AfterSchoolSexDiary  太田垣康男先生の『機動戦士ガンダム サンダーボルト』第11巻(小学館)を読みました。レヴァン僧正、個人的に違和感を感じるのは、ニュータイプというのが人と人が“分かり合う”存在なのに、相手を一方的に心酔させるという在り方が原因かもしれません。
あと、ザ・小悪党なガレ将軍がなんだかんだで生き残っていて、ちょっと笑いました。

  さて本日は、石鎚ぎんこ先生の初単行本『放課後ハメ活日誌』(茜新社)のへたレビューです。コミック高レーベルからの期待の新人作家さんですな。
多彩なドスケベ美少女JK達がその性欲を曝け出して蕩けまくるエロシーンがたっぷり詰まった作品集となっています。

AfterSchoolSexDiary1  収録作は、相談事や作業手伝いなどの仕事を依頼人から中年男性が引き受けるサービス「おじさんレンタ」に所属する男性が、依頼主のドスケベJKにセックスの相手をお願いされて・・・!?な「おじさんレンタ」シリーズ2作(←参照 依頼主はドスケベJK(彼氏持ち)だったのです! シリーズ第2話「おじさんレンタ case.秋山あかり」より)、他読み切り形式の短編6作+フルカラーイラストピンナップ(2P)。
1話・作当りのページ数は22~26P(平均24P)と書店売り誌初出としては標準的な部類であり、収録本数が多くは無いこともあって単行本としての厚みは少々控えめ。良くも悪くもシナリオの存在感には欠ける一方、程好い濃厚感&アタックのエロ描写が十分量楽しめる抜きツールとして構築されています。

【棚ボタエロ&凌辱系の良くも悪くも軽く滑らかな作劇】
  作風としては、ビッチな美少女ヒロインに誘惑されたり翻弄されたりな棚ボタセックス展開をメインとしつつ、そこに卑怯な男性による脅迫・凌辱系統の作風も存在します。
前者の作風においても、寝取りエロスや近親セックス、ヒロインのセックスへの強烈な貪欲さといったアブノーマルな要素を含ませることで、快楽の強烈さや陶酔感を増強させていますが、それらの倒錯性に特化したり、強く踏み込んだりするタイプではありません。
AfterSchoolSexDiary2むしろ、あっけらかんとしたエロ欲求でサクサク進行するイージーネスで、セックスの快楽に熱狂する解放感へとスムーズにつなげる仕様と言え(←参照 黒ギャルビッチさんのおなサポだ! 短編「ルーモアギャル→野本さん」より)、全体的に恋愛ストーリーとしての甘味には乏しいものの、性的な充足感に満たされています。
  これに対して、凌辱系統の作品は、短編と言うこともあって話としての重さ・切れ味には欠けるものの、ごくストレートな凌辱エロであり、その中でヒロインが快楽堕ちしていく流れで、セックスの快楽が全てを支配していく様相は、前述の棚ボタ展開と近似しています。
  両方の作風に関して、オーソドックスな展開を素直に踏襲しており、明確な個性や面白みには欠けますが、そこに自覚的な作風であるとも感じられ、無理に複雑な展開を用いることも無駄な要素を織り込むこともせず、滑らかにエロシーンへとつなげることに集中した構築によって安定感を形成した作劇と総括できるでしょう。

