ビューティ・ヘア『蓮美ちゃんの淫罪』

TheSinOfHasumi.jpg今回の狂乱家族日記は凶華様のサービスカットがあざとくて素晴し過ぎて感服の至り。凶華様の愛くるしさに愚民はひれ伏すばかりであります。
中華料理が食べに行きたくなる回でしたね。

さて、本日はビューティ・ヘア先生の『蓮美ちゃんの淫罪』(コアマガジン)のへたレビューです。あの腹立たしい事件のせいで松文館のイメージが強いですが、コアマガジンから初の出版ですね。
愛のあるセックスも、倒錯と快楽に満ちたセックスも圧倒的な作画力によって描かれており、性行為のダイナミズム、淫猥さ、そして独特の様式美さえ読み手に感じさせる作品集となっています。

HerThoughtOfChastity.jpg収録作は、キリスト教系の凝り固まった貞操観念を持っていたヒロイン蓮美ちゃん(←参照 第1話より)が、学園での性の乱れ絡みの事件を解決しようとする新聞部と共に、その身を駆使して黒幕の巨悪を討たんと奮闘する長編「蓮美ちゃんの淫罪」全11話+短編1作。
1作当りのページ数は16~24Pで、「蓮美ちゃんの淫罪」各話のほとんどは16P。全体通してみると読み応えはあるものの、短い1話ごとのぶつ切り感は残念で、エロもシナリオも1話単位ではボリュームが不足気味です。

とは言うものの、数多くの登場人物を出演させながら話を破綻させない構成力、事件の調査とエロのバラエティを同時に成立させる話中盤の安定感は流石ベテランの技です。
また、ガチガチの純潔主義で「快楽としての性」を汚れたモノとして考えていた蓮美ちゃんが、様々な行為と出会いを経験したことで悦楽主義とも純潔主義とも異なる、彼女なりの「性の快楽の受け止め方」を獲得していくという、いわば彼女の成長物語として完成度は非常に高いです。
NeverIsEcstacyVice.jpg登場人物を介して語られる、先生の「快楽としてのセックス」を描くことへの敬意や哲学が伺える作品ですよ(←参照 第9話より)。
ページ数の都合もあってか、登場人物間の関係が説明不足で分かりにくいこと(よく読めば大体わかりますが)、伏線の回収が多少おざなりになっていることなどネックになる点もありますが、漫画として十分楽しめたと個人的には思います。

本作のもう一つの魅力は、元々かなり素質のあった蓮美ちゃんが内に眠る淫性を徐々に開花させ、レズやSM、乱交など数多の倒錯行為すら快楽として受け止める存在へと変化していく様です。
上述の性への意識を持っているため、決して単なる淫乱な女性に”堕ちる”のではなく、人とAsendToHeavenLikeAngel.jpg人との繋がりを基盤とする圧倒的な快楽を幸福そうに受け入れる様は一種崇高な印象すらあります(←参照 ここだけ見ても分かりにくいとは思いますが 第10話より)。
顔を紅潮させ、髪を振り乱し、嬌声をまき散らす表情は、卓越した作画力により非常にエロチックです。が、そのエロさを単に即物的なエロのみとして描かない姿勢には大変好感が持てます。

ヒロインが性感への恐怖感でオドオドしていた序盤は、面白いプレイ(第3話の筆プレイなど)もありながらエロ的にはかなり物足りなさがありました。ただ中盤以降のエロの濃さは素晴らしく、各種倒錯行為のツボをしっかり押さえたエロの展開の巧みさは見事の一言です。
消しが結構キツイながらも男女ともに生々しく実に淫靡な性器描写(まぁ、そのためにあんな事になったわけですが)はこの先生の大きな武器なのですが、そればかりに頼らずに、しなやかな女性の肢体が悶え、絡みつき、性の快楽に堪えられず跳ねる描写の迫力は素晴らしいです。
飛び散りまくる各種液体と併せ、エロの躍動感を大いに感じさせてくれました。
ただし、この濃ゆい描写は人によってはコッテリ感が強すぎて受け入れにくいかもしれません。また、スカトロ描写等もごく一部とはいえ容赦なく絡めますのでやはり人によっては不快かもしれません
絵柄も萌え要素に乏しい劇画よりのクセのある画風ですので、万人受けするとは言い難いところです。

