2015年09月

大和川『ヴァニラエッセンス』

VanillaEssence.jpg 羽海野チカ先生の『3月のライオン』第11巻(白泉社)を読みました。いやー、見ているだけで胸糞悪くなる誠二郎にすっぱりと引導を渡してくれてスッキリしました。それにしても色々と背負わなければいけないあかりさんは不憫です。
今回、雷堂さんが清涼剤的なキャラクターというか、色々とハチャメチャで楽しい人物で笑わせて貰いました。

  さて本日は、大和川先生の『ヴァニラエッセンス』(茜新社)のへたレビューです。3年ぶりの新刊ということで楽しみにしておりました。なお、先生の前単行本『Powerプレイ!』(同社刊)のへたレビュー等もよろしければ併せてご参照下さい。
穏やかで快い雰囲気の中で描かれる、すべすべ美肌の柔らか巨乳ガールズとの青春ラブ&エロが詰まった作品集となっています。

  収録作はいずれも読み切り形式の短編・掌編9作+イラストギャラリー(8P)。フルカラー作品である掌編「はつもうで」(4P)を除き、1作当りのページ数は16~30P(平均25P弱)と中の上クラスのボリューム。軽過ぎず重過ぎずな読書感のシナリオワークと、これまた程好い濃厚感のあるエロシーンとでバランスよく組み立てられた作品構築と評し得るでしょう。

【開放的でありつつ等身大の抒情感を持つ青春ラブエロ模様】
  前単行本のようにファンタジー作品も得意とする作家さんですが、今回はもう一つの十八番である健康的で心地よい快活さのある青春ラブコメディをメインとする作品集となっています。
校内でのセックス盗撮&オナニーにハマってしまった女の子を描くほんのりアブノーマルな短編「イケナイアソビ」、高嶺の花な美少女に告白したらすんなり受け入れて貰って!?な棚ボタ系の幸福感がある短編「マル・ゲーム」、ヒロイの亡父への想いと主人公への少年への想いを重ね合わせて繊細に描くしっとりとした状情感のあるラブストーリーな短編「ユー・ガッタ・スター」などなど、青春恋愛模様を基調としつつ味付けは割合に多彩であると感じます。
a497f53c.jpg登場人物、特にヒロインが有する“性欲”はごく素直に発揮されるものとして描かれており、エロ漫画的には王道的な魅力を有する“大らかな性の在り方”を余分な要素をそぎ落としつつ情感を込めて(←参照 夏の青空の下で素直に盛る 短編「ただいまプール清掃中」より)、前向きな快活さや瑞々しい生命感、幸福を得るためのある種の手段として描かれていることがこの作家さんの大きな特徴でしょう。
  その一方で、例えば洋ピンAV的な、スポーティな快活さを以てセックスを描いているわけでは全くなく、性行為のモチベーションである一途な恋愛感情や性的探究心などを等身大のものとして、また丁寧な感情描写を伴って瑞々しく描いている点が漫画としての魅力を高めていると言えるでしょう。
コメディとしての笑いの勢いや、心情描写を更に深めての重厚なドラマ性といった要素とはむしろ縁遠い作劇ではあり、明確なフックや展開そのものの面白みにも欠けると言えば欠けるのですが、それでも登場人物達のやり取りに日常のドラマとしての面白みや感情の豊かさがあるのが大きな魅力でしょう。
  ストーリーを緩やかにフェードアウトし、彼ら彼女らの青春がそのまま続いてゆくことを示唆しつつ、朗らかで優しい余韻を残すハッピーエンドでまとめており、祝福を呼び込む読後感の心地よさも評価を高める要因と考えます。

【スベスベ美肌のスレンダー巨乳ガールズ】
  前述した様に青春ラブエロストーリーで統一されているため、ヒロインの年齢層は女子高生級の思春期ガールズで統一されており、男性主人公もヒロインと同年齢の思春期ボーイズ達で占められています
真面目なメガネっ子やクールで天然系の美少女、明るく元気なスポーツガールなど、一定の属性やそれに付随する印象を織り込んだキャラクター造形ではあるのですが、コテコテのキャラクター属性に依存するのではなく、青春期の少女の伸びやかさ・奔放さを善徳の面から等身大に捉えて表現するキャラクターとなっています。
6d74370a.jpgこの印象を強めるのが、この作家さんの真骨頂とも言える丁寧な心情描写であり、喜怒哀楽の感情表現に加え、性愛への素直な欲求や幸福感をビビットに物語る表情変化がヒロイン達のキャラクターとしての魅力を大きく高めていると評したい所存(←参照 主人公の股間に気付いて 短編「はやく提出してね」より)。
  キャラデザインにおいては、さっぱりとしたショートヘアや野暮ったい(褒め言葉)メガネ、太眉など、比較的地味寄りの要素を用いたヒロインが多く、華やかさのあるキャラデザインを求めるのは避けるべきという印象はありますが、地味系として敢えて狙っている印象は薄く、それでいて健康的な色香や整った美しさがあるのが特長でしょう。
VanillaEssence3.jpg適度に肉感はありつつ締まったウェストの体幹からすらっとした四肢が伸びるスレンダーボディは、白磁のようなスベスベとした質感の柔肌に包まれており、ふにゅんふにゅんと柔らかな質感を誇るたっぷりおっぱい(←参照 このむにゅむにゅ柔らかおっぱい! 短編「マル・ゲーム」より)、程好い量感の桃尻および鏡面仕様で一本筋が走る無垢な股間を装備しています。
  アニメ/エロゲー絵柄に共通する現代的なキャッチーネスを有する絵柄であり、漫画チックにコミカルさを含めて適度なポップさもあるのですが、過度にならないゴシカルなオサレ感や艶っぽさもある、なかなかカテゴライズの難しいタイプ。これがクセとして減点材料に感じる方もおられると思いますが、この作家さんのユニークな魅力であるのも確かでしょう。

