桐原湧『BorderLine』

BorderLine 工藤洋先生の『黒ギャルは雑に学びたい』第1巻(竹書房)を読みました。巨乳黒ギャル達(元・麻雀部)が雑学トークをするという一風変わった作品なのですが、なんだかんだで雑学の楽しさは魅力で初めて知ることも多かったです。
あと、理事長の四二階堂さんが欲望に忠実&お馬鹿キャラで楽しかったですね。

 さて本日は、桐原湧先生の『BorderLine』(茜新社)の越年へたレビューです。昨年12月末に発売された、この作家さんの2冊目となる単行本です。
健康的な色気感の黒髪美少女JK達それぞれとのラブ&エロ模様を落ち着いた筆致で描き出す作品集となっています。

BorderLine1 収録作は、真面目な性格と思っていた図書委員長は実は性的なことに興味津々であって、図書室を閉めるための鍵を合図に彼女と放課後の図書室でフェラやクンニをしあっていたのだが・・・な連作「遊びの時間」正続編(←参照 二人にとって快感を味わうだけの“遊び”の時間だったのだが・・・ 同連作正編より)、および読み切り形式の短編7作。
連作の続編(8P)を除き、1話・作当りのページ数は16~22P(平均21P弱)と中の下クラスのボリュームで推移。短編集ということもあって話自体はコンパクトですが、余韻の良さも含めて語り回しに一定の存在感があり、エロシーンについても軽過ぎず重過ぎずの満腹感があるタイプと感じます。

【“普通”の感情の動きを穏やかな筆致で紡ぐ青春性愛模様】
 家出少女に押しかけられて彼女と一夜を共にすることになる短編「BORDERLINE」、美術教師との少し複雑な関係を描く短編「合格通知」では大人の男性とJKヒロインの性愛が描かれていますが、その他の作品は同世代のボーイズ&ガールズのラブ&エロを描いています。
 あとがきに“普通の女の子たちの普通のお話”とある通り、思春期の少年少女の恋模様であったり性的好奇心であったりを現実世界の何処かに存在していても不思議ではない、等身大のものとして描き出しています。
初めてのセックスに気恥ずかしさも感じながら同時に素直な喜びが描かれる短編「今日はする日」、初めてのラブホでエッチな自分を解放して二人の関係をより深める短編「いつもとは、違う君と。」、卒業を前にして別離を意識しながら共に進んでいくことをヒロインが決意する短編「夏の終わりに」など、ドラマとしてはささやかながらも、彼ら彼女らにとっては大切なことに対する感情を穏やかで瑞々しい筆致で描くのが作劇面における最大の美点。
BorderLine2 ちょっとした台詞回しにある、そこに至るまでの感情を想起させる台詞の印象深さや(←参照 お熱い二人 短編「今日はする日」より)、幼馴染との初めてのセックスで彼女と共にした時間や異性として意識してきたことを走馬灯めいて散りばめる印象的な構図(短編「告白」)など、ドラマ性そのものは強くしない一方で、彼ら彼女らの等身大の感情を味わい深く読ませる作りになっているとも言えるでしょう。
 寂寥感やちょっとした無力感も残る短編「BORDERLINE」を例外としつつ、互いの気持ちや性欲を発揮し、それらをセックスを通して共有することで、彼ら彼女らの日常の中での幸福を得るという流れになっており、余韻の良さを生む穏やかなハッピーエンドが基本。
思春期後半ガールズの等身大の色恋を描くスタイルは、このレーベルらしい魅力を十分に備えていると総括できるでしょう。

