どうも、当ブログ管理人のへどばんです。時の経つのは早いもので、本年も大晦日を迎えましたが、今年も年内最後の更新は年間ベストの記事となります。
毎年、上半期ベスト10作と下半期ベスト10作を選出した上で、年間ベスト20作を選んでいたのですが、今年は本業が多忙のため、レビュー本数も例年の半数程度となり、上半期ベストを選出する余裕がありませんでした。
本年の更新頻度が低かったことは読者諸氏に対し申し訳ありませんし、また自分自身でも忸怩たる思いはございますが、斯様な事情故、年間ベストとして10作に絞って発表致したいと思います。

各作品の詳細なレビューはそれぞれのリンク先の個別記事をご参照下さい。当記事内では、雑感やランクインの理由等を記しておきます。
それでは、私が思うところの2013年珠玉の名作達をご紹介したいと思います。

10位 青木幹治『抱きしめなさいっ!』(コアマガジン)
PleaseHoldMe.jpg  エロにしろストーリーにしろ、とかく濃い味が持て囃される現在のエロ漫画ジャンルにおいて、さっぱりと清冽な味わいにして青春ラブエロとしての滋味も備えたラブコメディを描く作家さんの3冊目。日常の些細な心の動きをドラマティックに描き出す鮮やかさは見事であり、またキャラクターの良さがエロシーンにおけるヒロインの魅力をグッと引き立てているのも嬉しいところ。今年は色々不幸な目にあったコアマガジンですが、こういった優れた作家さんがいる限り、再び業界トップに躍り出る可能性があると信じたいところ。→単行本レビュー

9位 たけのこ星人『カクセイ彼女』(ワニマガジン社)
SheFoundHerself.jpg エロ漫画のご都合主義的な展開を敢えて逆手に取り、ラストのどんでん返しや強烈な台詞回しなどの切れ味鋭い仕掛けで魅せるストーリーテリングは奇才の名にふさわしいと言えるでしょう。素朴で漫画チックに可愛らしい絵柄が、いざエロシーンとなれば野卑とも評し得る強烈な煽情性を放って熱っぽいエロ描写に変幻するのも素晴らしい長所でしょう。→単行本レビュー

8位 みなすきぽぷり『ろりぐるい』(茜新社)
RolitaIsFanatic.jpg  キュートなロリっ子の純粋性をしっかりとリスペクトしつつ、汚れちまった大人達がその純粋さを踏み躙り、酩酊した様な表情を浮かべながら彼女達を凌辱する非常にブラックな作品集。この構図において、ロリータヒロイン達の熱狂的な性的陶酔は大変に高い煽情性を有しつつ、読み手に後ろ暗さをグサグサと突き込んでくる凶悪さも備えていると評し得ます。→単行本レビュー

7位 高津『白雪騎士ホワイティ(30)』(ティーアイネット)
ThirtyWhity.jpg  熟女になった元・魔法少女という非常に美味しいネタを有しつつ、その設定付けは結構に細かく、元ネタの特撮魔法少女モノへの愛情が無いと描けない作品。ショタボーイがお姉さんの肉感エロボディにしがみついてがっつりファックを繰り返す様は、おねショタエロとしても非常に優良であり、作家の趣味性が単なる自己満足ではなく、商業作品としての高い完成度を以て成功した証左。→単行本レビュー

6位 緑のルーペ『ガーデンⅡ』(茜新社)
GardenSecond.jpg  許されぬ性愛に生きる者たちが集う謎の集団“ガーデン”。そのおどろおどろしい展開の中、父親の理想に殉じて汚れながら生きる少女との関係を描き出す本作は、ヒリヒリする様な焦燥感とダークなインモラル感を有しつつ、最終的には極めて普遍的なボーイ・ミーツ・ガールに落着したわけで、おそらく作家さんが以前から描きたいものが無理なくハマったストーリーテリング。エロにしろシナリオにしろ、極めて用意周到な作家さんだなぁと思います。→単行本レビュー

5位 岡田コウ『せんせいと、わたしと。』(ヒット出版社)
TeacherAndMeA.jpg  不器用な男性と少女の恋愛模様を、エロ漫画的王道の逆張りをして得意の破滅展開へと至らせると思いきや、ごく王道の幸福なラブストーリーへと回帰させた、オーソドックスにして意外性のある展開が見事。少女漫画テイストの導入も非常に成功していたと言えるでしょう。非常に緻密に計算された演出・構図でロリータヒロイン達とろっとろの蕩け具合を表現するエロ描写も実に圧巻で読み手の脳髄を侵食する一品。→単行本レビュー

