HowToCorruptMonsterGirls ヤマザキマリ先生の『オリンピア・キュクロス』第1巻(集英社)を読みました。少女漫画チックな絵を描く草食系オタクの古代ギリシャ人が東京五輪の時代に出現して~という設定で、前回と違って直接関係なさそうな職業と思っていたのですが、作中の“運動は立派な人間の「表現」”という言葉に膝を打った次第でございます。

  さて本日は、みぞね先生の『モンスター娘の堕とし方』(ジーウォーク)のへたレビューです。なお、先生の前単行本『ばけものえっち』(文苑堂)のへたレビュー等もよろしければ併せてご参照下さい。
明るく楽しい雰囲気の中で様々なタイプの異種族美少女とのエッチがたっぷり楽しめる作品集となっています。

HowToCorruptMonsterGirls1  収録作は、性欲過多であまりに絶倫である故に人間の女性とのセックスが上手くいかない勇者はモンスター娘とのエッチで性欲を解消して、おまけに世界を救うことに!?な中編「雑食勇者」シリーズ全3話(←参照 魔王の配下たる四天王の一角と対決だ! 同中編第2話「雑食勇者 おかわり」より)、時給のよいアルバイトは実は魚竜族の娘さんとの種付けセックス業務で!?な連作「時給1500円!!漁業を手伝う簡単なお仕事です」前後編、発情期であったり精液を摂取する必要があったりな亜人女性のために合法的医療セックス!な連作「亜人医療総合センターへようこそ」全2話、および亜人の変身してしまう薬の効果を解くにはセックスが必要で!?な連作「禁断の処方箋」前後編。
1話当りのページ数は20~28P(平均23P強)と標準的なボリュームで推移。話そのものとしては軽く仕上がっていますが、同時に世界観の面白さで引き込む力があり、人外美少女達とのエロシーンにも程好い満腹感を質・量の両面で備えています

【明るく楽しくポジティブなラブコメ・エロコメ】

  単行本タイトルに“堕とし方”とあり、ヒロインを性的快楽で圧倒という趣向は存在するものの、基本的には明るく楽しいラブコメ・エロコメ系でまとめられており、読み口は常に軽快かつ良好。
いわゆる“チート主人公”的な勇者が、気に入った女性型モンスターを次々とセックスで堕としていく中編「雑食勇者」シリーズについても、セックス勝負や解放の条件等、合意に基づく行為であって、また意外にサバサバとした性格の主人公である故、凌辱・調教エロ的な暗さ・重さは無く、お供の獣人ちゃんとのハッピーエンドへとスムーズにまとまる流れが心地よいところ。
HowToCorruptMonsterGirls2  その他の短編についても、魚竜族の女の子達に次々と求められる事態になる連作「時給1500円!!漁業を手伝う簡単なお仕事です」や(←参照 海鮮姉妹丼だ! 同連作前編より)、人外に変身してしまう薬でのドタバタ騒動からラブラブ母娘丼へと発展する連作「禁断の処方箋」など、両手に花的なウハウハ感も含めて棚ボタ的な幸福感のある展開が揃っています。
  中編の最終話や連作「禁断の処方箋」では、微笑ましい恋愛模様も描かれていますが、そちらの要素を強く打ち出すというよりかは、セックスしたい男性キャラと人間ち○こを求め、エッチを大満喫する女性キャラとのwin-winな関係性をポジティブに描くことが作劇としてのメイン。
その分、作劇そのものとしてはシンプルではあって読み応えには欠けるのですが、そういった双方にとって利益や幸福のあるセックスが可能なシチュエーション作り・キャラ設定などに漫画チックな面白味があるタイプであり、連作・中編共に、作品世界を広げたり掘り下げたりといった楽しさがあるのは小さくない美点であると評し得ます。

