伊佐美ノゾミ『ちんかも!』

TinKamo!.jpg『シグルイ』11巻(山口貴由/秋田書店)を読みました。まさか、この漫画でツンデレふたなり美少女が登場しようとは(曲解。
実に引き込まれる妖しい魅力に満ちた作品ですが、そろそろ御前試合の決着を拝みたいのもまた事実。

さて本日は、伊佐美ノゾミ先生の『ちんかも!』(ヒット出版社)のへたレビューです。
漫画的な面白みは少ないものの、エッチ大好きなロリっ娘さん達の果敢なラブアタックを楽しめる作品集となっています。

収録作は全て短編で9作。表帯の訴求文に“少女12人”とありますが、これは短編「恥験」でヒロイン4名が登場するため。
1作当りのページ数は16~26P(平均22P弱)と標準的ですが、作画・作劇共に力強さをあまり感じさせず読み応えはちょっと乏しい印象です。

作風に関しては、半数程度が成人男性と少女の年の差ラブ話(短編「2P」のみ少年少女のラブアフェア)、のこり半分の短編は時にダークな要素もある快楽耽溺系の作品です。
TinKamo01.jpg前者のタイプでは、少女側の「大好き!だからエッチしたい!」というおませな感情や無邪気な性欲が、多少類型的とは言え、前面に出せれており、ヒロイン達の積極的な言動には惹かれるものがあります(←参照 短編「2P」より)。
後者のタイプに関しても、ヒロイン達が大人達によって快楽の牢獄に閉じ込められる短編「恥験」を除けば、エロにしても話の流れにしても全体的な支配権を持っているのはヒロイン側という印象。
短編「変態さん」が代表的でしたが、少女の人格を否定するような言葉を浴びせる激しい拘束エッチが描かれても、実はヒロインの掌の上で踊らされているという展開が語る様に、すべての短編で主人公はあくまで少女達で男性達は彼女たちの魅力を引き立てる舞台装置でしかありません。
ただ、どうにもお話としては面白みに欠ける印象が個人的には強かったです。ベタなヒロインのキャラ造形から広がっている部分はあるのですが、そのオリジナリティーをシナリオに活かせていないのか?と考えています。

ヒロインの性格付けは従順な娘から可愛らしい淫乱さん、勝気な元気少女まで結構バリエーションはあります。
年齢的にはローティーン中心(推定)で、帯に発育途中とあるようにお胸はツルペタ~微乳まで広がりがありますのでヒンヌー原理主義者の貴兄は少し注意されたし。
ランドセルといったロリータの記号的な味付けは乏しいですが、成人男性との対比による小ささの強調とツルツルプニプニなスージーさんの描写があるため、ロリ色はそれなりに強め
TinKamo02.jpgメイド服(←参照 正確にはウェイトレスの制服ですが 短編「喫茶店CaitSith」より)といった狙ったコスチュームもありますが、割合普段着(子供服)を着たままエッチに臨むケースが多く、少女性愛という禁忌の非日常性と衣装の日常性のギャップが生み出す背徳感はちょっとした良い味付けになっていました。

多少安定性が増したかなと思わなくもないものの、作画力に関しては前単行本『少女の胸がふくらむ時』(ヒット出版社)から大きな進歩が認められないと個人的には思いました。
967269e2.jpg特に男性の描き方が非常に拙く(←参照 短編「私のお兄ちゃん」より)、いくら作中でティンコ以外に存在感が薄いとは言え、甘酸っぱい恋愛話にしてもインモラルな快楽譚にしても作品の魅力を削ってしまっている感があります。
女の子達が表情変化も含めて活き活きとしている分、余計に男性のキャラがつまらなく見えてしまっているのは残念です。

