あんみつ草『ぐりーん・あぽー』

GreenApple.jpgHG茶川先生の『ちちカノ』を読みながら、「人の欲望の際限なさも凄いが、それにしっかり応えるエロ漫画も凄いなぁ」と思いました。
いつかレビュー書いてみたいです。

さて、今日はあんみつ草先生の『ぐりーん・あぽー』(久保書店)のレビューです。
ちょっと不思議でちょっとひねくれた、しかしてピュアで素敵なラブ話が満載の単行本となっています。

Maayatyann.jpg収録作は、未来を予知する能力を持つ地味っ子さん(←参照)と女たらしな先輩とのラブ・アフェアな「エコエコマーヤ」全5話+短編5作となっています。
1作あたり16Pが基本のページ数でありやや短い印象はありますが、揺れ動く心理描写がしっかりしているので読み応えは相応にあります。

上述の「エコエコマーヤ」に登場する予知能力少女や、星間戦争の最中捕虜になった地球人と宇宙人(♀)コンビを描く短編「激戦区の空の下」はファンタジー要素を含みますが、基本は等身大の少年少女とラブ話です。
とは言っても登場人物達は多かれ少なかれちょっと変わった人物像で描かれます。男女が互いの気持ちをストレートにぶつけ合ってラブラブイチャイチャに~という分かりやすいシナリオ展開はほとんどありません。
「本当に恋愛感情があるの?」と思わせておいて実はしっかりラブラブな二人を描く短編「サトコイトケイ」、男性(兄)が妙に真剣な顔をするため「裏をかいて実はシリアス?」と思わせて結局どーしょもないコミカルオチな短編「ぐりーん・あぽー」など、こちらの予想を攪乱してくる少しひねくれた作風が特徴です。

LoveIsVital.jpg半強要的な性行為や女性を性行為の対象としか見ていない様な(あくまで”様な”です)台詞が登場しますが、←のコマが象徴するようにあくまで描かれるのは愛し合い惹かれあう男女の愛の行為です。
どうにも自分の気持ちに素直になれない登場人物達ですが、最終的には誰一人として不幸にはならない優しい雰囲気が大変心地よいです

地味で気弱な占い娘が百戦錬磨の女たらしに翻弄されながら、最終的にはハッピーに結ばれる「エコエコマーヤ」も好きですが、個人的には「へい!ブラザー」がお気に入り。
BrothersAndGirl.jpg兄貴が素直な弟を騙くらかして、同級生の女の子(←参照)とHさせちゃうという一見とんでもない設定ですが、破天荒ながら何だかんだで弟想いの兄貴が素敵です。あと、素直な弟君も弟君にメロメロなヒロインも実にキュート。

絵柄に関しては、すっきりした細いラインでスタイリッシュに描く所謂”女流作家らしい”絵柄です。
エロ的な煽情性には欠けますが、守ってあげたくなるような儚さと内に秘めた芯の強さが同居する少女が魅力的に描かれています。
NaimuneEliens.jpgなお、ヒロイン陣は全員ツルペタ~ほんのり膨らんだ程度の胸ですので(←参照)、ヒンヌー教徒の皆様大喜び、巨乳原理主義者は大落胆となると予想されますので一応注意。体型的にもキャラ造形も地味めですが、そこがむしろイイ!という人は少なくないはず。

少ないページで心理描写・シナリオ展開に相応の分量を割いているため、エロのボリューム感は希薄。結構激しい性交が描かれますが実用性のみを目的とした購入は控えるべきでしょう

何かもどかしくて、SF(すこしふしぎ)で、時に予想の斜め上を行って、でも暖かく幸せなラブ話が好きな人にお勧めです。尾野けいじ先生の『ラブでれ』が好きな人は是非どうぞ!