【しなやかボディがエロ美しい黒髪美少女JK】
 いずれのヒロインも女子校生ヒロインであり、前述した通りに2作品を除いて男性キャラも同年齢層。
 少し陰のある家出少女、冷たくミステリアスな印象のある教え子さん、キュートで快活な彼女さん、腐れ縁なボーイッシュ幼馴染、地味で真面目な眼鏡図書委員長、明るく人気者の先輩ガールなど、属性的なキャラ付けが無いわけではないものの、設定や感情の動きなどについては、前述した通りに“普通”の少女として描かれています。
 さっぱりとした短髪であることもあれば、さらさらと美しいロングヘアの女の子も多いですが、いずれも黒髪であり、落ち着いた色気感のあるキャラデザインと組み合わさることで、清楚感や健康的な印象を形成しているのも大きな特色。
BorderLine3控えめバストから十分に巨乳クラスまでおっぱいサイズに多少のバリエーションはありつつ、乳&尻の量感を前面に出すスタイルではなく、すらっとしたスレンダーボディに程好い量感のバスト&ヒップを組み合わせて、整った美しさを感じさせる女体に仕立てています(←参照 乱れた黒髪&スレンダー巨乳ボディのエロ美しさ 短編「合格通知」より)。
程好く存在感のある乳首&乳輪に股間に茂る陰毛など、体パーツ描写に一定の淫猥さを持たせつつ、上述の肢体の美しさを損なわないバランスにまとめています。
 初出リストが収録されていないので推測にはなりますが、短編「夏の終わりに」のみ古い作品であるのか他の作品と絵柄の差異を多少感じます。変化の方向としては、丁寧な描き込みと健康的な色気感の両立を維持しつつ、後者を重視したよりさっぱりとした絵柄になってきた感があります。

【抑え目の演出で綺麗な女体が乱れる様子をじっくり描写】
 エロシーンへの導入パートに適度な尺を設けて男女の心の動きを魅せており、ページ数の関係もあって大ボリュームの濡れ場を期待するのは避けるべきですが、とは言え抜きツールとしては適度な満腹感のある尺を用意。
 先輩女子にリードされるセックスや、放課後の図書室で隠れながらの性行為など、エロシチュとしての味付けを加えるケースもありますが、上述した通りに互いの恋愛感情や性的好奇心&性欲を素直に発現していく和姦エロ、特に恋愛セックスをメインとしています。
なお、衣装が制服(狭義)または競泳水着のみという、ヒロインの設定に合わせたチョイスであり、着衣セックスも多い一方で、次第に服が肌蹴ていくケースも含めて全裸セックスに移行することもしばしばあり、相手に全てを曝け出すという意味合いでは勘所でもありますが、読み手の好みによって評価はそれぞれでしょう。
 前戯パートの比率は作品によって幅があるものの、長めの尺を割く構成が多く、甘くしっとりした雰囲気の接吻、清楚フェイスがち○こをしゃぶるフェラやさわさわとした陰毛の生える股間に顔を埋めてのクンニ、先輩の声と吐息を感じながらの手コキといったプレイを複数投入。とは言え、前戯パートは挿入までの雰囲気の盛り上げという役割が強く感じられ、射精シーン等の抜き所はあまり投入しない傾向にあります。
BorderLine4 抽挿パートに移行後は、ハートマーク付きのエロ台詞や女体のしなやかな動きで魅せており、結合部描写等で淫猥さを打ち出しつつ、演出の強度や密度は抑制を効かせたタイプ(←参照 短編「いつもとは、違う君と。」より)。描写としての激しさを期待するのは避けるべきではありますが、男性の熱情を引き出す台詞や表情の効果も含めてじっくりと煽情性を積み重ねていくスタイルと言えるでしょう。
結合部見せつけ構図で十分なインパクトのあるフィニッシュシーンとすることもある一方で、快楽に蕩けた肢体と表情でありつつ行為が終わったことの名残惜しさや日常からの解放感などを感じさせる落ち着いたフィニッシュとすることもしばしばあって、好みは分かれると思いますが、特徴的な表現と感じます。

 シナリオ・エロ共に派手さやインパクトをやや欠く一方で、それ故に味わい深さや生気のある熱量を感じさせるスタイルであって、上述の通りにこのレーベルらしい魅力が詰まった作品集。
個人的には、別離を前にしたクール美少女さんの熱烈アタックが男性教師の本心を引き出す短編「合格通知」に愚息が大変お世話になりました。