【巧みな画面構成と適度な濃厚感のエロ描写】
  明確にエロメインの作品構築でありながら、そこに至る流れと行為中の会話で情感を生み出していくスタイルであるため、エロシーンのボリュームは十分に用意された抜きツールとして優秀な構築でありつつ、行為の進展などにシナリオ展開における意味もあるタイプ。がっつり抜きだけに集中したい場合には評価を下げる可能性もありますが、行為の中で吐露される感情がエロシーンを駆動する情動を高める要因ともなっているため、長所として認識する方が自然かと個人的には感じます。
  短編「イケナイアソビ」では盗撮・ハメ撮り的なアブノーマル要素のあるエロシチュエーションが描かれていますが、これはヒロイン自身が望んだ状況であり、また青姦や校内でのセックスといった羞恥系シチュエーションを含む作品でも、倒錯性に踏み込んでいくのではなく、“交わりたい時に交わる”という素直な欲求が彼ら彼女らの日常のシーンで営まれていると見るべきであり、和姦エロでまとまっていると総括して良いでしょう。
  各作品のページ数の長短によって、エロシーンの構成は多少変化していますが、ヒロインの柔らかボディの感触を揉んで楽しんだり、お口いっぱいにちんこを頬張ってのフェラシーンであったりの前戯パートは比較的短めに畳まれており、それよりも互いの体を密着させ、相手をより深く感じる抽挿パートを長めに設けて快楽や感情のシンクロを求めあう傾向が明確
VanillaEssence4.jpg汗や精液などでたっぷりの液汁描写をヒロインのエロ美しい女体に加えて煽情性を増したり、結合部アップ構図や断面図などで挿入感を強調したりと十二分にアタックの強いエロ演出を施していますが(←参照 汁ダクボディ&アクメ絶叫 短編「ユー・ガッタ・スター」より)、それら演出単体の強力さに依存するのではなく、例えば表情を強調する描写と結合部アップの描写をカットインなどで同時並行的に描写するなど、技巧的な描写や画面構成で魅せるスタイルと言えるでしょう。
効果的なコマ配置は、アタックの強い大ゴマやコマぶち抜き絵で快感に激しく反応する女体の躍動感を前面に出しつつ、小ゴマでの情報量担保や動きの連続性の強調を果たしており、演出面などの比較的なシンプルさを補って余りある飽和感を打ち出すことで、ヒロイン達の陶酔感の強さを無理なく押し出すことを可能にしています。
  じっくり1回戦仕様でまとめることもあるものの、ヒロインの綺麗な女体を白濁液でドロドロにするパターンも多いこともあって前戯パートでの射精も含めて複数ラウンド制とすることが基本。抽挿パートも含めキュッと目を閉じて昂ぶる快感を堪えようとするヒロインの表情描写も秀逸で、そんな表情を浮かべながら思わず絶頂のハートマーク付きエロ台詞を浮かべる彼女達にがっつり中出しを決め込んで、ぶっかけも追加するフィニッシュシーンは十分なタメも功を奏して強力な抜き所となっています。

  久しぶりの単行本ということで大変嬉しいのですが、青春ラブエロ系としての魅力を十全に備えた、これまで通りの美点が光る最新刊と評し得るでしょう。
個人的には、真面目系メガネっ子ヒロインがエロ主人公から渡されたエロ下着に実は興味津々で~な短編「難易度設定 very easy」と、満点の星空の下の少年少女を描くラストが素敵でかつ大層抜ける短編「ユー・ガッタ・スター」が特にお気に入り。

ばーるん『メガネの処方箋』

PrescriptionGlasses.jpg  岩原裕二先生の『Demension W』第8巻(スクウェア・エニックス)を読みました。記憶が次元をつなぐものであるとするならば、記憶を整理する過程の現象と言われる“夢”が重要なのは何となく察しがつくのですが、それがどう“鍵”に結びつくのでしょうか?
色々と裏の動きが見えて来ていますが、マブチの怒りが全ての陰謀と姦計を打ち破って欲しいものです。


  さて本日は、ばーるん先生の『メガネの処方箋』(ヒット出版社)の遅延へたレビューです。初単行本である前単行本は未レビューで恐縮ですが、今回は表紙絵の(主に褐色肌に)惹かれて購入しました。
メガネ巨乳ヒロインの魅力がたっぷり楽しめる棚ボタ的なラブコメ・エロコメ作品集となっています。

PrescriptionGlasses1.jpg  収録作は、父親の再婚によって一緒に暮らすことになったオールメガネ巨乳美人な三姉妹のうち、義姉と義妹は主人公と(色々な意味で)仲が良いものの、元々幼馴染で同年齢の次女だけは主人公に冷たくあたり~な中編「メガネのいろは」全4話(←参照 サバサバ系長女&おっとり優しい三女 同中編第4話より)+同作品のスピンオフで三姉妹のママンが主役の短編「ヤラれたらヤリかえそう」、および独立した短編3作。
1話・作当りのページ数は8~38P(平均25P)と幅はありつつ平均値としては中の上クラスのボリューム。短編・中編共にストーリーの読み応えはほとんどありませんが、適度に仕掛けを配して印象を残すシナリオワークでもあり、またメガネ巨乳属性に特化したエロの量的・質的なボリューム感は高く仕上がっていると評し得るでしょう。

