ)と共に南国へのバカンスに赴いた主人公・ハルカ(フタナリ)は、滞在先の蓋鳴(ふたなり)島にて世界中のフタナリが集って開催される世界一のフタナリ娘を決定するフタナリイカせあい競技“バトルファック”に出場することになり、選ばれし性豪フタナリ達とのセックスバトルに挑むことになるのだが・・・なタイトル長編「フタナリ島」全5話(←参照 本作は1P目からクライマックスだぜ! 同長編第1話1P目より)+描き下ろしハッピーエンド後日談(10P)。
収録話数こそ多くないものの、描き下ろし後日談を除いて1話当りのページ数は24~36P(平均32P強)と結構なボリューム感があります。長編作として作劇に一定の存在感を持たせつつ、十分量のエロシーンも含めてぐいぐい勢いで読ませてくれる作品となっています。

【格闘漫画の王道・オマージュを備えたエロコメディ】
 素人でありながら実はこの大会の準優勝経験のある恋人の後押しでセックスバトルに出場することになった主人公が、そのセックスモンスターとしての資質を強力なライバルたちとの戦いの中で発揮するという、設定そのものは荒唐無稽なものでありつつ、それも含めて格闘漫画・バトル漫画的な王道の魅力を有しているのが最大の美点。
 強力な敵たちとの戦い、盟友(恋人)の意外な敗北、強者との中で目覚める主人公の秘められた力、決勝まで勝ち進んだ先に待つ、この大会を開催する者の真意の提示と(彼女を苛む障壁との)セックスバトル等々、ストーリー展開としてもバトルものの王道を進んでおり、かつこれを1冊にまとめる展開のテンポの良さは見事です。
FuranariIsland2 設定から察せられる通りに、作品全体の雰囲気は明るく楽しいエロコメディであって、トンデモ設定や展開のギャグ的な魅力をしっかりと有しつつ、双方がフタナリち○こパワーをぶつけ合い、それぞれの必殺技を繰り出す“バトルファック”にバトル漫画としての盛り上げがあるのも強い魅力(←参照 ライバルの必殺技を受け継いで強敵を打ち破る展開!! 長編第4話より)。
“全選手入場”アナウンス、危険な脱獄囚、イギリス名所が必殺技名の貴族、格闘ロボ等々、名作格闘漫画のオマージュが散りばめられているのも楽しいですし、“なんというチン力だ”“まさにチンポのカウンター!”“さっきの射精は目くらまし!?”子宮絶対防衛障壁(イージス)!!““今 チンポを挿れているのは―――私です”等々のテンションの高い迷台詞が実際熱く感じられる読書感も実に面白いところ。
 エロ漫画的なフタナリがそもそもファンタジーであるので、それ故に何でもアリ的な自由度の高さを感じさせると共に、前述のバトル漫画的な王道を踏まえている故に、展開に無理がなく、展開の先が気になっていくワクワク感で読ませているのも◎。
話が深刻になることもなく、皆のちんこパワーで事態を解決することでハッピーな大団円でまとまっており、読後感も良好に仕上がっています。

【逞しいちんこをお持ちな多彩なフタナリ美女達】
 そもそも人間でないキャラ(格闘フタナリロボ)も居ますが、大規模な妊活に励む黒幕の女社長さん(36歳)を除いて、20歳前後~20代半ば程度と思しき美人さん達が登場しており、1名を除いていずれもフタナリヒロイン。
FuranariIsland3 明るく素直だが、エッチの際には性豪と化す主人公、彼女との直接対決のあるメイン格の快活で気の強いアメリカンフタナリ美女、および冷静沈着で誇り高い英国貴族に加え(←参照 ピンチの直後は最大のチャンス! 長編第3話より)、ロボ、博士、脱獄囚、シコルスキー、双子など様々なタイプのフタナリ戦士達が登場しています。
バトルファックにおいては、性的に相手を屈服させるという方向性がエロ的に明瞭ですし、勝者が敗者に対してご主人様権(一日限定)を行使できるといった面もありますが、バトルは真剣に戦いつつ、その後は何か友情とか信頼とかが形成されるのも、これまた格闘漫画のお約束であって、平和な空気の形成に貢献。
 設定の多彩さもあって、華やかさのあるキャラデザインは様々であり、身長の高低やおっぱいサイズなどにはバリエーションはありつつ、基本的には巨乳ヒロインがメインであって、分かり易いセックスアピールのある女体が勢揃い。
なお、黒幕の女社長さんを除いて皆さんフタナリであるため、並みの男性を上回る巨根の持ち主であり、かつ主人公最大の強敵・英国貴族アナベルさんを除いて“玉アリ”のフタナリさん。そもそも好みが分かれるキャラ属性ですが、ち○この逞しさの主張がなかなか強いのは好き嫌いの差をより大きくしているでしょう。
 女体の肉感的な描写やフタナリ巨根に十分なエロさを打ち出しつつ、絵柄そのものは親しみ易いキャッチーな二次元絵柄であって、表紙絵とほぼ完全互換で単行本を通して安定しています。

【セックスバトルの“バトル”部分に重点のあるエロシーン】
 セックスバトルそのものが主軸であるため、設定紹介的な第1話を除いてエロシーンに相当するパートのボリューム感は十二分。
 相手を性的に屈服させるという要素を持つエロシチュではありつつ、あくまで正々堂々としたスポーティなセックスバトルであり、また上述した様に全体的にエロコメ・ギャグ的な雰囲気ということもあって、抜きツールとしての実用性に関しては読者の好みによって大きく分かれるタイプであるのは間違いないでしょう。
また、セックスバトルの攻防の中で、如何にそれぞれの必殺技に持って行くかという流れを重視しているのは、これぞ格闘漫画!的な高揚感があると同時に、抜き所に向かって煽情性を積み上げていくエロ漫画的な文法とは異なっているのも、場合によっては実用性に負の影響を及ぼす要因であるのも確か。
 とは言え、各種プレイで相手をイカせることを目的としている分、熱烈なフェラであったりマッシブな腰振りであったりと、双方が熱烈に行為に励んでいくドライブ感が形成されており、巨根とその先端から飛び散るフタナリザーメンの存在感もまた大きな特色です。
FuranariIsland4必殺技が決ったり、攻防が大きく動いたりなシーンを中心として、アヘ顔であったり絶叫台詞であったりとアタックの強烈なエロ演出を施しており(←参照 主人公の高速ピストンが炸裂だ!! 長編第2話より)、攻めが決った効果を示す演出としても強い印象を打ち出しています。
 勝負の決着的なシーンにもエロ要素を盛り込んでいますが、派手な演出でのフィニッシュといったエロ漫画的にオーソドックスな〆はあまり用意されておらず、抜きツールとしての満足感を低下させる要素ではあるのですが、エロバトルをエロバトルとして一貫させたエロシーンであると評価したいところ。

 バトルものとしての王道的な魅力と、エロ描写としてのアタックの強さが独特のケミストリーを形成している快作であり、純粋な抜きツールとしての評価は個人的に高くないものの、非常に楽しく読ませて頂きました。
格闘漫画は続編・外伝が付き物ですので、是非ともこの世界観で新作を読ませて頂きたいなと思います。