kakao『発情びーむ』

DesirableBeam TVアニメ版『うちのメイドがウザすぎる!』第9話「うちのメイドとあの日の出会い」を観ました。相変わらずツンツンした(当然と言えば当然の)反応を示しますが、ミーシャのつばめに対する信頼感が高まって、なんだかんだで前向きになっており、“雪”の話で母親関連の思い出にも向き合えているのは、彼女にとって好いことなんですよねぇ。

  さて本日は、kakao先生の『発情びーむ』(ワニマガジン社)のへたレビューです。先生の前単行本『好き好きマシンガン!』(同社刊)のへたレビューもよろしければ併せてご参照下さい。
綺麗でエッチなスレンダー巨乳ボディの美少女&美女との時に妖しく時に甘い和姦エロが揃った作品集となっています。

DesirableBeam1  収録作は、それぞれ異なるタイプながらもいずれも淫猥に男性を誘惑して、己の性的好奇心を満たす大金持ちな大宮家の三姉妹それぞれのエロ模様を描く「大宮家」シリーズ3作(←参照 同シリーズ第1話(実質的には第2話)「大宮茉莉のゲボク」より)、および読み切り形式の短編7作。
なお、「大宮家」シリーズは前々単行本(初単行本)『純情ラブパンチ』(同社刊:当ブログでは未レビュー)に収録の「大宮茉莉のオモチャ」がシリーズ第1作。「大宮茉莉のゲボク」の作中で簡単にあらすじが触れられていることもあって、該当作を未読でも理解は容易です。
  1話・作当りのページ数は16~20P(平均18P強)と、コンビニ誌初出としては標準~中の上クラスのボリュームで推移。小粒ながら作劇面に一定の存在感があり、その上で程好い濃度・分量の濡れ場を安定して提供するバランスの良い構築となっています。

【ヒロインの想いや性癖が発露される展開に明瞭な魅力】
  作劇のスタイルとしては、コンビニ誌らしい読み口の良いラブコメ系でまとめつつ、ラブエロ系の幸福感やヒロインとのドタバタ模様で“読み口の良さ”を重視するスタイルは今単行本でも維持。
その一方で、コメディとしての賑やかな勢いや棚ボタ的なエロのウハウハ感だけで押し通すのではなく、ヒロインと男性主人公が“一線を越える”という展開におけるドキドキ感や、性愛の妖しさなどをシナリオワークに含めることで、作劇全体に締まった印象を一定付与しているのは評価すべきポイントと感じます。
DesirableBeam2  この展開における要は、普段はサバサバとした職場の先輩がいじらしく乙女な姿を示したり(←参照 王道の台詞ですよ、これは! 短編「ココロノカンヅメ」より)、普段は真面目で献身的なナースさんがドスケベな表情を曝け出したり(短編「メディカルヘブン」)、はたまた仲良しガールのコンプレックスが素直に吐露されたりと(短編「微乳ダイナマイト」)、男性が思っていた印象と異なるヒロインの素の姿が明らかになることと言えるでしょう。
全体的にヒロインの積極性や熱量が優先するシナリオワークでありつつ、そういったヒロインの素の感情や在り方が提示されることで、男性キャラクターとそれに仮託する読み手の意識を、彼女達との関係性に没入させることが出来るシナリオワークになっているのは明確な強み。
  恋愛系を中心とする微笑ましいハッピーエンドでも、蠱惑的な魅力を有するヒロインによる支配をある種受け入れるラストでも、彼女達の本質を受け入れる立場となったことを明示するまとめ方と言え、背徳感の濃淡はありつつも、性愛における幸福が、特にヒロイン側を中心として明示されるラストとなっています。