【意外な仕掛けでも魅せるラブコメ・エロコメ系】
  大まかなシナリオの方向性としては快楽全能主義が明確でスタンダードなラブコメ・エロコメ系統にカテゴライズ可能であり、三姉妹と同居してなんだかんだでウハウハなセックス三昧という中編作の設定に代表されるように棚ボタ的に転げ込んでくる美味しい状況を満喫できる作劇と言えるでしょう。
中編作は、三姉妹のうち二人とはエロエロな関係になるも次女だけはぶっきらぼうな態度を示し続け、それでも長女と三女の後押しもあって最終的には三姉妹とのラブラブ4Pセックスへ突入するという流れは、このタイプの設定を擁する作品としてごくスタンダードと言えるでしょう。
しかしながら、最終盤において第1話から配していた伏線がちゃんと意味を持つまさかのネタ晴らしが行われており、次女も含めた三姉妹との融和は図られているためにハッピーエンドではあるものの、定番から敢えて外した意外なまとめ方をしています。賛否は多少分かれるかもしれませんが、個人的にはそれまでの展開がベタであった分、新鮮さを感じました。
PrescriptionGlasses2.jpg  とある事情で傷心な三姉妹のママさんがやはり恋人にふられて悲しんでいる少年に慈愛セックス(造語)を許して互いに慰め合う展開となる短編「ヤラれたらヤリかえそう」(←参照 メガネ美熟女さんの誘惑 同短編より)、ネット喫茶で全裸オナニーしていた男性に欲求不満の美人店員さんが特別サービスな短編「Knock on the door」など、短編群でもやはり棚ボタ的なシチュエーションでのエッチ移行が共通。
中編作でも恋愛描写が色濃くされているというわけではないのですが、中編作や関連する短編「ヤラれたらヤリかえそう」では親しさや信頼関係、慈愛の心などがベースになっている分、柔和な雰囲気を伴っているのに対し、他の短編ではヒロインもしくは男性主人公の性欲任せにストーリーを駆動するタイプと言えるでしょう。
  明確にバットエンドと考えられる短編「貴方とコンビに」など、中編作と同様にラストに仕掛けや印象付けが為されていることによって、一定の面白みは備えつつも、基本的にはエロに意識を集中しやすい軽いシナリオでまとまっていると感じます。

【メガネ完備の豊満バストヒロインズ】
  ヒロイン陣の年齢層はある程度高めであり、中編作の三姉妹の三女が唯一女子高生程度と思われる一方で、女子大生~20代半ば程度と思しきアダルト美人がメイン。スピンオフ短編に登場する三姉妹のママさんは少なくとも40歳以上と思われますが、少年に20代に間違われるくらいな綺麗で若いママさんです。
中編作では、ツンデレ的な性格付けの次女、サバサバと明るくエッチにも積極的な長女、おっとり優しく主人公を慕う三女と明確な性格付けで印象の差別化を図っていますが、あまりキャラクター属性でがっちり固めるスタイルではなく、後ろめたさ無く自らの性的欲望に忠実なヒロインが多いと言う印象。このため、メガネヒロインに理知的なキャラクター像を求める方にはやや不向きかもしれません。
  オタクコンテンツ界隈では根強い人気を保つ巨乳メガネヒロインという属性に特化した作家さんであるため、今単行本においても全ヒロインがメガネを着用。管理人はそこまでメガネ属性が強くないので詳しくは分かりませんが(すみません)、アンダーフレームやフレームレス、古典的な丸メガネなど、キャラクターによってメガネのデザインが描き分けられているのは属性持ちの諸氏には嬉しい要素かもしれません。
PrescriptionGlasses3.jpg  もう一つの特化要素である巨乳に関しては、むにゅんと弾力感と柔らかさを兼ね備え、控えめサイズの乳輪&乳首を先端に備える釣鐘型の美巨乳であり(←参照 メガネとおっぱいのアップ絵だ! 短編「Knock on the door」より)、揉んだり吸ったり、頭を挟んでもらってパフパフ状態だったりと大活躍。なお、三姉妹の次女のみ控えめサイズなおっぱいですが、その他のヒロインはたっぷりおっぱいと肉付き豊かなお尻をお持ちです。
三姉妹の長女は日焼け肌であるなど、衣装や髪形などで視覚的な印象の差異を生じさせる意図は分かる一方で、全員メガネキャラで髪も艶やかな黒髪が主であるため、ヒロインのキャラデザは固定的。ただ、元々メガネ巨乳ヒロイン好きのための作品であるため、本単行本の訴求層にとって大きなマイナス要因となることはないでしょう。
  トーンワークなどの密度を高めつつ絵としてあまり多くなることがなく、細かい描線が整えられた絵柄はデジタル作画らしい美点を有しており、その一方でオールドスクール寄りの漫画絵柄に由来する素朴なキャッチーネスもあるタイプ。表紙絵とほぼ完全互換で単行本通して絵柄が安定しているのも安心材料でしょう。

【肉感ボディとの密着感&行為のパワフルさが魅力】
  8P作品である短編「うちのクラスの倉須愛先生!」を除けば、ページ数が多めであることに加え、明確にエロメインな作品構築であることもあって、エロシーンは十分に長い尺を有しており、膣内射精連発などのケースも含む複数ラウンド制を基本として構成されています。
上述した様に、ラブラブ感の強い雰囲気作りはそこまで強くはないものの、羞恥エロ&少々の凌辱色がある短編「貴方とコンビに」を除けば、概ね和姦エロであり、性欲任せのガツガツとした印象もありつつ、行為の中でヒロイン側の慈しみや寛容の心が表現される分、適度な心地よさ・穏やかさを備えています。
  男性側がエロ展開序盤からリードするケースもありますが、むしろヒロイン側が主導権を握っているケースが多く、たわわなおっぱいと密着したり、優しくも積極的なキスを交わしたり、男性のツボを押さえたフェラや手コキなどでの積極的な快楽攻めをみせたりと受動的な幸福感を喚起しています。
フェラやパイズリでの発射された精液がメガネに残ったままという、メガネ属性らしい?コダワリを示しつつ突入する抽挿パートでは、ヒロイン側の魅惑に引き込まれ、パワフルなピストンを繰り出す男性キャラクターにヒロイン達は喜悦の快楽を迎えており、中出ししても萎えずにピストンを繰り返すなど、双方が興奮状態で求めあう力強さを形成。
PrescriptionGlasses4.jpg  引きの構図で快感に仰け反るボディや、バックからち○こを咥える秘所と振り動かされる豊満ヒップを映す構図、ばるんばるんと重たげにかつ激しく弾む乳揺れ描写など、肢体そのもののボリューム感を強く打ち出しつつ、結合部アップ構図の連発や透過図や断面図の多用によって深い抽挿感や密着感を強調しているのも特色でしょう(←参照 中編「メガネのいろは」第1話より)。
各種淫液にしっとりと濡らす肉感ボディをガンガン突き込むピストン運動の描写と、ヒロイン側がねっとりと舌をち○こに絡めるフェラやパイズリ等の描写について、必ずしも後者→前者という順番ではなく、例えば前穴セックスから中出し→お掃除フェラからメガネぶっかけ顔射→もう1回本番などのエロ展開構成もあり、必ずしも膣内射精をフィニッシュとして殊更な盛り上がりを図るわけではないですが、1P~2P見開きでのフィニッシュまでパワフルに駆け抜けています。