割合サクサクとエロシーンへと導入されるため、分量的には十分確保されていると思います。
舌や手で丁寧に少女の肢体のあちこちを味わった後、ヒロインが自ら開く小さな花弁にティンコを挿入。抽挿を繰り返すうちに、淫蜜が卑猥な音を立て漏れ出すのはベタとは言え十分にエロチックです。
快楽に染まる嬌声と多少盲目的にも聞こえる愛の言葉を積み重ねて迎えるフィニッシュは最奥にがっつり中出しという安定設計で絵柄さえ合えば十分使える作品ではあります。
ff6b4dda.jpg物凄くグッとくる煽情性を誇るコマもあれば(←参照 所謂“おねだり”の台詞もグー 短編「春に桜」より)、いまいち中途半端な構図のコマもあったりとエロ漫画としてのページ構成力には相変わらず不足がある印象
短編「女神降臨」において視点を引いた絵を見開きページで描いたのは、それまでの展開からして非常に上手いと思ったので、このセンスがあるなら今後もっと上手になると期待してはいるのですが。

大きな欠点こそ無いものの、4冊目にして伊佐美先生としてのオリジナリティーが大きく育ってきていないのは残念。というか、同様の感想を前単行本でも思った記憶があり、思い切った進歩とか変化を見せて頂きたいのが率直な感想です。
ふくらみかけの美少女達に翻弄されたい貴兄にはお勧めできますが、そういった方以外には強いアピールポイントがちょっと無いかなと思います。

楓牙『男の子女の子』

YoungBoyYoungGirl.jpg先週の狂乱家族日記とストライク・ウィッチーズは共に(お風呂的な意味で)サービス満点の回で管理人は狂喜乱舞。
何を差し置いても、フランチェスカ(俺の嫁)のシャワーシーンが!シャワーシーンが!(大事なことなので2回言いました。

さて本日は、大分遅くなってしまいましたが、楓牙先生の『男の子女の子』(ティーアイネット)のへたレビューです。
少年少女の等身大の恋愛感情をじっくりとそして素朴に描いた優しいラブストーリーが味わえる作品です。

HisBrothersGirlfriend.jpg収録作は、ちょっと不思議ちゃんであり兄の彼女でもあった少女と交流を重ねるにつれ自分の中に芽生えた感情を持て余す少年を描く中編「Girl Friend」全3話(←参照 第1話より)、および互いに素直になれない少年と少女の小~中学生にかけての淡いラブストーリーを描く3連作「Wink」「Wish」「Will」を収録。
1話当りのページ数は24~42P(平均36P)とティーアイネット系らしい大ボリューム。単行本を通してじっくりとシナリオを味わえるタイプの作品です。

3連作と中編「Girl Friend」はクロスオーバーしており、両作品の主人公の男子2名は友人という設定。また、作品で描かれる世界観は楓牙先生の他の単行本と共通していますが、ストーリーのつながりはほとんどないので今単行本から読んでも全く問題ありません
作風的には、ラブ話のベースに笑えるコミカル要素を足したりゴリゴリの濃厚エッチを絡める作品が全盛期の昨今において、そういった派手な要素を欠く珍しいほど素朴でかつよい意味で青いラブストーリーが描かれます。
TheHand.jpg年相応に確立されている彼女たちなりの恋愛感情やそれに由来する行動に対し、異性に対する性欲や恋愛感情の確立が遅い少年達は得体のしれない感情に戸惑い、一歩引いてしまいます(←参照 少女が重ねた手を放してという意の少年のセリフ 「Wink」より)。
そのすれ違いは、良くも悪くも非常にもどかしく、意思疎通の齟齬が生み出す男女両者の悲しみはじわりと読み手の心を刺激します。
少女マンガ系の「好き合っているはずなのになかなかスムーズ結ばれない」という描写が好きな方にはプラス評価、竹を割ったような快活で展開に勢いのあるラブストーリーをお求めの方にはマイナス評価となると思います。管理人はどっちも好きで良かったですが。