【スベスベ柔肌に包まれたスレンダー巨乳ボディのエロさ&美しさ】
  職場の先輩や入院先のナースさんなど20代半ば程度と思しき勤労女性もおりつつ、主力となるのは女子校生~女子大生クラスの美少女さん達。
  引っ込み思案なドジっ娘、サバサバとした美人先輩、優等生な清楚系美少女に健康的なスポーツガール、漫画大好きな外国人ガールなどなど、多彩な設定を揃えつつ、前述した様に彼女達の秘められていた感情や性癖などが展開の中で開示されることで、それぞれのキャラクターの魅力を高めているのは王道の魅力。
DesirableBeam3また、真面目だけど実は匂いフェチだったり、優等生タイプに見えて実は誘いドMだったり(←参照 優位にしてドMというお嬢様 「大宮家」シリーズ第3話「Desire」より)、普段は引っ込み思案ながら酔いの勢いでかなり積極的になったりと、性的なものに関連する嗜好や積極性が引き出されることで、エロシチュの形成や濡れ場の盛り上げに寄与しています。
  貧乳がコンプレックスである短編「微乳ダイナマイト」の友人ヒロインを例外としつつ、等身高めでスラリとした美脚が伸びるスレンダーボディに、柔らか巨乳を程好いボリュームのヒップを組み合わせた肢体設計で概ね固定。
しっとり&スベスベの柔肌の質感や、程好いサイズ感の乳輪&乳首を備える美巨乳、各種淫液に濡れる唇や秘所の艶っぽさなど、特に体パーツ描写で程好い淫猥さと整った美しさを両立させることで、綺麗でエロい女体に仕上げられているのは特筆すべきポイントでしょう。
  この綺麗で官能的な肢体表現は、描線がよりシャープで繊細になり、また作画密度が高まった絵柄の変化と非常に相性が良く、これまででも十分に質の高かった絵柄に華やかさや適度なお洒落感も加わることで魅力を更に高めたと感じます。

【程好い濃厚感のエロ演出で彩る官能的な痴態描写】
  ページ数の都合上たっぷり長尺とは言い難いものの、コンビニ誌初出としては十分なボリュームの濡れ場であり、1~2回戦仕様のエロ展開となっています。
  いずれも和姦シチュエーションであることは共通しており、ラブラブ感のある恋愛セックスをメインとしつつ、ミステリアスな美少女に翻弄される倒錯的なシチュエーションも用意。
  ヒロインの柔肌の感触を味わう愛撫にも一定の尺を設けることはありつつ、前戯パートのメインは艶っぽい唇が肉棒を包むフェラや豊満な柔らかバストに包み込まれるパイズリ、男性の反応を窺いながらの密着手コキなど、ヒロインの積極性を明示するプレイであり、白濁液が端正な顔や美巨乳に掛かる射精シーンは前半での抜き所。
DesirableBeam4  この程好い汁気感と官能的な肢体描写は抽挿パートにおいても明瞭な特長と言え、しなやかなスレンダーボディがしっとりと汗に濡れ、秘所から愛液が零れるエロティックさを、肢体全体を見せる描写と結合部アップ等のズーム描写とバランスよく組み合わせた画面構成で印象付けています(←参照 短編「君のフォーカス」より)。
瞳にハートマークを浮かべる蕩け顔、乱れた描き文字で表現されるハートマーク乱舞の悶絶嬌声、ピストンの勢いを感じさせる各種擬音など、アタックの強いエロ演出を十分な密度で用いつつ、単に量的飽和で勝負するスタイルではなく、絵柄の美麗さとマッチする水準を維持しているのも◎。
  前戯パートに圧迫されて抽挿パートが量的に物足りないというケースも稀にありますが、美しくもエロい女性が熱っぽく蕩ける痴態そのものに十二分な質的満腹感を持たせており、アクメにビクビクと肢体を反応させ、喜悦の悶絶を上げながら白濁液を受け止める(一部外出し)フィニッシュで〆ています。

  絵柄の改良によってヒロインの魅力が高まると同時に、エロ描写の濃厚感なども増しており、シナリオワークの安定感もあって抜きツールとしての信頼感を更に増した3冊目という印象です。
個人的には、誘惑&優位な立場でありつつドM性癖な大宮家三姉妹の長女に妖しく誘惑されて、青姦ソフトSMな「大宮家」シリーズ第3話「Desire」が最愛でございます。

