MAC-V『感じて欲しいの』

WantYouToFeelMe.jpg世の中的にはやはりボジョレー・ヌーボー大人気といった感じですなぁ。いや、あれはあれで美味しいとは思いますが、同じ値段でもっと赤ワインらしい赤ワイン買えるじゃん?とか思ってしまいます。
まぁ、基本的にビールと焼酎しか飲まない人間なんで、ワインの細かい味の判別はさっぱりですが(苦笑。

さて本日は、MAC-V先生の『感じて欲しいの』(コアマガジン)のへたレビューです。中身も同様ですが、汁気たっぷりのエロチックな表紙絵ですなぁ。
抜き物件としての評価も勿論高いのですが、少年少女たちの若さが気持ちよく迸るRock'n Rollな中編作が個人的には大好きです。

WantYouToFeelMe1.jpg収録作は、学校の施設を何故かやたらとゴージャスに改造する悪戯の犯人を突き止めるため、探偵志望な変わり者の男の子と自称正義の味方なコスプレ女生徒(←参照 痛タタタ 「せーぎのミカタ」第1話より)が活躍したりしなかったりの中編「せーぎのミカタ」全5話+同中編に登場する官倒団達の出会いを描く描き下ろしの前日談(8P)、および短編5作。
1話・作当りのページ数は16~20Pでほとんどの作品は18P。正直もうちょっとボリュームが欲しい感はありますが、派手さには欠けながらも組み立ての巧さが光るシナリオが軽快かつ味わい深い読書感を生み出している印象です。

基本的にはハッピーな快楽優先系の作品がメインの今単行本ですが、巻末作の短編「メガブルレイプ」のみは良い感じに頭悪そうな(誉めてます)タイトルながら、全く容赦のないガチの陵辱劇なので苦手な方は要注意。暴力描写や苦痛のあまり吐瀉する悲惨なヒロインの姿が描かれてもOKな方には、切れ味の鋭いかなり使える陵辱エロです。
また、桜桃書房(現在男性向けはオークス様に)のアンソロ本を初出とするこの短編のみ、初出が2003年と結構前のため作風に加えて絵柄も他の作品とは異なっている印象です。ただ、作画の質が高いのはほとんど変っていないとは思います。

今単行本でメインとなるエロコメ作品群は、ミドル~ハイティーンクラスの美少女達が快活に性の快楽を追い求める様子を明るく描いています。ギャグ漫画チックに多彩な変化をする登場人物達の表情が作品の明るい雰囲気を強固にしています。
ヒロイン達のエロへの積極性がエロシーンでは華になっており、適量の卑語・猥語を口に出すことで自分自身を蕩ける様な陶酔に導くエロの流れは、読み手すらその快楽の空間に引き込むかのような妖しさに満ちています。
WantYouToFeelMe2.jpgヒロインさん達の惚けた表情や力が抜けたクタッとした女体の煽情性や、それらに降りかかる粘液感の素晴らしい各種体液の表現(←参照 「せーぎのミカタ」第3話より)もエロ空間の魅力をしっかりと高めています。
なお、男女共にメガネ着用率がかなり高く、ヒロイン陣は短編「リアルな天国」のヒロインさんを除けば全員メガネを着用(伊達メガネも一人いますが)でメガネっ娘激ラブな貴兄には嬉しいところでしょう。
ロリ系に強い作家様ということもあって、上記の短編「メガブルレイプ」のヒロイン以外はほんのり膨らみ~並乳クラスで、胸も含めて全体的にほっそりとした印象の強いボディデザインです。性格付け的には明朗なタイプの娘さん達が多いですが、ちょっぴり儚げな感のある肢体がエロの淫蕩さをさらに高めている感があります。
WantYouToFeelMe3.jpgなお、おっぱいが服からまろび出ることがほとんど無く、ほとんど脱げない上半身の着衣からその下にある柔らかい膨らみの存在を想起させる画が多いのは(←参照 「せーぎのミカタ」第3話より)、独特のエロスがあって個人的には好きです。
頻繁に小ゴマを使うエロシーンのページ構成はややゴチャゴチャしている感はありますが、それ故に視覚的なゴージャス感があり、汁気タップリの局所描写やメリハリのしっかりしたアングル変化でしっかりとエロシーンを見せます
抜き物件としては非常に頼もしい作品集と言えるでしょう。

