LoveYouVeryMuch  masha先生(原作:天原氏)の『異種族レビュアーズ』第3巻(富士見書房)を読みました。主人公達、レビューを書くほどお金が儲かるシステムを構築し、羨ましいところ。やさぐれフェアリーことアロエさんの全身ズリ、体験してみたいですねぇ。まさかのTVアニメ化ですが、直接的な描写は多くないいので、なんとかなるのかなぁとも思うのですが、どうなりますやら。

 さて本日は、ひし形とまる先生の初単行本『好きです・・・かなり。』(ワニマガジン社)の遅延へたレビューです。初単行本を楽しみにしている内に絵柄がドンドン変わっていったのが強く印象にあった作家さんです。
それはともかく、多彩なキャラクター属性の巨乳美少女&美女さん達との棚ボタ的なラブエロ模様&パイズリ充実前戯&肉弾ファックが楽しめる作品集となっています。

  収録作はいずれも読み切り形式の短編で計10作。1作当りのページ数は16~24P(平均18P弱)と平均値としては控えめな部類。良くも悪くもシナリオの存在感は希薄なことが多く、その分エロシーンに集中しやすい抜きツールとしての構築になっています。

【良くも悪くもイージーゴーイングな棚ボタエロ系】
  恋愛要素の作劇面での濃淡はありつつ、和姦エロで明るくポジティブな雰囲気という点は概ね共通しており、読み口に軽さと程好い甘味があるラブコメ系が主軸と言えます。
LoveYouVeryMuch1  例外もありつつ、基本的にはヒロイン側が恋路にしろセックスにしろ積極的に仕掛けたり求めたりする展開が多く、棚ボタ的な展開のドキドキ感や幸福感を基調としたシナリオワークはコンビニ誌初出らしい点(←参照 配達先で出会ったかつての同級生に迫られて・・・!? 短編「ホワイトリッカー」より)。
  この棚ボタ的なラブコメ作品の中でも、事故の補償としてクーデレご奉仕メイドさんとの同居生活が始まったり(短編「アパートメントメイド」)、共学化した女子校で唯一の男子が性欲盛んなJK達に求められまくったり(短編「レッツシェア男子」)突然褐色爆乳な外国人さんと新婚生活が始まったりと(短編「スイート・モカ」)、非常にストレートな棚ボタ的要素を備えた作品が近作では目立っています。
古めの作品では、男女の関係性にちょっとした捻りを加えてシナリオワークやエロシチュとしての面白みを出していたことに比べると(短編「リトルマターナル」「イケナイフウフ」など)、作劇としては安直になり過ぎている印象も個人的にはあるのですが、ラッキー&ハッピーなラブコメ系という作品の骨格自体は一貫しているとも言えます。
  いい意味で登場人物の駄目さが愛おしいコミカルなオチであったり、単純にエロ三昧の(主にヒロイン側の)ウハウハ感を主とするまとめ方であったりなケースもありつつ、微笑ましさのあるラブラブエンドでまとめることがメインであって、好きな相手との性愛の充実を感じさせるヒロインの笑顔がハッピーエンドの様相を明確なものとしています