電気将軍『マーブルガールズ』

MarbleGirl TVアニメ『ゾンビランドサガ』第9話「一度は尽きたこの命 なんの因果か蘇り 歌い踊るが宿命なら 親友への想いを胸に秘め 貫くまでよ己の SAGA」を観ました。だいぶ“!?“を特攻できましたねぇ。不死確定のチキンレースってズルくない!?って思いましたが、その勝負とは別のベクトルでハッピーエンドにしたのも上手いところ。


  さて本日は、電気将軍先生の初単行本『マーブルガールズ』(ジーオーティー)のへたレビューです。エロ漫画以外だと、エレクトリップの『巨乳魔王』シリーズとか『巨乳不良少女』シリーズとかで愚息が大変お世話になっております。
それはともかく、ドスケベ肉感ボディの美少女&美女がセックスの快感にハードに乱れまくる作品集となっています。

MarbleGirl1  収録作は、最愛の息子の友人達を招いてのおとまり会でママさんは息子の友人達に一服盛られ、夫の不在で持て余していたその豊満ボディを隅々まで蹂躙されてしまうのだが・・・な連作「おとまり会」正続編(←参照 優しいママさんにテクニシャンSショタの魔の手が・・! 同連作正編「おとまり会」より)、および読み切り形式の短編・掌編7作。
フルカラー掌編「ルイ先生のもっと頑張れる勉強法」(4P)を除き、1話・作当りのページ数は24~30P(平均25P弱)と中の上クラスのボリュームで推移。お話的な存在感は希薄であり、十二分なボリュームでエロシーンに集中できる作品構築が揃っています。

【ヒロインによる強烈な性的快楽の受容と変容】
  雰囲気としての明暗や男女のいずれかに主導性があるかなどには、作品によるバリエーションがありますが、どの作品もヒロイン達が自身の想定していた以上の快楽によって変容し、またそれに耽溺するというシナリオの流れは概ね共通
生真面目な委員長さんと明るいビッチガールが性欲処理委員として男子達とのセックスに励む短編「ふたりの優等生」の様に、あっけらかんとポジティブなエロコメ作品もあれば、厳しい性格の女教師にして母を快楽調教で支配する短編「ママと僕」の様にインモラル色が強い作品も存在しています。
MarbleGirl2漫画チックな特殊なシチューションにしろ、凌辱や調教の結果にしろ、ヒロインが男性主人公による性的支配を受容することになるという構図は各作品に共通しており(←参照 幼なじみで生真面目な委員長さんがこんなドスケベポージングを! 短編「インテリキノコ」より)、ヒロイン側によるセックスへの積極性の高低を問わず、一定の嗜虐性を含んだ男性側の欲望が充足されることにつながっています。
  寝取られや近親エロス、分からせ凌辱など、前述した各作品に共通する構図との親和性が高い要素を含んだ作品が多いですが、良くも悪くもストーリーとしての踏み込みが強いわけではないので、話としての重さ・苦さを強く感じさせないシナリオにまとめていると感じます。
作劇そのものとしての面白みには欠けるとはいえ、エロシチュエーションのお膳立てや濡れ場での反応も含めて、ヒロインのキャラ性を分かり易く立てるという点において安定感のあるシナリオワークであって、抜きツールの作劇として役割を十分に果たしていると総括出来るでしょう。

