TenSexualDreams  マツダユウスケ先生の『あく×ヨメ』第1巻(キルタイムコミュニケーション)を読みました。褐色肌悪魔美少女とのちょっとエッチで楽しい新婚生活を描く作品で、なんとも羨ましいシチュエーションです。管理人も異種婚活しなきゃ!!(ぐるぐる目
あと、ジョロウさん、めっちゃ美人で大変にお気に入りでございます。

  さて本日は、枝空先生の『淫夢十夜』(メディアックス)の遅延へたレビューです。なお、先生の前単行本(初単行本)『らぶ♀らぼ』(一水社)のへたレビューもよろしければ併せてご参照下さい。
女体化ヒロインや美人ヒロイン達が少し不思議なストーリーの中で快楽と淫液に染まる濡れ場が楽しめる作品集となっています。

TenSexualDreams1  収録作は、職場の同僚である男性から過去のセックス写真をネタに関係を持つことになった人妻ヒロインであるが、その男の真意は彼女の中にある“本性”を見抜いた故であり・・・な短編「びっち❤スイッチ」(←参照 拒みながらも花開く本性 同短編より)+おまけ後日談掌編(3P)、および独立した短編9作。
描き下ろし作品であるおまけ掌編を除き、1作当りのページ数は18~24P(平均20P弱)と中の下クラスのボリュームで推移。短編群ながらもストーリーには存在感があり、その上で適度な尺と十分に強いアタックのエロシーンを提供する作りとなっています。

【多彩な作劇&エロシチュの少し不思議なストーリー】
  異なる時代や世界を舞台にして一種幻想的な話をオムニバスで十作を紡いでいく夏目漱石の『夢十夜』になぞられたタイトルの今単行本は、その元ネタ通りにそれぞれ雰囲気やシチュエーションを異ならせたSF(少し不思議)なお話を用意。
  悪魔を退治する力を持つ一族の少年がその力の源泉を退治すべき悪魔から語られる短編「聖女の鐘」、神社の跡取りとして修行に励む少年とある真意を秘めた母親代わりであった従者の男性の関係を描く短編「山神の花嫁」などは程好くシリアスなファンタジー作品。
これらに加え、金儲けに邁進する悪徳美人シスターと相談に来た悩める青年が騙し合いエロバトルなエロコメ系の短編「ラブシスター❤魔鬼子」、骨子としては王道的な人妻堕ちモノ系の短編「びっち❤スイッチ」、事故により記憶が止まってしまった故に婚約者のことを求め続ける彼女との歪な関係に罪悪感に悩み、独占欲に震える主人公をシリアスに描く悲恋系の短編「Hurt -淫欲の眠り姫-」と、作劇の方向性は非常に多彩。
TenSexualDreams2  なお、半数の作品では男性キャラクターが女性になってしまう、女体化(性転換)シチュエーションが描かれており、これらの作品でもファンタジー世界での凌辱があったり、なし崩し的にセックスに雪崩込んだり(←参照 柔道部主将♂が可憐な美少女になってしまってアレな寝技に突入!? 短編「CHANGE! JDB」より)、はたまた従兄妹同士で全部の初めてを捧げようと双方が女体化&フタナリ化して更にラブラブになったりと方向性は様々となっています。
また、作品のまとめ方も、ダークな雰囲気を残したり、はたまたあっけらかんとお馬鹿にまとめたり、切ない気持ちを残存させたりと作品によって様々。
  短編群ということもあって、ストーリーのドラマ性が重厚な訳ではありませんし、各種ギミックの用法に頑健さを欠く傾向もありますが、それぞれの作品設定や、登場人物のキャラクター性や情動を相応に丁寧な筆致で描き出しており、小粒ながらもそれぞれの味わいをしっかりと感じさせる作劇と評したい所存。

