CreamyPie.jpg 椿いづみ先生の『月刊少女野崎くん』第6巻(スクウェア・エニックス)を読みました。野崎君の家を訪問してテンションが乱高下する千代ちゃんが可愛らしかったですな。あと、剣さんのいかがわしい企画案、それだけは通して頂いても一向にかまわんッ!!
まゆまゆこと、女子中生キャラになり切る?真由君のメールにきゅんとする野崎君が今回の爆笑&最萌えポイントでした。

  さて本日は、emily先生の『くりぃみいパイ』(マックス)のへたレビューです。前単行本(初単行本)が未レビューなのですが、今回はレビュー出来てうれしく思います。
キュートフェイス&マシュマロ巨乳な美少女ヒロイン達のピュアな恋愛感情と快感に蕩ける痴態が詰まった1冊となっています。

CreamyPie1.jpg  収録作は、アイドルユニットの片方・美結ちゃんと付き合っているマネージャーにもう片方の美香ちゃんがちょっかいを出してきてドタバタなトライアングル・ラブな連作「Crystal Baby」正続編(←参照 黒髪ロングの方がお邪魔キャラ・美香さん 同連作続編「Crystal Baby2」より)、エッチで可愛い若奥様とイチャイチャラブラブな日々な「ベビードール」シリーズ2作、主人公の部屋に漫画を読みに来る幼馴染の女の子がエッチなことにも興味を以て二人は~な短編「Virtual×Real」+描き下ろし後日談9P、他読み切り形式の短編4作。
描き下ろし後日談を除き、1話・作当りのページ数は20~24P(平均21P弱)と標準並みながらコンビニ誌初出としては比較的多めな部類。素直にエロ最優先の抜きツールとしての作品構築ですが、甘ったるい雰囲気を適度な濃度で添加している分、読後の満足感は十分に高めと感じます。

【萌えエロ系王道の甘いラブエロ話】
  可愛らしい萌え系美少女のキャッチーなキャラクター性をエロ可愛さを前面に押し出しつつ、ピュア&スイートな恋愛ストーリーを柔らかく描き出すという、ポプリクラブの伝統芸である萌えエロ漫画のスタイルを確固として貫いており、ポプリ本誌で人気No.1というのも強くうなずけるところ。
女の子としてあまり意識していなかった幼馴染さんとふとしたことからラブ&エロを授受させたり(短編「Virtual×Real」)、好きだった先輩から告白されたり(短編「Ginger Cat」)と、人気アイドルユニットの美少女二人が主人公を取り合ったりと(連作「Crystal Baby」)、このタイプの作劇としてはオーソドックスな棚ボタ展開を用意しているのも“らしい”点でしょう。
7d58b219.jpg  この棚ボタ的な展開において肝要なところは、主人公を一途に愛する女の子の健気な可愛らしさであり、時に嫉妬したり、時に忍ぶ恋であったり、時に不器用であったりすることで彼女達の健気さを表現しつつ(←参照 だって好きだから 短編「心の道しるべ」より)、それらの恋心が幸福に成就されることでストーリーの起承転結と甘い幸福感を喚起しています。
棚ボタ的なイチャイチャ展開に加え、主人公を一種盲目的に慕うヒロインということも合わさって、男性の一方的な願望に非常に忠実な描き方ではありますが、そのドリーミーな純愛の楽園に存分に浸れるように描いている分、現実をひと時離れて楽しむことが出来るのも萌えエロ系ならではの美点でしょう。
  今単行本では、異世界の女の子が主人公を慕って追いかけてきたり(短編「いきなり!アリスちゃん」)、憧れの先輩がなんとケモ耳美少女であったり(短編「Ginger Cat」)、短編「Virtual×Real」とその続編ではゲーム内世界でのエッチシーンが投入されたりと、漫画チックなファンタジー要素がしばしば絡むのが特色ですが、これらの要素もあくまで女の子の可愛らしさを強調するためのもの。
  少女漫画チックに甘酸っぱいまとめ方をするよりかは、コミカルなオチを用意することが多く、その微笑ましさも含めて美少女ヒロインとのラブアフェアを甘く優しくまとめ上げていると評し得るでしょう。

