SweetConnection.jpg くぼたまこと先生の『天体戦士サンレッド』最終第20巻(スクウェア・エニックス)を読みました。大団円を迎えた本作ですが、その大団円が戦いの決着ではなく、サンレッドとかよ子さんの関係についてというのが本作らしいですね。
アニメ版も大変好きだった作品ですので、この優しい空気がもう楽しめないのかと思うと寂しいですが、長く楽しませて頂いた作品の完結を祝したい所存。

  さて本日は、倉澤まこと先生の初単行本『すぃーとこねくしょん』(茜新社)のへたレビューです。Sweet connectionだけに“Need Your Passion”といったところでしょうか(若者向けでないネタ)。
それはともかく、可愛い成分をたっぷり充填した空気感の中で、エッチでキュートなロリガール達とのラブラブHが楽しめる作品集となっています。

  収録作はいずれも読み切り形式の短編で8作。1作当りのページ数は20~26P(平均23P強)と標準的な部類であり、収録本数の都合上、単行本としての厚みはやや弱め。シナリオ的な読み応えはほとんどありませんが、それ故に居心地の良いドリーミーワールドが展開されており、エロの量的満足感も強く仕上げられています。

【明るく楽しくそして甘さたっぷりな作劇】
  表帯に“えっちぃ&すらっぷすてぃっく”とある通り、明るく楽しいドタバタラブコメで作風を統一しており、その穏やかな雰囲気の中でキュートなJCガールズ達とラブラブHを繰り広げる作品群となっています。
SweetConnection1.jpg後述する様にヒロインに分かり易いキャラクター属性を添付して、その魅力をシナリオパートとエロシーンとで存分に高めつつ、可愛らしい女の子達がラブラブモード全開にして積極的に恋路やセックスに参加してくれる受動的で甘さたっぷりの幸福感を打ち出しているのも大きな魅力でしょう(←参照 甘ーーーい!! 短編「甘いのあげちゃう❤」より)。
ストーリーとして恋愛感情の発展や結実を豊かに描き上げるタイプではなく、ある種自明のものとして恋愛要素を投入している為、甘酸っぱいラブ・アフェアを期待するのは避けるべきですが、逆にそこから甘味だけを抽出したかのようなドリーミーさこそがファンタジーとしての確たる魅力。
妹ヒロインとの近親エッチや、お姉さんキャラがショタボーイに手を出してしまうシチュエーションなども存在しつつ、背徳感や禁忌感はむしろ徹底的に抑えられており、愛があればオールOK!的な平和かつエロまっしぐらな全能感も特色と言えるでしょう。
  ロリエロや近親エッチなどのエロシチュエーションとしてのスパイス要素、またドタバタラブコメとしての賑やかさなどは、それ単体として魅力というよりも、それらに対するリアクションの中でヒロイン達の可愛らしさを引き出してくることに寄与していると感じます。
甘く優しい雰囲気をラストまで維持しており、適度にコミカル成分も混ぜ込みつつ、優しく微笑ましいハッピーエンドでまとめており、読み手の脳味噌をいい意味で麻痺させて幸せにしてくれる描き方と総括できます。

【膨らみかけバストなローティーンガールズ】
  特に明言されていないケースもありますが、中○生程度と思しき制服ガール達を中心としてローティーン級のロリっ子さんでまとめたヒロイン陣。設定上はもう少し年齢層にバラつきがあるのかもしれませんが、ロリっぽい可愛らしさを前面に押し出したキャラクター造形であるため、キャラクターとしての印象にはヒロイン間であまり差異がありません
413ed616.jpgこの可愛らしいヒロイン達に加え、男性キャラクターについても自身も女装してレズセックスに参加する少年や(←参照 ショタ乳首とロリ乳首!! 短編「妹にしてあげる!」より)、年上お姉ちゃんに性の手ほどきをうけるショタボーイなど、幼い可愛らしさを強調した少年キャラクターが多いのも特徴。青年キャラクターについても、童顔のイケメンさんであり、とにかく可愛らしさで画面を埋めるような徹底ぶりは感心します。
  積極的に主人公に迫るクーデレ系ヒロインや、ツンツンしながらもお兄ちゃんラブなツンデレ妹、妄想過剰な暴走系レズっ子ちゃんにおっとりと優しいお姉ちゃんヒロインなど、ポピュラーなキャラクター属性を用いつつ、その典型的な魅力をシナリオやエロの中でアピールするのも明確な美点でしょう。
 SweetConnection3.jpg 年上ヒロインにはふにゅんと柔らかな巨乳キャラクターも登場しつつ、ほんのり膨らみかけの微乳ヒロインがメインとなっており、ぷるぷると小さく震えるふくらみかけおぱーいに適度に存在感を主張する粒大き目の桜色(著者推定)乳首、これまたぷっくりと膨らみつつ、未成熟な一本筋が走る股間などで思春期初期のロリボディを構成しています(←参照 おぱーいの素敵な膨らみかけ具合 短編「うぉ~みんぐあっぷ」より)。
また、このすべすべ&ぷにぷにのボディに加え、大きなリボンのポニーテールや可愛らしい髪飾りでまとめたツインテール、学校の制服に縞々ニーソ、純白おぱんつなどなど、ロリっぽい可愛らしさを高める小物や衣装を、過剰にならない程度に織り込んでいるのもキャラデザとしての魅力。
  今は亡き「コミックRin」が初出の作品があるなど、作品間に初出時期の最長4年もあることもあって、少々の絵柄の変遷は認められます。とは言え、質的な高低の差はあまり感じられないでしょう。決して最先端とは言えないながら、クドくならない萌えっぽさを豊潤に含んだ萌え系二次元絵柄はキュートなロリ系ヒロインとの相性が非常に高くなっています

