Koinori.jpg気晴らしに先日紹介した要青豆先生の『色香のヒミツ』を読んでいたら、女子アナ(28歳)が猫耳コスプレをするシーンで、「あぁ、これが軍曹の言うところの『年増のギャップ萌え属性』か」と大いに納得しました。

ともかく、あずささんは俺の嫁。いや、残念ながらアイマスはプレイしていないんですが。

今日はしらんたかし先生の『こいのり』のご紹介。
収録作は盲目の令嬢と彼女に幼少の頃から仕える使用人との恋を描く「目線」3作、母親や近所のおばさんが若返ってしまう「ハハワカガエリ」3作、変態男がサディスティックな少女に虐げられる「興味アリ」2作となっています。

「興味アリ」を除けば基本的に和姦系であり、全体的に女性の方から積極的に交わりを求めてくる傾向にあります。体型的にはヒロインはハイティーンの女性のそれでありながら、ロリ系に多い柔らかそうな(要はロリプニ風味)絵柄ではなく、やや陰影を強調した少し硬めの絵柄に感じます。
個人的には、細い体に浮き上がる肋骨回りの描写が強調されていて、体幹の適度な硬さと乳房やお尻の柔らかさが適度にミックスされたバランスの良さは好きです。

Hahawaka.jpg一番のお気に入りは「ハハワカガエリ」ですかね。母親が製薬会社の事故に巻き込まれて←の様な美少女になってしまいます。(中身は元のまま)
台詞の端々で「母」であることを感じさせますが、見た目に説得力が皆無であるため「近親相姦の背徳感」といったものはあまり感じません。

というか、この作品集の3シリーズに共通しているのは、性交を行う男女の閉鎖性です。
一族への他者の介入を嫌って姉妹とその使用人が交わる「目線」、若返った母親と息子が交わる「ハハワカガエリ」、奔放で残酷な少女とその「奴隷」となる男の「興味アリ」。
言ってみれば、自分を許容してくれる存在に埋没したいと言う、男の根源的な欲望を叶えてくれるファンタジーなのではないかと思います。

前提的に分かり合える存在である「家族」であり、性的欲求を受け止めてくれる(しかも理想的な体を持つ)存在として描かれる「ハハワカガエリ」の母親と、自分を束縛してくれると同時に罰を与えてくれ、性的欲求も受け入れる「興味アリ」のサド少女は、その根っこの部分では通底していると思うのです。
基本的に「母親」は寛容や慈愛の象徴であると共に、束縛や恐怖とも密接に関連してますしね。

閑話休題。「ハハワカガエリ」シリーズ3部は母との関係が知られ、次にやはり若返ってしまった隣のおばさん(見た目はロリっ娘)と関係を結び、それをその娘(主人公に片思い)に知られてレッツ3Pというコロコロ話が流れていくのが良かったですね。
「目線」はもう少し話作りに工夫が欲しいところで、姉の登場後は微妙につまらないです。
「興味アリ」はM属性持ちなら、S気少女の容赦のない言葉責めを存分に楽しめますが、属性を持たない人には多分キツイので(ラストはかなりしんどい上に、人によっては必須要素となる両者間での恋愛感情がほぼ感じられない)回避推奨です。
でも、読んで「目覚め」たら色々楽しめると思いますよ。