TimeForHavingSweets TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』第9話「未熟DREAMER」を観ました。果南ちゃんを含めて3年生トリオにはスクールアイドルについての何か引きずるものがあったようでしたが、今回でそれが明かされ、解決した回でしたね。
3年生メンバー達のエピソードと一致する挿入歌も実によかったです。大切な二人同士が想いを認め合ってのハグ、尊い・・・!

  さて本日は、majoccoid先生の『おやつのじかん』(茜新社)の遅延へたレビューです。なお、ちょっと変わったペンネームは“まじょっこいど”と読むそうです。
ふにふに柔らかボディなキュートガールズ達との甘いラブエロ模様がたっぷり詰まった作品集となっています。

TimeForHavingSweets1  収録作は、相手の心を読める謎の角を持つ女の子が大好きな先生のエッチな願望を読み取って積極的にラブエロアタックな短編「自称さとり系女子。」(←参照 ち○この希望もお見通しだ! 同短編より)+後日談短編「ねこにままたび」(8P)、および読み切り形式の短編9作。
後日談短編は描き下ろし作品ではないものの、これを除き、1話・作当りのページ数は18~24P(平均21P)と標準的なボリュームで安定しています。甘く優しい雰囲気を形成するシナリオパートにはある程度の存在感を持たせつつ、エロシーンの量的な満腹感も強過ぎず弱過ぎずな塩梅で有する作品構築となっています。

【甘味たっぷりな幸福感のラブエロ系がメイン】
  前単行本(初単行本)『ユメミルスレイブ』(キルタイムコミュニケーション)で示した様に、作風の幅が広い作家さんであり、今単行本でも異なる方向性を有する作品群が揃っていますが、本数的に主力となるのはピュア&キュートな美少女さんとの甘いラブエロ模様。
ラブエロ系の作品においては、作品冒頭の時点でヒロイン側が男性主人公に対して好意を抱いており、かつ積極的にスキンシップを取ってきたり無防備な姿を曝け出したりすることで、エロシーンへとスムーズに誘導していきます。
TimeForHavingSweets2このスタイルの作品については、導入パートの話運びとして強引という印象がない訳ではないのですが、その明確な棚ボタ展開やヒロイン達の漫画チックな無邪気さなどが(←参照 短編「抱きつけ!ぬいぐるマー」より)、可愛らしい美少女さん達とイチャイチャできるというドリーミーな幸福感を高めているのも確か。
また、言うまでも無く(読者を含めた)男性側にとって都合の良いシチュエーションではありつつ、好きな男性とのエッチという願望を叶えたヒロイン側の喜びをしっかりと描くことで、ラブエロ系として男女いずれかの片手落ちにならず、優しく甘い幸福感を形成することにつながっています。
  これらの甘いラブエロ系に対し、清楚な和装姿のヒロインが持つ露出趣味を知り彼女の秘密を握って独占できると思った彼氏君がヒロインの闇の深さに触れ、支配されているのは自分の方では・・・と感じるちょっとダークでインモラル系短編「アルカロイド」、一人エッチの快感にハマった女の子が凌辱されてしまう短編「電器屋でGO!」などは明確に作風が異なるタイプ。
  ただし、短編「電器屋でGO!」では凌辱系統ではありつつもヒロイン逆転勝利なラストで終わっていますし、短編「アルカロイド」も倒錯性や破滅感を過剰に強めてはいないため、優しハッピーエンドのラブエロ系作品群との雰囲気の差はさほど大きくはありません。

