GirlsInHeat TVアニメ『迷家』第4話「よっつんの川流れ」を観ました。運転手のおじさんが観ていたものは判明しましたが、おそらく各キャラが視たり聞いたりしている対象はそれぞれに異なるようで、かなりオカルト・ホラーめいてきましたな。
あんまりなタイトルですが、よっつんも死亡は確認されていないので、リオンちゃんの「死ぬことは無い」という台詞が気になります。

  さて本日は、赤城あさひと先生の初単行本『いやらしいこ。』(ワニマガジン社)のへたレビューです。柔らかおっぱいが大層魅力的な表紙絵でございますな。
スベスベ&フニフニ感触の巨乳美少女・美女との棚ボタラブコメ&和姦エロスが楽しめる作品集となっています。

GirlsInHeat1  収録作は、父親の再婚に反発して家出した少年を彼が憧れていた喫茶店の美人店員さんが保護してくれ、なんと彼女も母親の再婚に戸惑っていて・・・な短編「サウダージ」(←参照 憧れのお姉さんに導かれ 同短編より)+描き下ろし後日談4P、剣道部部長が新入りの天才少女剣士に襲われちゃうも実は彼女の性癖は・・・な短編「交剣痴愛」+おまけ後日談2P、および読み切り形式の短編10作。
描き下ろし作品を除き、1作当りのページ数は16~20P(平均17P強)とコンビニ誌初出としては標準的な部類。ストーリー的な読み応えはほとんどなく、エロも重過ぎず軽過ぎずのちょうど良い塩梅でまとめられた作品構築となっています。

【クドすぎない甘さで滑らかに読ませるラブコメ系】
  作風としてはコンビニ誌として王道のラブコメ系統に属するタイプであり、柔和な読み口と後味の良さを身上とするスタイル
GirlsInHeat2それぞれ主人公に対して想いを寄せるヒロインが、時に恥ずかしがりながら時にグイグイと主導権を握りながらエッチに誘導してくれるというヒロイン主導の展開は、このタイプの作品として鉄板の棚ボタ的な幸福感を喚起してくれます(←参照 普段は凛々しい女性上司の瞳の中にハートマークが! 短編「ヒミツの麗花」より)。
普段がクールな女性がエロエロだったり、じゃじゃ馬娘が実はドM性癖であったりとこの展開の中でヒロイン達の本性が明らかになることもありますが、男性キャラクターは善人揃いであるため、その状況をあくどく利用して~などということはなく、平和に和姦を双方満喫する温和な展開となります。
  裏帯に“青く甘くほろ苦い官能”との謳い文句があるものの、“ほろ苦さ”の成分はあったとしても僅かであって、ヒロインに望外なサービスして貰ったり願望を受け入れて貰ったりな“甘さ”の方が明確に目立つタイプの作劇と言えるでしょう。
ドタバタ模様といったコミカルな要素を適度に盛り込んだり、キャラクター設定を多彩に用意したりで、作品によって印象をある程度異ならせていますが、スタンダードなラブコメ系統として良くも悪くも読書感は概ね共通していると感じます。
ラブエロ系としての甘さも適度に有しつつ、コミカルなタイプのオチでまとめるラストまで滑らかに進展させ、脳味噌に負担をかける展開・シチュエーションを極力排除してあるため、ストーリーそのものは印象に残らないものの、ラブ&エロの幸福感を強く残してくれるスタイルと評し得ます。

