楓牙『ふしだらな兄妹』

LooseBrotherAndSister  伊藤静先生の『山田飯』(日本文芸社)を読みました。主人公の少女が、店名に“山田”の名前が付く飲食店(全て実在する店舗)を食べ歩くという一風変わった食べ物系漫画なのですが、食べ歩きの側面だけではなく、少女の青春模様と家族の再生を描く人情ストーリーが魅力的で、両者の不思議なケミストリーが楽しめる作品でした。

  さて本日は、楓牙先生の『ふしだらな兄妹』(ティーアイネット)のへたレビューです。なお、先生の前単行本『姉の秘密と僕の自殺』(同社刊)のへたレビュー等もよろしければ併せてご参照下さい。
絡み合う過去の事件の謎を追う少年少女四人の家族の再生と瑞々しい精気に満ちたセックスが描かれる作品となっています。

LooseBrotherAndSister1  収録作は、父に続いて母親を亡くした兄妹・玲衣と芽衣、彼らの幼少期に偶然知り合い長い間友人関係にあった雅人、芽衣が雅人に紹介したクラスメイト・明希はそれぞれ重い過去を背負いながらも仲良く過ごしていたが、明希が過去の殺人事件の被害者の妹であることが分かり、彼らの家族を巡る重い過去の謎が彼らの手によって明らかになっていく・・・という長編「その扉の向こう側」全6話(←参照 兄妹の両親の死の謎を追い始める内に・・・ 同長編第2話より)。
1話当りのページ数は28~50P(平均36P強)と個々にかなりのボリュームがあります。このボリュームを十分に生かしたストーリーには強い存在感があり、エロシーンの存在感を作劇に組み込んだ、ストーリー重視の重厚な構築と評し得るでしょう。

【重い過去と向き合い、それを乗り越えていく生への讃歌】
  幼少期に両親を亡くした兄妹とその友人である雅人、やはり幼少期に凄惨な犯罪で姉を亡くした明希とそれぞれ重い過去を持つ4人の少年少女が寄り添うように平和に暮らしながら、兄妹が過去の事件と向き合い、その謎を解こうとするところから、彼らの過去と事件がリンクしていく話となっています。
兄妹の両親の死、そして明希の姉が殺された事件の真犯人を追うという、ミステリーの側面を有する作品であり、彼らを逆に犯人に仕立て上げようとする真犯人との頭脳戦なども、本格派ミステリーと言う程の水準ではないにせよ、作劇としての魅力の一つでもあります。
LooseBrotherAndSister2  その一方で、本作のストーリーにおいてもう一つの屋台骨となるのは、過去の事件の解決と共に、彼ら自身が過去やそれに由来する現在の自身に対して向き合い、その上で“重い扉”を自らの手で開き、その“向こう側”に歩んでいこうとする生への讃歌と評し得るでしょう(←参照 二人を結ぶ過去と今 長編第6話より)。
通常の婚姻・生殖とは異なる形式で継承される彼らの“家族”として絆とその確認、重い過去と向き合った上で恋人と相互を認証し、パートナーとなっていくことなど、“家族の再生の物語”は本作を含めた楓牙作品において、非常に重要なテーマとなっていると言えます。
  ミステリーとして、過去の二つの事件がどう絡み合い、また真犯人との対決がどうなるのかは、是非ご自分の目で確かめて頂くとして、楓牙先生の作品は、善き人がその行為によって報われることが基本であるため、重い話でありつつも読後感は非常に気持ち良く仕上がっており、そのことと前述した家族の再生や、生の希望がしっかりとリンクして描かれているのも話のまとめ方の良さと感じます。
  また、それら重いテーマ性と緊迫感のある展開の中で、二つのカップルの素朴で温かい性愛の模様も主要素として含まされており、この点も作劇に清涼感や誠実さを与えていて大きな魅力と言えます。