【バスト&ヒップ&太股のむちむち肉感ボディ】
  JC級と思しき短編「かばん少女」の妹ヒロインを例外としつつ、女子校生級の美少女さんか30代前半~後半クラスと思しき美熟女かが登場するという、年齢層的には二極化したヒロイン陣。
 ヒロインのキャラクター性では、生真面目で厳格さのある委員長キャラや女教師キャラの登場頻度が比較的高いのが特色で、これに性的に無知であったり純粋であったりな天然系キャラやエッチに積極的なビッチガール、優しいママさんなどが加わります。
MarbleGirl3真面目で清楚な美少女さんがドスケベフェイスを曝け出したり、男嫌いで“タチ”な美熟女さんが少女と思っていたSショタにチン負けしたり(←参照 短編「わなわな」より)、息子を愛するママさんが別の少年達のち○こに夢中になってしまったりと、ヒロインの在り方がセックスによってガラリと変化させられるというキャラクター描写が、前述した作劇の構図の基盤を形成。
  前述した様に年齢層として唯一低めの短編「かばん少女」のヒロインは、低身長ボディにちっぱい&ツルツル仕様の股間を組み合わせたロリ色が明瞭なキャラデザインですが、その他のヒロインについては、肉感の強い巨乳ボディで統一
美熟女さんの艶っぽいリップに垂れ気味爆乳、もっさりと濃く茂る陰毛描写、美少女キャラの張りのある巨乳や太股、パイパン仕様の股間など、両タイプの女体の描き分けは明瞭でありつつ、体パーツ描写の淫猥さは共通させています。
  初単行本ということに加え、初出時期に最大10年もの開きがあるため、最古作と最新作では絵柄にかなりの差異があることには要留意。古い絵柄では今よりデフォルメ感が強かったり、描線の強弱が定まらなかったりと質的に劣る面がありますが、蛹虎次郎先生と同じく、武田光弘先生の影響を感じさせる明朗なキャッチーと肉感の強さ、エロのお下品さを兼ね備える近作の絵柄に近いタイプが過半数を占めています。

【程好くお下品な美少女&美女の熱狂的な痴態描写】
  前述した通り、エロシーンの量的ボリューム感を明確に意図した構築であり、ここにエロ演出の過激さ・濃厚さも加わって質的なボリューム感も強く仕上げる抜きオリエンテッドな構築が強み
  快楽を素直に貪るビッチセックスや、インモラルではありながら母子が互いを求めあう近親セックス、寝取られ的シチュエーションや女装男子によるレズ美熟女凌辱、無垢な女の子を各種大人のオモチャとち○こで快楽責めなど、ダーク&インモラルな要素を含んだ多彩なエロシチュが揃っています。
作劇面で前述した様に、ヒロインが強烈な快楽を叩き込まれてしまい、男性の欲望を受け止めてハードに乱れまくるという構図が、実用性の基盤であり、凌辱エロ的なシチュもありつつ、快楽に包まれるヒロイン側の充足感もある程度重視されています。ただ、全体として甘い幸福感のラブラブH的なシチュはほぼ無いので、それらをお求めな諸氏は回避を推奨。
  ページ数に余裕がある分、前戯パートには十分な尺があって、ヒロイン側が積極的なダブルフェラやねっとりベロチューなども用意しつつ、豊満ボディを好き勝手に愛撫したり、オモチャで性感帯を激しく攻め立てたりと、男性側の主導性を明瞭にして、ヒロインを感じさせていく流れがメイン。
MarbleGirl4抽挿パートに移行すれば、普段の凛々しい表情や優しい表情が激しく乱れたメス顔となり、言葉にならないハートマーク付き嬌声や淫語搭載のエロ台詞を連呼するヒロインの熱狂的な痴態を活写すると共に(←参照 短編「ふたりの優等生」より)、大股開きでの露骨な結合部見せつけや透過図・断面図などとの組み合わせにより、一定の下品さを織り込むことで普段の様子と痴態描写とのギャップを形成しています。
  前戯パートでもヒロインの潮吹き描写などで抜き所を設けつつ、ここでは射精シーンを投入しないことが多く、前述したヒロイン達の激しい乱れっぷりにトドメを刺すものとしてフィニッシュの中出しまでタメを作る構成が主軸であり、アへ顔チックな表情に絶頂ボイスの絶叫、ビクビク震える肢体に白濁液の奔流を大ゴマ~1Pフルで投入してハイカロリーな〆としています。

  凌辱色を含めて攻撃的でありつつも全体としてはマイルドに収めることで、パワフルな抜きツールとしての強みを間口を広げた上で伸長させた作品群と感じます。
個人的には、黒ギャルビッチ&真面目委員長のダブル乱交痴態が満喫できる短編「ふたりの優等生」と、男嫌いの眼鏡爆乳女教師が女装Sショタち○ぽに大敗北な短編「わなわな」に愚息が大変お世話になりました。
  