  メガネ&おっぱいについては本当に充実しており、それらの属性をお持ちの方には大変お勧めな1冊。逆に言えば、それらの属性に興味がない諸氏には特段のお勧めポイントはないのですが、属性云々を抜きにしても抜きツールとしては相応に優秀です。
個人的には、豊満ボディのメガネママンに優しく童貞切りをしてもらい、抱擁セックス&中出し連発という滋味あふれる短編「ヤラれたらヤリかえそう」が最愛でございます。

こち『へんたい注意報!!』

HentaiAlert.jpg TVアニメ版『モンスター娘のいる日常』第11話「デュラハンのいる日常」を観ました。TVシリーズはどこまでやるのかなぁと思っていたのですが、デュラハンのララちゃんの登場で概ね理解。しかし、表情変化が豊かで可愛いですね、ララちゃんは。
この健康的にエッチで賑やかな作品、アニメ版もすごく良いので、是非とも2期やって欲しいですねぇ。


  さて本日は、こち先生の初単行本『へんたい注意報!!』(ジーオーティー)のへたレビューです。表紙絵のたっぷり&もっちりなバストから先生のおっぱい力の格が伝わるというもの・・・!
柔肉がたっぷり爆乳&巨乳装備なグラマラスヒロイン達とのおっぱい成分充実のパワフルファック&明るく楽しいコメディが楽しめる作品集となっています。

HentaiAlert1.jpg  収録作は、天真爛漫ドSなお嬢様のエッチなお遊びに普段のエロエロメイドさんの代わりとして付き合うことになった生真面目な美人ボディーガードさんが、同僚で意中の男性とセックスすることを命じられ・・・!?な連作「Hなお遊びいたしましょっ」前後編(←参照 お嬢様のお遊びは結構ハード 同連作前編より)+描き下ろしのスピンオフ掌編(7P)、および読み切り形式の短編・掌編10作。
描き下ろしの掌編とフルカラー作品である掌編「変態流おもてなし❤」(6P)を除き、1話・作当りのページ数は16~20P(平均19P弱)と書店売り誌初出としてはやや控えめな部類。サクサクと軽快な読み口のシナリオと、標準量ながら迫力ボディ由来の質的ボリューム感の強いエロシーンでバランスよくまとまった作品構築となっています。

【明るく楽しい雰囲気のエロコメ・ラブコメ】
  “へんたい(変態)”という言葉をポップな色使いで表現する表紙絵および単行本タイトルから連想される通り、アブノーマルな要素をアクセントに加えたパワフルファックと、明るく楽しいエロコメ・ラブコメ系統の作劇を融和させたスタイルが主力。
13a01a54.jpgラブコメ・エロコメ系統のシナリオパートを大別すれば、エロエロお姉さんに襲われて彼女達が淫乱さをたっぷり発揮して男性を圧倒しつつご満悦なストーリーと(←参照 引っ越し先のお隣さんは淫乱お姉さんで 短編「お引越し天国?!~隣のえっちなみどりさん~」より)、普段は勝ち気だったり男勝りだったりなヒロイン達が男性に押し切られてセックスの際には乙女な姿とトロトロに蕩けた表情を見せるストーリー(短編「委員長の災難?」「僕だけの『ひみつ』」など)に分けることができるでしょう。
特段の新味がある類のシナリオワークではありませんが、前者であればエッチな美人ヒロインに翻弄されて気持ちいいことをたっぷりしてもらう受動的な幸福感を、後者であれば普段と異なるヒロインの新たな魅力や愛情表現を自ら獲得する能動的な幸福感を喚起しちるのが大きな長所。
また、それぞれのシナリオスタイルに加え、行動力抜群な淫乱ヒロインと、エッチなことに翻弄されちゃうタイプのヒロインという両方のタイプのヒロインを登場させてドタバタ模様を引き起こすという作劇も連作や短編「地球侵略大作戦!!」等で認められ、こちらはより賑やかな楽しさを増しています。
  後述する様にエロはがっつりハードに攻めていますが、ラブコメ・エロコメ系の作品ではほのぼのとしたハッピーエンドであったり、ギャフンオチで軽くまとめたりと、読後感がいい意味でさっぱりとしているのも賢者タイムを心地よくしてくれる要因でしょう。
  なお、女性を商品に仕立てる調教師と、辛い過去を窺わせる調教される側の少女とを描いた切なく哀しいストーリーの短編「Misery」は今単行本において例外的な作品であり、メインの作風ではないかもしれませんが、こういったシリアス系もしっかりまとめる力を示した作品でしょう。