BrawnyMan.jpg濃いと言えば男性のキャラクター造詣がなかなか凝っていまして、筋骨隆々だったりひょろっとしていたり粘着質そうだったりとバラエティに富んだ男性陣でした(←参照 第5話より)。
なお、短編「堕天使の謀りごと」では、一方的な獣欲を少女に叩きつける男を描いていますが、”嫌な奴”を醜悪に描くのは、愛情と敬意を持ってエロを描く先生の信念とリンクしているなぁと個人的には感じます。

学生とは思えないほどの強烈な色気を持つ志乃さんの登場頻度が少ないのがとても残念でしたが、エロも漫画も楽しませて貰えました。
最近のコアマガジンは1巻完結が原則のようで難しいとは思うものの、もっと話数を掛けて話をより掘り下げられたらもっと良かったと個人的には思います。

由雅なおは『妄想・極楽・夢気分』

DreamFeelings.jpg今日は一日中、二日酔いで苦しんでおりました…。軽い飲み会のハズが何で焼酎をボトルで頼んでいたのでせうか…。
肝臓は大事にしないといけませんね。

今回は由雅なおは先生の『妄想・極楽・夢気分』(マックス)のへたレビューです。
いわゆる”コンビニ誌エロ漫画”のスタンダードと言える作品集であり、「明るく楽しくエッチにね(はあと」という雰囲気が徹底されています。

TrioOfBeauty.jpg収録作は、年上のお姉さん3人組(←参照 最終話「この先ずっと夢気分」より)と温泉宿で知り合ってH三昧な「夢気分」シリーズ全4話+描き下ろしカラー、他短編6作となっています。
描き下ろしカラーを除いて、1作あたりのページ数は16~24P、平均19P。初出がポプリクラブですので、まぁ標準的なページ数ですね。キャラの魅力もあってエロへの導入シナリオもそれなりに楽しいですが、ボリューム感があるか?と問われると首肯はし難いところです。

上述の通り、陰惨さやシリアスさはゼロの、能天気な明るさと良い意味でのご都合主義に彩られるエロコメ・ラブコメ作品です。
「夢気分」シリーズでは、おっとり天然お姉さん、ツンデレお姉さん、世話焼きお姉さん(当然全員H大好き)が登場し、温泉で車内で学園でとエッチしまくります。
一応恋愛描写はあるのですが、恋に揺れ動く乙女の心情や恋しあう二人が結ばれるドラマ性などはほとんどありません。主人公の男からして、ほとんど棚ぼた的なエッチにワクワクしているだけの存在です(笑。
WhyNekomimi.jpg巨乳メガネな女性エロ漫画家が登場する短編「天然作家彩子先生」(←参照 漫画の資料にチ○コを見せてくれたお礼。ベタにも程が(ry)など、他の短編でも「即惚れ→即ハメ」というコンビニ誌エロ漫画の王道が炸裂しております。

「夢気分」シリーズではヒロインを3人と多くしたことで、ドリーミーなエロ空間の魅力が上がったものの、シナリオもエロも忙しない印象が強くちょっと残念でした。
年上系を中心したヒロイン達は個々に魅力的に描けており、凡百なシナリオを引き立ていましたが、ストーリーに期待するのはよした方がベターと思います。

FoxGirl.jpg初出は2007~2008年と狭いのですが、デッサン力にかなり不安があった以前(←参照 短編「こちらアニマルメイドカフェ」より)と比べて、作画力は大幅にアップしています。
未だ、表情などで絵柄が微妙に変動してしまっていますが、クセの少ない画風で描かれる萌え萌え美少女達は実に可愛らしいです。
一人貧乳ロリ娘さんがいますが(短編「はじめてのお勉強?」)、基本的にヒロインはたわわに実ったおっぱいの持ち主。やわらかそうに弾んで揉まれる乳房、(性的な意味で)美味しそうな陥没気味の乳首の組み合わせは読み手のおっぱい欲(新語)を掻き立てます
「天然作家彩子先生」でネタにしていましたが、性器描写は精彩を欠き、キツメの黒線消しもあって結合部の直接的な煽情性を期待するのは無理です。透過図や断面図もかなり中途半端な描写でプラス評価は出来ませんでした。