4位 新堂エル『新堂エルの文化人類学』(ティーアイネット)
ShidoLsCulturalAnthropology.jpg  古今東西の様々な元ネタを貪欲に吸収して自らの作品に取り込む胆力、過激なエロ演出とアブノーマルなシチュエーション立てを以て強烈無比に突っ走るエロシーン。共にエロ漫画ジャンルが得手としていたものの、小さくまとまりがちな昨今においてなかなか出来ないそれらを堂々とやってのけた剛腕に拍手喝采。エロ漫画ジャンルのメインストリームが追随する必要は全くないですが、こういう作家さんがいないと、このジャンルは面白くないなと感じさせてくれる1冊と評したいところ。→単行本レビュー

3位 ドバト『少女とギャングと青い夜』(ヒット出版社)
GirlGangBlueNight.jpg  エロ漫画ジャンル屈指の奇才が送る実質的に初長編作は、スリリングなクライムストーリーで淫蕩なロリータエロ漫画であり、そして大いにドラマチックな青春活劇。エロにしろシナリオにしろ、技巧派としての丁寧なコントロールとフックを示しつつ、ここぞでの心情表現の爆発力は、真ん中高めに剛速球を叩き込むような爽快さを有しています。ごく普通の少女像である様で、他に追随を許さない様な魅力をふんだんに含ませる豊潤な描き方は見事としか言い様がありません。→単行本レビュー

2位 モチ『死なずの姫君』(ワニマガジン社)
UndyingPrincess.jpg  濃厚な演出で彩るハードコアなエロシーンでありつつ、ヒロインのキュートネスもしっかり生かし切るバランスという、現在のエロ漫画ジャンルが脈々と築き上げてきたメジャー路線のエロ描写手法を完璧に己のものとした、最前線にして最高品質の新人作家。失礼を承知で申し上げれば、その完成度はレビュアーとして化け物じみたものを感じます。ストーリーの構築力はより磨かなければいけないものを感じますが、そこが備われば並の作品が束になっても敵わないずば抜けた実力を備えていると評し得るでしょう。→単行本レビュー

1位 赤月みゅうと『美少女クラブ』(ティーアイネット)
BeautifulDollClubFirst.jpg  今年のティーアイネット作品は、エロとシナリオの両方が共にレベル高く構成された作品が目立っていましたが、この作家さんの存在と成功がそういった優れた作風をこのレーベルに呼び込んだと言っても過言ではないでしょう。静謐にして熱狂と快楽が渦巻く性描写、閉塞を爽快に打破するストーリー展開、そしてこの作家さんの作家性の根本に間違いなくあるでろうSF(すこしふしぎ)要素が如何なく発揮された長編作であり、エロ漫画ジャンルの未来を明るく照らす傑作であると評したい。→単行本レビュー

と、以上のような順位になりました。どれも大変お勧めの作品ですので、もし未読の作品がございましたら、正月休みにでも楽しんで頂ければと良いかなぁと思っております。

  前述した通り、本年は仕事の忙しさ故にレビューの更新頻度が下がり、同人活動の方は全く出来ない日々でございました。読者諸氏に大変ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げますが、やはり日々レビューを書くことを楽しみにしていた自分にとっても苦しさのある1年間でした。
正直に申し上げれば、この散々な状況を続けるぐらいであればブログを閉鎖しようと思ったこともございました。6年間レビューサイトを続けてきて、止めようと思ったことは無かったのですが、本年はそれを何回も考えるほど、私にとってもしんどい状況だったのです。
  しかしながら、今回の記事で挙げた秀作の存在は、私に「レビューを書きたい!伝えたい!」と思わせてくれましたし、ベスト10には選出されなくても私の心とち○こに闘志を与えてくれた作品が本当に沢山あったことが、このブログを続けられた最大の要因でした。
全ての作品、作家様、出版社様への厚い感謝を申し上げる共に、当ブログを読んで下さる読者諸氏にお詫びと御礼を申し上げます。おかげさまで、私はまだまだレビューを頑張れそうです。優れた作品に出合った喜び、感動、衝撃。それを感じ続けられる限り、私のエロ漫画への愛情は決して枯れることはないと信じております。

2014年も素敵な作品に沢山出会えることと、エロ漫画を愛する全ての人に幸せな一年であることを祈りまして
一エロ漫画愛好家 へどばん拝