【多彩な設定の爆乳ヒロインズ】
  委員長キャラや剣道部ガールなど女子高生級のヒロインも複数名存在しますが、20歳以上のアダルトヒロインが主力となっており、軍人ヒロインや淫乱お姉さん、メイドさんにナースさんと職業設定もなかなか多彩。
前述した2つのタイプのシナリオに対応して、悪戯っぽい瞳と豊満ボディで男性を誘惑し、積極的にち○こを搾り取ってくるビッチお姉さんタイプと、勝気だったり堅物であったりするものの、男性の愛情や性欲に押し切られてしまうタイプのヒロインが存在し、それぞれ異なる魅力を有しています。
前者は最初からフルスロットルで発情スイッチがオンになっていますし、後者のタイプのヒロインもセックスでのラブラブ感や快感によって蕩けまくり・感じまくりの痴態を曝け出すことで快楽全能主義に作品をどっぷり漬け込む仕様。
  キャラクターの年齢設定などによって幅はありますが、基本的には柔肉が適度なむっちり感で付いた体幹に、人頭大もしくはそれ以上のマッスを誇る巨乳・爆乳とこれまたボリューミィな安産型ヒップ&ムチムチな太腿を完備させたグラマラスボディでほぼ統一。
HentaiAlert3.jpgバスト&ヒップ&太腿の迫力・存在感を前面に押し出すボディデザイン、投入率の高い陥没乳首(←参照 このたっぷり柔らか爆乳! 短編「俺の彼女のヒミツ穴」より)やぷっくりとした乳輪を備える超ボリューミィなエロ乳など、物量そのものおよび一定の猥雑さで勝負するタイプのボディデザインであり、綺麗にまとまった女体描写を期待するのは避けるべきですが、もちろんそれ故のパワフル感や満腹感があるスタイル。
  どストレートにエロさ最優先のボディデザインであり、後述する様にエロも攻撃的な描写になっていますが、絵柄そのものはキャッチーなアニメ/エロゲー絵柄であり、初単行本ながらほぼ完成されていると思しき絵柄は安定しています。また、喜怒哀楽の漫画チックにコミカルな表現などもエロコメ・ラブコメ系の魅力に直結しているのも○。

【派手なエロ演出で彩るグラマラスボディとのハードファック】
  上述した様にエロシーンの尺そのものは標準的であり、たっぷり長尺とは言い難い水準ではありますが、柔らかたっぷりおっぱいを中心としてボリューミィな女体にホールドしたりされたりでがっつりファックを楽しむゴージャスな描写の質的な満腹感故に、抜きツールとしての信頼性は十二分に高くなっています。
  淫乱お姉さんに襲われてたっぷり濃厚なエロサービスを受けることになったり、堅物ヒロインにエッチなコスプレをさせたり、淫乱ヒロインと奥手ヒロインのリアクションの差および最終的に双方蕩けまくりな3Pセックスがあったりと、各シナリオおよびキャラクター設定に対応させたエロシチュエーションを的確に用意しているのも美点でしょう。
エロ調教やら辱めプレイやら輪姦やら逆レイプやらと、単行本通りに変態チックなプレイ・シチュエーションを投入していますが、それらの倒錯性に深く踏み込むタイプではなく、あくまで気持ち良いエンジョイセックスもしくはラブラブ和姦へのアクセントとして機能するタイプでしょう。
  圧倒的な存在感を有する巨乳・爆乳はエロシーンを通じて活躍しており、各種衣装から零れ落ちるおぱーいでおっぱい星人を先ずは視覚的に満足させ、それをたっぷり揉み揉みしたり、乳首をつまんでおっぱいを持ち上げたり、陥没乳首をほじほじしたり、たっぷりの柔肉に包まれるパイずるを満喫したりと、前戯パートでは描写の中核を担います。
HentaiAlert4.jpg前戯パートですっかり発情スイッチが入ったヒロイン達のトロトロま○こに挿入し、肉感ボディの柔らかさを受け止めながらパワフルにピストンを加えて淫乱ヒロインや真面目ヒロインをアへらせ、淫猥なエロ台詞を連呼させる抽挿パートにおいても(←参照 おちんぽさいこぉ~❤ 短編「委員長の災難?」より)、ばるんばるんと弾むダイナミックな乳揺れ描写や、ピストンしながらの乳揉みや乳首弄りを加えており、ここでもおっぱいの存在感が光ります。
  過度にならない程度に淫猥さのあるアへ顔やくしゃくしゃになった蕩け顔、行為の激しさを物語る擬音の撒き散らしや淫猥さを意識したエロ台詞など、派手なエロ演出を密度高く織り込んでおり、女体そのものの存在感に演出が負けていないのが◎。フィニッシュは快感にすっかり満たされてアへ顔フェイスと言葉にならない絶叫を上げてアクメを迎え、卑猥な中出し要請台詞に導かれるままに大量に白濁液を注ぎ込む強力な描写で複数ラウンド制の濡れ場を〆ています。
 
  明るく楽しくシナリオとキャラクターを魅せ、その上でおっぱい成分を大満喫できるパワフルファックをご用意という非常に美味しい作風と言え、パワフルな抜き物件をお求めの諸氏に幅広くお勧めできる1冊。
どの作品も大層使えますが、個人的には真面目な美人ボディガードさんのエロエロ&ラブラブな蕩けっぷりが楽しめる連作「Hなお遊びいたしましょっ」と、エロエロお姉さんに襲われて汁ダクファックな短編「お引越し天国?!~隣のえっちなみどりさん~」が特にお気に入り。お勧め!