【過去と他者と自身に向き合う4人の若者達】
  女子校生級の美少女二人、それぞれのパートナーとなる男性キャラクター二人をメインに据えた登場人物設定であり、ある種、若さ故の感情の躍動や勢いが本作の謎解き要素や恋愛ストーリーとしての魅力に直結するスタイル。
クールなツンデレ系である妹ヒロインな芽衣、要領の悪さはありながら善良でHにも積極的な明希、厭世的な雰囲気を漂わせつつ芯の熱さや洞察力と記憶力に優れた謎解き役の玲衣に、優しく大人しいオタク青年である雅人と、漫画チックな親しみやすさやキャラとしての善良さを有しつつ、それぞれが重い過去と直面する中での心の動きを、そのままならなさも含めてシリアスに描いていることが人物描写の明確な特徴と言えます。
  単行本タイトルに“ふしだらな”とあり、確かに兄妹の近親エロスの側面を有していますが、両親を亡くした環境において、信頼できるパートナーであり、恋愛感情を含めて自らを託すことの出来る、正しく“半身”としての存在同士の性愛は、健全ではないかもしれない一方で、非常に健康的で清々しい関係性を描いていると言えます。
また、もう一方のカップルである雅人と明希の関係性は、清純な恋愛模様として表現されつつも、犯罪の加害者の血縁と被害者の血縁が相互の事情を明かした上での相互認証という、非常に重いテーマ性を抱えていると評し得ます。
LooseBrotherAndSister3  キャラクター性は違えども、それぞれ清楚で思春期らしい感情の瑞々しさを感じさせる二人のヒロインは、程好い肉感を有する黒髪巨乳ボディとなっており、肢体描写そのものに強い個性があるわけではないものの、シナリオパートで醸成された親しみやすさがエロシーンにおいて開陳される、一種のギャップとしてのエロさを形成(←参照 クーデレ妹の熱っぽい痴態と巨乳ボディ 長編第3話より)。
  一般向け誌に載っていても何ら不思議ではない、健康的であっさりとした印象の絵柄は、十分なキャリアに裏打ちされた安定感で表紙絵と完全互換のまま一貫しています。小ゴマの切り出しが多いこともあって、賛否はあると思いますが、比較的密な画面構成が保たれていると言えるでしょう。

【抑えた演出でじっくりと興奮を高めていく純愛セックス】
  前述した様に、個々の十二分に多いページ数を有しつつ、これをがっつり長尺のエロシーンに割り振るのではなく、標準的な分量を濡れ場に持たせつつ、ストーリーの描写を重視するスタイルであるため、この作家さんのファンには言わずもがなではありますが、大ボリュームのエロシーンを期待するのは避けるべきでしょう。
  互いに不器用な若者同心の性愛、過去を清算していく中で現在において目前にある半身を慈しみ、求めあう熱情的なセックス、相互の関係性の当り前な延長線上にある性行為と、描かれるセックスは、ストーリーの中で登場人物達が、まるで補完し合うような意味合いを帯びており、抜きツールとしてのアタックを備えつつ、大きなストーリーの中で意味を持つ和姦シチュと評し得るでしょう。
  ページ数の余裕がある分、前戯パートと抽挿パートにバランスよく分量を振り分けており、清楚系美少女がち○こを舌で丁寧に愛撫するフェラ描写や、既にぐっしょりと濡れた秘所を指や舌で解きほぐす愛撫描写などを備えて前半の盛り上がりを、じっくりと形成。
LooseBrotherAndSister4抽挿パートは力強く、かつぬめった質感の水音が奏でられる秘所のアップに、堪えきれずに漏れ出る嬌声と快感を堪えるようなキュッと閉じた瞳の表情など、比較的抑えた演出と肢体そのものとの密着感などを重視する構図とで、大ボリュームを生かした1Pフルのフィニッシュへと十二分なタメを作り出していきます(←参照 長編第5話より)。
  この作家さんの単行本レビューの度に繰り返して申し訳ないのですが、即効性のある強力な抜きツールをお求めであるならば、物足りなさがある分量および濃度のエロシーンであるのは確か。その一方で、ストーリーの落ち着いた語り回しと、登場人物の熱情が溢れ出てくる精気に満ちた性描写とのギャップは、作品全体に抑揚を生む要素であることに加え、濡れ場の解放感・熱情を高める大きな魅力であって、この作家さんらしい魅力のあるセックス描写として確立されているのは、小さくない美点であると強調しておきたい所存。