とは言え、今単行本は単に快楽至上主義の抜き物件という枠に収まるものではありません。
WantYouToFeelMe4.jpg短編「リアルな天国」および中編「せーぎのミカタ」において、登場人物達は社会やそこに巣食う“悪者”への不満や批判を語ります(←参照 「せーぎのミカタ」第4話より)。
中編「リアルな天国」では不真面目なサラリーマンながら“大人”である男性が、“悪者”への怒りと“悪者”が放置される社会環境に対する悔しさに心を痛める少女を優しく救い出す話ですが、中編「せーぎのミカタ」は不正や悪事に対し自ら行動を起こして対峙しようとする少年少女達を描いています。
ちょっと偏屈で探偵として振舞う男の子、正義の執行者を自称してコスプレまでしちゃう女の子、高い理想を持ちながらやってることは下らない悪戯というおチビ娘の率いる官倒団の面々など、彼らの行動は、先生自ら後書きに書かれているように若さゆえの“痛い”ものです。
この中編作は、彼らのちょっとズレた奮闘を楽しく明るく描きながらも、その“正義”の自己満足性を賛美するものでは決してありません。中編作のラストで描かれた“大人”になった登場人物達が示すように、むしろその幼い“正義”を大切に抱きながらも、そこを出発点として自分自身の“正義”を貫ける大人へと成長していくことこそを祝福する作品であるように僕は感じます。
子供の頃夢見た“正義の味方”には大人になってもなれませんでしたが、真っ直ぐで揺るがない“正義の見方”を手に入れられたのは、子供の頃のその“イタイ正義”があったからこそなのではないでしょうか。
少年少女の頃の、世間的に見れば馬鹿げているかもしれない熱い想いの余韻をまだ胸に残している貴兄貴女に、最高のロックンロールを届けてくれるエロ漫画であり“成人向け”漫画だと僕は信じています。
Let's Rock, Baby, for these f○cking awesome Boys & Girls!!

カッコ付けた後に、死ぬ程蛇足で恥ずかしいのですが、目付き悪い娘属性の管理人としては、おチビな暴君で官倒団のリーダー・華田礼子ちゃんが超々お気に入りです。
この娘メインでスピンオフとか是非やっていただきたいですなぁ。

冴草こはく『いもてん』

YoungerSisterParadise.jpgやっとこさ積読にしていた『かんなぎ』6巻(武梨えり/一迅社)を読みました。ナギさま可愛いなぁ。あと、何気に毎巻「オママン」を楽しみにしています。
編集のタナベさん(リス形態)は何か色々ご苦労されてるみたいでちょっと心配です(笑。

さて本日は、冴草こはく先生の『いもてん』(コアマガジン)のへたレビューです。奥付に美味しそうな芋天のイラストが描いてあって笑いましたが、当然、妹天国という意味合いですよ。
ちょっと一筋縄ではいかない巨乳妹ちゃん達がそれでもやっぱりお兄ちゃんへのラブを振りまくラブコメを楽しめる作品集ですよ。

YoungerSisterParadise1.jpg収録作は、ちょっぴり天然な妹(勿論お兄ちゃん大好き)と結構変態さんな兄貴のラブラブエッチな日々を描く「おねがいシスター」全3話(←参照 第1話「おねがいシスター」より)、自分の兄貴が妹萌えであることに気づいた妹がそのことをからかおうとしたら自分の兄への思慕にも気が付いちゃって~な「お兄ちゃんとは呼びたくない!!」全2話、および短編4作+ヒロイン全員集合で衝撃の事実が明らかにされるおまけ漫画「冴草家の人々」(10P)。
1話・作当りのページ数は20Por22Pと標準的なボリューム。話のスケールの大きさや重厚感は皆無なのですが、キャラの台詞のかけ合いでシナリオを進行させる手法が読み手を作品に惹き付けることに成功しており、心地の良い読書感がある印象です。

