菊一もんじ『アナルバッカー』

AnalBacker.jpg午後10時に帰宅したら、「アマゾンから荷物が来ていたけどお前いなかったよ」という旨の通知が。
こなたのfigma版フィギュアと会えるのは明日以降になりそうです。みさおも作ってはくれまいか。

さて本日は、菊一もんじ先生の初単行本『アナルバッカー』(ティーアイネット)のへたレビューです。初単行本とは思えない痛快な暴れっぷりがとても素晴らしかったです。
タイトル通りにアナルセックスを軸としたマニアックな要素を果敢に盛り込みまくったエロシーンが楽しめる作品集です。

収録作は全て短編で6作。作品数こそ少なめですが、1作当りのページ数は24~36P(平均32P強)と十分な量があります。
変態チックな要素を特濃で味付けされたエロシーンは十分すぎるボリュームが確保されていて、読後の満腹感が(人によりますが)心地よかったです。

帯の訴求文の「アナルの冥府魔道」というフレーズに、「いやいや、流石に言い過ぎでしょう、ティーアイネットさん」と思ったのですが、読み始めるや否や、菊一先生のアナルへの徹底したコダワリに帯通りだと感服した次第。
全6作中、5作においてアニャルファックが描かれており、それも「前のついでに後ろも頂き♪」などという生易しいものではなく、異常性すら醸し出すプレイ内容を執拗に、かつ丁寧に描いています
短編「痔-shock」において、タイトルは単なる言葉遊びかと思いきや、外痔核がぷっくりと腫れたヒロインの肛門をばっちり描いており、そこまでエロに取り入れるのかと驚愕致しました。
ConnectWithAnnal.jpg短編「尻をギュッとね!」で双頭ディルドーでヒロインズがお尻の穴で連結されたり(←参照 タイトル通り女子柔道部が舞台)、各短編でのレモン、平手、カメラ、お菓子といった様々な異物のアニャルへの強引な挿入も非常にパワフルで個人的には高評価。
これらの、変態的なプレイの魅力をしっかり支えるのが、女性器とアニャルのとても生々しい描写です。特にアナルは、イボ痔はともかくとして、丁寧に周辺の皺を描き込み、ミチミチと音を立ててこじ開けられるとそこには腸液に濡れた蠢く肉襞が存在し、直腸壁が肉棒と共にズルリと外に引き出される様は、過剰とも言える生々しさがあって勿論非常に淫靡です。
なお、アナルに付き物のスカトロ関連にも少し踏み込んでいますが、ほとんど目立たない上にブツの描写は皆無ですので気にする必要は無いでしょう。

アナル関連以外でも、マニアックな要素をメインに据える傾向があり、アナル挿入が全く行われない短編「優等性」でも、男子便所の悪臭に興奮するヒロインが臭いを強調するプレイを強要されるというやはりマニアックな作品になっています。
DrinkIt.jpg他にも、ヒロインが肛門からひり出した白濁液をたっぷり入れた“アイスカフェ・オレ”を彼氏の前で飲まされる短編「フルーツパフェ」(←参照)、高飛車なヒロインが肛門からはチョコレートや飴玉を、口からは中年男性に咀嚼された液状と化したクッキーを流し込まれる短編「白濁day」などの、人によっては生理的嫌悪を催しかねないまでの強烈なマニアックさは、個人的には拍手喝采を送りたいです。
無理やりな挿入で軽く出血したり、後ろの穴→前の穴という挿入順序など、細かい所でもやはり人によっては大きくマイナス要因になる要素がありますので、多少留意されたし。
エロに割けるページ数に余裕があることから、これらの行為がねちっこく描かれているとも大きな強みであると同時に、訴求対象を狭めてしまっているかという印象です。

全作品が凌辱系統の作品であり、恋愛感情がマトモに絡む作品は皆無。深刻さの度合いに振れ幅はありますが、ラストもハッピーエンドといえる様な明るい雰囲気とは皆無です。
78dbb636.jpg序盤から不穏当な空気が漂う短編もありますが、序盤では漫画チックにオーバーなリアクションを魅せるコミカルな雰囲気を魅せる作品もあります(←参照 短編「白濁day」より)。
短編「痔-shock」や「白濁day」、「フルーツパフェ」などではそういった普通の雰囲気が段々と男の欲望に満ちた禍々しいものに変遷していく流れはなかなか面白かったです。
とはいえ、シナリオ分量低めのストレートな凌辱劇という印象が強いので、あまりシナリオ展開に期待するのはNGです。