  衝撃的な冒頭から、紆余曲折を経て未来志向のラストへとまとまっていくストーリーの流れが非常に魅力的であり、重いテーマ性を適度に軽やかに、そして十分に真摯に描いた作品であると言えるでしょう。
万人向けとは言い難い一方で、読んだ人の気持ちを前向きにさせてくれる人間賛歌としての魅力が好印象な作品でした。

なしぱすた『ビチョビッチ❤』

SoakingWetBitch  皇牙サキさんというバーチャルユーチューバーがここ最近、大変お気に入りです。豊満バストな黒ギャルJKというキャラデザ、作品を丁寧に読んだ上で、周辺ジャンルを絡めてしっかりレビューできる話の面白さ、そして自らのエッチな絵も大歓迎というエロに大変寛容な姿勢!満点!!今すぐ決断的に検索&チャンネル登録だ!!

  さて本日は、なしぱすた先生の初単行本『ビチョビッチ❤』(文苑堂)の遅延へたレビューです。あとがきにてご自身で“まずそうな名前”と言われている筆名ですが、まぁフルーツパスタとかありますし、調理次第では・・・
それはともかく、ビッチな美少女&美女に誘惑されたり凌辱したりで彼女達の汁だく痴態をたっぷり拝める作品集となっています。

SoakingWetBitch1  収録作は、主人公を気に入った職場の先輩女子トリオが彼女になるために彼を奪い合うセックスバトルが勃発!な短編「とりぷるオフィスラブ」(←参照 冒頭からエロ大変なことに! 同短編より)+描き下ろし後日談(6P)、および独立した短編9作。
描き下ろし作品を除き、1作当りのページ数は12~20P(平均18P強)と書店売り誌初出としては控えめなボリュームで推移。ストーリーとしての読み応えはほぼ無いですが、その分抜きツールとして強固な構築を保っています

【欲望まっしぐらなあっけらかんとしたイージーさ】
  男女いずれかが展開を主導するかが作品によって異なりますが、欲望をフルスロットルで発揮してサクサクセックスへ移行し、十分な尺でエロシーンを提供した上で、軽めの読後感にまとめる構築のイージーネスが、良くも悪くも、明確な特徴。
SoakingWetBitch2  主たる作劇の方向性の一つは、前述した先輩女子達の誘惑セックスバトルが展開される短編「とりぷるオフィスラブ」や、ビッチなお姉さんがピュアボーイを誘惑&童貞喰いな短編「しーさいどハンティング!」(←参照 うらやましい! 同短編より)など、ヒロイン側が積極的にセックスへと誘導してくるタイプ。
そしてもう一方の方向性は、悪ガキどもが担任の美人教師さんに媚薬をしかけて輪姦したり(短編「放課後ラブポーション」)、オタクボーイズがイジメっ子ギャルに復讐凌辱したりと(短編「おたっきーリベンジ」)、男性側が展開の主導権を握る凌辱寄りの作劇となっています。
  ヒロイン側が積極的に男性を性的に支配する展開とその後の逆転凌辱が描かれる短編「姉の言うコト」の様に、両者の中間的な方向性の作品もありますが、いずれも性的欲望が素直に発揮され、また情欲の加速していく流れでエロシーンをパワフルに仕上げることにつながっています
凌辱系統の作品においても、性豪の真価を発揮したヒロインの逆転エンドや、むしろヒロイン側が更なる行為を望んで野郎連中の支配を上回るまとめ方などをしているため、エロをハードにしつつ読後の重さ・苦さを明確に排除するスタイルとなっており、あっけらかんとしたエロコメ系との落差をほとんど感じません。
作劇としての分かりやすさ・軽さを明確に企図している分、話としては平板で印象も薄いですが、抜きツールとしての構築において一つの安定的な手法であると総括できるでしょう。

