PressSoftBoobs 濱田浩輔先生の『はねバド!』第13巻(講談社)を読みました。コニーに対して決してあきらめることなく戦ったなぎさの雄姿は感動的で、まだまだ彼女が成長し続けることを示していてよかったですね。
重要な事実を知った衝撃もあって、また綾乃さんが何やらおっかないというか、危うい感じになっております。

  さて本日は、おでん70先生の初単行本『淫乳むっちりプレス♥』(三和出版)の遅延へたレビューです。女体の手前に金網が存在するという、エロ漫画単行本の表紙絵としては異例の構図なのですが、内容を端的に示す構図でもあります。
柔らかバスト&ヒップが金網等に押し付けられて変形する様子へのフェチズムをたっぷりと満たした抜き特化の作品集となっています。

PressSoftBoobs1  収録作は、極度の貧血持ちであるせいか、鉄製品を舐めると安心して体調もよくなるという奇癖を持つ女の子に主人公の“鉄平”君がアレな方法でその“鉄”成分を補給させようとする短編「鉄分補給」(←参照 内から外から鉄分?補給だ! 同短編より)+ラブラブになった二人のその後を描く描き下ろしの後日談掌編(4P)、および読み切り形式の短編8作。
描き下ろし作品を除き、1作当りのページ数は18~24P(平均22P強)と標準的なボリュームで推移。ストーリーの存在感は希薄な一方で、視覚的なインパクトの強いエロ描写を充実させた抜き特化の構築で安定していると言えるでしょう。

【特殊なフェチ要素に特化した欲望任せで軽めの作劇】
  金網や防球ネット、網籠などにバストやヒップが押し付けられ、それらが網の目等に沿って変形する様へのフェチズムという、緊縛フェチの特殊なバージョンとも言える、かなりマニアックな要素を要とする作品群であり、そのインパクトが強烈な分、作劇面の存在感はかなり弱くなっています。
  女性の肢体を金網等に押し付けるという状況そのものが一定の嗜虐性や攻撃性を有していることもあって、全般的に男性の欲望の強引さや一方向性が目立つ作劇が多いのは確かで、短編「女怪盗ユキ おしおきタイム」などは、ヒロインの自業自得的な部分もありつつ、ストレートな凌辱エロとなっています。
しかしながら、ヒロイン側が積極的に性行為に誘う展開や(短編「もぎたて!童貞収穫」等)、恋愛セックスの中での男性側の暴走(短編「屋上のひととき」等)によって、行為がエスカレートした結果という描き方も多く、これらの作品では平和なまとめへと落着します。
PressSoftBoobs2  また、金網である故にその反対側から行為が見えるという特性?を踏まえた羞恥・露出シチュエーションを生かした展開・エロシチュが多いのも特徴であり(←参照 短編「屋上のひととき」)、前述したフェチ要素と合わさってアブノーマル感を打ち出しています。
ヒロインの奇癖や主人公のぶっとんだ提案でエロに突き進む短編「鉄分補給」を筆頭として、展開や設定に荒唐無稽な印象がある作品も多いのですが、そこが大きな瑕疵となるタイプの作品ではなく、多少無理やりな展開であってもエロへと突き進んでいくパワフルさが持ち味でもあります。
  また、全般的にシナリオの存在感や面白味には乏しいですが、欲望の暴走を描きつつ平和裏にまとめたり、ヒロイン側の羞恥や戸惑いを描きつつ苦痛や絶望感などを生じさせない描き方としたりと、特殊性癖の充足に意識が集中できるよう、精神的負荷を小さくする工夫が為された作劇とも感じます。