藤味『少女惨華』

GirlsDefloweration.jpg 山田参助先生の『あれよ星屑』第3巻(エンターブレイン)を読みました。帯にある“終わっちゃないんですねェなんにも」の言葉通り、今回も戦争の傷跡を残す人々を描きながら、人情の優しさ・温かさに救われる作品でした。
焼野原の様に“まっさら”になろうとしている班長殿の姉との再会は彼に何をもたらすのでしょうか。お姉さんはお姉さんで何か問題を抱えている様ですし・・・。

  さて本日は、藤味先生の初単行本『少女惨華』(エンジェル出版)の遅延へたレビューです。初単行本まで結構時間がかかったようですが、満を持しての初単行本と言うべきでしょうか。
痛さを伴う重苦しいストーリーの中で無慈悲な快楽に蹂躙される美少女・美女の姿が描かれる作品集となっています。

 GirlsDefloweration1.jpg 収録作は、兄妹で性的関係を結んでしまったせいで兄と引き離された少女が心を病んでしまい不特定多数の男性を“兄”と思い込んでセックスしていたことに再会した兄は気付き~な短編「白濁の夢」(←参照 再開した妹にこびりつく他人の精液 同短編より)+ヒロインに追い打ちをかける描き下ろし後日談(4P)、および読み切り形式の短編8作。
描き下ろし作品を除き、1作当りのページ数は18~20P(平均20P弱)と中の下クラスのボリュームで安定。シナリオパートの比重が高いわけではないですが、内容の性質故に重い読書感を備えており、標準的な分量のエロシーンについても質的な重さを有しています。

【凌辱劇の重苦しさを増強するストーリー】
  表紙絵の雰囲気からも察せられる通り、凌辱系の作劇がメインであり、一部の作品では凌辱される側の女性に一定の責がある場合もありますが、そのケースでも重過ぎる代償を負うことになりますし、大半のケースでは罪のないヒロインが男性の黒い欲望の犠牲になるストーリーとなっています。
後述する様に凌辱エロとしてのハードさや嗜虐性の強さ自体も凌辱エロとしての重苦しさに直結していますが、イジメを受けていた少女が加害者側の少女二人を襲わせ薬物なども使用して肉便器まで落とす苛烈な復讐劇(短編「犯り返し」)や、付き合っていた彼氏や愛する旦那からの裏切り行為によって凌辱に晒される話(短編「処女輪姦カラオケパーティー」「末路」)、弱みを握られ彼氏や旦那への愛情を踏み躙られる寝取られ要素のあるストーリー(短編「NTR通信」「不妊治療」)などなど、凌辱に至る状況に悲惨さや絶望感があることが大きな特徴でしょう。
ストーリー展開において、ヒロイン側が男性の剥き出しの欲望に晒されることになる最初の衝撃をヒロインに与えて恐怖や混乱を引き起こすことに加え、ヒロインに対して交際相手との関係を強調したり、裏切り行為等を暴露したりと彼女達を精神的に更に追い込む展開を中盤で織り込んでおり、彼女達の心の逃げ場を潰すことで絶望感を高めていきます。
GirlsDefloweration2.jpg  精神的な絶望感や拒否感に苦しむと共に、肉体的な性的快感は生じてしまうことを下衆な言動で意識させられ、望まぬ中出しを強行される凌辱エロは破滅的な官能性に満ちており、汚される体だけでなく、大切な“何か”を喪失してしまった心を表現する無残なバットエンドは痛々しさや重苦しさのある読後感を残します(←参照 壊れた彼女達に投げかけられる一方的な侮蔑の台詞 短編「犯り返し」より)。
  一部の作品では、ヒロインと合意の上で和姦エロに至るケースもあるのですが、本当の兄とセックスをしたことにより、自分が今までセックスしてきた“兄”の正体に気付き、壊れかけていた精神に追い打ちがかかることになる短編「白濁の夢」、家出少女を自宅に招いて和姦エロに至るも彼女が何故家出に至って一人で居たかが示唆されることで幸福な関係が長続きしないであろうことを感じさせる短編「壊れた鳥籠」と、結末はやはりバットエンドに近くなっています。

【やや粗さはあるも丁寧な絵柄とキュートなキャラ造形】
  3作品には20代半ば~後半程度と思しき人妻美女さんが登場すると共に、他の作品ではミドル~ハイティーン級の女子高生ヒロインが登場しており、人数的には後者が主力。アダルトヒロインも若々しさのあるタイプで、年齢による描き分けは明瞭には為されていません。
  短編「犯り返し」では、イジメを受けていた少女が自らの体を使って買収した男性達にいじめっ子の少女コンビが凶悪な復讐を受けることになりますが、その他のヒロインはその純粋さや優しさなどを、悪漢やストーカーなど狂気を孕んだ人物に付け込まれており、純粋さ故の脆さが露呈することも含めて、悲劇性に寄与するキャラクター描写と言えるでしょう。
ヒロインのキャラクター性などを強調するスタイルではないですし、そもそもあまり重要性が高くないタイプの作劇ではありますが、前述した様な畳み掛ける凌辱展開の中で、ヒロインの恐怖や混乱、絶望に諦観が丹念に描かれているのは評価を高める要因。
GirlsDefloweration3.jpg  ヒロイン達のボディデザインについては、健康的な肉付きのある体幹にふんわりと柔らかそうな巨乳&桃尻、ツルツル仕様の股間を備えたタイプで統一(←参照 ネット喫茶で襲われ 短編「NTR通信」より)。グレースケールなどでお肌のスベスベ感や、丸みのある輪郭で女体の柔らかそうな質感を打ち出すことに成功している一方、全体のバランスがやや安定しなかったり、粘膜描写の質が高くなかったりな点は今後改善するべき要素かもしれません。
  ふわっとウェーブがかった可愛らしい髪形や、逆に艶のある黒髪ロング、各種衣装なども含め丁寧な描線を密度高く織り込む絵柄は、キャッチーな可愛らしさを追求しつつも絵として適度な重さ・濃さのあるスタイルで、凌辱エロとの親和性が高く、また独自の魅力もあるタイプ。初出時期によって絵柄の濃淡や描線の強弱に振れ幅があることや、デジタルツールで綺麗にまとめた表紙絵に対し、良くも悪くもアナログ的な乱れや荒れが魅力にもつながっている中身の絵柄との印象の差異があることについては、購入前に留意して頂きたいところ。