【ふんわりと柔らかい印象の絵柄で描かれる巨乳ヒロイン】
  性転換組も含め、想定される年齢層はミドルティーン~20代後半程度と幅広くなっており、キャラデザインとしてもアダルトな色香のあるタイプと可愛らしさが先行するタイプの両方が存在。
気が付かない内に快楽調教をされてしまう眼鏡美人上司、悪徳商法に邁進する不届き美人シスター、異性としての快楽に戸惑う女体化キャラ達に淫蕩な性質を徐々に花開かせていく人妻ヒロインや猫耳コスプレでお客様にご奉仕することになる猫カフェ店員等々、作劇の多彩さに合わせてヒロインの設定も多彩に用意されています。
  作劇の方向性にも依りますが、快楽への耽溺や戸惑い、相手への思慕や複雑な想いなど、エロシーンを含めて登場人物の感情を比較的丁寧に掘り下げることが多く、ストーリーの流れを整えると共に、エロの実用性を押し上げる要因となっています。
TenSexualDreams3  身長もバストもちっこい女の子に変化してしまう短編「CHANGE! JDB」や後半でフタナリ化する並乳クラスの従妹さんなど、一部おっぱい控えめ勢も存在しますが、大半の女性キャラクターはふにゅんと柔らかい豊満バストをお持ちで、程好い肉感を備えたもっちりボディが主体(←参照 女体化した兄とショタ系弟君で!? 短編「365日♀日和」より)。
適度に照りのある乳首や唇などの艶っぽい描写や、淫液に濡れる粘膜の淫猥さ、肌の柔らかい質感など、十分な官能性のある体パーツ描写は、少女漫画~女性向け創作系のふんわりと柔らかい印象のある絵柄と適度なギャップを形成しており、組み合わせとしてややクドさを感じることはあるものの、明確な特徴であり、またそのギャップが実用性を大きく高める美点でもあります。

【濃密な演出と技巧的な画面構成で魅せるエロシーン】
  概ね標準的なボリュームを備えたエロシーンは、女体化の進展や快楽堕ちの進行、調教プレイのエスカレーションに、双方の想いが近接していく中で恋愛セックスの濃度を上げる展開等々、作劇の流れとエロ展開を合致させる巧さを感じさせます。
  男性キャラクターの女体化、女性キャラのフタナリ化、透明になるギミックでの調教エロなど、ファンタジーらしいギミックを用いた作品も多く、また輪姦エロや背徳の快楽調教、近親エロスにコスプレHなど、エロシチュの趣向も様々となっています。
前戯パートに十分な尺を用意することが多く、性感帯をたっぷりと刺激して、女体の気持ち良さに翻弄されてしまう女体化キャラや、羞恥と困惑の中から快楽が勝って陶酔感に包まれていくヒロイン達の様子を描写して、挿入までの盛り上げをじっくりと図っています。
  たっぷりと白濁液を口の中に放出される描写や、男性または自分の指で解されてぬるぬると粘度の高い愛液に濡れる秘所の描写を投入してから抽挿パートへと移行して、双方が更なる快楽に無我夢中になっていくことで前のめりなパワフルさを形成。
TenSexualDreams4  前述した淫猥な粘膜描写に合わさる粘っこい液汁描写、瞳の中にハートマークを浮かべたり瞳や口の輪郭がふにゃふにゃになる蕩けきった表情付け、ハートマークを乱舞させて乱れた描き文字のエロ台詞などなど、アタックの強いエロ演出を濃密に重ねているのも明確な特色であり(←参照 短編「ラブシスター❤魔鬼子」より)、ページ全体のコマ配置や視点誘導をしっかりと図りながら、個々の絵のインパクトも十分にあるスタイル。
  結合部の見せ付け構図や透過図など性器関連描写も十分に質が高く、絵柄とのギャップと密度の高さもあって、やはり多少のクドさは感じるものの、中出しフィニッシュまで勢いと描写密度を高く保ったままで突き進んでいく流れは、十分な技巧を伴った上で、シンプルかつパワフルと評し得ます。

  多彩な作劇・エロシチュである分、特定の要素に集中したい諸氏にはお勧めしがたいですが、それぞれ異なる魅力がある少し不思議な作品を様々に楽しめるのは雑食派の諸氏にとって大きな加点材料。
個人的には、真面目で強い柔道部主将がちっこい女の子になってしまって大変なことになるもギャフンオチで平和にまとまる短編「CHANGE! JDB」が最愛でございます。