【柔らか巨乳&桃尻から香る健康的な色香の女体】
  女子校生級と思しき美少女さんも複数名登場しつつ、コンビニ誌初出ということもあり、女子大生~20代半ば程度と考えられる18歳以上の美少女・美女がメインを占める陣容のヒロインズとなっています。
剣道美少女にナースさん、温泉宿の若女将、ハーフ美人なウェイトレスのお姉さんに美人上司、獣医を目指して頑張る女子大生、はたまた大正時代にカフェで働いている田舎出身の働き者ガールなどなどヒロイン陣の設定は多彩であり、この点が作品のバラエティの豊かさに貢献。
ページ数の尺的にヒロインのキャラ性や設定を掘り下げる余地はあまりないものの、妄想系ガールに、年上の余裕を醸し出す美人先輩、普段はクールだけど実はエロエロな美人上司、世話焼き系ツンデレガール等々、ある程度キャッチーな属性を持たせることで、展開の分かり易さや“本性”の発露の明確化を形成しています。
  ヒロイン陣の設定の多彩さもあって、丁寧に描いた衣装も含めてキャラデザインも多様に描き分けており、華やかなな金髪のハーフ美人や濡れて透ける襦袢の官能的な黒髪ロング美女、ツインテがガーリーな可愛らしさを出す女子大生さん等々、それぞれ魅力的な容姿のヒロインを用意。
GirlsInHeat3ボディデザインについては概ね統一的であり、ふにふにと柔らかな触感と控えめサイズの乳輪・乳首で上品に仕上げた美巨乳とこれまたもっちりとした桃尻とを健康的な肉付きの体幹に組み合わせた女体が勢揃い(←参照 おっぱいたぷんたぷんだ! 短編「片恋の湯」より)。逆に言うと個別の体パーツなどに強い自己主張があるタイプではないのですが、その分万人受けしやすいタイプ。
  適度な濃度の絵的な修飾を被せて絵としてのカ口リーを確保しつつ、快活なキャッチーさを保つアニメ/エロゲー絵柄はそれ単体で十分な強みとなる要素でしょう。ただし、初単行本ということもあって、初期の絵柄と現在の絵柄にはクオリティ面で一定の差はあります。

【程好い濃密感とアタックの演出で彩る陶酔描写】
  ページ数がさほど多い訳ではなく、エロシーンへ本格的に進展する前のキスや接触のドキドキ感も大切にするタイプの組み立て方であるため、濡れ場の分量はコンビニ誌として標準的な水準を確保しつつ、現在の水準としてはそれほど長尺とは言い難いのは確か。
とは言え、導入パートでドキドキ感や棚ボタ的な幸福感、エロシーンにおいて素直に吐露されるヒロインの本心や性的嗜好などを織り込むことで、雰囲気の良さや高揚感を生じさせることで実用性を下支えしています。
  温泉宿の女将さんの洗体プレイ&お風呂場セックス、ナースさんとのちんこ介護&制服エッチ、年下ヒロインに拘束されてエロ襲撃&反撃エッチ、獣医を目指す女の子が発情してワンワンスタイル(お察し下さい)で激しく突き込み等々、多彩なキャラ設定に合わせて各種プレイ・シチュエーションを投入。二人が官能小説的な妄想凌辱プレイを実践する短編「少女の蜜欲」を除き、ラブエロ系としての枠内から大きく外れる行為や過激性は明確に排除しています。
艶っぽい唇の描写は舌を絡めるキスやフェラチオ描写、柔らかたっぷりバストはパイズリ描写などで生きており、ヒロインの肢体の愛撫なども含めて肢体描写の官能性が前戯パートの盛り上がりに大きく寄与しています。
GirlsInHeat4  前戯パートで一発射精してから誘導される抽挿パートでは、既にたっぷりと愛の蜜を潤滑する秘所を力強くピストンしていき、熱っぽく蕩ける表情付けや乱れた描き文字で表現されるハートマーク付きの嬌声、漏れ出る熱い吐息に肢体をしっとりと濡らす各種淫液といったベーシックかつ高質なエロ演出でヒロインの痴態を彩ります(←参照 短編「肌つきロマンチカ」より)。
肢体の存在感を前面に出す大ゴマと結合部アップや断面図などで情報量を増す小ゴマを組み合わせる画面構成の巧拙や連続コマの使い方、および前述した演出面の精度など技術的な巧拙は初出時期によって振れ幅があるものの、熱っぽい陶酔描写で適度な濃密感を打ち出しつつ、アタックの強い描写の中出しフィニッシュで〆る流れの勢いは美点として共通しています。

  絵の魅力が高く、読み口の良いシナリオと程良い濃密さのある痴態描写と非常に“売れ線”の作風であり、ラブコメ系統が好きな諸氏には概ね安心して勧められる1冊。2冊目以降が非常に楽しみと感じます。
個人的には、病院で再会したナースさんのエロ介護&素直な想いを分かち合ってのラブラブHが楽しめる短編「ノスタルジック・ホスピタル」が最愛でございます。