【強烈な性的陶酔感と精神的な絶望感のブレンドの妙】
  ページ数は標準か少々それを下回る程度のボリュームですが、序盤から不穏な雰囲気を漂わせながら凌辱中心のエロシーンへと流れ込んでいくため、濡れ場の尺は標準的な分量を確保しており、エロ展開と同時に形成される前述の追い込むようなシナリオ展開の効果もあって体感的なボリュームを高めています。
  上述した様に、ヒロインの柔らかボディを一方的に蹂躙する凌辱エロがメインであり、そこに薬物を用いて強制的に快感を覚えさせる輪姦や(短編「犯り返し」)、彼氏に対して敢えてセックスシーンを見せ付ける行為(短編「NTR通信」)、強制的な孕ませ(短編「強制中出し 孕ませたいあの子」)など、エロとしての攻撃性・嗜虐性を増す要素を加えています。
エロシーン序盤では突然巻き込まれることになった凌辱の惨禍に対し、混乱や恐怖、逆に純粋さ故の無自覚などの感情を抱く様子と、男性達の悪意が徐々に沁みだしていく行為や言動を重ねており、嫌がるヒロインに対してのイラマチオや奉仕強制、各所性感帯を含めて女体を一方的に弄ぶ愛撫などのプレイを投入。
GirlsDefloweration4.jpg  脅迫や薬物などの効果もあって心身共に抵抗力を剥ぎ取られた結果至る抽挿パートでは、一方的な凌辱にも関わらず肉体は快感を覚えてしまうという心身の齟齬によってヒロイン達は更に屈辱と絶望を味合わされており、白目を剥く様な表情付けや絶叫される台詞回しなど強烈な快感描写を投入しつつ(←参照 短編「不妊治療」より)、そこに充足感や幸福感は無く、男性の欲望に都合のよい存在に改変されるという絶望感、男性にとっては征服感を形成する描写であると言えるでしょう。
前述した絵柄の適度な乱れや荒れは、攻撃的なエロシーンにおいてはむしろ魅力となっており、中~大ゴマメインに小ゴマやカットインをぎっちり詰め込んだ画面構成に加え、飛びかう各種擬音やヒロイン達の絶叫ボイスなど、密度の高いエロ演出の情報量の多さとそれらが入り乱れる様子に淫猥さがあります。
  ガンガンと一方的なピストンを重ねていくことで、ヒロインに不本意な快楽を重ねさせ、強制的にアクメへと追い込んでいく中盤以降の勢いは強く、最後の理性の砦として膣内射精を拒絶する彼女達に対し、その体をホールドして嘲りながら中出しを決め込んでトドメの絶頂を迎えさせるフィニッシュも相応の凶悪さを有していると評し得ます。

  凌辱エロとして性表現の過激さや攻撃性も十分にありつつ、シナリオパートでウェットさや重苦しさを付与することに成功しており、暗い話が苦手な諸氏には勧めがたい一方、適度にヘビィな凌辱エロを読みたい諸氏にはお勧めできる1冊。
個人的には、男性教師と交際している事実を不良に握られて清純な乙女が~な短編「奪われた純愛」に愚息がお世話になりました。

跳馬遊鹿『美乳露出マニア』

BustyManiacOfExposing.jpg  武東宗哉先生の『擬人家』第1巻(講談社)を読みました。オタクコンテンツだけでなく色々な分野で人気の“擬人化”をテーマにしたコメディですが、ブラックな皮肉がたっぷりと効いた作品で爆笑しました。
消費税の歴史ドラマとか、5000万円入るか怪しい鞄とか、都条例には逆らえないとか度々飛び出してくる社会風刺も強烈でございます。


  さて本日は、跳馬遊鹿先生の初単行本『美乳露出マニア』(文苑堂)のへたレビューです。野に跳ねる馬と遊ぶ鹿という、雅な光景を感じさせつつ中身には“馬鹿”が詰まっているというポエットな作家名でございますな。
それはともかく、たっぷりサイズなもちもちバストをお持ちの美少女・美女とのちょっぴりアブノーマルなHが詰まった作品集となっています。

BustyManiacOfExposing1.jpg  収録作は、主人公が教育実習生だった頃に脅迫を伴う性的な虐めをした元・女子高生で現在は人妻の二人に主人公が逆襲を~な連作「従属のダブルトラップ」正続編(←参照 同連作続編より)、および読み切り形式の短編・掌編8作。
描き下ろし作品であるフルカラー掌編「真夜中の羽音」(4P)および短編「姉ちゃんと美乳露出デート」(12P)を除き、1話・作当りのページ数は22~40P(平均27P弱)と中の上クラスのボリューム。十分なページ数はエロシーンの量的充実に貢献しており、読み口の軽重は作品によって異なりつつ、抜きツールとしての満腹感がある1冊と言えるでしょう。

【多様な方向性をオーソドックスにまとめる安定感】
  年下美少女による逆レイプや性玩具化などの性的イジメと彼女達に対する復讐としてのハードな凌辱エロを含む前述の連作もあれば、重い悩みを抱える幼馴染の少女を苦しみから救い出す真摯な恋愛ストーリーや、お気楽風味のエロコメもあったりと、作風の方向性は様々。
凌辱エロ系では、エロのハード指向と復讐劇としてのカタルシスを合致させる、ドタバタエロコメであればエッチな変態ガールさんとのウハウハ模様という棚ボタ的な幸福感を喚起するなど、個々のシナリオの存在感は強くない一方で、個々の方向性らしい特性を適切に織り込む作劇には安定感があります。
  単行本タイトルに“露出”とある通り、露出エッチや不倫エッチ、近親エロやSM的なプレイなど、アブノーマルなエロ要素を中核に据える作品が多く、シナリオパートの役割はそれらのエロシチュのお膳立てがメインであると言ってもよいかもしれません。
それらのアブノーマルな性趣向を用いつつ、それらの異常性や攻撃性を前面に押し出したタイプではなく、連作などを除いてむしろ和姦エロの延長線上として描くことの方が主たる作風であり、前述した様に“エッチでちょっと変態趣味な美少女さんとエッチができることになる”という美味しいシチュエーションをご用意。BustyManiacOfExposing2.jpg
概ねヒロイン側が積極的であることに加え(←参照 短編「蜜めて奥まで・・・」より)、状況に素直にのっていく男性主人公とのエッチで彼女達の欲求もしっかり満足させられるために、このタイプの作品では一貫してライトな読み口から円満なハッピーエンドにまとまっており、「アブノーマル系なエロシチュに興味はあるけどヒロインが酷い目にあったり、話として重苦しかったりするのはちょっと・・・」という諸氏も安心して楽しめる仕上がりとなっています。
  この手法も含め、オーソドックスなスタイルを素直に踏襲していることも、一定の没個性さを感じさせながらも、スムーズな読み口に寄与していると言えるでしょう。

