AtThatTimeShe.jpgわらいなく先生の『KEYMAN』第5巻を読みました。子供たちの正義のヒーローへの純粋な憧れを大人達が自らの計画のために利用するという、何とも悲しい皮肉でしたな。
ネクロさんがサリーさんに弱いのは、獣人に対する罪悪感という側面もあったのかもですね・・・。あと、サリーさんのサービスシーン、フィヒヒヒ、流石わらいなく先生のワザマエ!

 さて本日は、草津てるにょ先生の『その時、彼女は・・・』(コアマガジン)の遅延へたレビューです。なお、先生の前単行本『うぶカノ』(ワニマガジン社)のへたレビュー等もよろしければ併せてご参照下さい。
清楚な色気の香る美女・美少女の肉感ボディがセックスに熱っぽく蕩けていく痴態が魅力的な1冊となっています。

AtThatTimeShe1.jpg 収録作は、友達以上恋人未満な幼馴染の少年との関係を大切にしながらも別の少年に調教し続けられ、体はすっかり淫らになってしまった美少女を描く「テンゴロ」シリーズ4作(←参照 幼馴染の誘いを断らせながら 同シリーズ第4話「テンゴロ4S」より)+今回のシリーズ作のエピローグ的な掌編4P、時間を停止させる能力を得たブサイク男子の主人公が憧れの体操部美少女に手を出すも・・・な連作「クロノスライン」前後編、両手を骨折してしまった主人公が兄の嫁さんに色々お世話をして貰うことになる連作「おねだりエプロン」前後編、および読み切り形式の短編2作。
なお、「テンゴロ」シリーズは前々単行本『ペットライフ』(コアマガジン)に収録されているものの続編であり、今回から読んでも理解は出来ますが、登場人物の関係性は該当作品を読んでおいた方が分かり易いでしょう。
 上述のエピローグは除き、1話・作当りのページ数は20Pと中の下クラスの水準で固定。ある程度のタメを設けたシナリオで読みを牽引しつつ、エロの満足感で勝負するタイプの作品構築と言えます。

【マイルドに仕立てつつインモラル系の作劇が中心】
 比較的オーソドックスなスタイルであり、この先生の十八番である寝取り/寝取られモノである「テンゴロ」シリーズや、時間停止の能力で女性に悪戯し放題な連作「クロノスライン」、未亡人な叔母さんと双子のショタ少年の近親相姦モノな短編「ユメクリ」など、作劇の題材としてはインモラルなものがメイン。
 ヒロインが嫌う少年・尾崎の執拗な調教に晒され、お尻の方まですっかり開発されて性的快楽に翻弄されながら、幼馴染の少年への想いは揺らぐこともなく、いい意味でどっちつかずな状況の中で心と体が乖離していく様を描く「テンゴロ」シリーズの流れは、寝取られ系としての王道的な魅力を有していると言えます。
とは言え、この尾崎という寝取り役に関しては、明確な恋人関係が成立する以前に手を出している以上“他人の女”を奪ったわけではなく、またヒロインを調教しつつも幼馴染との絆を認めて、このモヤモヤした関係性についてヒロインに委ねている部分があるなど、“悪”に徹したキャラクターではありません。
AtThatTimeShe2.jpg 各作品の主題がインモラル系でありつつ、ヘビィ&ウェットな方向にあまり強く踏み込まない傾向は他の作品にも共通しており、兄の嫁と性的関係を満喫しつつも親切な兄への敬意を忘れずにちゃんと関係にケジメを付けようとする主人公の連作「おねだりエプロン」や(←参照 でも兄嫁さんが積極的で・・・ 同連作後編より)、能力を生かして好き放題をしつつその無毛さに気付いてメインヒロインとの恋路を切り開く連作「クロノスライン」もその好例。
このため、寝取られエロや不倫エロなどのツボを抑えた展開、シチュエーションを投入しつつも、何処か平穏な雰囲気も漂っており、ここを読み口の良さと捉えるか、方向性の中途半端さと捉えるかで読み手の評価はある程度左右されるでしょう。
 作劇の方向性に関連して、各作品のラストも明確な結末を用意するタイプとは言えないため好みが分かれるかもしれませんが、そこに残る読後のモヤモヤ感が良い効果を発揮している面はあると思います。

