LovePornoWithSoftMeatGirls TVアニメ『サクラクエスト』第11話「忘却のレクイエム」を観ました。婚活ツアーと間野山の伝説が、共に余所者を受け入れて発展していくこと、“余所者”のおかげで守られていたものもあると、なかなかに真摯で町というものを考えさせられるストーリーが心地よかったです。
ところで、おっぱいさんしおりさんの「だんないよ」が今回無かったんですけど!?

  さて本日は、アスヒロ先生の『柔肉少女ラブポルノ』(コアマガジン)のへたレビューです。先生の前単行本『恋花えっちーず』(同社刊)のへたレビュー等もよろしければ併せてご参照下さい。
若い男女のほのぼのとしたラブ模様とたっぷりおっぱいが充実のパワフル和姦が楽しめる作品集となっています。

  収録作はいずれも読み切り形式の短編で計9作+各作品のカップルのその後を描く描き下ろし短編(4P)+フルカラーイラスト集(4P)。
描き下ろし作品を除き、1作当りのページ数は20~24P(平均22P弱)と標準的なボリュームで推移。シナリオにもある程度の読み応えをもたせつつ、全体的には軽い読書感を保ち、これまた程好いボリューム感と十分なアタックのあるエロシーンとでまとめています。

【若い性愛の伸び伸びとしたラブコメディ】
  若い男女の快活なラブコメディを作風の軸としつつ、今回はコミカルさも保ちつつも素直な性的欲望や恋愛感情が伸び伸びと表出される微笑ましさがより輝く青春ラブストーリーで概ね統一。
既に恋愛関係にある男女のエピソードが多く、ストーリー全体としての動きは大きくない一方で、二人の信頼関係や恋愛模様が確固たるものであることが、二人の会話を通して伝わってくることが読み手の祝福を呼び込んでいるのが大きな美点と感じます。
男友達の様に付き合ってきた幼馴染さんに異性を感じて~な短編「いつのまにか」、ダイエットに失敗した女の子のコンプレックスを受け入れる短編「ビキニトラップ!!」、真面目に頑張ってきた委員長が学校を卒業して終に男性教師との思いを遂げる短編「委員長の卒業」等、登場人物達の思い出や努力、誠意が素直に報われるお話が多いのも特徴でしょう。
LovePornoWithSoftMeatGirls1  素直なエロマインドでエッチに突入する流れや棚ボタ的な展開が多い一方で、その展開に無理矢理感や欲望任せの殺伐感がなく、むしろ健康的で快活な印象があることや、要所で恋愛感情の甘い空気を醸し出してくることが作劇上の大きな魅力(←参照 あまーーーい!! 短編「二人の時間(仮)」より)。
  ラブラブHで更に信頼関係や恋愛関係を確かなものとして、素直な気持ちを語り合うハッピーエンドも優しく適度に甘い雰囲気を漂わせており、エロシーンのアグレッシブさを程好く中和して読後感を心地よいものに仕上げています。