【若々しい表情と巨乳&桃尻の肉感ボディの組み合わせ】
  女子校生級のヒロインも複数名存在しつつ、女子大生クラスの美少女さんや20代半ば~30歳前後と思しき人妻ヒロインなどのover18枠が過半数を占める陣容。とは言え、年齢的な描き分けがさほど明確ではなく、アダルトヒロインについても若々しさのあるタイプになっています。
BustyManiacOfExposing3.jpg普段は厳しくツンツンしているけどネットでの露出プレイがバレてエッチすることになった際はデレデレになる委員長さんや(←参照 厳しい委員長さんのメス顔 短編「ばれてますよ彩音さん!?」より)、勘違いから不倫エッチに突入する旦那のことを愛する貞淑な人妻さん、実は臭いフェチなおっとり美人な女教師さんなど、ポピュラーな性格付けと変態チックな性癖を組み合わせたキャラクター設定が多いことは、前述の変態エロとオーソドックスなラブコメ・エロコメの融合に大きく寄与するところ。
逆に言えば、心情描写等の細やかさなどでキャラを立てるスタイルではないのですが、それが求められる作風というわけではないでしょう。
  ややオールドスクールなアニメ/エロゲー絵柄で描かれる顔の人工的なロリっぽさと、柔らかお肉がたっぷり詰まって弾力を感じさせる巨乳&桃尻を装備の肉感ボディが組み合わさったキャラデザインは、幅広い層にとってストレートなセックスアピールを有するタイプ。
肢体描写についても、これといって強い個性は無いとも言えるのですが、輪郭が綺麗な曲線を描き、控えめサイズの乳輪&乳首を有するバルーンおっぱいやこれまた形のよいヒップ、パイパンな股間など、男性の欲望を刺激するオーソドックス体パーツを完備しています。
  初単行本ながら絵柄は明確に安定しており、作画密度も一定の濃さを打ち出しつつ、キャッチーさのある絵柄の魅力を殺さないバランスを維持。表紙・裏表紙のカラー絵と中身のモノクロ絵に印象の差異がかなり小さいのも安心材料として挙げられるでしょう。

【快楽に蕩けるヒロインの肉感ボディを前面に】
  上述した通り、明確に抜きツールとしての作品構築であるため、濡れ場の尺は十分に長く、複数のエロシチュエーションを織り込んだり、前半では露出プレイやオナニーなどのプレイとしての色彩が強い描写を投入してから本番へ移行したりと、ボリュームの大きさを生かしたエロシーンの構成を示しています
  これまた上述した様に、アブノーマルなプレイ・趣向を絡めた上で和姦エロというスタイルが主力になっており、青姦や学校内でのエッチ、ネットへのヌード投稿などの他者の目を気にする露出・羞恥系のシチュエーションや、お姉ちゃんとの近親エッチ、人妻さんを快感に酔わせる不倫&羞恥エッチなど、アブノーマルな要素を加えつつ、全体的な雰囲気はマイルドに収めているのも特徴です。
  前戯パートでは、フェラやパイズリからの顔射等のぶっかけシーンを投入することをメインとしつつ、愛撫や特殊プレイからのヒロイン絶頂を射精シーンの代わりとして抜き所として用意する等、十分な尺を用意して前半部分の盛り上がりを形成。
BustyManiacOfExposing4.jpg明確に凌辱エロである連作「従属のダブルトラップ」を例外としつつ、序盤では男性側の欲望に押し切られる形となった場合でも、エロシーン中盤以降はヒロイン側も積極的に変態チックなプレイにすっかりメロメロになってしまう展開を示しており、双方の積極性が発現されることによって行為のエスカレーションが図られているのもエロの盛り上がりに寄与しています(←参照 清楚な人妻さんがすっかり発情 短編「カンチガイ」より)。
  前戯パートですっかり興奮を増し、肉感ボディを各種淫液でしっとり濡らすことでシズル感を増すエロボディをジュップッジュッツッとぬめった擬音をまき散らしながらパワフルにピストンする抽挿パートでは、殊更に特殊なエロ演出を施すよりも、熱っぽさを増していく表情付けと、乳尻の存在感を含めた肢体そのもののエロスで押し通すストロングスタイル。
コマ間の連続性や、演出面における動きの躍動感には欠けてスライドショー的な味気なさはエロ作画にあるものの、結合部見せつけ構図等を含めて個々に視覚的な強力さを有する描写を連発し、蕩けきった表情でハートマーク付きの中出し要請台詞を奏でるヒロインにがっつり膣内射精を決め込むラストまで前のめりに突き進む力強さは確たる魅力となっています。

  肉感ボディのエロ可愛いヒロインとがっつりファックを楽しめつつ、そこにアブノーマルプレイのお手軽感のある味付けもあるという、抜きツールとして優秀な仕様となっています。
個人的には、清楚な人妻ヒロインに羞恥プレイを強要し、その後にすっかり目覚めつつ旦那への愛は忘れない彼女にたっぷりエロ調教な短編「カンチガイ」に愚息がお世話になりました。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