IHateYou,ButILoveYou一愛好家としては“積み本”はやはり“罪本”なので出来るだけ早く読むようにしていますが、レビューはそうはいかないのがしんどい所です。
サラリンチョと有益で面白いレビューを書ければ最高ですが、僕程度じゃ無理なのです(大きく溜息。

未レビュー作は他に何作かありますが、これ以上遅れるのは自分で納得できないので神寺千寿先生の『きらい、でもすきっ』(松文館)のへたレビューです。これより後に出た『微熱なつまさき』(久保書店)のレビューもご参照下さい。
幼さ故の純粋な恋心・感情が眩いょぅじょヒロイン達との極甘ラブなエピソートを楽しみたいロリスキーにお勧めな1作です。

収録作は、密かに教え子の女の子に好意を寄せるロリコン男性教師が彼女の双子の兄との幼い情交を覗き見てしまってな連作「ナルちゃんと先生」「ナルちゃんと先生 2時限目」、および短編8作。
1作・話当りのページ数は16~20P(平均18P強)と中の下程度の分量。各話の量こそ少なけれども、甘い口当たりを持つふくよかな味わいの醇酒を飲むが如き満足感が味わえます。

多少強要気味の行為が描かれることもありますが(特に「ナルちゃんと先生 2時限目」は下手すれば逮捕モノ)、基本的にちょっぴりビターテイストを絡めながらも甘い甘い年の差カップリングの恋愛話
短編「エッチで可愛い、最高。」や「海までの袋小路ふたり」に多少痕跡を残してはいますが、旧作で散見されたほの暗い感情や悲劇の予兆の盛り込みは大きく減少しました。
読み手の心にチクリと小さな棘を打ち込んでくる作風が好きだった方にはちょっと物足りないかもしれませんが、そういった感情の絡まり合いの繊細な紡ぎ方を素直な恋心の描写に向けているため、恋愛模様を描く作品としての完成度は増してきている印象です。
IHateYou,ButILoveYou1青年と幼女さんの温かい恋模様を主軸としていますが(←参照 ぱんち☆ 短編「And Words」より)、男女の想いがストレートに結実するというよりは、時に優しく時に少し残酷に両者の思いがすれ違っているケースが多いのが特徴です。
このすれ違いが、短編「エッチで可愛い、最高。」での家庭教師の男性と教え子のヒロインの間にある恋愛感情の大きな落差のようにほの暗さを感じさせる場合や、互いにラブラブなのだけれどもその感情の表現の仕方や見据えているものが違う兄妹を描く短編「あまいせいかつ」では微笑ましさを感じさせたりと色々な方向性に発展していくのが面白い所。

女の子側の心情描写もしっかりしていますが、男性側にも存在感はしっかりとあり、上述のねじれを含有しつつ男女一緒になって物語を進行させていきます。
共に近親相姦のタブーに揺れ動く兄妹を描きつつ、最後まで兄が明確な返答を避け寂莫感のある別れのラストを描く短編「海までの袋小路ふたり」と兄の「好きだ」という明確な心情の吐露が心温まるラストを迎えさせる短編「Home・Sweet・Home」は、終盤手前までの展開をほぼ同じくしながら男性側の決意の仕方の違い(決して強弱ではないでしょう)が結末を分かつ好対照な短編
IHateYou,ButILoveYou2ラストページで電車に乗る登場人物を描き別れを想起させる展開まで共通ですが、妹が電車に乗り兄が帰るのを待つ立場に戻る短編「海までの袋小路ふたり」と、兄が電車に乗り兄が帰る決意を固める短編「Home・Sweet・Home」(←参照 管理人ちょっと嬉し涙)で意味合いは大きく異なっています。
短編「Sugarbaby Love」と「ナルちゃんと先生」シリーズのロリコン男性教師はいい感じで抑えが効かなくなりエロ的に大活躍、でも行為に限って言えばちょっとラブラブ路線からは外れ気味。

ただし、あくまで本作の魅力の大部分を占めるのはキュートな表情とイケない痴態を披露してくれるロリっ娘さん達。彼女たちは肉付きの良さを示す丸みの強いロリプニ絵柄で描かれます。
IHateYou,ButILoveYou3小さな嫉妬に膨れたり、通じぬ思いに涙を零してしまったり(←参照 あぁ、もう抱きしめてあげたい! 短編「せなかなふたり」より)、そして結ばれる喜びに輝いたりと、ロリ娘さん達の感情を余すところなく伝える表情がエロシーンも含めて素晴らしく、読み手の脳髄を湯煎に欠けたバターの如く蕩けさせてくれること間違いなしです。
コマを彩るトーンワークも含め感情の明暗を問わず優しく温かい絵柄が一貫していますが、必ずしも万人受けするタイプではないです。

膨らみかけのお胸とふっくらしたお尻を装備する小さくてぷにぷにでスベスベお肌のロリボディを味わうエロシーンは質・量共に高水準
小さなオミャンコを優しく弄ってからスムーズに挿入へと進行し、キュンキュンと性感を求めて蠢く膣内に中出し(数回外出しもアリ)とシーンの展開自体は一般的なもので、アナルとか拘束とか特殊な行為・シチュエーションを望むのはNG。
IHateYou,ButILoveYou4切れ切れの短い嬌声(←参照 短編「Sugarbaby Love」より)やヒロインの体全体が包まれ快楽に跳ねる構図を多用し、卑語たっぷりの大仰な台詞回しや性器結合をガンガン投入する派手さはあまりありません。ただ、それ故にょぅじょさん達の内に籠る血肉と性愛の温度感が出ているように個人的には思います。
液汁描写も同様に控えめなタイプであり作風を考えれば当然ですが、射精カタルシス的には物足りなさもあり、ロリっ娘さんを中に外に白濁液でドロドロにしたい貴兄は回避推奨。
個人的には小さなお口で一生懸命頑張るフェラシーンが大好物ですが、その回数は少なめで残念無念。

「ロリエロの実用性の本質は行為の激しさやシチュエーションの特殊性でもない。少女との優しい睦み合いこそ全てなのだ!」という徳の高い(?)二次元ロリスキーには至高の逸品。
ほんわかと幸せになれる良作ロリエロ漫画でございます。