AchmeAsYouWant.jpg 旅井とり先生(原作:坂戸佐兵衛氏)の『めしばな刑事タチバナ』第17巻(徳間書店)を読みました。立花と互角の勝負を繰り広げた、ヒキコモリでクール系イケメンでやや中二病で冷凍食品通な少年コウ君はかなりキャラが立ってましたね。
管理人も最近の冷凍食品の美味しさには感心しておりまして、どれが好きかはなかなか選べないくらいですねぇ。

  さて本日は、ドウモウ先生の『いいなりアクメ』(ワニマガジン社)のへたレビューです。なお、“doumou”名義での前単行本『セックスのち両想い』(クロエ出版)、および本名義での前単行本(初単行本)『いただきっ!セーエキ❤』(キルタイムコミュニケーション)のへたレビューもよろしければ併せてご参照下さい。
もっちもちな触感のたっぷり巨乳が魅力的な肉感美女&美少女とのパワフルさ溢れる和姦エロが楽しめる1冊となっています。

AchmeAsYouWant1.jpg  収録作は、バイト先の同僚であるクール系美女・葵さんに告白してはフラれていた主人公が実はドMである彼女さんの新たなご主人様となるべく奔走する短編「マゾヒスティックコミュニケーション」(←参照 ドM美人に強気で迫られるというギャップ 同短編より)+描き下ろしのおまけ後日談掌編(ただし線画のみ)3P、および独立した短編10作。
描き下ろし作品を除き、1作当りのページ数は16~20P(平均19P強)と多くはないながらもコンビニ誌初出としては標準的な水準であり、単行本としての厚みも十分。ストーリーとしての読み応えには乏しいですが、エロシーンの展開も含めて読者の意識を惹き付ける力があり、また肉感ボディの痴態が詰まったエロ描写の体感的なボリューム感も強くなっています。

【ヒロイン達との信頼の中でこそ可能になるハードH】
  恋愛関係を柔和な雰囲気で描き出すラブコメ系統の作品と、爛れた性愛を暗く淀んだ雰囲気で描き出すインモラル系の作品の双方を引き出しとして持つ作家さんですが、今回の単行本は前者の雰囲気をベースとしつつ、エロシチュエーションには後者の要素を持たせたハイブリット型の作品が目立ちます。
クール美女に惚れ込んだ主人公が、彼女のM性癖を満足させる新たなご主人様となるためにヒロインをがっつり羞恥プレイで攻めたてる短編「マゾヒスティックコミュニケーション」、なんだかんだでラブラブな婚約者の男女が口喧嘩をしながらハードなエロ的攻防を繰り広げる短編「バイオレンスけんかっぷる」、奥手でロマンチストな彼女さんのガードの硬さに主人公が我慢できなくなってしまって睡姦に走る短編「夢のナカでイカせてっ!」などはその好例。
  ヒロイン側に被虐性癖があったり、ヒロインの羞恥心や屈辱感を煽るプレイがあったり、強引にヒロインを攻め立てたりと、エロシチュエーションやプレイは嗜虐心を刺激するものが多いですが、いずれの場合でもヒロイン側を支配したり、傷つけたりすることはなく、作品全体の穏やかさは維持されています。
28d81b4f.jpgそういった嗜虐性のあるプレイは、単にエロシーンにのみ制限されているのではなく、恋愛感情や信頼感情に基づいてヒロイン側に“許されている”という描かれ方をされており、男性的欲望を満足させながらも、快楽への追及も含めてヒロイン側の意思や欲望がストーリー全体を駆動しているといっても過言ではないでしょう(←参照 ホントに怒ってる? 短編「拘束バスツアー」より)。
  性欲天井知らずな女の子が欲求不満で男子を押し倒してセックス大満足&セフレゲットな短編「ストレスアクメちゃん」もあれば、男性を虜にする魔性の色香を持ち、あるがままに誰からのセックスも受け入れる美女を幸せとも不幸とも言えぬ独特の雰囲気で描く短編「このあと滅茶苦茶セックスした」の様に受け身の作品もあり、ヒロインの主導性には作品によって差異はありますが、いずれにしても彼女達の“幸福への意志”は明確であると感じます。
  性癖などを含めヒロイン達の意外な一面を見せたり、エロ的な攻防があったり、要所でヒロインの乙女チックな恋心で甘酸っぱさを出したりと、シナリオそのものに強い個性はない一方で、起承転結のメリハリが付いた作劇と感じ、基本的にハッピーエンドで円満にまとまるラストの安心感も魅力と言えるでしょう。

