FullVolumePie そろそろ秋の新しいアニメ番組が始まる時期ですね。個人的には『オルフェンズ』第2期と『SHOW BY ROCK!!』の第2期、『バーナード嬢曰く。』あたりを楽しみにしております。
色々と観て、今のオタクコンテンツの状況を俯瞰したいなぁとも思うのですが、ハードディスクの肥やしになってしまうことも多くて悩みがちですねぇ・・・。ところで、褐色美女が登場する作品はないですかね?

  さて本日は、室永叉焼先生の『豊満むっちりパイ❤』(三和出版)のへたレビューです。今単行本で2冊目となる作家さんですね。
乳肉・腹肉・尻肉たっぷりの豊満マシュマロボディなお姉さん達とのお気楽エロコメ&お肉に包まれるセックスがはち切れんばかりに詰まった作品集となっています。

FullVolumePie1  収録作は、出会い系サイトで出会ったセックスフレンドの女性は豊満ボディなエロ美人さんでおまけに彼女が新たなセフレ美人さんを連れてきてウハウハに~な連作「デカパイセフレカノジョ」前後編(←参照 夢の豊満爆乳ダブル乳揉みだ! 連作後編「デカパイセフレカノジョ×2」より)、および読み切り形式の短編・掌編9作。
フルカラー掌編「肉感アイドル❤誘惑ハメ撮り」(4P)を除き、1話・作当りのページ数は16~24P(平均20P弱)と中の下クラスのボリュームで推移。いい意味でストーリー面での読み応えはほぼ無く、軽い読書感の中でお肉まみれのエッチを満喫できる作りとなっています。

【程好くお馬鹿でアッパーな雰囲気の快活エロコメディ】
  ちょっとマニアックな要素をエロやキャラデザに盛り込んで特徴を打ち出しつつ、読み口そのものは明るく軽くしてニッチなネタを比較的幅広い層に訴求するという作風は三和レーベルの十八番とも言うべきものであり、今単行本もそのスタイルを踏襲。
FullVolumePie2作劇スタイルは分かりやすくエロコメ系であり、恋愛要素はほぼ無い一方で、野郎連中やエッチなヒロイン達の欲望が素直に発揮されたり、目的達成のためにイージーにエロ的手段に訴えたりで(←参照 「全部こんな感じか?」「全部こんな感じです」 短編「イかせて!カナ先生」より)、明るく楽しくエロ模様をお届けするスタイル。
黒ギャルな妹さんが姉への対抗意識を燃やして姉の彼女を肉弾戦(お察し下さい)で寝取る短編「悪魔の肉々もんすたぁ」、純真無垢な金髪巨乳のお弟子さんにエロ指導な騙しエロ的要素がある短編「YOUはナニしに日本へ❤」といった場合によっては暗くなる作劇要素を含む作品もありますが、本作はそれらも含めて能天気にコメディに昇華するスタイルと言えるでしょう。
  全般的にがっつり欲望任せで突き進むスタイルではあるのですが、それでいて殺伐とした印象がないのは、男女いずれも「エッチなことしたい!」「気持ちいいことって嬉しい!」という非常に素朴な欲望が表出されているためであり、そこに悪意が伴わず、打算があったとしても共感できるものとして描かれていることが、ある種の心地よさや微笑ましさを生んでいる特長であると評し得るでしょう。
  各作品のオチはギャフンオチも含めたコミカルなものであり、ごく一部の作品を除けばエッチに邁進したエロエロ男女がハッピーに彼ら彼女らのエロライフを頑張っていく様子を描くポジティブさが大きな特徴と言え、実にイージーな作劇でありつつほのぼのとした幸福感を喚起してくれる作劇であると強く感じます。