崎森ダン『みにまむ巨乳少女』

MinimumBustyGirl トミムラコタ先生(原作:森もり子氏)の『ギャルと恐竜』第3巻(講談社)を読みました。人?違い?で福岡に置いていかれた恐竜君がどうやって帰って来たのか謎だったのですが、描き下ろしのおまけ漫画で普通に飛行機乗って帰っていたのに爆笑しました。
タクシーのおじさんとその場のノリで行った海、ちゃんと料金を払えたのか大変心配でございます。

 さて本日は、崎森ダン先生の初単行本『みにまむ巨乳少女』(ティーアイネット)のへたレビューです。単行本タイトルも表紙絵も、作品のアピールポイントを明確に示していますね。
ピュアでキュートな低身長巨乳ボディのヒロイン達とのちょっと変わったラブ模様&中出し連発セックスが楽しめる作品集となっています。

MinimumBustyGirl1 収録作は、両親の代わりに面倒を見ている親戚の女の子・さなえちゃんがおじさんと子作りがしたいと言い出して、ピュアっピュアな彼女のお願いを聞いてエッチしまくりライフを過ごすことになる連作「さなえ・ちゃれんじ」正続編(←参照 初めてのラブホでも子作りエッチだ! 同連作正編より)、および読み切り形式の短編2作+各作品のヒロイン揃い踏みなスピンオフおまけ漫画(6P)。
収録本数が少ないものの、1話・作当りのページ数は42~50P(平均45P)とかなりの大ボリューム。このページ数の多さをエロシーンの量的充実に充てており、抜きツールとしての満腹感が明確な長所と言えるでしょう。

【温和な雰囲気とエロ的ご都合主義で満ちた二次元的桃源郷】
 ピュアな口リ系ヒロイン達とのラブエロ模様を描く作品が揃っており、彼女達の純粋性や無垢な性的好奇心で話が進展するスタイル。
MinimumBustyGirl2 エロゲ好きな教え子ちゃんが同好の士である先生に現実でもエッチをおねだりな短編「宗森まといは離れない」、二人の妹が兄である主人公を誘惑して争奪戦になる短編「二兎が迫る!!」(←参照 両方とエッチしているのがバレちゃって!? 同短編より)、そして学校で流行っているらしい(!?)子作りを大好きなおじさんに依頼する短編「さなえ・ちゃれんじ」と、ヒロイン側が積極的な展開が揃っており、男性側にとっての受動的な幸福感が魅力の一つと言えるでしょう。
教え子なり血縁者なりに手を出してしまう男性達の言動に、倫理面で一本ネジが抜けている印象がある場合もあるのですが、そのケースでも彼らに悪意・害意は無いのでヒロイン側の幸福感や充実感を毀損するような要素は無く、ラブラブかつエロエロな幸福空間という二次元ワールドらしい様相を保っています。
 あまりにも全てが男性側にとって都合が良い状況が用意されている分、逆に不自然さや不穏さが感じられる印象がないわけではないものの、そこを主眼とした作劇ではなく、あくまでハッピーロリータ系としての王道的な魅力を貫徹したスタイルと評し得ます。
良かれ悪しかれストーリーとしての存在感がほとんどなく、温和な雰囲気の中でエッチ三昧という構成であることも、読み口の軽さ・穏やかさに貢献しており、微笑ましいハッピーエンドでまとめることで読後感も良好に仕上がっています。