年下の幼馴染(とは言え勿論主人公の呼称は“お兄ちゃん”)の女の子が登場してエッチな誘惑を仕掛けてくる短編「勉強どころじゃっ!」を除けば、実の妹と兄貴のラブ&エッチな日常をコミカルに描く作品で占められています。
こう書いてしまうと、“お兄ちゃんラブ(はあと”しか頭にない脳味噌お花畑な妹キャラとその状況をお気楽に甘受する兄貴といった内容を想起すると思われますが、ベースは確かにそこにありながら、今単行本の各作品はちょっぴり捻ってきています。
YoungerSisterParadise2.jpg短編「BS-I」の嫉妬に狂う妹・はずみちゃんや(←参照 短編「BS-I」より)、「お兄ちゃんとは呼びたくない!!」の序盤で兄への挑発を隠さない妹・千佳ちゃんが示す結構ギラついたダークな表情が面白く、どうにも一筋縄でいかないヒロイン達が兄貴を振り回す感じが作品に活き活きとした印象を付与しています。短編「勉強どころじゃっ!」では完全にヒロインの女の子がお話の主導権を握っていましたしね。
勿論、その後のエッチなどによりやっぱりお兄ちゃん大好き状態へ持って行くため、特殊な展開やシリアスさを求めるのは不可ですが、男性側の理解の範囲外にあったヒロインが、恋とエッチの従僕という死ぬほど分かり易い存在に変化する構図自体に男性の支配欲を満たすものがあるように感じます
決して暗さや陰湿さはありませんし、中編「おねがいシスター」のように最初からどっぷりブラコンな妹ちゃんが登場するケースもあるので、明るく楽しい雰囲気を味わいたい貴兄にこそお勧めなのは間違いないです。
特にヒロイン側の心理変化を、大量の台詞・モノローグの投入で説得力を補強していますが、小ゴマと文字がページを埋める日常シーンでのページ構成のごっちゃり感はちょっとマイナス。

全ヒロイン、ロー~ミドルティーンクラスの妹キャラ縛りですが、表紙絵の通りに全員巨乳さんというのが面白いところ。
YoungerSisterParadise3.jpgこのたっぷりおっぱいがエロ的に大活躍であり、頻繁に絡めてくるパイズリは勿論のこと(←参照 ここはコミカルシーンですけど 短編「BS-I」より)、体の動きに合わせて揺れたり弾んだり、揉まれたり押しつけられたりで柔らかそうに変形する様子はとっても魅力的です。
初出年月こそ狭いのですが、絵柄はちょこちょこ変遷している感じがあってやや不安定感はあります。しかし、ヒロインの可愛らしさはどの作品でもしっかり表現されており、ギャグ漫画チックに勢いよく崩す表情も(←も参照のこと)ヒロインの可愛らしさと作品の明るさの増強に大きく貢献しています。
なお、女性器描写にやたらと力が入っているのは全作品に共通しており、淫靡にぬらつく媚肉の表現(特に膣内描写)はかなり生々しく、キュートなヒロインの肢体とユニークな融合を果たしています。
あと、妹キャラ的には王道ですが、お股はツルツル仕様です。