【爆乳&巨尻の柔らか弾力お肉がたっぷり詰まったむちむち女体】
  一部に女子校生・女子大生クラスの美少女さんも存在しますが、基本的には20代~30代半ば程度と思しきアダルト美人さん達が主力であり、綺麗でエッチなお姉さん的ポジションのヒロインが多い印象
短編メインということもあってヒロインの設定は多彩であり、セフレ募集のエロエロお姉さんに、日本に陶芸を学びに来たピュアマインドの金髪巨乳外国人さん、黒ギャルさんにいわゆる“オタサーの姫”、友達のお母さんに女教師、アイドルさんなどなど、様々な設定・職業のヒロインが登場。
それらの設定をどう生かしてエロに持ち込むかというのもエロコメとしての魅力であり、プレイや台詞回し、使用するグッズなどで各設定に由来する要素を盛り込んで、コメディとしての面白さを増したり、エロの味付けの多彩さを確保したりしているのは、小さくない美点でしょう。
  程好くデフォルメを効かせた絵柄で描かれるヒロイン達の女体は、デブキャラではなくウェストもある程度は締まっているなど一定のバランスは保っていますが、むちむちと弾力溢れるお肉がたっぷり詰まったぽっちゃりボディであり、バスト&ヒップ&太股はもちろんのこと、お腹の駄肉感なども含めて非常にボリューミィな女体の存在感で突き抜けます。
FullVolumePie3勿論、お尻や太股の存在感もたっぷりとエロシーンで見せつけつつ、特に目立つのはむにゅんむにゅんと柔らかな弾力感を有する巨乳~爆乳であり、自重で撓む二つの特大おっぱいを揉んだり吸ったり挟んだり、たっぷり揺れたり弾んだりなおっぱい描写を大変に充実させているのは大きな魅力(←参照 この柔らかい質感と重量感! 短編「悪魔の肉々もんすたぁ」より)。
  女体のお肉感への希望を詰め込みまくったボディデザインは完全にエロアピール最優先の作りではあるのですが、前述した適度なデフォルメ感も含め、明るく描線がくっきりとした漫画絵柄は幅広い層に受容可能な親しみ易さを有しており、クドさをあまり感じさせない印象になっているのは、エロ・シナリオ両面において加点材料となっています。

【たっぷりお肉のエロボディの存在感で魅せるエロ描写】
  フルスロットルでエロまっしぐらな潔い作風であり、かつそれでいて楽しい雰囲気はしっかりと導入パート・エロシーンを通じて形成されているという安定感のある構築によって、十分に長尺のエロシーンをスムーズに提供しているのは抜きツールとしての信頼感につながっていると言えるでしょう。
  前述した通り、妹さんの姉貴の彼氏くん寝取りエロアタックや、純真無垢なヒロインを騙してエロ特訓、はたまたアダルトショップの店員希望な女の子にグッズでセクハラといったエロシチュもありますが、それらも含めて和姦エロで統一されており、目前のエロい出来事を堪えきれずにエロに突入していく、ある意味では健康的な貪欲さでエロを満喫するアッパーな雰囲気が大きな魅力。
  前戯パートでは、どたぷん爆乳の弾力感溢れる柔肉を揉み込んだり、乳房のサイズに比例して大き目の乳首や乳輪に吸いついたり、ダブルパイズリや着衣パイズリも投入し、ち○こを双球の間にフル収納するパイズリ描写を充実させたり、おっぱいの谷間に頭を埋めるぱふぱふ的状況があったりと、圧倒的なサイズ感を誇るおっぱい関連の描写を充実させています。
FullVolumePie4このおっぱい大充実な前戯パートに十分な尺を設けるために、抽挿パートが量的にやや圧迫されるケースもありますが、パイパン肉厚ま○こに挿入して開始する抽挿パートにおいてもゆさゆさと重たげに揺れる爆乳や、激しく振られる巨尻(←参照 このビックサイズ尻の存在感! 短編「ミルキーなママの味❤」より)、男性の体を包み込む柔らかさMAXのボディなど、女体そのものの存在感を前面に打ち出す描写・構図によって質的なボリューム感を強く打ち出しています。
  エロ演出については特に凝った手法を用いておらず、ある種ギャグ的なものも含めてエロに夢中な台詞回しや、ドロリとした白濁液の描写、臭味は抑えつつ適度な淫猥さを有する粘膜描写に基づく結合部アップ描写や断面図、ピストンの力強さを物語る衝撃演出や擬音などを使用していますが、演出密度・強度はむしろ抑え気味にして女体そのもののエロさでストレートに勝負するスタイル。
ちょっぴりアへ顔チックなアクメ顔を浮かべながら絶頂台詞を叫ぶヒロイン達の表情・グラマラスボディ、白濁液が溢れかえる結合部をセットで提供な大ゴマ~1Pフルのフィニッシュシーンは相応に演出強度を高めており、そこまでの勢いを十全に活かした抜き所になっています。

  むちむち柔らかボディに包まれたい!がっつりファックして気持ち良くなりたい!という願望を素直に叶えてくれる作品集であり、読書感も実用面での使用感も大変ポジティブにまとまった1冊と言えるでしょう。
個人的には、黒ギャルさんの肉感ボディに包まれながらたっぷり搾られる短編「悪魔の肉々もんすたぁ」と、ムチムチボディのダブルヒロインのお肉に完全包囲される3Pセックスな連作後編「デカパイセフレカノジョ×2」が特にお気に入り。豊満ボディを愛する諸氏にお勧めな1冊です。