DevilAndJK TVアニメ版『放課後さいころ倶楽部』第5話「キミに伝えるメッセージ」を観ました。水着回と温泉回が同時に!ゴージャス!!ミドリちゃん、おっぱい大きい上に黒ビキニ・・・(ゴクリ
地方独特のボードゲームの存在って面白いなぁと思いますし、普通に金沢旅行に行きたくなる内容でしたね・・・(暇なし)

 さて本日は、神毛物由宇先生の『アクマでJK!』(茜新社)の遅延へたレビューです。先生の前単行本『トロけるご褒美』(富士美出版)のへたレビューもよろしければ併せてご参照下さい。
エッチなJKヒロイン達とスケベボーイズとのドタバタラブコメ&彼女達が色っぽく蕩けるエッチが楽しめる作品集となっています。

DevilAndJK1  収録作は、人間が絶頂の際に発する余剰エネルギー(性気)を回収する卒業試験のため、主人公に契約を結ばせた悪魔(JK)・ヴィネアの様々な助力もあって主人公は幼馴染の女の子(JK)やその友人の女の子(JK)達ともエッチするウハウハライフを送るのだが、実はこの試験にはヴィネアも知らぬ秘密があって・・・!?なタイトル中編「アクマでJK!」全4話(←参照 ヴィネアの力で幼馴染の欲望を解放させて 同中編第1話より)、および読み切り形式の短編4作。
1話・作当りのページ数は18~32P(平均23P弱)と幅は有りつつ平均値としては標準的な部類。適度にストーリー性を持たせた中編と話をコンパクトにまとめた短編に分けつつ、いずれも程好い質的満足感のエロを十分量お届けな構築となっています。

【皆でセックスの快楽を楽しむポジティブなラブコメ系】
  いずれの作品もエッチなJKヒロインを投入してのウハウハエロライフを提供しており、催眠アプリ&ヒロイン逆襲で倒錯性を付与する短編「催眠アプリ」をやや例外としつつラブコメ・エロコメ的な雰囲気を有する作品。
  淫魔の卒業試験に契約者として協力することになり、彼女の不思議な力でエロエロ三昧が可能となる中編作は、その棚ボタ的でドリーミーな幸福感を基調としつつ、この試験が実は契約者の人間を使い潰して下手すれば死に至るものであることをヴィネアが知り、情が移った彼女の心が揺れ動くシリアスな要素を中盤で用意しています。
DevilAndJK2悪魔であるにも関わらず不安や主人公を救いたいと願うヴィネアにドラマ性を持たせつつ、いい意味でお馬鹿&スケベでポジティブな主人公がその不安を払拭することでスムーズにドタバタエロコメ的な雰囲気を取り戻しますし(←参照 エロ男子のパワーは無限大だ! 中編第3話より)、彼女と主人公のハートウォームなハッピーエンドも全体の印象を柔らかくしています。
  これに対し、短編群については、クール&ストレンジな女の子に独特かつ積極的な誘惑をされて押し込まれる短編「姫川さんは近道したい」、催眠アプリを用いてクールな才女の先輩を好き放題にしつつ実は彼女の方が一枚上手な短編「催眠アプリ」、実はかなりのビッチであることが判明した憧れの先輩と、彼女を紹介したお姉ちゃんとなんのかんので3Pセックスへと雪崩れ込む短編「即ハメ!お姉ちゃんズ」など、展開は様々でありつつ、ヒロイン側の主導性が組み込まれた展開であることは共通しています。
  中編でも短編でも、エッチをすっかり満喫して生き生きしている女の子達と、彼女達に圧倒される部分はありつつ何だかんだでこちらも満足な少年達の様子となっており、ラブラブエンドも含めてWin-Winな関係性でハッピーに話をまとめています。