【ピュア&キュートな低身長童顔巨乳ヒロインズ】
 いずれの作品もJS~JC級のキュートガールズがヒロインであって、男性キャラクターは皆さん大人のお兄さん&おじさん達。
 短編「宗森まといは離れない」にはエロゲが大好きで同じ趣味を持つ主人公に好意を抱くと共にエッチを実践したくなる生意気問題児ガールが登場しており、このキャラだけ性的な知識という面では印象が多少異なりますが、その他のヒロインも積極的にエッチをおねだりしてくるタイプであって、それらの“おねだり”の無邪気さや素直な好意などが魅力になるキャラ作りとなっています。
 姉妹で身長の高低差が明瞭な短編「二兎が迫る!!」といったケースもありますが、いずれのヒロインの年齢設定から想起される平均的な身長よりも明らかに背が低く、成人男性の主人公の体躯との対比においてその小ささが単行本タイトル通りに強調されています。
MinimumBustyGirl3この低身長ボディと親和性が高い童顔に対し、胸部にはむにゅんと柔らかな巨乳を備えており、このバストの強い存在感と身長の低さや肢体全体の肉付きとのアンバランスさがボディデザインにおける最大の特色(←参照 キュートな口リフェイス&特大バスト! 連作続編「さなえ・ちゃれんじ!!夏」より)。
 後書きを読むと、作品の初出時期には結構な幅がありそうなのですが、エロ演出の密度などを除いて絵柄そのものは単行本を通して安定している印象であって、表紙絵とも概ね完全互換。輪郭の丸みの強い絵柄は、ヒロインのぷにっとした肌の柔らかさや幼い可愛らしさを十全に引き出しており、エロ可愛い印象の基盤をしっかり形成しています。

【柔らか巨乳を揉みしだく幸福感&エロ可愛い蕩け模様】
 連作続編のように一シークエンスをたっぷり長尺で提供する構成もありますが、基本的には場所やキャラを変更しながらの濡れ場の分割構成を採っており、ページ数が非常に多いこともあって、分割されている場合でも個々のエロシーンの量的満足感は十分に強くなっています。
 ヒロインが積極的に誘導すると共に、元々ヒロインの低身長巨乳ボディに引かれていた男性側も美味しい状況が転がり込んできたことでその性欲をストレートに発揮しており、男性側にとって受動的な幸福感と積極的な独占欲の両方が充足される和姦エロという趣向が一貫しています。
 どちらかと言えば前戯パートは短めにまとめることが多く、たっぷりおっぱいをモミモミしたり吸ったりなおっぱい愛撫の描写がメイン。短編「二兎が迫る!!」では姉妹によるダブルパイズリが用意されていますが、ヒロイン側の性的知識が乏しいこともあって、彼女達によるサービスプレイを期待するのは避けるべきでしょう。
MinimumBustyGirl4ちっちゃなボディを抱え込んだり、ホールドしたりで肢体の小ささ・軽さが強調されるピストン運動の描写では、ぷにぷに股間にパワフルなピストンを加えながら柔らか巨乳を揉みしだいておりその柔らかい弾力感や強い存在感を常にアピール(←参照 “ぐわし!”もちもち口リ巨乳だ!! 短編「宗森まといは離れない」より)。
 連作続編など、肌を濡らす液体描写に過剰さを感じることはあるものの、演出の強度・密度は十分な高さがありつつ、ヒロインのエロ可愛さを損なわない水準に収めており、熱っぽい蕩け顔やハートマーク付きの嬌声、無邪気・無垢なラブ台詞や実況台詞でエッチの快感にすっかり夢中な様子を描き出します。
 分割構成の場合でも個々のシーンに中出し描写を投入しているために抜き所は豊富であり、いずれもパワフルな印象のピストン運動から雪崩れ込みと演出的な盛り上げがありますし、特にオーラスでは1Pフル~2P見開きクラスの大ボリュームで蕩けきったヒロインと股間から溢れ出る中出し精液を描いてハイカロリーに〆ています。

 童顔&低身長&巨乳でピュア&キュートなヒロインの魅力を中核としたシナリオ&エロであって、このキャラ属性への愛好の強さが作品の評価にそのまま影響するタイプの作品群と言えるでしょう。
個人的には、タイプの異なる口リ巨乳妹ヒロインとの個別H&3Pセックスが楽しめる短編「二兎が迫る!!」が最愛でございます。

ながねこ『どくせんよっきゅう♥』

DesireToMonopolize 匡乃下キヨマサ先生の『カワセミさんの釣りごはん』第1巻(双葉社)を読みました。釣り、料理、百合、博多弁、そして面倒見の良い高身長巨乳安産型ヒップ金髪ヤンキー(超重要)と大変要素の多い作品ですが、二人の仲の良い関係を魚鳥兄&姉と共に見守りたくなりますね。あと、クロちゃんのキャラデザも大変好みです。