デイノジ『強女姦落』

FallingOfStrongWomen  DOUBLE-S先生(原作:真刈信二氏)の『イサック』第5巻(講談社)を読みました。新キャラの女騎士・エリザベートさんも、カトリック側の融和派・ハラハ氏と皆、有能でそれが噛み合うストーリーが気持ちいいんですよね。
ゼッタをイサックに託したシーン、最初からイサックと共に居たキャラということもありますし、最近涙腺が緩いので、泣いてしまいました。

  さて本日は、デイノジ先生の初単行本『強女姦落』(エンジェル出版)の遅延へたレビューです。こちらは、発売から1週間強程遅れてのレビューとなります。
強気美人&美少女のスレンダー巨乳ボディがハードな輪姦で蹂躙されてしまう凌辱エロ作品集となっています。

FallingOfStrongWomen1  収録作は、恨みを持たれた不良達に教え子を人質にとられてしまった女教師は彼らの油断を誘うべく、その身を差し出すのだが、彼らの毒牙は彼女だけでなく・・・な連作「屈強の屈辱」「凌辱連鎖-女ジャーナリスト輪姦-」(←参照 不良を圧倒していた強気女教師が卑劣な罠に・・・ 同連作前編「屈強の屈辱-女教師凌辱輪姦-」より)+描き下ろしの幕間劇(2P)、数を頼んで復讐をしに来た不良軍団に敗れ、輪姦される姉とそれを助け出そうとする妹を描く連作「過信の果て」「凌辱連鎖-姉妹編-」、および読み切り形式の短編4作。
描き下ろし作品を除き、1話・作当りのページ数は20~24P(平均20P強)と中の下クラスのボリュームで安定。内容自体に重苦しさがあるタイプではありますが、ストーリー性は基本的に薄く、欲望任せに突っ走るエロシーンの強い存在感で満たしたタイプの構築となっています。

【獣欲と安い憎悪が駆動するストレートな凌辱展開】
  作劇としては、下衆な野郎どもが自らの所業を棚に上げてヒロインを襲撃して輪姦し、その心身を蹂躙して屈服させるという、ストレートでソリッドな凌辱エロで一貫
  格闘スキルが高かったり、立場として一定の優位性を有したりなヒロインに対して、人質を取ったり、脅迫したりで凌辱展開に引き込むという展開もありますが、ヒロインとの攻防・駆け引きは作劇として目立たないか強引かであり、むしろ男性側の粗暴性や腕力、獣欲でシンプルに凌辱展開に突入していく印象が先行しています。
FallingOfStrongWomen2また、凌辱対象が拡大していく連作2作では、助けようとした相手も自身も蹂躙されてしまうという精神面でもヒロインに痛み・苦しみを感じさせる展開を織り込んでおり(←参照 妹の前で凌辱される姉 連作後編「凌辱連鎖-姉妹編-」より)、彼女達が一方的に追い込まれていく状態が持続・悪化するという展開は、話全体の重苦しさにつながっています
欲望任せの殺伐感もあって、展開としての面白みは乏しいですが、この重苦しい雰囲気の中で、強気ヒロインが徐々に屈していくというエロシーンの流れそのものが作品全体の骨格を形成しているのは、明確な訴求因としての安定感に寄与。
  完全に心を折られ、曖昧な意識の表情と精液塗れで弛緩した凄惨な事後の様子を提供して、その状態に対する悪人達の嘲笑で〆るという相応に胸糞悪さのあるバットエンドが基本であり、ストレートな凌辱エロとしてのスタンスに一貫してブレがないことは明確に加点材料です。

