どうも、当ブログ管理人・へどばんです。今年も年内最後の更新は、恒例の年間ベストの記事となります。
  今年も本業多忙により更新頻度は奮わなかたり、FC2Blogでは検閲システムが始まり、そのシステムの誤検知という運営側のミスで当ブログが誤って一時凍結されたりと、当ブログを巡る環境は厳しいものもありましたが、今年も1年ブログを続けてこれたこと、様々な優れた作品に出会えたことが素直に嬉しいなと1年を振り返って感じます。
年間ベストの選出は個人的にも楽しんでおりまして、どれを選ぼうか考えるのは自分の考え方の整理になってもいいですね。

  毎年のことですが、ストーリーの面白さやエロさなど諸々ひっくるめてエロ漫画としての魅力の高さで選出しております。
ランクインした各作品の詳細なレビューはそれぞれのリンク先のレビュー記事をご参照下さい。当記事内では、雑感やランクインの理由等を記しておきます。
それでは、2015年に特に輝いていたと感じた作品10作を紹介させて頂きます。

10位 みぞね『鬼ヶ島の許嫁』(ジーウォーク)

BrideElectFromDemonsIsland.jpg 今年はエロ漫画も含め、アニメ/漫画界隈でモンスター娘(人外娘)が人気を博した年だなと感じますが、本作も多彩なモンスター娘が登場する作品です。初単行本ながら絵柄の完成度や、人外としての側面を明示しつつ美少女キャラとしての魅力も共存させるキャラデザのバランス感覚、人と人外の多様な関わり合いを描くストーリー性などが光りました。→単行本レビュー

9位 岡田コウ『Aサイズ』(ヒット出版社)
ASize.jpg 繊細な心情描写に基づく丁寧なストーリーテリングと、可憐な少女がとろっとろに蕩けまくる凶悪な陶酔感のエロ描写が相変わらず確たる美点。今回は短編メインで、長編作におけるドラマ性にはやや欠けますが、読み手をドキドキ・ハラハラさせる展開から、時に切なくもほんのり温かい読後感を、時にじくじくとした鈍痛の如き読後感を残す作品が揃っています。→単行本レビュー

8位 荒井啓『放課後Initiation』(コアマガジン)
InitiationAfterSchool.jpg 今年のメガストアレーベルは良質なストーリーテリングの作品が多かった印象がありますが、それを代表する一人である作家さんの初単行本。時に狂気を、時に切ない愛を、時に若い性愛の解放感を自在に紡ぎ出す作劇と、静かにそれでいて熱っぽい痴態描写が魅力的です。淡い色彩と丁寧な筆致の中から、適度な色香が香る絵柄のユニークな魅力も評価のポイントです。→単行本レビュー

7位 オイスター『家畜乃団欒』(メディアックス)
GatheringOfLivestocks.jpg 人が作り出した人にとっての地獄の中で、周囲の人物も含めて破滅への下り坂を転がり続けていく猛烈な凌辱エロ。今回は比較的シンプルなストーリーではありますが、圧倒的な悪の強者・高須と、弱さ・脆さを抱える“善良な”ヒロインとの対比はそれ故に鮮烈。ラストまで人としての弱さを徹底的に見せつけながら、そこに意味を見出すスタンスも変わりません。→単行本レビュー

6位 師走の翁『ヌーディストビーチに修学旅行で!!』(ヒット出版社)
SchoolTripToNudistBeach.jpg “クラスの女子が全員裸になってセックスもできちゃう!?”という思春期男子の馬鹿エロ妄想じみた設定を、誠実な群像劇へと昇華させるまさかの展開が見事。バラエティ豊かなヒロイン陣の個々の魅力を引き出し、がっつりとした多人数セックスをたっぷり提供しており、ベテラン作家の確かな技量と思い切りのいい剛腕を楽しめる作品となっています。→単行本レビュー