 さて本日は、ながねこ先生の初単行本『どくせんよっきゅう♥』(ジーオーティー)の遅延へたレビューです。2週間ほど遅れてのレビューとなり、申し訳ありません。
それはともかく、多彩な美少女ヒロイン達とのラブ模様&熱烈ハードHが楽しめる作品集となっています。

DesireToMonopolize1 収録作は、幼馴染のギャル・亜美に告白するもけんもほろろに断られた主人公は、隣人の雪乃お姉ちゃんに相談したところ、エッチの練習をすることを提案され、しかもそのセックスを亜美に見せることになって・・・!?な中編「恋愛上手になる秘訣」前中後編(←参照 なにがどうしてこうなった 同中編作前編より)、および読み切り形式の短編7作。
1話・作当りのページ数はいずれも20Pと中の下クラスのボリュームで固定。ストーリーの存在感はあまり無いものの、温和な読み口とハード指向で十分量のエロシーンとで構成された作品が揃っています。

【ヒロインそれぞれの様式で主導するラブエロ模様】
 幼馴染のお姉ちゃんのトンデモなアドバイスで恋愛成就へと動き出す中編のように、コミカルさやハイテンションさのあるラブコメ系作品もありますが、コメディとしての楽しさよりかは恋愛エロとしての幸福感やちょっとアモラルな味付けも含めたドキドキ感などが基調となるシナリオワークが揃っています。
 ドMな男性教師が凶暴ヤンキーガールに女王様プレイをお願いして押し切るという攻め・受けとしての主導権がどちらか分からなくなる面白さがある短編「ドSヤンキーJKとドM変態ティーチャー」といった例外もありつつ、基本的にはヒロイン側が積極的にラブ&エロの関係性を押し進めてくるスタイル。
DesireToMonopolize2年下ガールに翻弄されるちょっとした倒錯感であったり(短編「ナマイキがお好きでしょ?」)、主人公と別の女性との関係に妬いて不器用なアタックを仕掛けてきたり(中編作)、主人公を慕う女の子のピュアなラブアタックを甘受したりと(←参照 短編「ちああっぷ♥まいだーりん!」より)、ヒロイン達の恋心や性欲が素直に発揮されてエロシーンへと導入される流れは、ラブエロ系としてのオーソドックスな魅力と言えるでしょう。
 ヒロインの恋愛感情や性欲が溢れ出していく導入パートは、各ヒロインの魅力を高める役割を発揮しているものの、彼女達との関係性や感情の動き方の描写に物足りなさはあり、導入パートにおけるストーリーとしての解像度の粗さをしばしば感じるのは多少の減点材料ではあります。
 とは言え、序盤ではヒロインがリードを有しつつ、その幸福感とエロさにすっかり中てられた男性達も熱っぽい愛の言葉を口にして行為に夢中になり、それをヒロイン達も受け止めて両者感じまくりというエロシーンの流れそのものに、恋路のエネルギー感であったり、互いに素直になれる解放感であったりがあることはシナリオワークとしての美点と感じます。
 主人公争奪戦からの両手に花エンドな中編を含め、ヒロイン達の恋心が叶うハッピーエンドでまとまっており、ヒロインの一枚上手な印象を持たせたり、ほのぼのとコミカルであったりなラストで読後感を良好に仕上げています。

