エロ漫画のへたレビューをしているせいもあって、僕は普段からエロ漫画とかそこに描かれる性愛についてどうしようもない事をぐだぐだ考え続けているわけです。
大抵、ぐだぐだな考えのまま脳味噌の片隅に死蔵させてしまうのですが、過冷却水が物理刺激で一気に氷結する様に、人様の素晴らしい考察に出会うと、まぁ、ゼリーぐらいの固さには自分の考えがまとまります。
ボケッと考えていたことが、たまごまごさんの記事を読んで一応整理が付いたので、ちょっと書いてみようと思います。
記事の完成度は、先方様が月で当方がスッポンなのは気にしないで頂けると嬉しいです。

僕はロリエロ漫画も大好きですが、二次元ロリエロが描かれること、それを楽しみ愛好することはどうしても歪みや汚れを伴うことだと思っています。
というか、鬼畜・陵辱エロから純愛エッチまで全てのエロには必ず汚れている部分があると思っています。
勿論、美しい側面や崇高な側面もありますが、どんなジャンルにしても汚いだけのファンタジーも美しいだけのファンタジーも存在しないはずです。
人の暗い欲望が吹き荒れる陵辱劇の中にも純粋な思いは宿りますし、心を打つ誠実な純愛劇の中にも暗い情念が宿り得るでしょう。それは、善と悪の比率の差異でしかなく、どちらにも醜い部分は存在すると個人的には考えます。
僕は、「ファンタジーだから穢れている」などと言いたいのではないのです。
“現実”と“幻想”は決して分裂しているものではなく、通底している存在です。幻想から隔絶したソリッドな現実も、現実性を放棄した幻想も、それこそが妄想の産物に過ぎないでしょう。
ファンタジーが歪みや汚れを抱えるのは、とりもなおさずその写し鏡である現実そのものも汚れている部分を持つからに他ならないからではないでしょうか。
そして、その現実を生き、そこにある物で自身を構築してきた我々自身もまた清と濁が不可分に混ざり合った存在です。
ほとんど穢れの無い光り輝くファンタジーであろうと、それを掴み咀嚼する我々の手と口が既に汚れを持っている以上、純粋な善というのは決して味わえないと思うのです。

先ほどから、歪みとか汚れとかネガティブなことを書いていてエロ漫画愛好家の自分自身が心苦しいのですが、それはファンタジーの性愛の否定では決してありません。
エロ漫画として描かれる性愛に汚れや歪みがあることを認め、その上でそれを味わい楽しむなり捨てるなりを自分で決定することは、その存在に対する真摯な肯定です。
では、その清濁併せ持つ性愛の否定は何なのかといえば、それはそこに穢れた存在だけしか認めないこと、または清い存在だけしか認めないことだと思います。
エロ漫画を汚いのみの存在として否定する人達は、正義とか道徳といった非常に真っ白な旗印を掲げています。その真っ白な旗は、汚れと清さが混じりあった現実を経験していない故に純潔なのであって、我々が生きるこの美しくも醜い世界でそのような旗を掲げることこそが汚辱に塗れているのではないでしょうか。
ファンタジーとしてのエロを綺麗なものとしてのみ全肯定する人も(あまりいないと思いますが)、その対極に過ぎないと思うのです。
それらは、描かれる性愛、そしてそれと必ずつながっている人の性愛・感情の多様性をあまりに単純化しすぎています。
決して大げさな表現ではなく、それは広大な現実と多様な幻想を併せて生きていける人間の存在に対する冒涜です。

エロ漫画だけでなく多くの表現形態を愛する人にとっても同様だと思いますが、人間が人間を描くときにそこに善も悪もあることを認め、その歪みを引き受けることは、そのジャンルを愛する人間にとって一つの義務だと思うのです。
一人のエロ漫画愛好家として僕がすべきことは、描かれる悪徳の側面を美徳に虚飾することでもなく、「自分は汚れている」と内に篭りペシミスティックな敗者の美学を反芻するのでもなく、ましてや妄想じみた自称“正義”側に転向することでもないでしょう。
エロ漫画の中にある汚いもの、歪んだものをあるがままに引き受けて、その悪徳から何か良いものを創り出そう、考え出そうと努力を続けることこそ、僕がエロ漫画を愛するために必要だと思うのです。
今後も生きていく中で、現実世界と幻想正解の中で経験するだろう多くの物事が既に汚れ、自分自身もそれなりに歪んでいようと、材料と装置がそれしかない以上、悪から善を作り出す以外に道はないのです。
自分が好きなもの、自分に多くを与えてくれるものに汚点を見出すのは苦痛です。
しかし、「汚れを認めつつ愛する」という歪みを保持し続けなければ、そこから何かが生まれてくることはないと思うのです。
エロ漫画が大好きな人間として、僕は決して善悪の彼岸に行ってはならず、苦しみながら善悪の此岸に留まらなければならない。
そこに留まらんとする僕が頂く旗印は汚れきっていますが、その汚れ、人間とその性愛の奥深さを物語るその汚れこそ、僕にとっては誇りであり、排他的な正義や倫理に彩られた真っ白な旗印よりも何倍も優美だと信奉しています。

たまごまごさんは善悪の判断の“分かれ道”と書かれたわけで、それに対して「その真ん中の藪を突っ切ります」と答える、何とも間の抜けた意思表明ではあります。
ただ、まぁ、残念ながらと言うべきか、それしか僕には出来ないのです。
最後に一つ夢を言わせて頂けるなら、この藪の中の道がエロ漫画がエロ漫画としてあり続ける平和な世界への道に何処かでつながっていることを発見できたならいいなぁと思っています。

全てのエロ漫画とそれを愛する全ての人に心よりの愛と敬意を込めて
へどばんより