ヒロイン陣はハイティーン~成人女性でスラリとした体型に描かれています。おっぱいは貧~巨乳ですが、あまりエロには絡まないので今単行本においては重要な要素ではありません。
WomanJudoPlayerAizawa.jpg気の強い女性(←参照 短編「尻をギュッとね!」より)や優秀な女性がメインであり、そういったヒロインをアナルファックという一種“汚い”行為で貶めるという構図そのものも今単行本の魅力を下支えしています。

目一杯押し広げられた女性器や肛門からあらゆるものを噴出させながら迎えるフィニッシュシーンは見開きを使ってダイナミックに表現されていますが、表現としてやや間延びした印象で魅せ方にもうひと工夫ほしい所。
適度に荒れる絵柄はむしろ魅力ですが、性器結合による迫力を優先させ過ぎている感があり、男性側の動きも含めたセックスの躍動感の描写が増すとさらに良くなると思います。
あと、外見がそっくりの男キャラが3人いるのはちょっと…。まぁ、もしかしたら同一人物なのかもしれませんが(笑。

兎にも角にもアナル関係というマニアックなジャンルに特化した作品集ですので、アナル属性が乏しい方が読まれるとドン引きしてもおかしくはありません。それ故にマニアックな要素をエロ漫画に求めている貴兄には、垂涎の1作と言えるでしょう。
なお、菊一先生は後書きにて、これからもアナルにこだわっていきたいと仰られているので今後も非常に楽しみです。マニアックなジャンルに有望な新人作家さんが踏み込んで来てくれるというのは大変に頼もしいものですなぁ。

東鉄神『ふたりでできるもん』

YouICanDoEverything.jpg『金魚屋古書店』7巻(芳崎せいむ/小学館)を読みました。漫画好きのサラリーマン、緒田さんが久し振りのご登場で嬉しいです。13話(2巻に収録)の彼の台詞は心に染みましたからねぇ。

さて本日は、東鉄神先生の『ふたりでできるもん』(ワニマガジン社)のへたレビューです。黄色い楕円付きのエロ漫画で読めて幸せです。
パンチ力のある台詞や状況設定に彩られたコミカルな雰囲気を楽しみつつ、巧みな表現力に支えられたエロシーンの実用性にも満足できる作品集です。

LookAtMeMyXXX.jpg収録作は、男子大学生のアパートの部屋に大学の後輩さんや、従妹、人妻さん(バリバリの痴女)が毎回Hな用事で訪問してくる「ふたりでできるもん」シリーズ(←参照 第2話「もっとふたりでできるもん」より)全4話+描き下ろし4コマ(2P)、および短編6作。
1作当りのページ数は16~24P(平均19P強)と、初出が快楽天であることを考えれば標準的な量。漫画としての読み応えは軽いですが、エロの質・量共に水準をしっかり上回っています

全体的にシナリオはコミカル色が強く、好き合う男女を登場させる「ふたりでできるもん」シリーズや短編「個室の花園」においても恋愛感情の描出にあまり力点は置かれていません
特に短編作では快楽至上主義の色合いが強めであり、凌辱的な要素は感じないものの、心のつながりが介在しない性行為が描かれる短編「ボクの家庭教師」や「またお越し下さいませェ」などもありますので、「軽くても良いから恋心の描写がないと駄目」という貴兄は注意を要します。
TelephoneCall.jpg序盤の楽しい流れやインパクトのあるギャグシーン(←参照 短編「個室の花園」より)で読み手をスムーズに作中へと没入させ、小難しいことを考えなくなった状態でエロシーンへとご案内する展開はコンビニ誌エロ的には最善といえるものでしょう。
少しダークな「ボクの家庭教師」を除けば、物語のラストはおとぼけコメディなハッピーエンドですので読了感もよいと言えるでしょう。
個人的には、開始1P目を使ってポンポンと天丼ギャグを繰り広げた「ふたりでできるもん」1~3話が大好きです。