エロシーンはボリューム的には標準ながら、煩悩を巧みに刺激してくる確かな技法が伺える故に質が高く、実用的読書のお供としては申し分なしと言えます。
パイズリ中心のご奉仕で一回抜いてくれるor妹ちゃんの股間をじっくりと責め立てて一回イかせてあげる前戯シーンからガンガン激しく交わる抽挿シーンにつなげてくる鉄板のエロ展開。
表現としてやや独特な過剰感がありますが、汁気たっぷりの描き方がフェラやパイズリおよびその後の顔射や口射の魅力を引き立てています。
エロシーンの途中にもヒロインや兄貴の感情描写、恋の告白等を入れてくるのでエロの流れを一旦切ってしまっている感はありますが、これは作劇上必要なので個人的にはマイナス要因ではありません。
YoungerSisterParadise4.jpgむしろ、一旦中断後からフィニッシュへと向って一気に攻撃性と疾走感を増すエロの終盤展開(←参照 短編「どじしす」より)の切れ味の良さが凄まじく、大ゴマでの肉弾戦描写と小~中ゴマでの意外にえげつない性器結合どアップを連続させながら1Pフル使用の中出しフィニッシュに駆け込む流れが抜きへの没入度を存分に高めてくれます。
余談に近いですが、勿論エロシーン時の台詞には“お兄ちゃん”というフレーズがそこかしこに含まれますので、その手の属性持ちの同志諸兄には嬉しいところですなぁ。

ユニークな妹キャラにたっぷりおっぱいを組み合わせるという、イクラ丼にウニを山盛り添加するが如き“良いもの×良いもの=凄く良いもの”という図式が、ばっちりハマっているなぁという印象です。
大洋図書(晋遊舎(現マックス)の親)時代の単行本を現在所有していないのが本当に残念で、今作でやっぱり冴草こはく先生好きだなぁと思ったのでちょっと探してみようかなと思っています。

kika=ざる『あね★フェス』

ElderSisterFestival.jpg果たして楽しんで頂いてる方がどれだけいるのかよく分からない司書房様ありがとう企画の方ですが、10弾ちょいだった予定回数を20回くらいまで延長しようかなと思ってます。
次はかるま龍狼先生かたかしたたかし先生とかレビューしようかなーと思ってます。

さて本日は、kika=ざる先生の初単行本『あね★フェス』(コアマガジン)のへたレビューです。色々なお姉さんが登場という意味では正に“フェス”(フェスティバル)という感じです。
作画・作劇共にのんびり穏やな雰囲気があり、チョイ天然気味っぽい優しいお姉さんとの甘いエッチが楽しめます。

ElderSisterFestival1.jpg収録作は、男子生徒が憧れの女性教師に誘惑されて性欲暴走の末にそのままカップルへ~という連作「エリカ先生の個人指導」「エリカ先生と僕の秘密」(←参照 エッチな誘惑 「エリカ先生の個人指導」より)、および短編8作とおまけの描き下ろしイラスト数点。
1作・話当りのページ数は短編「100点のご褒美」(18P)を除いて全て20P。エロもシナリオも、ボリューム感を感じさせる類の作品ではなく、良くも悪くも読書感は淡白です。