【もっちり柔らかな健康的な肉感の巨乳ボディ】
  会社員の男性とその教育である美人先輩との恋を描く短編「ほどいて×しばって」や、男性教師とようやく合法的に結ばれる卒業生の教え子との恋模様な短編「委員長の卒業」を除き、女子校生~女子大生クラスのヒロインと同年代の男性の恋愛模様を描いています。
  大人しく優しい性格の文学少女に、ボーイッシュな幼馴染さん、快活で世話焼きな押しかけ妻系ガール、真面目で勝ち気だけど優しい美人先輩などなど、様々なキャラクター性のヒロインが用意されており、皆さん素直な気持ちで男性を受け入れてくれるタイプ。
加えてキャラデザインも多彩であり、正統派の美少女タイプや、清楚系メガネっ娘、三白眼でショートヘアのボーイッシュな女性、糸目で金髪のお嬢様っぽい美少女さんなどなど、性格付けと合わせて各キャラの“らしさ”を明確にするキャラデザが揃っています。
  ダイエットに失敗して贅肉がお腹にかなり付いてしまった短編「ビキニトラップ!!」のヒロインさんや、逆に比較的すらっとした体幹の短編「いつのまにか」の幼馴染さんなど、多少のバリエーションはありますが、全体的に健康的な肉付きで、もっさり陰毛の股間周辺を含めた下半身周りに十分な肉感のあるエロボディがメイン。
LovePornoWithSoftMeatGirls2勿論、たっぷりボリュームのどたぷんおっぱいはこの作家さんのボディデザインにおける大きな特徴であり、ブラジャーから零れ落ちて柔らかく撓み、揉まれるとむにゅんと柔らかな弾力を感じさせながら柔軟に形を変える釣鐘型巨乳の存在感はエロシーン全編に渡って目立っています(←参照 迫力の柔らか巨乳! 短編「狛木惟は止まれない」より)。
  男性キャラクターの快活さや、ヒロインの親しみ易い可愛らしさなどと親和性の高い健康的で無理のないキャッチーさのある絵柄は単行本を通して安定しており、表紙絵ともほぼ完全互換となっています。

【巨乳成分が充実のラブラブ&ハードH】
  安定した話回しでラブラブ感やキャラクターの魅力を引き出しつつ、スムーズにエロシーンへと移行することで十分なボリュームのエロシーンを確保。
LovePornoWithSoftMeatGirls3  前戯パートではたっぷりおっぱいを揉んだり吸ったりでその弾力感を満喫すると共に、そのもちもち柔肉に肉棒を挟んで貰うパイズリの投入率も高め(←参照 三白眼ガールのおっぱいサービス 短編「いつのまにか」より)。また、恥ずかしがりながらも献身的に舐めたり唇でしごいたりな丁寧なフェラや、秘所を解して濡らしていくクンニなどのプレイも交えて前戯パートに十分な尺を用意しています。
前戯パートでの射精やヒロインの絶頂などを投入して前半の抜き所を提供しつつ、ここでお互いの気持ちを確かめ合ったり、相手のご奉仕プレイに感謝したりのワンポイントを設けることで、がむしゃらな勢いは一旦止めつつ、恋愛エッチの誠実さや幸福感を高めてから抽挿パートへと移行。
  すっかり濡れそぼった秘所に挿入して互いに腰を振るラブラブ&ハードなピストンに移行すれば、水音を奏でながらち○こが出し入れされる結合部をアップしたり、ラブいキスを交して更にピストンの激しさを増して行ったりと、ラブエロ系らしい甘さとエロ描写としての勢いを両立させる描写を連続させます。
LovePornoWithSoftMeatGirls4  弾力感と重量感を兼ね備え、ピストンに合わせてゆさゆさと柔らかく揺れ弾む巨乳描写に激しく腰がぶつかり合う下半身周りの描写(←参照 お顔トロトロ&おっぱいゆさゆさ&お尻パンパン 短編「セミの思い出」より)、潤んだ瞳と紅潮する頬の熱っぽい表情付けに、絵として主張し過ぎない程度の分量で男女の肌の密着感を物語る構図など、アタックの強い構図・演出を多用しつつ、クドさや過激さはむしろ抑え目であるのも特徴。
 1Pフルの中出しフィニッシュでは、膣内射精された白濁液が零れ出す結合部やアクメに蕩けきった表情、ビクビクと反応する豊満ボディをたっぷりと見せ付けて、ラブラブ&ハードなエッチの〆に相応しいハイカ口リーな抜き所を提供しています。

  読み心地がよく、かつ実用性もばっちりな王道おっぱいラブコメが揃っており、おっぱい星人諸氏を中心として幅広い層にお勧めできる1冊。
個人的には、黒髪ロングメガネっ娘との二人きりの時間を満喫な短編「二人の時間(仮)」と、メガネ美人な会社の先輩とラブラブなソフトSMセックスを楽しむ短編「ほどいて×しばって」が特にお気に入りでございます。