【ヒロインのエロ可愛さを存分にアピールする濡れ場】
  シナリオパートにおいてもキャラクター属性に由来するヒロインの可愛らしさをアピールしつつ、エッチの最中も彼女達がエロ可愛く蕩けるリアクションとピュアな恋心を表現する甘さたっぷりの和姦エロとなっており、シナリオパートからスムーズに雪崩込むこともあって量的な満足感は十二分に強め。
十分な長さの尺の中で、エッチなマッサージやプレイからだんだんと興奮が高まってエッチへと移行するシークエンスをドキドキ感を生み出しつつ描いたり、ヒロイン側が積極性を発揮する前半部分と逆に彼女達がメロメロに蕩けてされるがままになってしまう後半部分とで変化を付けたりと、尺の長さを活かしたメリハリを付けたエロ展開になっているのも評価したいポイント。
  前戯パートでは姉妹ヒロインのレズセックスや、ヒロインの角オナ、エロエロマッサージなどプレイ内容も比較的多彩。フェラや尻コキ、素股などもありますが、前戯パートで必ずしも射精シーンやご奉仕プレイを投入する構成ではなく、抽挿パートをメインとして抽挿までの興奮や快感を徐々に盛り上げる要素を担っていると言えるでしょう。
  ヒロイン自らが恥ずかしがりながらもち○こを膣口に押し当てたり、蕩けた表情で一本筋ま○こを割り開いたりしながら、挿入を甘く誘うことで突入する抽挿パートは、男女双方が更なる快感を求めて腰を愚直に振っていく描き方であり、シンプルかつパワフルなもの。
c4b300da.jpg  エロシーンにおいても、キュートなヒロインという作品の魅力に些かのブレはなく、過剰なエロ演出はむしろ避けて、エロ可愛さのアピールに専念するスタイル。蕩けた表情付けをメインとして彼女達の愛らしい快感へのリアクションを描き、ハートマーク付きの柔らかい語感の擬音の多用や、結合部から漏れ出る液汁描写がしっとり柔肌を濡らす描写なども特徴的です(←参照 蕩けて濡れる表情+ハートマーク乱舞 短編「Sister Game」より)。
  ピストンしながらぷっくり膨らむ乳首や陰核をクリクリと弄る描写を多用するのも特徴であり、蜜が溢れ出してち○こに媚肉と共に絡みつく結合部描写や蕩けフェイス&蕩け台詞と共にカワイイの大洪水を起こしながら、たっぷり中出し&ぷしゅぷしゅ潮吹きの結合部を見せ付けるフィニッシュに突入してハイカロリーに濡れ場を〆ています。

  エッチで可愛いおにゃのこと甘いラブエロ模様を楽しみたい諸氏にはお勧めな1冊であり、可愛さが全てを支配する夢想空間を楽しみつつ、実用性も高いという素敵な初単行本。
個人的には、ツンツンしながらお兄ちゃんラブな感情が溢れ出ちゃう妹キャラが可愛らしい短編「なまいきまっさ~じ」と、エロエロかつ可愛い双子妹のレズセックス&お兄ちゃんも加えて3Pセックスな短編「うぉ~みんぐあっぷ」に愚息が大変お世話になりました。お勧め!