ラブい雰囲気の濃淡こそあれ、基本的にはハッピーでちょいコミカルな作風であり、コアマガジン系らしい快活なエロ漫画といった印象を受けます。
ElderSisterFestival2.jpgクールな表情がキュートな吸血鬼娘さんが登場する短編「雨のちヴァンパイア」(←参照 今単行本では変り種のキャラ)や巫女さんによるエッチな除霊術が展開される短編「お祓い狂想曲」はファンタジー要素の絡む物語ですが、その他の作品は若い男女の恋とエッチを描く現代劇
ただ、エッチなお姉さんとの享楽的なエッチを楽しむ快楽至上主義的なタイプ(短編「ドキドキ病院ライフ」など)からほんのちょっぴりシリアスな要素を含む恋模様(短編「静流さんの秘密」)まで、恋愛要素にはそれなりに幅があります。
短編「静流さんの秘密」では、なかなか内面を打ち明けてくれない彼女への彼氏君の疑心暗鬼、初めて同士のぎこちなくも情熱的なセックス、そしてそこからスムーズにつなげてくる恋のトキメキに彩られるハッピーエンドと可愛らしいオチが大変魅力的な作品でしたが、その他の収録作は全般的に言ってラブラブ感はかなり不足気味
主にヒロイン側の誘惑と男性側の暴走気味な性欲でエロに突入しており、その時点での恋愛感情は低いのにラスト手前で“やっぱり大好き(はあと”という展開に持ち込んでいくパターンが散見され、快楽的な喜びと恋愛が成就する喜びとが上手く融合していないのが作品としてのリズムの微妙な悪さにつながっている感があります。
ElderSisterFestival3.jpg短編「strange night」など、そりゃほとんど強姦じゃないかという序盤展開を示しながら、暗がりで顔が見えなかった男性が実は好きな人だと判明したから“ま、いいか♪”とばかりに納得するヒロインさんを描いており(←参照)、個人的にはややシナリオの乗り切れなかったというのが率直な感想です。
勿論、そのお気楽ご気楽な雰囲気こそが今単行本の魅力であるのは間違いなく、恋愛感情は強くなくともラスト1コマまでふんわり優しい空気を貫き通した短編「100点のご褒美」などは結構お気に入りです。

ヒロイン陣はハイティーン~成人クラスの年齢層で、兄嫁さんやナース、女性教師といった年上キャラがメイン
男性キャラクターを包み込む優しい性格同様に、むっちりした乳尻太股を装備した豊満ボディが肉体的にも貴兄の欲望を柔らかく受け止めてくれます。
なお、はちきれんばかりのビックサイズおっぱいには大きめの乳輪が備わっていますので気にされる方は一応注意。余談ですが、ややオーバーに恥丘の盛り上がりを描くのが個性的といえば個性的です。むっちり感の演出という意味では、周辺の太股やお尻のボリュームとマッチしていて不自然な感じは全くしませんでしたが。

裏表紙側の帯の訴求文によると、上記のお姉さん・巨乳に加えて制服というコンセプトがあるらしく、実際コスチュームは豊富。
ElderSisterFestival4.jpgファミレスの店員さん(←参照 短編「きっかけはファミレス」より)やナース、OLさん、巫女さんなどなどベーシックな所を取り揃え、「エリカ先生と僕の秘密」ではアダルトな色香を持つ女教師さんにセーラー服を着せてギャップを楽しむなど、衣装関係のこだわりはなかなかのもの。勿論、セックスは最初から最後まで半脱ぎ状態を維持しますので着エロスキーな貴兄には好アピール。
その巨乳を活かしたパイズリ等の前戯シーンはそれなりに分量を割いてしっかりエロ展開を盛り上げている感はありますが、寸止めしてそのまま挿入へというケースも多く、個人的には多回戦の率をもっと上げても良かったのでは?と思います。
男女の体がぶつかり合う抽挿シーンはお互いに快楽の高みへと激走していく様子を勢い良く描けていますが、動きのダイナミズムに頼りすぎていて局所へのねちっこい責めなどをもっと絡めるエロ展開の緩急を付与すれば、さらに使えるようになるだろうなぁという印象があります。
初単行本にしては、構図を威勢よく動かしながら、絵柄は安定しており、エロのコマ展開もソツなくこなす信頼感があります。
エロシーンのラストは、絶頂を迎えるヒロインが大股をお広げになって、白濁液が逆流してくる全開おみゃんこをばっちり映し出す、まぁ実にコアマガ系らしい直球ど真ん中の中出しフィニッシュで決めてきます。

エロのシチュエーションやキャラ造形、シナリオ展開などはよい意味でオーソドックスであり、安心感は強いのですが、今後はもうちょっと先生自身の好みとかこだわりが見えるとさらに嬉しいかなぁと思います。
ともかく、春の海の如く穏やかな雰囲気と甘やかせお姉ちゃんに日々の疲れを癒して欲しい貴兄は要チェックな作品ですよ。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