GrimmingLadies.jpg塩野干支郎次先生の『BLOOMED IN ACTION』(少年画報社)を読みました。心は歴戦の傭兵(男性)、外見は可憐な少女に大変身な主人公が毎度ハプニングに巻き込まれるというお話。
各エピソードで主人公が着せられちゃうキュートな衣装、回を追うごとに増えていく性転換キャラ達、アクションそっちのけでお馬鹿設定を振り撒くシナリオと、塩野先生のお家芸が楽しめる作品ですな。

 さて本日は、BENNY'S先生の『おねだりおんなのこ』(マックス)のへたレビューです。なお、先生の前単行本『らぶえろっ娘』(同社刊)のへたレビュー等もよろしければ併せてご参照下さい。
柔らかお肉がたっぷり詰まった淫猥ボディの美少女さん達との嬉し恥ずかし恋愛エピソード&強烈な陶酔描写で魅せる特濃エロとが詰まった1冊となっております。

GrimmingLadies1.jpg 収録作は、交際相手の彼氏君のことは大好きなんだけどセックスには抵抗感があった女の子が勇気を出して初めてのHにチャレンジな連作「はじめてのふたり」前後編(←参照 同作前編より)、社長令嬢の女の子が秘所見習いの青年と“レディになるための勉強”に励む連作「レディ教育」「予約済み!」、および独立した短編6作。
1話・作当りのページ数は16~24P(平均19P)とコンビニ誌初出としては中の上クラスのボリューム。また、ラブストーリーとしての甘さとエロの濃さが共に強く、ページ数以上に満腹感のある作品群という印象があります。

【ふんわり優しい青春ラブエロ話】
 作劇の方向性に関しては甘い空気感を漂わせるラブストーリーで安定しており、そのシナリオの柔和さは、単行本の帯にある通りに“癒し系”の魅力を備えています。
年上のお姉さんと少年の恋愛模様を描く短編「キャスターの悩み」をやや例外としつつ、連作「はじめてのふたり」を筆頭に同年代の少年少女が恋を叶えてセックスに至る過程を描く作品が多く、登場人物達の“ウブさ”などに微笑ましさがあるのが特長。
a57ad651.jpg エロシーンへの橋渡しの役割も担う抱擁や接吻のシーンに、勿論相応のエロさも漂わせつつ、思春期のボーイズ&ガールズの純な恋心が叶えられた喜びを優しく表現しており、読み手の祝福も心地よく引き出してくれます(←参照 “大好き”の台詞とキス、王道の組み合わせ 連作後編「予約済み!」より)。
後述するように、エロシーンが凶悪なレベルで快楽漬けスタイルを取っているのですが、その前後にふわりと軽やかなリズムと、温かみのある甘さとがあるシナリオを配置することで作品全体の読み口の良さが整えられているとも言えるでしょう。
 この路線で作劇が強固に安定している分、安心感がある一方で新味に乏しい感があったのですが、今回の作品群に関しては、主人公男子の奇妙な嗜好や、本筋に全く関係ない変なモブキャラ(動物キャラ)などが突発的に投入されるなど、ある種の“遊び”としてのコメディ要素が絡められているのは、この作家さんの初期作におけるギャグテイストを思い出させ、個人的にはニヤリとさせられました。
そのコメディ要素の延長線上で、ギャフンオチ的な要素をエンディングに絡めることもあるものの、それらのコメディ要素が作品の魅力の中核であるラブエロストーリーの魅力を邪魔することはなく、良好な読書感を生む仕上がりとなっています。