キャラクター造形に関してはそれ程オリジナリティーのあるものでは決してないのですが、そういったキャラクターを風変りな状況下に置くことで生じるユニークさがとても面白い印象があります。
TheAbsurd.jpg例えば、キツイ性格のキャリアウーマンが年下の彼氏に振り回され(ここまではよくありますよね)、いい年こいてメイド喫茶で働くことに!な短編「ご奉仕メイド真理子さん」(←参照 彼女は28歳です)とか、子供のころから従兄への恋心を抱くツンデレ気味の従妹さん(やはりここまでは類型的)が、自分の女性器の形が変と言われたのを気にして確認してもらいに来るシリーズ第2話「もっとふたりでできるもん」などの愉快さは◎。
絵柄的には萌えっぽさや色気を適度に織り交ぜた親しみやすい二次元絵柄。ヒロインのキャラクターによって、可愛らしさを強く出したり女の色気を強く出したりと、多少タッチを変化させているように感じます。
背景等、細かい所までしっかり描き込んでおり、エロシーンとはあまり関係しないものの個人的には好印象。

コミカルパートは売りの一つながら決して分量は多くなく、その分エロシーンのボリュームはしっかり確保してあります。
淫乱な年上女性に責められちゃうシチュエーションが少しありますが、基本はそこそこねちっこく描かれるフェラやクンニリングス→ぬれぬれなあそこに突っ込んでズンパンズンパンというコンビニ誌らしいオーソドックスなエロ展開です。
シリーズ第2話「もっとふたりでできるもん」で女性器の形状をネタにしただけあって、リアル寄りに丁寧に描かれながら過剰な生々しさやエグさのないオミャンコの描き方のバランス感覚はお見事
さらに、修正の厳しい成人指定なしの雑誌で活躍しているだけあって、舌や唇、乳首といった修正を要しないエロ局所の描写の水準の高さでエロスをしっかり確保できているのは東先生の大きな強みです。
ヒロインによってボディデザインに幅は多少あるものの、ボリューム感のあるおっぱいやお尻を印象的に魅せる構図やポージングの巧さがあり、セックスシーンでの体の動き(特に下半身と髪を含めた頭の動き)を時にダイナミックに時にリズミカルに魅せてきます。
DisciplineForCustomer.jpgまた、短編「またお越し下さいませェ」の無表情娘さんに加え、割合気の強い女性が多いことから、そういったヒロインが見せる性感に溺れる表情(←参照 接客用の表情を練習中 短編「またお越し下さいませェ」より)のギャップがなかなかそそります。
プレイ内容そのものは平凡ですが、それの見せ方が大変上手いからこその実用性の高さがあると感じました。
外出しが2割程度混入していること、処女さんの場合にはアッサリ気味ながら破瓜描写があることについては、人によっては気になるかもしれません。

ラブラブな雰囲気が味わいたいという貴兄には必ずしもお勧めは出来ないのですが、美人さんと存分にエッチを楽しみたいという貴兄にはベストマッチな単行本です。
現在連載中の「栗本さん」シリーズが収録されるであろう(黄色い楕円付きの)次巻以降が今から楽しみです。

由雅なおは『恋愛絶対領域』

LoveRomanceAbsoluteRegion.jpg今回のストライクウィッチーズも湯気という名の白い壁に色々阻まれ、(いくらDVD買うとは言え)あんまりだと思いましたが、それより問題なのは管理人の嫁のフランチェスカたんの出番が極少だということです。ムキー!
まぁ、サーニャちゃんに比べれば…。

さて本日は、由雅なおは先生の『恋愛絶対領域』(オークス)のへたレビューです。由雅先生の前単行本のレビューもご参照あれ。
ライト凌辱から子供同士のラブラブHまで作風の幅は広めですが、可愛らしいロリ娘さん達とエロいことしたい貴兄にはお勧めできる作品です。

PretendingToBeAdult.jpg収録作は、二人の男の愛情を秤にかける大人の女を演じようとした女児の悲しい失敗を描く「こどものじじょう」前後編(←参照 前編より)、男女が共に子供らしからぬ暗い姦計を巡らす短編「優しさの裏側で」+描き下ろし後日談、および短編8作となっています。
1作当りのページ数は「こどものじじょう」(前編に相当 18P)を除いて全て16P。ページ数の少なさに加えて、重いシナリオや凝ったキャラクター造形を排して抜きに方向性を絞った作品が多いため、読み応えは良くも悪くも弱い印象があります。

