YellowPop.jpg窓の外に風知草の鉢植えを置いているのですが、風が吹くとサラサラと涼しげな音を立ててくれます。
夜に螻蛄の鳴き声も聞こえなくなってきたし、夏が近づいていますなぁ。

本日は、けものの☆先生の『YELLOW☆POP』(コアマガジン)のへたレビューです。なお、当ブログでは前単行本もレビューしております。
単行本全体を支配する明るく楽しい雰囲気の中、一癖あるのがむしろ愛らしいヒロイン達とやはり快活なエッチを楽しめる作品集でした。

Foxwoman.jpg収録作は、お賽銭のお礼と精気の吸収を兼ねて稲荷神が主人公の家に押し掛け女房な中編「YELLOW☆POP」全4話+描き下ろしショート1本(←参照 第1話より)および短編5作となっています。
描き下ろし作品を除いて、1作当りのページ数は20~26P。コミカルパートとエロシーンの量的なバランス感覚もよいため、軽すぎず重すぎずな適度なボリューム感があります。

シナリオは王道のラブコメ・エロコメであり、エロシーンも含めカラッとした明るさが魅力的です。
MaleTunndere.jpgストーリーの広がり・深みを期待するのはNGであり、カップルさん達のイチャイチャ話である短編「エクスきゅーと」(←参照 表情変化の楽しさはこの先生の大きな魅力の一つ)や「くろむくろす×××」「クビワナビー」以外はエロエロ優先主義で恋愛要素は希薄です。
ただ、微妙におっさんホイホイなネタを絡めた活きの良い台詞回しとユニークなキャラクターのテンション高い立ち回りが楽しめるコミカルなシーンは強いアピールポイントと感じます。

表題作「YELLOW☆POP」や短編「幸運の霹靂」では作者の趣味が炸裂して、ケモノ耳娘さんが登場します。
「YELLOW☆POP」では、その登場時に「獣要素を盛り込み過ぎで明らかにエロ向きでないキャラデザだな」と思った狐耳の稲荷様ですがエロシーンでは木の葉を頭に乗せてチョチョイとナイスバディの美女に変身。
その他の短編でも同様に一筋縄ではいかないユニークなヒロインを登場させていますが、エロシーンではきちんと可愛らしくそしてエロチックに描かれておりそのギャップも含めて愛らしいキャラクターに仕立てられています。
SoCuteStudentLeader.jpg個人的には、真面目一筋な生徒会長さんが思いを寄せる男に一世一代のラブアタックな短編「くろむくろす×××」に登場の会長さん(←参照 男性が黒下着が好きと聞いてしまって暴走)がお気に入り。
前作でも思いましたが、ちょっと恋に不器用な女性を描くのが上手い作家様です。

2006年頃の古めの作品でも多彩な表情変化が味わえますが、現在よりもやや間延びした絵柄であり絵柄の変遷を気にする人は少しだけ留意されたし。また、くっきりはっきりしたラインを使うキャッチーな絵柄ながらキャラデザや表情には独特のクセ(味とも)があり、必ずしも万人受けとは言えないのかなとも思います
まぁ、作画・作劇共に勢いが良いため、あまり気にする間を与えてくれないので大して気にしなくてもよいかと。

作画のよさはエロシーンでもしっかりと発揮されており、多人数が絡みあう様なシーンでも絵が崩れずにしっかりと構図が取れています。
劇画系のような濃さはないものの、体の動きや絡みはしっかりダイナミックに描けています。また、エロシーンでもクルクルと変わる表情がいいアクセントになっています。
気持ちよさそうに絶頂を迎えるヒロインの最奥に中出しを決めたり、多人数プレイでぶっかけたりなフィニッシュシーンも実に爽快。
エロ漫画的にうまく処理している性器描写やハートマーク付きの嬌声が入り乱れるエロシーンはテンションは高く適度に激しいのですが、性行為に付きまとうインモラルさや倒錯性はあまり感じません。
9157ab49.jpg女性が実に心地良さそうに性の快楽と男の愛情に浸る様子は大変幸せそうであり(←参照 短編「こなみスイッチ」より)、胡乱な物言いが許されるなら何所か”健康的”ですらあります。
そういう意味ではエロシーンに官能や背徳性を求める方にはやや不向きと言えるでしょう。

ヒロインの魅力に下支えされた愉快なラブコメ・エロコメを楽しみたいという方にはお勧め。読み手の興味を引き付ける個性を持つエッチ大好きなヒロインズが優しく貴兄を迎え入れてくれることでしょう。