LullabyForSexualGirls ヨシノサツキ先生の『ヨシノズイカラ』第1巻(スクウェア・エニックス)を読みました。島を舞台にした四人の少年と彼らの思い出の中の女教師さんのお話、明るく淡くそして美しい話だけど表紙絵の主人公っぽうい人は・・・?と思って読むと、おお、なるほど!と思わせてくれる出だしで引き込まれました。誰にとっても自分の世界の日常にドラマがあると思わせてくれる作品です。

  さて本日は、奇仙先生の『性女たちの子守歌』(文苑堂)の遅延へたレビューです。だいぶ遅れてのレビューで申し訳ない。これが2冊目となる作家さんですね。
制御できない恋心や性欲のもどかしさで魅せる作劇と健康的なエロスが次第に濃厚さを増していくエロ描写が魅力的な作品集となっています。

LullabyForSexualGirls1  収録作は、友人の紹介でウリに参加することになった年上男性に対する不信感のある少女は、友人のウリ相手の男性の息子とセックスすることになり、彼のことを気に入るのであるが・・・な短編「蟷螂女。」(←参照 “交尾”の後に雄が逃げることを許さない蟷螂の雌は・・・ 同短編より)+描き下ろしの続編(4P)、および読み切り形式の短編8作。描き下ろし作品を除き、1作当りのページ数は20~24P(平均21P弱)と中の下クラスのボリュームで推移。短編メインながら作劇に相応の存在感があり、質的にも量的にも中庸な満腹感のエロシーンとなっています。

【複雑さと単純さが入り混じるヒロインの感情表現】
  作劇の方向性には一定のバリエーションを感じさせつつ、若人のラブ&エロを描くストーリーであることは共通しており、男性の存在を一種の触媒としてヒロインの感情を引き出してくることが特徴的なスタイル。
  恋人としての関係をステップアップさせようとヒロイン側の希望もあってラブホで初めてのセックスに挑むという素直な恋愛ストーリーの短編「本日も雨天なり」といった作品もありつつ、恋愛における感情のままならさ・制御しがたさを話の軸に据えた展開が多いことが一つの特色と感じます。
LullabyForSexualGirls2年上の男性に対する強い嫌悪感を抱きながら少年との関係に没入していく少女を描く短編「蟷螂女。」、元カレの前の彼女と前の前の彼女であるヒロインとの奇妙な同棲生活の中でやけぼっくいに火が着いて3Pセックスの快楽に染まっていく姿を描く短編「元々彼女❤」(←参照 元カノの“ほんと可愛いわ。あなた❤”の言葉の奥深さ 同短編より)、互いに恋人と別れた男女が久しぶりに再会し肉体関係を持つ短編「チャーム・ポイント」など、一筋縄ではいかない関係性が描かれる作品が多いのも特徴と言えるでしょう。
  それらの関係性において、恋心や性欲などの一種衝動的であったり、純粋な率直さであったりが表現され、そこに“軽さ”を感じさせることはありつつ、ヒロイン達の感情に嫉妬や寂寥感、対抗意識などなど、相応に根深いものが宿っており、エロ漫画的なファンタジーとしての側面を持ちつつ、心の動きのリアリズムの鼓動を感じさせるのは作劇としての魅力と感じます。
その行動としての軽さや勢いと、感情の重さ・根深さの対比が決してこじれることはなく、両面を併せ持つことの率直さと、それを肯定した上で関係性が日常の中での幸福や充足を得ていく流れは、単純さと複雑さを併せ持つ“普通の人間”に対する肯定感をもたらすことで、読み口の良さにつながっているとも感じます。
  そういった要素を大上段に構えるタイプでは全くなく、勃起が収まらずに幼馴染の女の子に性的な意味で助けを乞うというコミカルな展開の短編「春勃ちぬ❤」といった作品もありますが、いずれにしてもヒロインの感情を掘り下げて話に奥行きを与えているのは共通する魅力と総括したいところ。