深田拓士『完熟人妻日記』

MatureWifeDiary.jpg新参・零細なレビューブログな当サイトですが、今回初めて同じ先生の新しい作品を紹介します。
何か、レビューサイトっぽくてカッコイイ気がします(謎

というわけで、深田拓士先生の『完熟人妻日記』(コアマガジン)のレビューです。なお、前回のレビューはこちらです。
結論から言えば、絵柄・キャラ造形・シナリオ展開の全てがまさに”人妻モノの王道”と言ってよいものになっています。

短編11作が収録されており、内10作はタイトルに偽り無く人妻・未亡人が登場します。
深田先生の作品ではお馴染みの、奥底に性欲の疼きを抱えながら貞淑を装う塾女さんが、悪漢に身を汚され快楽の虜にというベタベタな展開が臆面も無く展開されます。
StandardTheory.jpgシナリオ展開や男女の台詞の応酬は敢えて官能小説的なフォーマットを踏襲したもの(←参照)であり、定番を貫き通す潔さには感服です。

ベテランの先生だけあって絵柄はかなり安定していますが、かなり古い作品が2作(「危ないLOVE LESSON」「HARATTAMA!-祓ったま-」)が含まれています。
基本は同じながら荒さが目立つため、人によってはマイナス評価かもしれません。個人的には90年代エロ漫画のノスタルジックな画風と現在と全く異なるあっけらかんとした明るさのある作風が新鮮でしたので、深田先生のファンにはむしろプラス評価になる可能性があることは特記しておきます。

相変わらず表紙のカラー絵が雑な印象があって損をしていると思うのですが、中身の白黒絵では淫靡さをしっかりと表現しながら劇画系と一線を隔すキャッチーさも存在する絵柄は作風に完全にマッチしています。
TheArtOfFukada.jpg内に欲望が滾る蟲惑的な瞳、少し垂れ気味な巨乳、肉付きの良い腰周り(←参照)は塾女モノとして完璧なキャラクター描写です。ちょっとくたびれた感のある表情や肢体が実にいい味を出しています。
黒ベタなどを多用とした暗めの背景、陰影の強調など重く暗い雰囲気を作り出す作画も熟練の技の賜物です。

むっちむちな人妻の体を存分に蹂躙するエロシーンの実用度は文句なしに高いです。陵辱行為に怯えた表情でお定まりの台詞(誉め言葉です)で抵抗しながら、性の快楽に耽溺してゆく流れはややワンパターンながらどの作品でも大層抜けます。
初出の雑誌の関連で修正がキツメの白ボカシだったりする短編(「塾妻」)もありますが、この先生のエロシーンの良さはむっちりとした肢体(特にお尻)のエロスと凛としていた表情が快感に咽び泣くものへと変化していく様子にあるため、性器描写があろうとなかろうと大して関係ないというのが個人的な感想です。

BeautyInMouring.jpgまた、人妻なら地味目の衣装とエプロンの組合せや年相応の外出用衣装、新婚さんなら当然ウエディングドレス、未亡人なら喪服(←参照、喪服大好きです)とギミックもしっかり定番を押えています。
人妻モノの作品では雰囲気作りには必須なアイテムとも言えますので、好きな人には煩悩を大いに燃え上げさせてくれるでしょう。

お話的には敢えてベタな展開をニヤニヤしながら楽しむこと以外にあまり見るべきところは無いです。劇終はダークな印象が強いもの(「the down」など)から、気持ちよいならそれでよい的なお気楽なもの(「Welcome to人妻ソープ」など)まで幅広いですが、あまり気にするようなことではないでしょう。
前回のレビューも同様のことを書きましたが、全編に渡って漲る愛すべき”おっさん臭さ”を楽しめるかが鍵です。
コンビニ誌のお気楽ラブコメHがちょいと物足りなくなってきた貴殿には、おっさんエロ漫画入門として実にお勧めな1作です。

ありのひろし『マスカノ』

MasterKanozyo.jpg長谷川哲也先生の『ナポレオン~獅子の時代~』9巻を読みました。今巻も圧巻の男臭、いや漢臭がプンプンしてました!
個人的には、脇役もいい所ですが、マルモンとセリュリエ将軍が好きですね。