上述のとおり、少年少女同士の子供らしい純情さが素敵な恋愛H系から凌辱的な要素を含むダーク系までシナリオの味付けは様々
能天気なラブラブ系作品が多めである分、恋心の行き違いが招くシリアスな心理描写を含む「こどものじじょう」や少女を蹂躙する暗い要素を含む短編「優しさの裏側で」「ヒメゴト」がピリッと辛いスパイスになっていますが、お話はあくまで味付け
LastWithSmaile.jpg上級生に性的な意味で悪戯をされた少女が鮮やかな逆転劇をラストで魅せる短編「ヒメゴト」(←参照 まさかの微笑みでのラスト)で展開の巧さを見せつけたものの、ページ数が少ないこともあってシナリオの流れにこれといった見せ場がないのはちょっと残念
背伸びしたい女の子が引き起こす等身大の悲劇を扱う「こどものじじょう」や、無邪気に見える少年少女が共に騙し合う短編「優しさの裏側で」は、題材のチョイスが優れている上にラストの余韻も大変よいのですが、シナリオの分量的な余裕が無い故に劇終までの話の持って行き方に説得力が欠けていたと感じました。

近作では、ボディバランス(特に頭と胴体のバランス)の大幅な改善が見られましたが、今単行本にも収録されている2006年辺りの作品ではやはり以前の危ういバランスの絵柄。
LolitaIsCleaning.jpgとは言え、ハイティーン美少女~成人女性では違和感を覚えていた頭でっかちのキャラデザがロリ少女を描くと結構マッチしており、想定外の可愛らしさが感じられました(←参照 短編「そうじの時間」より)。
丸みの強い顔の造作に、ぱっちりとした大きい目、さらにはやたらとデカイリボンを装備させたりとロリ娘のキュートさをより修飾する要素が多いのはプラス評価です。

しかし、ロリっ娘とはいえ、同年代の男の子との絡みが多いこともあってあまり体の小ささや年齢の幼さが強調されている印象はありません。初出の雑誌から考えればヒロインは全員小○生のはずですが、それを想起させようという意欲は乏しい感もあります。
また、重要ポイントの胸も完全ペタンコさんから年不相応過ぎる巨乳さん(←参照 短編「お医者さんとの秘密診察」より)まで結構バラエティがあり、「ロリ=貧乳」という鉄の掟を堅持する貴兄は回避の方向で
LolitaWithBigBust.jpg個人的には、お胸が大きい事への少女(←の娘さん)のちょっとした不安・コンプレックスに付け込んで、その巨乳にいやらしいことをしまくる「お医者さんとの秘密診察」が大層エロティックであり抜き的な意味でお気に入りです。

幼い恋愛感情を確かめ合う嬉し恥ずかし恋愛エッチもありますが、身も蓋もない凌辱エッチもありますので多少注意されたし。なお、気弱な男の子が女の子の集団に美味しく頂かれちゃう作品もあったりとエロのシチュエーションは広め
男性器・女性器の描写共に貧弱であり、それ故断面図や透過図の描き方も中途半端で正直あまり必要は感じません。そういった直接的な描写よりも、可愛いロリ美少女にエロいことしているんだ!という妄想の喚起で抜かせるタイプであり、絵の好みが実用性を大きく左右する可能性があります。
古典的な直線的なコマ構成と萌え要素の強い絵柄とが微妙に噛み合っていないせいか、いまいち中出しフィニッシュの迫力が感じ取れませんでした。まぁ、体の動きや液汁描写の迫力・激しさで魅せるタイプではないということは書き添えておきます。

もうちょっとページ数が増えて、キャラクターの掘り下げや作品中盤でのシナリオ展開が加われば、絵柄とキャラで抜かせるエロシーンの魅力がさらに高まったのではないかと思えます。
何はともあれ、帯の訴求文の通り、「よーするにロリ娘とHなことしたい」方にはお勧めできますよ。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