【健康的な色気感のある巨乳ボディの描写】
  女子校生~女子大生クラスの美少女さんを中心として、そこに20代前半~半ばクラスの女性が加わる陣容。
やや荒んだ感じのツンツンJK、腐れ縁的なツンデレ系幼馴染、彼氏持ちの妹への嫉妬や対抗意識に燃える地味系お姉ちゃん、初老の男性とのかなりの年の差カップルで純粋で優しい恋愛感情を示す彼女さんなどなど、キャラ属性的なキャッチーさもある程度有する多彩なヒロイン陣となっています。
LullabyForSexualGirls3前述した様に、そういったヒロイン達の感情の複雑さと率直さの混在がキャラ描写に奥行きを与えており、自己嫌悪と自己肯定、好悪や積極性と消極性といった相反する感情が入り混じるような表情付けが非常に魅力的に感じます(←参照 自分で自分が分からないことの苛立ち 短編「チャーム・ポイント」より)。
  黒髪清楚系のキャラデザインが多い印象で、低身長・控えめバスト・比較的派手な髪色という短編「神待ちラプソディ」のヒロインなどを例外として、健康的な肉感の巨乳ボディという女体設計で概ね統一されています。
バスト&ヒップに十分な存在感を持たせつつ、秘所描写なども含めて過度にセックスアピールを前面に出すことはなく、全体的に健康的な色香を保った肢体描写という印象があります。
  デフォルメ感を付与したほのぼのとしたコミカルな描写なども含め、青年誌系で観ても違和感のない健康的な印象の絵柄であって、二次元的な華やかさを備えつつ落ち着いた印象があるのは作風との親和性が高く、また単行本を通して絵柄は安定しています。

【程好い濃厚感で快楽に染まるヒロインの心身を描写】
  ページ数が多い方ではなく、また核となるセックスシーンに至るまでの展開に一定の尺を設けて描くことに強みがあるタイプであるため、たっぷり長尺の濡れ場を期待するのは基本的には避けるべきという印象があります。
  好き合うもの同士の恋愛セックスもあれば、強引な男性に押し切られてしまう少々の凌辱チックな雰囲気を有するセックス、元カノ&元々カノとの3Pセックスにお姉さんのショタ食いセックスなどエロシチュには一定の多彩さがあり、個々のエロシチュの特徴や倒錯性への踏み込みというよりも、エロ展開の中でヒロインの感情や性欲を引き出してくることに注力した組み立てと感じます。
  フェラやパイズリといったヒロインによるサービスプレイも描きつつそれらの尺は短めで、また射精シーンを伴わないことも多く、前戯パートはキスやヒロインの肢体への愛撫といったプレイ内容を軸にして組み立てており、羞恥や戸惑いなどが徐々に快感に入れ替わって、甘い喘ぎ声を上げていく流れを形成。
LullabyForSexualGirls4 前述した様に感情や欲望のままならさで混乱したり、はたまた恋心や性欲に率直に進んだりしつつ、特に抽挿パートにおいては快楽に身を委ねて熱っぽく乱れるという王道の変容を示しており(←参照 短編「テイクアウト」より)、涙や涎を零す蕩けた表情付けにモノローグ等も含めてすっかり快感に染まった様子の台詞回しで痴態を表現していきます。
陶酔描写に一定の濃厚さを有しつつ、ヒロインのベースとなる美しさ・可愛さを持続させる水準に抑えており、また良くも悪くも描写の密度、特にコマ割りの面で描写量を詰めるタイプではないため、ハイカロリーなエロを求める場合、多少物足りなさを感じる可能性はあります。
  ゴム付きセックスが多いことや、お尻ぶっかけで終わることがあるなど、安易に生セックス・膣内射精をしない現実感があることは好みを分けそうですが、しっとりと各種淫液に濡れる肢体の存在感とアクメを迎えるヒロインの痴態とを十分なインパクトで魅せる大ゴマ~1Pフルのフィニッシュとなっており、そこまでのタメにやや欠けるものの、抜き所としては十分なアタックがあります。

  抜きツールとしては多少の物足りなさはあり、全体的にもう少し尺のある作品を読みたいと思いますが、エロを含めて話やヒロインの魅力が十分に形成されていて、幅広い層にお勧めしたい1冊。
個人的には、清楚でお洒落な大人の女性らしさを感じさせつつ中身は昔のまんまで“面倒くさい”ところもある先輩の素直な痴態を知ることができる短編「チャーム・ポイント」が最愛でございます。