【スレンダー巨乳ボディがメインなJKヒロインズ】
  コミック高レーベルということもあり、ヒロインについては概ねハイティーン級相当の女子校生ヒロインで統一。
  マジメで大人しそうなメガネっ子、凛々しい剣道少女に、ちょっと天然気味な明るい女の子、優しいお姉ちゃんにボーイッシュでピュアなスポーツ美少女など、多彩なヒロインを用意しつつ、棚ボタエロでも凌辱エロでも皆さんそのドスケベな本性を徐々に明らかにしていって乱れた姿を曝け出すという寸法。
また、前述した様に、恋愛感情というよりかは純粋にセックスの快楽目当てで誘惑してくるタイプの女の子が多く、カラッと明るいビッチガールも居れば、その貪欲さや執着に少々危うさを感じさせるタイプの女の子も居て、前述した作品のアモラルなアクセントと結びついています。
AfterSchoolSexDiary3  引き締まったボディとぺたんこバスト&ショートヘアのスポーツガールといった例外(短編「貧乳彼女とガッツキ彼氏」)もありつつ、基本的にはもっちりとした柔らかい弾力のある美巨乳&桃尻をスレンダー寄りのボディに組み合わせた女体設計であり(←参照 もっちりヒップだ! シリーズ第1話「おじさんレンタ」より)、幅広い層にとってストレートなエロさのあるタイプ。
なお、女子校生ヒロイン縛りということもあって制服(狭義)やブルマ体操服などの設定に準拠した衣装を着たままの着衣セックスがメインで、殊に衣装越しに各種体パーツの存在感を魅せる描写に巧さを感じます。
  初単行本ながら絵柄は表紙絵とほぼ完全互換で安定しており、前述した様な肢体のエロさをしっかりと打ち出しつつ、明るいキャッチーさや健康的な色香を無理なく両立させる描画スタイルは、当世流行りのスタイルと評し得るでしょう。

【強烈なエロ演出を連続させるアグレッシブさを備える濡れ場】
  前述した通り、十分な尺を有する濡れ場のある優良抜きツールであり、サクサクとエロシーンへと移行しつつ、その中でヒロインが快楽の虜となっていく流れを適度にじっくりと見せていく流れを形成。
  ヒロイン側が主導権を握ってセックスへと誘うケースもあれば、逆に男性の欲望任せにヒロインが貪られるケースもありますが、次第にヒロインの快楽への獰猛さや耽溺が高まっていき、強烈な陶酔感で場が支配されるという段取り自体は、棚ボタエロでも凌辱系統でも共通していると評し得るでしょう。
  前戯パートにおいては、キュートフェイスを歪ませながらもがっつくひょっとこフェラや、ち○この臭いを意識させられるパイズリフェラご奉仕、下着越しの秘所の存在感をアピールする構図など、十二分なアタックと尺を有する描写を提供して、エロシーンの前半から煽情性の盛り上げを強く図る構築。
AfterSchoolSexDiary4抽挿パートに移行後も、ピストン運動に合わせて揺れ弾む乳首残像付きの乳揺れ描写や(←参照 短編「若宮さんとブタ」より)、鷲掴みされた変形する乳房、アへ顔を含めて強烈な陶酔感を示す表情付けに、ハートマーク乱舞の言葉にならない悶絶ボイスなど、勢いの強い演出を多数搭載してのエロ描写を連続していきます。
  絵柄そのものが持つキャッチーさを一定担保しつつ、視覚的にインパクトのある各種演出を散りばめるスタイルは現代的なそれであり、ヒロインの変容の強烈さに読み手の好みをある程度分ける部分はありつつも、コマ運びなども含めて終盤で畳み掛ける圧力があるのは抜きツールとしての強み。
序盤での主導権が男女いずれにあるかの別無く、終盤ではガンガン腰を振って快楽を貪る抽挿パートのフィニッシュは、悶絶アクメの快楽に溺れて蕩けたメスフェイスと絶叫ボイスを曝け出すヒロインに、断面図を付随させながらの中出しを決め込むアグレッシブなフィニッシュで〆ており、終盤での演出強度を特に高めて一定の過激さを含ませる構築と評し得るでしょう。

  エロ演出の強度を高める流れでやや粗さを感じる部分はあるものの、キャッチーな可愛らしさのある美少女がドスケベ痴態を曝け出すという幅広い層にとって抜きツールとしての魅力を叩き出すパワーがある作品集と言えるでしょう。
個人的には、あっけらかんと明るいビッチな黒ギャル美少女さんが主人公のちんこにぞっこんで乱れる短編「ルーモアギャル→野本さん」が最愛でございます。