【ふにゅんふにゅんの柔らか巨乳&キュートな表情】
  20代前半程度と思しき「ベビードール」シリーズの若奥様を除き、ミドル~ハイティーン級に比定される美少女キャラクターがヒロイン陣を形成。この新妻美人さんもふわふわとした可愛らしさのあるタイプであることに加え、学生時代の制服を引っ張り出してコスプレHに勤しむこともあって年齢層による印象の差異はほぼありません。
  主人公を慕って異世界から追いかけてきた美少女さんや、やきもち焼きなアイドルガール、クールで無表情&無口ながらも主人公のことが大好きなクーデレ系ガールに普段はサバサバしてるけど中身は乙女な幼馴染キャラなどなど、オタクコンテンツ的にポピュラーな属性や設定をヒロインに搭載しているのも萌えエロ系らしく、また幅広い層に親しみ易いポイントでしょう。
概してシナリオで魅せるタイプの作風ではないですが、涙汲んだりぷくっと膨れて拗ねてみたり、恥ずかしそうな表情をみせたり幸せそうな微笑を浮かべたりと、美少女ヒロイン達の喜怒哀楽の表情を魅力的に描いていることが彼女達の魅力につながると共にシナリオラインを明確にしています。
d3c8ce49.jpg  ティーンガールらしく可愛らしい表情の女の子達ですが、スベスベな柔肌に包まれたボディは、タイトル通りにカスタードクリームでも詰まっている様なふにゅふにゅとした柔らかさを有する柔らか巨乳に(←参照 この柔らかい質感! 短編「リボンとチョコと愛する恋人」より)、これまたもっちり柔らかな桃尻、鏡面仕様でピンクな秘所が控える股間とをフル装備。
柔らかおっぱいの先に慎ましいサイズで綺麗なピンクの乳輪&乳首が備わる巨乳描写や、ほんのり色づけしたリップ、意外に丹念に描き込みをしつつ臭味のない性器・アナル描写など、エロさを押し出しつつ綺麗で可愛い女体として仕上げています。
  柔らかく丸みを帯びたオーセンティックな萌え系絵柄は、これといった新味こそないものの高いクオリティで安定しており、美少女ヒロイン達のエロ可愛さを十分に引き出しています。十分に肉感的なボディデザインではありますが、リアル感のあるエロさではなく、お砂糖とスパイスと素敵なサムシングで出来ている理想(空想)の美少女としてのエロ可愛さを追求していると評し得るでしょう。

【エロ可愛くたっぷり蕩ける美少女ヒロイン】
  主人公の為に、柔らかエロボディもピュアなハートも全て捧げますという男子垂涎の据え膳展開から突入するエロシーンは、十分なページ数に支えられて抜きツールとして満足のいく尺を設けています。また、尺の余裕もあって、作品冒頭でエロシーンを投入しつつ、中盤以降に新たなエロシーンという分割構成にも無理がありません。
言うまでも無く、いずれの作品もラブラブ和姦となっており、エッチの最中にも主人公男子の一途な想いを発揮して、それが肉体的にも精神的にも充足することで甘く幸福に蕩けていくヒロイン達の痴態を紡ぎ出していきます。
ダブルヒロインとのウハウハ3Pセックスや、若奥様が学生時代の制服を着用して思い出に浸りながらのコスプレHなどの味付けをしていますが、これらもあくまでヒロインのエロ可愛さを強化するものであり、女の子らしい可愛い衣装を着けての着衣セックスが基本なのも同様の趣旨でしょう。
  ヒロインが小さなお口でち○こをペロペロするフェラ描写も投入しつつ、柔らかおっぱいを吸ったり揉んだり、はたまたその柔肉に包まれてち○こをしごいてもらったりとおっぱい成分も充実させた前戯パートを形成し、白濁液を浴びつつすっかり蕩けたヒロイン達に挿入してピストン運動を開始。
CreamyPie4.jpg基本的に野郎のツラなどはほとんど描かれず、着実なピストン運動と愛の囁きにすっかりとろんとろんに蕩けさせられ、熱っぽい表情と甘く乱れるハートマーク付きエロ台詞、とろとろと零れ出る涙や涎、愛液などのエロ演出に彩られたエロ可愛い痴態をたっぷり描写することに専念したエロ作画となっています(←参照 瞳の中にもハートマーク 短編「いきなり!アリスちゃん」より)。
  しばしば体位の変更も入れ込んでいますが、エロシーンの終盤は正常位セックスを重視しており、涎を絡めるねっとりキスや乳揉みなどの手数を加えつつ、蕩けきった表情を眺めながら中出しを決め込んでキュートなアクメ絶頂にビクンビクンと痙攣するヒロインの様子を1Pフル~大ゴマでがっつり提供な抜き所をフィニッシュとしています。

  萌えエロ系としての完成度は非常に高く、甘く優しい雰囲気の居心地の良さ、エロ可愛いヒロイン達の痴態の実用性の高さというこの系統の最たる魅力を高質にてお届けな1冊。
個人的には、ダブルヒロインのアイドル美少女さんとウハウハ3Pな連作「Crystal Baby」と、黒髪ショート巨乳の不器用ヒロインの大胆なラブエロアタックが実によい短編「リボンとチョコと愛する恋人」が特にお気に入り。お勧め!