【多彩な設定の肉感巨乳ボディな美少女&美女】

  ギャルJK等の女子校生級の美少女ヒロインも多数登場することに加え、20代半ば~後半程度と思しきオフィスワークの勤労女性や、女教師さん、30代前半~半ば程度と思しき息子の友達と関係を持ってしまうママさんなど、年齢層は比較的広く構えています
  派手な印象のあるギャル美少女や、清楚な印象ながら実は変態チックな願望をお持ちなキャリアウーマン、弟君を玩具にして反撃されちゃうドS姉に真面目な女教師さんなどなど、多彩なキャラクター設定を用意したヒロイン陣。
ヒロイン側が終始リードを握ることもあれば、男性陣のエロ的攻勢を受けて蕩けさせられるケースもあり、ビッチ系ヒロインがどちらのルートでハードな痴態を曝け出すのかというチョイスそのものが一種の楽しみになっているとも感じます。
SoakingWetBitch3  年齢層に寄らず皆さん若々しい顔をしており、健康的な肉付きにむにゅんと柔らかな豊満バスト&ヒップ&太股を組み合わせた肉感的な柔らかボディで肢体造形を統一(←参照 眼鏡美人上司の豊満バスト! 短編「変態すぎます部長さん!」より)。乳尻をがっつり見せつける構図も多用するなど、クドさは抑えつつも、分かりやすい直球のセックスアピールで組み立てた女体描写と評し得るでしょう。
  初単行本故に多少の絵柄の変遷はあり、また彩色によってより華やかに仕上げられた表紙絵と中身の絵柄に多少の落差を感じる部分はあるものの、あっけらかんとした作風とマッチするキャッチーなアニメ/エロゲー絵柄は幅広い層に親しみやすいタイプと感じます。

【ハードなエロ演出で彩る快楽を貪るパワフルセックス】
  ページ数こそ多くはないものの、分かりやすくエロメインの構築であることもあって、濡れ場の占める割合は十二分に高く、抜きツールとしての量的満足感は相応に強い印象があります。
  作劇の流れに合わせてエロシチュも大きく分けて二つの方向性があり、一つはビッチなヒロインによる積極的な誘惑に翻弄されたり、がっつりセックスを貪ってくるヒロイン達の痴態に圧倒されたりと、棚ボタ的な幸福感を有するタイプのエロシチュエーション
もう一方は、輪姦であったり大人のオモチャの大量使用であったり、媚薬による強制発情であったりと、それなりにハードさやアブノーマル感を織り込んだ凌辱系統のエロシチュであり、快楽に激しく乱れるヒロインの痴態は共通させつつ、趣向として両者は明確に異なると評し得ます。
  ほんのりひょっとこ気味でちんこに吸い付くフェラや豊満バストで包み込むパイズリなどのご奉仕プレイ、強烈な快感で男性を圧倒するドS攻めや、逆に電マやバイブを用いたり、好き勝手に豊満ボディを揉みしだく愛撫があったりと、エロシチュに併せて多彩なプレイを投入しつつ、十分な尺を経てアクメや射精シーンなどの抜き所を配置。
SoakingWetBitch4  抽挿パートに移行後も、女性上位では自ら積極的に腰を振り、凌辱エロでは複数のちんこに蹂躙される中で、アヘ顔チックな表情付けや適度にお下品さのあるハートマーク付きエロ台詞、たっぷりと分泌されて柔肌を濡らす豊潤な液汁描写と、高い密度と強いアタックを有するエロ演出を重ねており(←参照 短編「姉の言うコト」より)、やや勢い任せのラフさは感じるものの、エロシーンの流れの力強さを明確に形成しています。
ヒロイン側が主導権を有している場合でも、最終的には男性側の攻勢を許可しており、こちらも眼前の豊満ボディと痴態を目の当たりにして欲望が炸裂してガンガン突きまくりで射精へと突き進んでいき、汁塗れのボディと言葉にならない絶叫を上げる絶頂フェイス、結合部から溢れ出る白濁液と、ハードな痴態描写を叩き込んで強力な〆としています。

  作劇・作画ともやや荒削りな部分はありつつ、エロシーンの勢いを形成する構成や描写を充実させており、特に雑食派の諸氏にとっては有用な抜きツールとして活躍してくれる1冊と言えるでしょう。
個人的には、きりっとしたスーツ姿のメガネ巨乳上司さんと職場で変態セックスな短編「変態すぎます部長さん!」と、いじめっ子ギャルにハードな攻めで復讐な短編「おたっきーリベンジ」が特にお気に入り。

無望菜志『不屈のペロリスト』

HentaiNeverGivesUp  小倉孝俊先生の『生と死のキョウカイ』第1巻(集英社)を読みました。RPGにおける教会での復活について、あるある的な面白さを生かしたコミカル寄りの作品かと思っていたのですが、設定を掘り下げていく中で生じるシリアスさが非常に魅力的と感じた作品です。生と死の倫理を主題に据える骨太さに唸らされましたね。