5位 らっこ『めちゃしこせぶん』(ワニマガジン社)
EroticaSeven.jpg ハイテンションなコメディとしての面白みと、柔らか肉感ボディとのがっつりファックの実用性を両立させる王道のラブコメディ。ラブコメ・エロコメとしてのオーソドックスな魅力を保ちつつ、パロディや風刺の一工夫や元気よく動き回るキャラクターの気持ち良さで決して凡庸な印象を与えないのも美点でしょう。エロのハードさにも磨きがかかった最新刊。→単行本レビュー

4位 鈴木狂太郎『JC’S EX』(ヒット出版社)
JCsEX.jpg 病気や自殺、孤独感など生きることの苦しみを描き出しつつ、その苦しみを生としての性愛が開放する素直でパワフルな作品集。テーマ性を大上段に構えることなく、淡々とした調子やほのぼのとした印象もありますが、それ故に登場人物達の救済でじんわりと優しい気持ちにさせてくれる描き方と感じます。ほっそりとした華奢で未成熟な少女ボディのエロスも魅力的です。→単行本レビュー

3位 ドリル汁『イケない❤スペルマビッチ!!!』(富士美出版)
DangerSpermBitch.jpg 義足ヒロイン猫宮さんの熱血バトルストーリーを描く長編「あいつはヴァイオレンスヒロイン」が大団円を迎えた最終巻。アブノーマル成分を含めてこってり感の強いエロ描写も大きな魅力であると共に、策謀渦巻くワクワク感や乾坤一擲の逆転劇の痛快さなど、近年のエロ漫画ではレアな重厚でエネルギッシュなストーリーが素晴らしく、一つの金字塔を打ち立てた作品と言えるでしょう。→単行本レビュー

2位 駄菓子『契りの家』(ワニマガジン社)
ApledgeOfAbnomalLove.jpg 濃厚で甘美で妖艶な性の熱気と芳香が立ち込め、体液と共に男女が溶け合ってしまうかのような痴態描写の濃密さは他の追随を許さない実力派。魅力的なヒロインとのエッチという極めてシンプルな描き方でありつつ、日常から非日常の性へと変わる瞬間、性愛の炎が紅蓮の大火に燃え盛る高揚感は技巧的であり、そこに男女のドラマ性を感じさせる手腕も強力な武器でしょう。→単行本レビュー

1位 アシオミマサト『D-Medal』(ティーアイネット)
DModel.jpg 女性を好き放題に出来るマジックアイテム、男性から女性へ変化してのTSFエロと“便利な”ギミックを用いてエロを大盤振る舞いしつつ、それらに付随するエロ漫画的なご都合主義に誠実なアンサーを返す作品。ストーリーの起承転結を整えつつ、前半と後半のシナリオとエロの鮮烈な切り返しは実に技巧的で、性愛を描くものとしてのエロ漫画の矜持を感じさせる作品でした。→単行本レビュー

以上10作品が、私個人の2015年ベスト10です。惜しくも選外となった作品も多々ありますし、簡単に甲乙が付けられるものでもないのですが、選出した作品はいずれも魅力的な作品です。手前勝手なベストではありますが、読者諸氏のご参考になれば、筆者として嬉しく思います。
 
 来年も更新頻度はあまり変わらないと思いますが、これからも作品の魅力や特徴を皆様にお伝えし、エロ漫画ジャンルの盛り上がりにささやかながらも貢献できますよう、レビューに精進して参る所存です。良い作品に巡り合うと、この作家さんの次の単行本も是非読みたい、そしてレビューを書きたいと思わせてくれるので、当ブログも9年目に突入することになりますが、モチベーションが途切れないのは素敵なことだと思います。
年末に際しまして、全ての作品、作家様、出版社様への心からの謝意を表しますと共に、当ブログの読者諸氏に改めて御礼を申し上げます。

2016年も素敵な作品に沢山出会えることと、エロ漫画を愛する全ての人に幸せな一年であることを祈りまして
一エロ漫画愛好家 へどばん拝