【端正なスレンダー巨乳ボディな強気ヒロインズ】
  ヒロイン陣の半数ほどは女子校生キャラクター、もう半数は20代半ば~30代前半程度と推察されるアダルト美女さんで構成されています。
前述した通り、身体能力が高かったり、剣術の師範格であったり、男性のよからぬ振る舞いに対して毅然とした対応ができたりと、その心身の強さが明示されたキャラクター造形が特徴的なヒロイン達であり、それが暴力的な快楽によって敗北させられるという構図が凌辱エロとしての最たる訴求因となっています。
  結構丁寧にキャラデザされているチンピラ軍団や不良連中は、人質は取るわ、凌辱行為を撮影して脅迫するわと、皆さんどうしょもないクズの集まりで、欲望ドリブンなストレートな凌辱エロの竿役として好適であると共に、正義感が強く美しく強い女性という存在が、対照的に愚かで悪しき存在に蹂躙されてしまうという、一種破滅の美の構図を形成しています。
FallingOfStrongWomen3  おっぱいサイズや陰毛の濃淡等には多少のバリエーションはありますが、等身高めのしなやかなスレンダーボディに、小さ目乳輪の美巨乳に適度な肉感の桃尻、陰毛標準装備の股間を組み合わせたボディデザインで統一されており(←参照 美人体育教師ボディ! 短編「青き獣欲-女体育教師輪姦-」より)、肢体描写そのもの強い特色があるわけでは無いものの、整った肢体の美しさが凛とした美少女&美女のキャラデザインとよくマッチ。
  今単行本に登場のヒロイン達は、作家さんの同人作品からのスターシステム的な登場とのことですが、同人ジャンルで十分な蓄積がある故に、初単行本ながら絵柄の統一感は強くなっています。絵柄として、オールドスクール寄りで、特に華やかさには欠ける印象はありますが、大人の色気感や強気ヒロインの凛とした雰囲気などが良く映えるシンプル寄りで端正な色気感のある絵柄と感じます。

【男性の粗暴さに蹂躙されるヒロインの強さと美しさ】
  凌辱エロらしい強引さでエロシーンへと突入させる分、尺は十分に取られており、強気ヒロインが次第にされるがままになっていく流れを複数ラウンド制で提供。
  ストレートな凌辱エロであり、かつ下衆な男達による輪姦であることが共通しているのが特徴で、上下前後の穴を蹂躙されていくと共に、彼らの粗暴であったり下品であったり身勝手であったりな侮蔑の言葉が一方的にヒロインに浴びせられるという状況も、“美しく強い存在の汚損”という構図を鮮明なものにしています。
  エロ展開序盤では、抵抗するヒロインを複数の男性の腕力で押さえつけ、着衣を剥ぎ、秘所などの肢体を弄りながら品評するという、ヒロインに恥辱や嫌悪を感じさせる行為を投入した上で、粗暴犯らしく速攻で挿入して一方的なピストン運動を開始。
FallingOfStrongWomen4ヒロインに結合部を見せ付ける様な体制を取るピストンから、我慢が効かない周辺が頭部を抑えつけてイラマチオ、フェラ強要をしたり、後半戦ではアナルに入れ出す奴も出たりと、全身を蹂躙するという流れを強めていくのは輪姦ものならではの特徴(←参照 短編「正義の代償-風紀委員輪姦凌辱-」より)。
  演出面としては、ヒロインの屈辱や抵抗感、それらが次第に茫然とした状態になっていく表情付けや悲鳴に堪えきれずに漏れ出る喘ぎ声などを主体としており、性的快感と苦痛が入り混じった状態を表現するスタイルは、快感で蕩けまくり的な演出手法と明確に異なっていて、凌辱エロとしての切れ味を高める要因。
1発目は敢えてのぶっかけでヒロインに屈辱感を刻み込みつつ、2発目以降は各肉穴に精液を注ぎ込んでいく展開としており、既に抵抗力を喪失した状態で外からの腕力と内からの強烈な感覚に呻き身悶えし、精液を受け止める姿をフィニッシュまで継続して多数の抜き所を形成しています。

  エンジェルレーベルらしいストレートな凌辱エロであり、綺麗で強いお姉さん・美少女のキャラデザの良さが、それが蹂躙されるという構図においても強い魅力になっています。
個人的には、師範代のポニテ道着姿の剣術美少女をチンピラ軍団が逆恨みして襲撃な短編「卑劣なる報復-武道少女輪姦-」に愚息が大変お世話になりました。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