  さて本日は、無望菜志先生の『不屈のペロリスト』(ジーオーティー)のへたレビューです。なお、先生の前単行本『魔剣の姫士』(同社刊)のへたレビュー等もよろしければ併せてご参照下さい。
ポジティブ&エネルギッシュに駆け進む青春変態模様&アブノーマル要素を絡めたハードHが楽しめる1冊となっています。

HentaiNeverGivesUp1  収録作は、生真面目な委員長である悠里ちゃんはとにかく真っ直ぐなド変態ボーイ・乃木くんの告白を受けて体を許し、彼とのセックスの快楽にすっかり夢中になっていくのだが・・・な中編「不屈のペロリスト」全3話(←参照 大胆な告白は変態の特権 同中編第1話より)+描き下ろしのラブラブ後日談(10P)、および読み切り形式の短編4作。
描き下ろし作品およびフルカラー短編「オーガニック的なエステ イエスだね」(8P)を除き、1話・作当りのページ数は22~48P(平均28P強)と幅はありつつ平均値としては標準を上回るボリュームで推移。軽めの読み口でありつつ勢いの良さがある作劇と、適度な濃厚感とアタックのある十分量の濡れ場とで構成された作品群となっています。

【アブノーマル系のエロを楽しくポジティブにお届け】
  比較的重厚なドラマ性を有する長編であった約二か月前の前単行本に比べると、今回は中編作も含めて軽い読み口のラブコメ・エロコメ系統が主流。
  女体をペロペロするのが大好きな変態ボーイに翻弄されるヒロインを描く中編作に、謎アイテムとして触手が登場してエッチ面で大変なことになっちゃう短編「心的強勢緩和生命体ハチベエくん」「オーガニック的なエステ イエスだね」、大好きなお兄ちゃんのために自ら性奴隷になるべく健気に努力する妹ちゃんを描く短編「妹はメス奴隷?」など、倒錯的なシチュエーションをメインに据えた作品が多いのも特徴でしょう。
快楽に心身を圧倒されてしまうヒロインと、ある種のエロ漫画的ご都合主義を伴ってエロ的に美味しいポジションにある男性キャラという構図は、ラブコメ・エロコメ的なあっけらかんとしたウハウハ感と密接に関連しつつも、それだけに閉じて平板な作劇にしないのがこの作家さんの特長。
HentaiNeverGivesUp2  恋愛感情にしても性的欲望にしても、それを素直に叶えようとするストレートな力強さ、セックスを通して双方が快楽と幸福感を獲得していくポジティブさ、漫画チックなお馬鹿さを有しながらもそれらの感情や幸福感に裏表のない一種の誠実さが、作劇全体のボルテージを心地よく押し上げていると評し得るでしょう(←参照 愛と誠と変態と 中編「不屈のペロリスト」第3話より)。
  ドスケベエッチに励みつつも、ラストはコミカル&ポジティブなまとめ方であり、前述した作劇スタイルである分、このまとめ方に違和感や無理が無いのも◎。
  ストレートな凌辱エロや寝取られエロを描く場合には、重い直球を内角高めに容赦なく叩き込み続ける作家さんですが、コミカル&アブノーマルを融合させた作品では変化球を小気味よい緩急で投じてくるスタイルで魅せていると評したい所存。