ただし、じっくりとページをかけて現実的故に地味な心理描写や二人の間の出来事を積み重ねていくことで、少しひねくれてはいますが大変気持ちの良いラストの説得力・読後の余韻の良さを高めています。
シリーズ3連作の間に中編「Girl Friend」3話を挿入するという構成になっていますが、これが3連作のシナリオ展開にちゃんと意味を持っているのは面白い所。

作品に登場するのはローティーンの少年少女で、その情動や興味といった精神的なものも体格や性器といった肉体的なものも年相応に描かれています
作風には非常にマッチしていますが、分かり易い萌え要素とかエロ要素とかのない地味な漫画チック絵柄。
TearDropOnHerFace.jpgまた、表情変化をかなり抑えており、感情の豊かさを思い切った描写では表現できていません。ただ、少しずつ変化する表情は、やはり徐々に変化する繊細な少年少女の心の動きを伝えていることは読めば分かると個人的には思います(←参照 いいシーンですなぁ 「Will」より)。
全体的にページのコマ構成に魅力が乏しく、例えば日常性を持たせるために挿入する背景のコマや感情と関連させる細かい所作を描くコマを織り交ぜる手法自体は決して悪くないのですが、全体的に見た目の印象が硬い感じがしました。「Wish」の冒頭見開き2Pとかのコマ構成は構図的にも背景の丁寧な描き方も含めて素晴らしかったのですが。

ティーアイネットにしては珍しく、多いページ数のかなりの部分を等身大のドラマの描出に割いているためエロのボリューム感は強くはないです。
FinishSceneOfHuga.jpgフィニッシュシーンすらエロ漫画的に派手な表現はほとんど無く(←参照 「Wish」より)、性行為は一種淡々と行われます。それ故に、制御の利かない性欲、行為への戸惑い、そして小さな恋心などそこに込められた様々な感情が画面から浮き上がっては来るのですが、がっつり抜きたいという貴兄にはかなり不服であろうとは思います
ちなみに多回戦の率が多く、中出しと外出しを両方実行してくれるのは個人的にはよいサービスですが、オーラスが外出しというケースも多く、ナカダシャーな貴兄にはこれまた不満かもしれません。

個人的には、抜き用のエロ本としてより、セックス描写が絶対に必要なエロ“漫画”として楽しめる方にお勧めしたい作品です。
また、少年時代の異性への判然としないもやもや感とかそれが解消される驚きや喜びを再び味わってみたい貴兄にもお勧めと思いますよ。

いけださくら『むにちち』

TheSoftBust.jpg北京五輪はあまり観戦していませんが、男子100mのボルト選手(ジャマイカ)は凄すぎましたね。ラスト完全に力を抜いていたのにぶっちぎり1位&世界新記録!
最後まで真剣に走ったら一体何秒で走ったのでしょうか!?

さて本日は、いけださくら先生の初単行本『むにちち』(コアマガジン)のへたレビューです。表紙絵の透明感のある水の表現が涼しげで、温かい血潮の流れる柔肌との対比が素晴らしいですなぁ。
その中身は若い男女の甘い恋愛模様と魅惑の柔らかむっちりボディが繰り広げる濃厚エッチの見事な調和が楽しめる短編集となっています。

収録作は全て短編9作+いけだ先生のミニキャラ自画像が可愛いおまけ4コマ(3P)。タイトルは全てひらがな表記なのですが、そこに込められた意味や洒落をカバーの柱で説明しており、その日本語の用法のハイセンスさに管理人はときめきました
1作当りのページ数は20~28P(平均22P強)と標準的ながら、読み手の胸にじわりと沁みる恋の描写と股間を直撃するエロのボリューム感があるため、十分な読み応えがある印象です。