【もっちりとした弾力感の表現が秀逸な乳尻描写】
  女子高生級ヒロインも半数弱程度有しつつ、OLさんや職場の先輩、婚約している彼女さんに女子大生と思しき女の子など、20代前半~20代後半程度と思しき綺麗なお姉さん達も多数登場するヒロイン陣となっています。
クールな美貌を持つ美女が実はドMさんであったり(短編「マゾヒスティックコミュニケーション」)、明るくおしゃべりで華やかな外見な美少女がセックスの際に喘ぎ声を恥ずかしがったり(短編「生徒会長の弱点」)、普段は勝ち気なスポーツ少女がエッチではドキドキしながら健気に頑張ったり(短編「発情イッポン!」)など、キャッチーなキャラクター属性をベースとしつつ意外な一面を作中で露わにしていくことでキャラの魅力がより引き立っていると言えるでしょう。
エロ的には滅茶苦茶されて男性キャラクターの為すがままに蕩けまくり~という側面はありつつも、上述した通りにヒロイン側の快楽の追及や恋愛感情の直向きさは明示されており、そこに女性の強さへの頼もしさを生みつつ、彼女達の喜怒哀楽の表情に愛おしさを呼び込んでいるのは、男女いずれを優位とするでもないバランスの良さを感じます。
  やや控えめバストの彼女さんと酔いどれ従姉ちゃんとのダブルヒロイン制である短編「酔いどれトライアングル」では控えめおっぱいも登場していますが、基本的にはむっちりと柔らかいお肉が詰まった巨乳に桃尻、太腿を備えた肉感的なボディの持ち主で揃えられています。
7a0d2343.jpg高頻度で投入されるパイズリ描写において、ち○こを柔らかく包み込むと同時に揉んだり吸ったりで弾力感を満喫させ、ぷっくりと膨らんだ乳首で煽情をかき立てる秀逸なもっちり柔らか巨乳の描写に加え(←参照 このおっぱいのもちもち感たるや! 短編「酔いどれトライアングル」より)、艶っぽくぷりっとしたリップの描写や柔らかくたわむ尻たぶの描写がエロティックな桃尻描写など、各体パーツの丹念な描写が肢体全体の官能性を大きく高めているのは特筆すべきポイントでしょう。
  肉感的なボディに由来するストレートなエロスを前面に出しながら、キャッチーで適度にオサレ感もある絵柄を無理なく融和させるスタイルは、昨今のエロ漫画ジャンルでは一般的な手法ながらそれを高いクオリティで実現しており、その上でふわっと柔らかいタッチが目立つことで両者を融合させることで生じやすいクドさを排することにも成功していると評し得ます。初出時期も比較的短期に集中しており、絵柄の統一感・安定感もしっかりしています。

【薄過ぎず濃過ぎずな濃厚感と攻撃性を有するパワフルエロ】
  ページ数の都合上、たっぷり長尺の濡れ場とは言い難いものの、高いクオリティで描かれる、淫液にしっとりと濡れて激しいプレイに嬌声を上げる肉感ボディの痴態そのものに高いカロリーがあることもあって、抜きツールとしての満腹感は十二分にあるタイプ。
普通にラブラブHというケースも存在しない訳ではなく、その場合ではヒロインの初心な可愛らしさをアピールしていますが、上述した様にハードなプレイであったり、変態チックなシチュエーションであったりな状況において、ヒロイン達の意外な側面や特殊な性癖を際立たせる描き方が多いと言えます。
  もっちもちの弾力バストにち○こが挟み込まれるパイズリや、たっぷりヒップを顔面に押し付けながらのシックスナインなどのご奉仕プレイとそこからの口内射精などもありつつ、乳揉みや股間への愛撫描写なども含めて、ヒロインの肉感ボディの感触をたっぷりと楽しむことが主眼の前戯パートにはある程度の長さを設けて前半部の盛り上がりを形成。
ヒロイン側も、そして主人公側もすっかりスイッチが入って突入する抽挿パートでは、ズンズンと男女双方が激しく腰を使うピストン描写を繰り広げており、ダイナミックな乳揺れやゴンゴンと子宮口をノックする擬音や断面図の使用によって、パワフルさとそれに比例してヒロイン達を襲う強烈な快感を活写しています。
AchmeAsYouWant4.jpg  躍動感のあるポージングで肢体のしなかやかさを表現しつつの結合部見せつけ構図や、擬音や蕩け台詞、液汁描写などを高い密度で各コマに織り込む各種エロ演出は、十分な攻撃性を持ちつつも過剰さは感じさせない適切なバランスが図られており、柔らかい絵柄の特性を生かしつつも、濃厚な陶酔感を画面にみなぎらせる手腕は非常に魅力的(←参照 強烈さもありつついき過ぎない表情描写 短編「ストレスアクメちゃん」より)。
  バックから抱え込んで柔らかく変形するたっぷり巨乳や、十分な重量感を以て振られる桃尻、ぷっくりと自己主張する乳首や唇など、各体パーツ描写の煽情性がエロシーンで一貫してアピールされ続けるのも特筆すべき美点であり、熱っぽく蕩けた表情でアクメを迎えるヒロインにたっぷり中出しして複数ラウンド制のフィニッシュを飾る大ゴマ~1Pまでエネルギッシュに進行しています。

  女体描写のドストレートなエロさと親しみやすいキャッチーネスのバランスについては、業界屈指の実力を持つ作家さんという印象が個人的にはありまして、読み口の柔らかさを保ちつつもエロの攻撃性を高めることに成功している今単行本は会心の出来と感じます。
どの作品も大層抜けますが、強いて選ぶのであれば、ドMでありつつクールな女王様タイプであるヒロインの二面性がエロ的にも活きた短編「マゾヒスティックコミュニケーション」と、夫婦エロ喧嘩は犬も食わない感じのカップルエロ攻防劇な短編「バイオレンスけんかっぷる」が特にお気に入りでございます。おっぱい好きの諸氏はマストバイだ!