エロはややボリューム感に欠け、実用性は平均的な水準。行為自体はあまり濃厚ではありませんが、大ゴマを集中的に運用するフィニッシュシーン周辺はヌキ所としては決して悪くありません
ShavedIcePlay.jpgあまり強調されていないのですが、挿入やパイズリなどの行為に下着を絡めたり、ユニークなプレイ(←参照 管理人的には前代未聞の”かき氷プレイ” 短編「シチュエーション・ラブ」より)があったりするのは個人的には嬉しいです。
どうしても横並びになってしまうコンビニ誌エロ漫画の作品群なので、女性下着の描写やオリジナリティのあるプレイなどをもっと絡めて頂けると独自色が強くなっていいと思うのです。(勿論適度な範囲でですが)

爆発するオリジナリティーを持つエロ漫画作品を求めている方にはちょっとお勧めしがたいですが、お手軽な実用物件を探している方には安心してお勧めできる作品集です。
ベタはベタの味というものがあると僕は思うのです。

祝『しおんの王』大団円な雑記

お世話になっております、管理人のへどばんでございます。
最近レビューの質が落ちており大変申し訳ないです。多分語彙力とエロ漫画の知識が不足気味のためだと思うのですが、何とか頑張らないと…。

とまぁ、ネットの隅っこでエロ漫画への愛を書き散らしているわけですが、最近はリンクして頂くことも多く、恥ずかしいやら嬉しいやらです。
記載してませんが、リンクフリーなので「まぁ、紹介してやってもいいかな」というモノ好きな方はお気軽にドゾ。

The Agencyというイラストサイト様と相互リンク中ですが、ブログ始める前はイラストサイト様とリンク結べるとは思ってもみませんでした。凄い話です。
当方と同じく18禁でして、エロいスク水娘の絵を描かれてますので訪問されてみてはいかがでしょうか?なお、全年齢向けイラストサイトもやっていらっしゃいます。

また、最近アキバblog様という大手サイトにも補足して頂いております。「先方様から初めて来たよ」という方も多いのでしょうなぁ。ありがたい話です。
因みにアキバblog様関連で一番嬉しいのが、当方のレビューが本文中で紹介されている時に英語版が読めることです。
「おー、僕の胡乱な文章が英語になるとこんな感じなのかぁ」というのが実に楽しいのです。ちょっと意訳入ってますけど、そこがまた楽しいです。

あと、管理人渾身のされど後悔満載の霧恵マサノブ先生のレビューはそこそこ好評の様でとても嬉しいです。ありがとうございます。
いつかこの先生への思い入れを叫びたい!という思いがちょっとだけ実現できて変な満足感があります。
あと、天然猫肉汁アリス缶詰賢兄から素晴らしいコメントを頂きました。いつも本当にありがとうです。こんなショボイブログのしかもコメントにしておくなどとても勿体無く、このエロ漫画への愛がギッシリつまった文章はもっと広く知られてほしいと思うのですが。
賢兄のエロ漫画愛に触発され、僕もエロ漫画を「読む」こと「レビューをする」ことへの思いの丈をぶちまけたいとは思うのですが、時間が無くて新刊レビューで手一杯です(泣。

拍手および拍手コメントをくださる読者諸氏には本当に感謝です。励みになっています!拍手レスは続きに書きましたのでコメント送ってくれた方はどぞ。

なお、アクセス数は2万越えとなりました。全てのエロ漫画と作者様と出版社、そして読者諸兄に感謝と敬意を示させていただきたい。皆様のおかげで適度に楽しく頑張っています(笑。
では、次回のレビューにてお会いしましょう!
続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