【肉感たっぷりのエロボディの存在感】
 女子高生さんを主とするヒロイン陣は、しかして年齢層は幅広く、ローティーン級に見えるちっこい女の子から現役のニュースキャスターである20代後半程度と思しきお姉さんまで登場。もっとも、ロリっ子やアダルトお姉さんはごく少数であり、青春モノに相応しい年齢層があくまでメイン。
 ちょっとワガママなロリお嬢様や、素直になれないツンデレタイプの女の子、年下の少年に翻弄されてしまう清楚系お姉さん、少し不器用だけれども真っ直ぐな想いで動く幼馴染さんなどなど、キャッチーな属性を多彩に備えるキャラ造形となっていますが、いずれも保護欲を刺激する描かれ方になっているのが特徴でしょう。
そして、その守ってあげたい願望の鏡像として、“いじめたい願望”をも刺激する女性キャラクター達であるとも言え、時々投入するちょっといじわるでセックスの際にはヒロインを圧倒する男性キャラクターは、そのいじめたい願望の担い手となっています。ただし、ラブエロとしての甘さや幸福感を疎外するようなものではありません。
4682c0ba.jpg お嬢様と秘書の恋を描く連作では、この作家さんが近年描くヒロインとしてはレアな、ちんまいボディにぺたんこお胸のロリっ娘が登場していますが、基本的にはむっちりとした肢体描写を武器としており、特に液体でも詰まっているかの様な柔らかさでたぷんたぷんと揺れる巨~爆乳の存在感は圧倒的です(←参照 短編「ラブレター」より)。
肉感をかなり重視するため、やや読み手の好みを分ける肢体造形と言えますが、おっぱいに負けず劣らずボリューミィなお尻や太股のムチムチ感、そしてむわっと湯気が立ちそうな媚肉とその周囲に濃く茂る陰毛とのコラボレーションが生む淫猥さなども肢体造形面における特徴。
 いかにも女流らしい少女漫画チックな絵柄はキャリア相応に頑健な安定ぶりを示しており、日常パートではコミカルな画作りも織り交ぜつつ、エロシーンでは絵柄の繊細さをそのままに濃厚な色気を絵に充填してくる緩急の付け方は見事と評したいところ。

【濃密なエロ作画と粘り腰のエロ展開が凶悪】
 ページ数はそれ程多くないものの、シナリオワークが安定している故にエロへの導入は非常にスムーズであって、十分な尺でヒロイン達の蕩けっぷりをお届け。
ただ、分量の多寡にそれ程影響を受けないエロの魅力を形成出来る技量のある作家さんであり、執拗な性感帯責めとそれに伴うヒロインの陶酔感の密度が圧倒的なため、エロの満腹感はかなり高く仕上がっています。
 幸せなキスから開始される前戯パートは、ヒロインの乳首やクリトリスといったウィークポイントを指や舌で徹底的に弄り倒す描写をたっぷりと配置しており、この段階でヒロインの理性は崩れて、顔面と股間を液汁でぐっしょりと濡らす様を露呈。
GrimmingLadies4.jpg すっかりほぐれた処女ま○こをくぱぁと開いて挿入すれば、前戯パートで十分に用意が為されていたこともあって、挿入直後から性的快感を急激に引き上げており、更にぐしゃぐしゃになった蕩け顔と、結合部見せ付け構図で子宮口まで押し開かれた淫洞とを曝け出します(←参照 このお尻の存在感と蕩け顔のコンビネーション! 短編「キャスターのお悩み」より)。
ピストンを繰り返しながらも、乳首や淫核を指で刺激し続けることで、ヒロインの肢体を快感で満たし続けるエロ展開は強烈無比で、ヒロインの肢体の存在感と結合部の淫猥さをぎっちり詰め込むエロ作画と組み合わさることでその真価を発揮。
 小さめで多数散りばめられる擬音や喘ぎ声なども絡めてエロ作画の密度を高く維持しており、アクメに悶えるヒロインの膣内にたっぷり白濁液を注ぎ込み、そして隙間から愛液と精液の混ざり合ったものが噴き出してくるフィニッシュシーンまでエロの強力さを一貫させています。

 甘く優しいラブストーリーにふんわりと癒されつつ、特濃のエロスに満腹となる1冊であり、強力な抜きツールをお求めな諸氏には安心してお勧めできる最新刊です。
個人的には、清楚なアダルト美人が少年にメロメロにされちゃう様がSっ気を刺激する短編「キャスターのお悩み」と、ちんまいお嬢様が実に可愛らしい連作「レディ教育」「予約済み!」が特にお気に入りでございます。