【多彩なキャラデザ&設定の美少女ヒロインズ】
 一部に例外が存在する可能性はありますが、ほぼ女子校生ヒロインで占められた陣容。男性キャラについては年上というケースが多いものの、幼馴染な同世代というケースもしばしば認められます。
 叔父である男性を性的に翻弄する生意気姪っ子、ヤキモチ焼きで負けん気の強いギャル幼馴染、ピュアな恋愛感情で熱烈アタックなチアガール教え子、クーデレ系幼馴染、ピュア&キュートな妹系ヒロインにドSヤンキー女子など、多彩な属性を取り揃えているのは魅力の一つ。
 キャラ設定の多彩さもあって、キャラデザの描き分けもしっかり為されており、派手な格好のヤンキー・ギャル系女子に、清楚黒髪美少女、日焼け美少女、ボーイッシュな女の子にふわふわロングヘアのキュートガールなどなど様々。
DesireToMonopolize3伸長が低く華奢な四肢に並乳といった可愛らしさを重視した女体設計や等身のたかいすらりとした体&手足に並乳を組み合わせたスレンダーボディも存在する一方で、程好いボリューム感の巨乳&桃尻をスレンダーボディに組み合わせたデザインが過半数を占めます(←参照 巨乳ヤンキー女子ヤッター! 短編「ドSヤンキーJKとドM変態ティーチャー」より)。
 あまり冴えない顔面のおじさんなども居ますが、初期作品を中心にさっぱりとしたイケメンキャラが多いのも特徴。
この男性キャラのデザインに加え、中性的な美しさがある印象のヒロインがしばしば登場しており、少女漫画やBL作品的な雰囲気を感じさせることがあります。このスタイルでは、シャープで細やかな描線が特徴でしたが、絵としての細やかさは保ちつつ絵柄としては二次元的な可愛らしさを分かりやすく伝達する、より表紙絵の印象に近いスタイルに変化してきたと言えるでしょう。

【密度の高い画面構成とアタックの強いエロ演出】
 上述した様に良かれ悪しかれサクサクとエロシーンに突入していくスタイルを基本としており、ページ数に比して濡れ場のボリューム感は十分に強く仕上げられている印象。
 女王様プレイからの下僕暴走でメロメロにされちゃうシチュエーションや、エプロン愛好家な先輩のリクエストに恥ずかしがりながらも応じるエッチ、年下ガールに言葉攻めとかされちゃって翻弄されるエッチなどほんのりアモラルな要素を織り込むこともありますが、それらも含めて恋愛セックスを中心とした和姦シチュエーションで統一。
 密着手コキ、男子スメルを満喫しながらのフェラチオ、女王様へのねっとりクンニご奉仕、髪コキ&フェラなど、エロシチュやヒロインのタイプに合わせた多彩なプレイでヒロインの積極性や愛撫されての熱っぽい蕩け模様を表現すると共に、射精シーンやヒロインの潮吹きシーン等で抜き所も投入。
DesireToMonopolize4これに引き続きパワフルなピストン運動が開始される抽挿パートでは、さっぱりとした絵柄に比して、密度の高い画面構成を採っており、表情部や断面図のアップを全体の描写に付随させたり、異なるカメラアングルの絵を並べたり、いわゆる定点カメラの連続コマであったりと、描写を詰め込んで情報量の高い画面を連続させるのが明確な特色(←参照 前からと後ろからの構図を並べて 短編「ナマイキがお好きでしょ?」より)。
 くしゃくしゃに蕩けた表情付けにハートマーク付きの嬌声、各種たっぷりお汁に乱れる美髪とヒロイン側の蕩け具合を十分な濃度とアタックで表現すると共に、無我夢中になっている男性達の熱っぽい台詞なども両者のセックスへの没入感を物語っており、好みは分かれる要素でしょうが、エロ描写としての熱量を生み出しています。
 演出強度の強さと詰め込んだ画面構成である故に、やや一本調子という印象がないわけではないものの、いい意味で力押しで1Pフルを基本とする中出しアクメなフィニッシュシーンへとつなげており、ヒロインの美しさ・可愛さを保った上で十分な演出強度を載せられる手腕は総じて明瞭な魅力と言えます。

 初単行本ということもあって、絵柄の明瞭な変化や作劇面のやや大味な印象はあるものの、作劇・エロ共に勘所を押さえていますし、ユニークな仕掛けの魅力を感じる分、そこを伸ばしていって欲しいと感じさせる1冊。
個人的には、強気ドSなヤンキーガールがご奉仕プレイをさせたり、パワフルピストンにまさかの敗北をしたりで一粒で二度美味しい短編「ドSヤンキーJKとドM変態ティーチャー」が特にお気に入りでございます。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