【柔らか巨乳~爆乳を標準搭載なお姉ちゃん系JK美少女】
  ストーリー進展に伴ってメインヒロインへと昇格していく中編作の悪魔さんも、実年齢は不明ながら、卒業試験中の女子校生であり、その他の人間のヒロインも皆さんJK美少女で統一。
 優しいお姉ちゃんタイプやクールな美少女タイプ、キュートで明るいビッチちゃんにサバサバした面倒見の良いお姉さんなどなどキャッチーな属性付けのヒロインが揃っていますし、いずれも中身はエロエロなのでエロ漫画的なウハウハ感をスムーズに構築してくれるタイプ。
なお、おねショタ的な色彩が明瞭な短編「おねがいがえし」「即ハメ!お姉ちゃんズ」に加え、中編作もヒロインに対して年下の少年が登場しており、年上のお姉さんに翻弄されたりリードされたりという構図も受動的な幸福感の形成に一役買っています。
また、短編「催眠アプリ」で憧れのヒロインを好き勝手にしながらも良心の呵責から最後の一線は越えない主人公を含め、基本的には善良でありつつ、スケベ心は分かり易い少年達が登場しており、エッチなことに喜んだり夢中になったり、セックスにドキドキしたりな感情表現は読み手の共感を得やすいタイプと言えるでしょう。
DevilAndJK3 中編作にサブヒロインとして登場するまなびちゃんは、ちっこい体&キュートなお顔に爆乳をお持ちのトランジスタ・グラマーなタイプですが、メインとなるのは等身高めの素スレンダーボディや健康的な肉感の体幹に柔らか巨乳を組み合わせたタイプであって、その柔肉の感触を満喫できる描写を用意(←参照 お姉ちゃんのスレンダー巨乳ボディに推し包まれるのだ 短編「即ハメ!お姉ちゃんズ」より)。
 漫画チックな親しみ易さと程好く華やかなキャッチーネスを併せ持つ絵柄は万人向けするタイプで、ヒロインの可愛さ・美しさと女体のストレートなエロさをバランスよく両立。加えて、表紙絵とも完全互換で単行本を通して安定しています。

【程好いアタックの演出で彩るセックスに夢中なヒロインの痴態】
 32Pを有する中編最終話では2回分のエロシチュを投入し、その他の作品でも男女の主導権の逆転などで複数のエロシチュを分割して投入することもありますが、いずれにしても抜きツールとして十分なボリューム感のある濡れ場を用意。
  お姉ちゃんに性欲を受け止めて貰ったりたっぷり搾り取られたりなおねショタH、催眠アプリでエッチな命令を聞かせる倒錯シチュ&実は全てを知っていたヒロイン側の反撃エッチ、複数ヒロインとのウハウハ3PセックスやハーレムHに甘い雰囲気のラブラブHと、エピソードによってエロの趣向をある程度変えつつ、双方が快楽を満喫する和姦エロとしてまとめるケースがほとんどです。
  前戯パートもしくは後戯パートにおける豊満バストでのパイズリ描写の投入率が高いことは特色の一つであり、柔らかくて暖かい双球に挟まれて白濁液を発射するシーンはおっぱい星人の抜き所。その他ねっとりフェラやトリプルJKフェラ、左右からヒップに顔面を挟まれながらのダブルシックスナインにダブル尻コキ等々、エッチなヒロインに気持ち良くしてもらう各種サービスプレイが充実しています。
  抽挿パートでは、エッチなヒロインに騎乗位で気持ち良くしてもらったり、はたまた豊満ボディにギュッと抱きしめられながらの正常位であったり、攻勢に回った主人公がパワフルな腰遣いを繰り出すバックからの突き込みであったりと、それぞれの雰囲気を決定づける体位で双方が積極的に快楽を貪っていく流れを形成。
DevilAndJK4熱っぽく蕩ける表情付けや乱れた描き文字で表現される実況台詞に嬌声、陰毛標準搭載の股間が押し広げられる結合部見せつけ構図に適度な量の液汁描写と、エロ演出はオーソドックスなものを適度な密度でというスタイルであり、キャッチーな絵柄の魅力を保ったまま適度なアタックの痴態描写に仕上げています(←参照 ダブルヒロイン同時アクメフィニッシュだ! 中編第2話より)。
  それ程凝った構図ではないものの、大ゴマとカットイン的な表情や局所のアップの組み合わせや、対称を意識した画面構成など、ヒロインのエロボディと各種反応を円滑に魅せていく描写の流れも美点であり、複数ラウンド制の〆は官能フェイスを曝け出してアクメを迎えるヒロインにたっぷり発射な様子を大ゴマ~1Pフルでお届けしています。

  作劇として話の展開の面白さにも気配りをしつつ、基本的にはポジティブにエロをエンジョイできる作りとなっており、美少女さんがエッチに乱れる姿そのものに幅広い層に訴求できる魅力があります。
個人的には、多彩なヒロインとのエッチが楽しめる中編と、ダブルお姉ちゃんとの3Pセックスを満喫できる短編「即ハメ!お姉ちゃんズ」が特にお気に入り。