【多彩なデザインのモンスター美少女&美女達】
  女子校生級の美少女とその母親であるクールな美熟女さんが登場する連作「禁断の処方箋」ではある程度の年齢層は分かりますが、人外に変身してしまうこの二人も含めて人間ではない異種族の女の子達が登場しており、見た目としてはキュートなロリ系ガールから綺麗なお姉さんタイプまで様々。
  ダークエルフや鬼など人間と身体構造があまり変わらないタイプの人外キャラもおりつつ、ケンタウロスや人魚、ハーピー、人型スライム、サキュバスに獣人族や魚竜族などなど、設定とボディデザインが多彩な人外ヒロイン(モンスター娘)が様々に登場しています。
HowToCorruptMonsterGirls3みぞね先生はこのレーベルにおいては、“人外”としてのデザインを比較的強く打ち出す傾向にあり、下半身が蛇や馬、魚であったり(←参照 ケンタロウロスのお嬢様 連作後編「亜人医療総合センターへようこそ2」より)、モノクロ絵では褐色肌風になっているものの、青肌など人間ではありえない肌の色であったり、角や鰭、翼や獣耳に尻尾、いわゆる“マズル”であったりと、人間とは異なる要素を重視したキャラデザインは、モンスター娘好きにとって福音でありつつ、例えば美脚フェチ等の諸氏には不向きなスタイル。
  微乳から巨乳まで幅広く用意しつつ、巨乳メインのバストやこれまたもっちり弾力感のヒップに、ぷにっとした股間など、人間のボディに相当する部分の柔らかい質感や存在感は相応にあって、これらの感触も楽しみつつ視覚的にはモンスター娘たちの異形のボディをたっぷりと鑑賞させる仕組み。
  初出時期に最大3年の開きがあるため、描線の濃淡など、絵柄にはある程度の変遷が認められますが、評価に影響するようなものではなく、親しみやすくかつ適度な華やかさもある二次元絵柄は読み手をあまり選ばないタイプで、モンスター娘たちのエロ可愛さをスムーズに引き出しています。

【長尺のピストン描写でヒロイン達の乱れっぷりを提供】
  エロシーンの作品に占める割合は十分に高く、適度な長さの尺の中で、エッチの主導権の変化やキャラクターの追加、複数のエロシーンのザッピング的構成など、濡れ場に一定の動き・展開を設けた構成となっています。
  前述した様に、主人公側が与えるセックスの快感でモンスター娘をメロメロに~という趣向も存在しており、強かったり威厳があったりなモンスター娘さん達が蕩けてしまうギャップで支配欲などを喚起させますが、これも含めてヒロイン達がたっぷりと性的快楽を甘受し、エンジョイする和姦エロがエロシチュとしてはメイン
ラミアさんによる長く細い舌でのフェラや、お馬さんボディな下半身への愛撫といったヒロインのキャラ設定を生かした前戯プレイを投入することもありつつ、分量的には抽挿パートがほとんどを占める設計が主であり、人間のそれとは異なる名器揃いな秘所を、モンスター子宮の入り口までピストンするパワフルな描写を連続させます。
HowToCorruptMonsterGirls4  アヘ顔チックな表情付けや、乱れた描き文字で表現される絶叫、媚肉がぐにぐにとちんこに絡み付く断面図など、アタックの強いエロ演出も用いつつ、乱発せずに要所で集中的に投入し(←参照 アヘ顔気味な表情付け 連作前編「亜人医療総合センターへようこそ」より)、またヒロインのエロ可愛さを阻害しない水準に留めて、視覚的なインパクトとキャラの魅力のバランスと取るスタイルと言えます。
瞳にハートマークを浮かべたり、豊満バストをばるんばるんと揺らしたり、中出しおねだり台詞を奏でたりと、ヒロイン側も積極的に快楽を貪り、また夢中になっている様子を表現しており、そんなリアクションが更なるピストンの加速を呼び込んでと、クドくない程度に前のめり感があるエロ展開となっているのも○。
  エロシーンの分割構成の場合も含めて、射精シーンを複数回投入する仕様となっており、特に前述した十分な尺の中で勢いを高めていく抽挿パートを〆るフィニッシュは、中出し精液を受け止めながら蕩けた表情&アクメボイスを曝け出して肢体をビクビク反応させるモンスター娘たちの痴態を、断面図と共に1Pフルで提供しています。

  モンスター娘達との気持ち良いセックスを十分な熱量と気楽な雰囲気で楽しませてくれる作品集であり、特にキャラデザインの多彩さやモンスター的な要素は人外好きにとって強い魅力を有しています。
個人的には、中編シリーズのダークエルフさんが最愛ですが、魚竜族の族長さん(処女)をお嫁さんにする連作「時給1500円!!漁業を手伝う簡単なお仕事です」後編も特にお気に入りでございます。