暗い要素のある作品は1作もなく、ミドル~ハイティーンの男女達が幸せに結ばれる様を甘くそしてちょっぴりコミカルに描いています。
ちょっと素直になれない女の子にふとした機会に男の子が愛の告白→女の子が果敢にラブ・アタックでギシギシアンアンに突入→心も体も結ばれて二人ともハッピーに!という流れがほぼ全短編で認められ、ややワンパターンな印象はあります
SuddenHappyness.jpgただ、個々に魅力的なヒロインが示す、愛の告白に不意を打たれた表情(←参照 短編「はなかずら」より)や溢れる恋心故の照れた表情、男を優しく挑発する淫靡な表情などが作り出すラブラブ時空の魅力は一級品です。加えて、このラブい雰囲気がエロシーンも含めて貫徹されているのは好印象。
短編「ねこ・にこ・ばん」や「はなかずら」の素敵に乙女チックなラストは素晴らしかったですが、やや間延びしたりコミカルさが噛み合っていなかったりするラストもあり、話の締め方にやや難を感じました。

「ふみふみ」や「でこ。ぼこ。」のお嬢様タイプのヒロイン、「ねこ・にこ・ばん」や「いとよりさま」の不思議ちゃん、「いっし そうれん」や「いっぽんはればれ!!」のちょっとガサツな武道少女などと作品間で多少似通ったキャラ造形がありますが、互いの思いがスムーズに伝わりにくいタイプの女の子達をふんだんに投入することで、“思いが伝わる喜び”という恋愛話の良さが高まっているようにも思います
TasteOfJaponism.jpgなお、短編「まつりごと」のヒロインを除いて全員黒髪で、着物(←参照 着物+信玄袋 短編「ふみふみ」より)や巫女装束、柔道着といった衣装が多く、和風の味付けの強さを感じます。
背景としての描き込みは甘いものの、舞台も縁日や日本家屋、弓道場など日本情緒のある場であり、タイトルセンスと併せて、いけだ先生のコダワリが出ていてとても嬉しく思います。

そんなヒロイン陣は並~巨乳のおっぱい、適度のボリューム感のあるお尻、そしてツルツルぷにぷにのオミャンコを装備する魅惑のボディの持ち主
Form-ChangingBigBust.jpg乳尻のズームでやや平板な印象を与える白地の多い絵柄はちょっと勿体ないですが、単行本タイトルに偽りなく実に柔らかそうに形を変えるおっぱいは大変魅力的(←参照 短編「でこ。ぼこ。」より)。
存分に揺れ・弾み・たわむ大きめおっぱいに比べるとやや活躍度は低いですが、おしりを中心とした下半身の重量感を伝えるコマも諸所に配置されているのは嬉しい所です。

表紙絵でもそうでしたが、量的な派手さは皆無ながら液汁関係の描写が秀逸であり、涎が糸を引き舌が絡み合うキスシーンのエロチックさ、ヒロインが奮闘するフェラシーンの魅力をしっかり下支えしています。
陰毛描写はないものの蠢く媚肉や襞は丁寧に描き込まれ、リアル寄りとは言え生々しさの臭味が少ない女性器描写も光ります。これが淫蜜に濡れそぼるシーンのエロいことエロいこと。
性器結合を強調する構図が連続し過ぎるのはやや頂けないですが、甘い愛の言葉を紡ぎながらより一層激しく交わる力強いセックスシーンは大変実用的であり、所謂“賢者タイム”の温かい余韻も大変良好
02340699.jpg最後まで全脱ぎになることはなく着衣エッチが基本ですが(←参照 短編「いっぽんはればれ!!」より)、むっちりボディが衣服からこぼれ、行為の進展と共に着衣が肌蹴ていく様もなかなか煽情的です。
男女ともに幸福な性的絶頂を迎えるフィニッシュは、目一杯開いたオミャンコにたっぷり中出しとコアマガ系列らしい安定感で、多くの人にとってよい抜き所になるでしょう。

初単行本とは思えないキャラ立てとシナリオ運びの安定感、およびそこに自分の好みを嫌みなく絡める手腕の巧さは特筆に値します。
後書きおまけ4コマのタイトル通りに“散らない桜”になられることを心より期待し、応援させて頂きたい作家様です。お勧めですよ!
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