【特殊な変形の仕方をする柔らかく量感のあるバスト&ヒップ】
  短編「もぎたて!童貞収穫」に登場する働き者な農家の奥さんや、短編「女怪盗ユキ おしおきタイム」で盗みに入った先で捕まり凌辱されてしまう怪盗美人と、20代半ば程度と思しき綺麗なお姉さんタイプも2名程登場していますが、その他は女子校生ヒロインで統一。
真面目な委員長さんタイプや、快活なスポーツガール、ツンデレ系の幼馴染ヒロインにエッチな誘惑お姉さん等、キャッチーな属性を添加したヒロインを各種用意しており、シナリオの存在感が無い分、キャラの掘り下げもあまりされていませんが、ある程度の分かりやすさを担保したキャラメイクとなっています。
  いずれも健康的な肉感の体幹に、たっぷり巨乳&桃尻を組み合わせた女体の持ち主であり、肢体造形そのものは乳尻の肉感を中心として、幅広い層にとってストレートなセックスアピールがあるタイプ。
PressSoftBoobs3この柔らかく量感のある巨乳や桃尻を、金網やネットなどに押し付け、その網目に沿って乳房や尻たぶが変形するという状態こそが、びっちりスーツの破れ目から絞り出されるようになる短編「女怪盗ユキ おしおきタイム」をやや例外として、全作品に共通する特徴(←参照 これはまだマイルドな方 短編「マネージャーのお仕事」より)。
バスト&ヒップの柔らかさやボリューム感を強調するという点自体は万人向けする要素ではあるものの、乳房が細かく球状や網目状に変形する描写は、人によっては生理的な嫌悪を引き起こしかねないものとなっており、非常に好みを分ける描写であることには要留意。
  初単行本ながら絵柄は表紙絵と完全互換で概ね安定しており、華やかさには欠けつつ、幅広い層にとって親しみやすい漫画絵柄は、前述した網目なども含めて十分に高い作画密度によって描かれています。

【インパクトのある変形描写を中心にアタックの強い表現を維持】
  展開として大概強引ではありつつ、欲望任せにエロシーンへと突入していくこともあって、濡れ場のボリュームは十分にあり、また前述した特殊な性癖やアブノーマル要素を軸にエロシーンを構築する分、質的な満腹感も強く仕上がっています
  優しいヒロインによるご褒美Hや誘惑人妻さんとの不倫セックス、初心な恋人同士のラブラブHもあれば、どストレートな凌辱や輪姦エロもあるなど、エロシチュには結構な幅がありつつ、特に終盤を中心として男性の欲望や興奮が高まって、ハードなプレイになることは共通。
  前戯パートにも一定の尺を設け、ラブラブキスやフェラご奉仕、パイズリなどを投入して射精シーンを投入することが多いですが、分量的には抽挿パートの充実を企図した構築となっており、前穴での中出し連発や前後の両方の穴に射精していくなどの複数ラウンド制を標準仕様としています。
PressSoftBoobs4  前述した乳房や尻肉の変形は、エロシーン中盤以降に集中させることが多く、目前の快楽に夢中になって女体を貪る男性がヒロインの肢体を押え付けることで発生しており、肢体そのものを圧している攻撃的で嗜虐性のある状況を、バスト&ヒップの変形で強調する描き方と言えるでしょう(←参照 ビニールハウスのビニールと骨組みで変形するバスト 短編「もぎたて!童貞収穫」より)。
この著しい変形を示すバスト&ヒップの描写によるインパクトを維持しつつ、アヘ顔チックな表情付けや大きく押し広げられる性器やアナルの見せつけ構図、柔肌をじっとり濡らす汗や潮吹きなどの液汁描写の豊富さなど、アタックの強いエロ演出を多用しており、基本的にはそれらの威力でシンプルに力押しする画面が続きます
  前述した様に多回戦仕様のエロシーンは、蕩けきって涙や涎でぐしゃぐしゃになった表情と、粘膜描写にややラフな印象はありつつもストレートに淫猥な結合部の見せつけ構図を組み合わせた大ゴマ~1Pフルのフィニッシュで〆ており、ラストまでパワフルに押し切っています。

  マニアックな性癖に特化するという、三和レーベルらしいユニークな1冊であり、明確に好みは分かれると思いますが、エロ漫画ジャンルの多彩さ・奥行きを物語る1冊でもあって、個人的には頼もしく感じるところ。
管理人は、美人マネージャーさんのエッチなご褒美セックス&性欲爆発でパワフル押しつけファックな短編「マネージャーのお仕事」が、変形描写が多少マイルドなこともあって抜き的に最愛でございます。