【ふんわりと軽く柔らかな印象が先行する巨乳美少女】

  ヒロイン陣については、ミドル~ハイティーン級のJKガールズと20歳前後の女子大生さんが概ね同数揃っており、推定される設定年齢よりも幼い可愛らしさがあるタイプが多い印象です。
  穏やかそうな容姿と裏腹にゾクリとさせられる妖艶さと闇を抱える編「アルカロイド」の美少女や、普段はキリッとした優等生キャラながら中身は淫靡な女王様タイプである短編「図書室の君」のメガネ美少女といった展開・行為のアドバンテージを握る支配的なヒロインのキャラ造形が美味い印象があります。
その一方で、無邪気で積極的なラブエロアタックを繰り出しながらも、敢えて相手に主導権を握らせ、相手の行為を受け入れるヒロインがラブエロ系を中心に多く、奔放でありつつも従順という相反しそうな要素を両立させ、小動物的な可愛らしさを持たせるタイプとなっています。
TimeForHavingSweets3  ヒロインのボディデザインについては、柔らかお肉が適度についた健康的なモンゴロイドボディにふわふわと柔らかそうな巨乳&巨尻を組み合わせるスタイルで概ね統一されており、ボリューミィなヒップ&バストの存在感を活かした構図を十分な分量で用意しています(←参照 たっぷり桃尻 短編「すぱっちあ」より)。
バスト&ヒップのボリューム感を含めて肉感的な肢体描写ではあるのですが、女体の重量感や淫猥さを前面に出したタイプではむしろなく、絵柄の性質もあって、何処かふわふわと軽やかさと柔らかさを感じる女体の描き方となっているのが大きな特徴でしょう。
  2冊目の単行本ながら、デビュー当時の作品から近作まで収録作には約3年の開きがあるため、初期の絵柄は現在の絵柄と見比べると一定の見劣りがするのは仕方のないことですが、ごく一部の作品を除けば絵柄は概ね安定していると言え、低年齢向け少女漫画チックなナチュラルな萌えっぽさとアニメ/エロゲー絵柄的なキャッチーさが無理なく融合した絵柄と感じます。

【可愛さを保ちつつ十分なアタックを被せるエロ演出】
  ラブエロ系にしてもインモラル系にしても、エロシーンにおける台詞回しによってヒロイン側の真意や素直な感情を紡いで、男女の関係性を描き出すことに成功しているため、導入パートをある程度切り詰めて濡れ場の尺を確保しつつ、作品全体のシナリオの流れに齟齬を感じないのは○。
  スケベヒロイン電マ責め凌辱(短編「電器屋でGO!」)、人目を忍びながらの羞恥系隠れセックス(短編「アルカロイド」)と、特定の方向性を有するアブノーマルなエロシチュもありますし、ラブラブHの場合でもスパンキングや(短編「らぶみー❤てんだーろいん」)、コスプレH(短編「Cosって❤ハニー」)、臭いフェチ要素(短編「すぱっちあ!」)などの方向性をアクセントとして加えて印象の多彩さを図っています。
  エロシーンの構成としては、前戯パートに十分な尺を設けており、ぷにぷに&すべすべな股間に顔を埋めて秘所をクンニしたり、指で丁寧に解したりな男性側が積極的にヒロインに快楽を与えていくプレイを中心に組み立てることもあれば、ヒロイン側が一生懸命にフェラやパイズリのご奉仕プレイをしてくれる様子をメインに構成するケースも存在。
前戯パートにおいて顔射やパイ射などの射精シーンand/orヒロインの秘所が潮を吹いてイク描写などを投入してから抽挿パートへ移行し、蕩けた表情でハートマーク付きの実況系エロ台詞を奏でるヒロイン達にピストンを加えていきます。
TimeForHavingSweets4  絵柄そのもののふんわりと軽く優しい印象があるため、明確なエロアピールよりも可愛らしさが先行するタイプではあるのですが、露骨な結合部見せつけ構図や乳尻の存在感を強調する構図の多用、可愛らしさを保ちつつもくしゃくしゃに濡れて乱れる表情付け、ハートマーク付きの嬌声・台詞などのエロ演出の適度な濃密さによって濡れ場での煽情性をグッと高めているのが明確な美点でしょう(←参照 可愛い絵柄で露骨な構図 短編「らぶみー❤てんだーろいん」より)。
  すっかり蕩けきったヒロイン達に結合部から白濁液が溢れる程の中出しをがっつり決め込むフィニッシュシーンでは、肢体をビクビク反応させながらエロ可愛く悶絶するヒロインの痴態を大ゴマで写しており、ラストまでヒロインの可愛らしさとエロのアタックの強さを折衷した描写を保っていると感じます。

  甘い幸福感がエロシーンも含めてたっぷり味わえるラブエロ系を中心としつつも、短編「アルカロイド」の様なインモラル系の切れ味も良好であり、この作家さんの多彩な魅力を楽しめる作品集と感じます。
個人的には、部活に恋に一生懸命頑張る姿が可愛らしい妹系ヒロインにエッチなマッサージで解してあげる短編「すぱっちあ!」が特にお気に入りでございます。