【絵柄の変遷もあって多彩なキャラ属性&ボディデザイン】
  思春期入りたてギリ二桁クラスと思しきランドセルガールコンビが登場するガチに口リ作品な短編「やりたいざかり!」を明確に例外としつつ、ハイティーン~20代半ば程度と思しき美少女&美女で構成されたヒロイン陣となっています。
  無表情な鉄仮面美人ながら熱烈なご奉仕サービスをしてくれるクールメイドさん、ブルマ体操服で迫ってくるビッチ系ギャル&真面目ビッチな委員長さん、悪いことに憧れがある純真無垢な子犬系姪っ子ちゃん、ヒモ男子や仕事に疲れたサラリーマンをママプレイやお姉ちゃんプレイで癒してくれる美人さん、愛する旦那の性癖のために攻めキャラを演じて奮闘する人妻さんなどなど、多彩なキャラクター属性が揃っているのは短編集らしい美点ですし、個々のエロやらラブやらへのリアクションの魅力が作品の魅力の核とも言えるでしょう。
  肉感が弱く華奢な四肢と寸胴な体幹というかなりペド寄りの未成熟ボディを投入する短編「やりたいざかり!」を今単行本においては異色ですが、その他のヒロインは巨乳~爆乳ボディの持ち主であり、低身長&童顔と組み合わせた敢えてアンバランス感のあるデザインもあれば、肢体全体の肉感のバランスが取れたタイプも存在。
LoveYouVeryMuch2肢体造形そのものにもバリエーションがあるのですが、印象の差異に拍車をかけているのが絵柄の明瞭な変遷であり、描線の丸みの強さがある親しみ易さを出し、オーソドックスなアニメ/エロゲー絵柄的なキャッチーさを備えていた初期の絵柄から、適度なリアル感や妖艶さを軸とする近作絵柄へと変化していき(←参照 近作の絵柄 短編「レッツシェア男子」より)、質の改善ではなく、絵柄としての方向性の変化が窺えます。
 どちらかと言えば、初期の絵柄の方が訴求層は広く、表紙絵・裏表紙絵と完全互換な近作の絵柄はやや読み手を選ぶ印象はありますが、作画密度の高さや肢体描写の適度な生々しさなどは一貫する特徴。
  もう一つの特色として、近作を中心として男性の顔を全く描写しないことがある点で、誰でもない存在である故に読み手が自身を代入しやすく、またヒロインのリアクションや痴態に集中できる美点である一方、前述した作劇も相まって個性や人間性すら剥奪されたような存在がラブ&エロの幸福を安易に得る構図に話としての空虚さを感じることもあって、個人的にはやや苦手意識を持ちました。

【充実のパイズリ描写と女体の肉感に満たされた抽挿パート】
  ページ数こそ多くないものの、非常にスムーズにエロシーンへと雪崩れ込んでいくため、量的にも一定の満腹感がある濡れ場となっており、前戯・抽挿の両パートに射精シーンを投入した複数ラウンド制となっています。
  鉄仮面メイドさんの各種ご奉仕プレイ、ラブラブな褐色爆乳新妻さんとの入浴セックス、母性を感じさせる女性に甘えまくるママ・お姉ちゃんプレイ、セックスに興味津々なJK軍団との複数人セックス、酔いどれ美人さんの誘惑エッチなどなど、多彩なキャラ設定とリンクする様々なエロシチュを用意して和姦エロをお届け。
LoveYouVeryMuch3  前戯パートの特色として豊満バストでのパイズリ描写が多いことが挙げられ(←参照 褐色爆乳パイズリは男の浪漫! 短編「スイート・モカ」より)、むっちり柔らかバストに包まれて射精に導かれる展開はおっぱい星人にとっての強い訴求因。
エロシチュが多彩であることもあって、愛する旦那のために敢えての顔面騎乗&手コキでの攻め、甘やかし台詞を口にしながらの授乳手コキ、ねっとりキスをしながらの手コキや自分で性感帯を弄りながらのフェラ、純真無垢なJSコンビの体を愛撫したりご奉仕させたりなシークエンスなどなど、前戯パートの描写は様々。
  前述した絵柄の方向性の変化はありつつ、柔軟さとボリューム感の強さのあるバスト&ヒップの存在感の強さを見せ付ける構図・行為が多いことは一貫しており、男性の体躯との密着感もある程度は表現しつつ、主観構図での大ゴマを含めて、柔らかく肉感的な女体が画面を埋めることで質的なボリューム感を生み出しています。
LoveYouVeryMuch4  これまた前述した絵柄の変化で印象には一定の幅もありつつ、蕩けフェイスや蕩けた台詞回しなどの痴態描写に、最奥まで出入りする抽挿感を物語る断面図や一定の露骨さのある結合部見せつけ構図、勢いのある擬音表現などで、描写の手数と勢いを形成するスタイルは共通しており(←参照 短編「Sweets Sweep」より)、フィニッシュシーンで演出強度が意外に抑え目というケースや明瞭なオーラスの抜き所が無いケースもありつつ、抜きツールとしてのカロリーをラストまで高く保っていると評し得るでしょう。

  キャラやエロシチュの多彩さがありつつ、読み口の良好さが保たれた作品群であって、絵柄の変化に好みが分かれれそうな点を除けば万人受けするタイプのラブコメ系作品集と言えるでしょう。
個人的には、今単行本では異色ながらもロリ美少女コンビとのウハウハ3Pセックスな短編「やりたいざかり!」と、褐色爆乳妻さんとのラブラブHな短編「スイート・モカ」が特にお気に入りでございます。