【健康的な肉付きの清楚系黒髪美少女・美女】
 「テンゴロ」シリーズや連作「クロノスライン」などでは女子高生さん達が登場しており、人数的な主力を占める一方、連作「おねだりエプロン」や短編「ユメクリ」などでは20代後半~30代前半程度と思しき人妻(兄嫁)や未亡人の叔母といった年増美女達が登場しています。
ハイティーン級の美少女達に関してもガーリーな可愛らしさを追求するタイプではあまりなく、比較的成熟した色香をまとうタイプであり、年増美女達に関してはその色香をより濃くしたタイプであるため、後者では年齢相応のキャラデザインを施しつつも両者にあまり印象の差異は感じさせません。
 清楚で純情であったのに尾崎の手によってすっかり淫蕩に開発されてしまった「テンゴロ」シリーズの静森さんの様に、清楚・貞淑な印象を外見や言動で強調しつつ、様々なキッカケで淫らな性質を開花・露呈する様になるというギャップがキャラクター描写上の肝であることは全ヒロインに共通していると評し得ます。
なお、ヒロインの妹がゲーム?のキャラクターのコスプレ姿でエッチをする短編「妹恋無双」を例外として、長い黒髪(ロングポニテも含む)の髪型で概ね統一されているのも容姿の清楚さの強化に貢献しています。
d6b0041f.jpg 肢体造形に関しては概ね全ヒロインに共通して、健康的な肉付きの体幹に安産型のヒップと豊満なむちむち巨乳を組み合わせたタイプ(←参照 未亡人の乱れた黒髪&ネグリジェ・・・ワザマエ! 短編「ユメクリ」より)。ごくオーソドックスなボディデザインでこれといって強い特徴があるタイプではありませんが、女体の柔らかさや温度感を十分に感じさせてくれるのは一定の強みと言えるでしょう。
 ややオールドスクールな印象はありますが、親しみやすい素朴さと現代的なキャッチーネスが適度に融和した漫画絵柄であり、やや地味で派手さには欠けるものの幅広い層に受け入れやすい絵柄。艶やかな塗りによって印象に多少の差異が出ていますが、表紙絵で判断して特に問題はないと思われます。

【抑制を効かせつつ熱っぽさをたっぷり含んだエロ描写】
 シナリオパートを短くまとめ上げてエロシーンへと雪崩れ込むため、各エピソードの分量はそれほどではない一方で、展開の巧さもあってエロシーンにねっとり感が打ち出されており、体感的には十二分なボリューム感があるタイプ。
殊更に特殊であったり過激であったりな行為を投入しない一方、「テンゴロ」シリーズでは彼氏との電話の最中にピストンしたり、前穴に続いて後ろの穴の純潔も奪って調教するなどの行為、連作「おねだりエプロン」では両手を骨折した主人公の介助に絡めての各種ご奉仕プレイなど、作劇・設定に合わせたプレイを適切に投入しているのは一つの長所でしょう。
 肉竿に丁寧に舌を這わせるフェラやふかふかのバストでのパイズリなどの奉仕プレイに十分な尺を設けると共に、抽送パートも併せてヒロインの柔らかおっぱいや唾液の絡む舌、ねっとりとした淫液が絡む秘所などの感触を満遍なく味わいつくす様な描写も前述したエロのねっとり感を強化しています。
AtThatTimeShe4.jpg 前戯・抽送パートに関しては、エロ演出はさほど派手ではなく、むしろヒロインの女体が性的快感にじっとりと染め上がっていく様を比較的抑制を効かせた筆致で描き上げていると感じます(←参照 閉じた瞳から漏れ出す涙が何とも官能的 連作「クロノスライン」後編より)。ただし、コアマガジンに関する諸般の事情で厳しいモザイク処理が施されていますが、膣の最奥までペニスの侵入する様を描く断面図や押し開かれた結合部を見せ付ける構図などで、ストレートな煽情性を随所で叩き出しているのも特徴です。
新体操のレオタードや水着など、柔肌にぴっちり張り付く装束を多用すること、エロシーン後半では枠線を取っ払ってヒロインの痴態でページを埋めるなど、女体の存在感を前面に押し出すエロ描写であると言え、その感触や滲みだす淫臭や体温で読み手の意識を包み込むスタイルは、派手さ・即効性に欠けつつも実用性を高める大きな要因となっています。
 複数ラウンド制を徹底しており、前戯パートでの射精の後も、顔射なども時に絡めつつ、子宮内や直腸内に複数回精液を注ぎ込むストロングスタイルの抽送パートであり、すっかり蕩け切った表情のヒロインに中出しするフィニッシュは大ゴマ~1Pフルで描き出されています。

 シナリオ・エロ共にここぞでの強い踏み込みにやや欠ける印象はあるものの、清楚なヒロインの熱っぽい痴態を十分な尺で楽しめるという点で十二分に満足できる抜きツールであり、女子高生キャラも年増美人も拝めるのは個人的に嬉しいところ。
すっかり開発されてしまって戸惑いながらもそこに溺れていくヒロインがエロティックな「テンゴロ」シリーズと、艶っぽい未亡人さんがショタボーイの攻勢に晒される短編「ユメクリ」に愚息が大変お世話になりました。