さて、ちょいとM願望をお持ちの同士諸兄には好物件、ありのひろし先生の『マスカノ~ご主人様は彼女~』(コアマガジン)のへたレビューです。
マスターな彼女の略で「マスカノ」なんでしょうな。

今単行本には全て短編で11作が収録されています。1作あたりのページ数は18Por20Pと標準的。
単行本のタイトルや表紙の雰囲気から察せられる通り、Sっ気のある女性に男性が(性的な意味で)責められるという作品が大半を占めています。ただし、女性側のSっ気の幅はかなり広いです。
TundereRori.jpg女性教師が男子生徒に性の実技指導な「快楽マエストロ」はSっ気そのものはあまり重要ではないですし、「小生意気Swimmer」では嫉妬したロリ娘さん(←参照)が大好きな男性につい意地悪してしまうのですが、これも女性の責めに重点を置いた作品ではありません。
「あなたとセクソムニア」のように、「単に女性側がHで行為の主導権を握っているだけ」というケースもありますので、あまり女性からの責めだけに期待するとやや肩透かしをくらうので注意しましょう。

ただ、幼女と年上美人にダブルで責められる「いたずら幼精」やヒロインの挑発的な表情と言葉責めが読み手を魅了する「エピキュリアン」など、女性側が完全に攻め手で男性側が受けというケースもしっかりあり、M属性持ちの煩悩に直撃してくれます。
ヒロインが金髪縦ロールお嬢様でプレイは言葉責め、黄金水、黒ストッキングで足コキ、最後は男性下僕化とこれでもかという完璧な布陣が認められる「お嬢様は下僕がお好き」には個人的にはやられました。
この手の作品ではもはや王道になった感のある、女装少年が年上女性に調教されてしまう話(「お着替えしまショ!」)もあります。

絵柄については、昨今流行のクセの少ないアニメ/エロゲー絵柄であり、多くの方に受け入れられる画風です。初出に結構幅がある様なので、基本的にはあまり大きな変化は無いとはいえ、古い作品程絵柄の安定感が低く、荒い作画が散見されます。
PreviousWorkOfArino.jpg古めな作品では、所々で登場人物が何か妙にカクカクした頼りない線で描かれており(←参照)ちょっと気になります。
ただ、エロシーンでは作画がグッとしまって近作と変わらない淫らな肢体と表情が描かれていますので、実用性の面ではあまり影響はありません。

性器描写の貧弱さこそ否めないものの、属性さえ合えば実用性は十二分に高いと言えます。特に、ヒロイン達が男のティンコを、手コキや足コキ、パイズリといった様々な方法で積極的に弄ぶ様が非常にエロチック。
ポヨンポヨンと柔らかそうなオパーイをお持ちな巨乳さんの率が高めですが、少しだけ登場するロリ娘も非常に可愛らしく描けているので、ヒロインのバリエーション的にも幅広くかつ万人受けするものになっています。
また、複数女性と男性一人という多人数プレイが多いのも特徴です。

話作りについては評価できる部分は少なく、ごく一般的なエロ漫画でよく見られる「どうでもいい話」程度のものになっているのは否めません。「エピキュリアン」のように序盤からエロシーンまでの導入は面白そうなのに、読者置いてきぼりな唐突なラストを迎えたりと話作りには課題が多いと思います。
18def937.jpgただ、実は家が貧乏であることを知られたお嬢様(?)が、男に脅迫されてエロイことをするうちに、彼女の中の女王様気質が花開き(←参照)、最後には脅迫していた男子を下僕にさえしてしまうという展開はなかなか面白く読めました。
今後女性が攻め手の作品にテーマを絞っていけば、シナリオ面もよくなってくるのでは?と期待はできます。

女装少年やふたなりなど人によっては地雷なものも含みますが、作品の傾向は共通しながら登場人物やシチューエーション、女性のSっ気の強さなどはバラエティ豊かです。
基本的に陰湿な話はほとんどなく、大体がハッピーエンドになりますので、女性にイジメられたいけど話が暗くなるのはちょっと…というあなたにも安心な作品となっております。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