【エロ可愛いフェイス&肉感抑え目ボディの美少女達】
  一部例外はありつつ、概ねミドル~ハイティーン級をメインにローティーン級も組み込んだと思しき制服美少女さん達がメインであり、どちらかと言えば設定年齢よりも幼げな可愛らしさのあるタイプ。
  生真面目な委員長さんに、妹のために我が身をなげうってパパ活に奮闘する発行美少女、愛する兄のためにハードなプレイも耐え忍ぶ健気でピュアな妹ちゃんにツンデレ系眼鏡ガールなど、漫画チックな楽しさと前述した素直さ・直向きさが組み合わさって、応援したくなる様なキャラクター作りと感じます。
なお、自らの変態道に邁進しつつ、ヒロインの存在をより大切なものとしていく中編作の快男児や、最愛の妹のために敢えて鬼畜な扱いをしつつも彼女への誠実な愛情を貫いてハッピーエンドへ回帰する短編「妹はメス奴隷?」のお兄ちゃんなど、その誠実さ・直向きさで読み手の好印象を呼び込む男性キャラにも存在感があります。
HentaiNeverGivesUp3  中編作のヒロインである委員長さんなどは十分に巨乳の範疇ですが、バスト&ヒップの存在感を強く打ち出すタイプではなく、貧~並乳クラスのバストと程好くぷにっとしたボディとを組み合わせたボディデザインがメインであり(←参照 姉妹丼だ! 短編「親はなくとも子は育つ」より)、キャラデザのキュートネスとの相性は良好。
小さいサイズの乳首&乳輪、グレースケールなどは量的に抑えたスベスベの白い柔肌、生々しい淫猥さは抑制した性器等の局所描写など、体パーツ描写も肢体全体のエロ可愛い印象を邪魔しないものを選択。
  初出時期の差によって絵柄や描線の強弱に多少の変動はあるものの、評価に影響する程のものではなく、適度にデフォルメ感や萌えっぽさがあって親しみやすい漫画絵柄は表紙絵と完全互換で安定しています。

【パワフルなエネルギー感と程好い濃さの演出の濡れ場】
  各作品のページ数の振れ幅に伴って濡れ場のボリューム感にも作品による差異は感じますが、いずれもエロメインの作品構築であり、また平均としては十分に長尺と感じる濡れ場を提供しています。
HentaiNeverGivesUp4  徐々にプレイがハード&アブノーマルになっていくメス奴隷調教プレイ、謎の触手ギミックを絡めながらのセックス(←参照 無望菜志作品名物ラブラブ触手Hだ! 短編「心的強勢緩和生命体ハチベエくん」より)、ヒロインの髪の毛から足の指の先まで匂いと味と感触を堪能なペロペロ無双に周囲から隠れながらのセックスなど、アブノーマル感のあるプレイ・エロシチュを搭載しつつ、全体的には和姦メインで雰囲気の前向きさを保っているのは前述した通り。
触手や指でヒロインの性感帯をたっぷりと刺激する愛撫、パイズリ・脇コキ・尻コキの連発、オナニー見せつけやアナルビーズ挿入といった変態チックプレイにフェラやパイズリでのご奉仕プレイなど、エロシチュに合わせた多彩なプレイを搭載し、羞恥と快楽に震えたり、白濁液を浴びたりなヒロインの痴態を十二分に見せつけていきます。
  これらのプレイですっかり興奮が高まり、自身の性欲も我慢できなくなったヒロイン側の誘導によってピストン運動を開始すれば、双方の恋愛感情を咆哮したり、性的顔願望を赤裸々に告白したりしながら、エネルギッシュにセックスに没入していく熱気・高揚感を打ち出していきます
涙や涎でぐしゃぐしゃに蕩け、瞳の焦点が定まらない表情付け、大きく押し広げられ最奥までちんこがノックする様を表現する結合部見せつけ構図と断面図のコンビネーション、瞳や嬌声・台詞の語尾、時にはお口の中まで出現して乱舞するハートマークと、十分にアタックの強さや密度の高さを有するエロ演出でありつつ、ヒロインのエロ可愛さを殺さないギリギリの水準にまとめているのは巧さと言えるでしょう。
  射精シーン連発的なドライブ感は重視されていませんが、プレイのエスカレートやラブラブHの雰囲気の濃厚化などのシチュやプレイの変化の中でアクメシーンや射精シーンといった抜き所を複数設ける構成であり、ビクビクと体を震わせながら蕩けきったエロ可愛いメス顔を曝け出す中出しフィニッシュでハードに〆ています。

  がっつりエロメインで変態チックなプレイも充実させつつ、読後の印象は朗らかにまとまった作品であり、ユニークかつ読み口のよい抜きツールをお求めな諸氏にお勧めです。
個人的には、ちんまりボディの健気な姉妹がセックスの才能を開花させて家計を支えるべく奮闘な短編「親はなくとも子は育つ」と、主人公の妙な存在感とぐしょぐしょセックスが楽しめる中編作が特にお気に入りでございます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