皇牙サキ推しな諸氏にお勧めのエロ漫画5冊

  どうも管理人のへどばんです。ここ数年、年間ベスト以外は単行本レビューに専念しているのですが、久しぶりに少し軽い記事を書きたくなり、今回の様な記事となっております。

  以前にも少し書いたのですが、皇牙サキさんという黒ギャルVtuber(バーチャルユーチューバー)が大変好きで、配信を毎回楽しみにしております。漫画に非常に詳しく(特に歴史系と格闘系)、その面白さを伝えるレビューの語り回しに熱意や背景にある知識の厚みを感じること、視聴者をオタクくん(オタクちゃん)と呼んだり少々荒っぽい口調でしゃべったりなキャラクター、そしてエロさ満点な巨乳ボディでエロイラスト(エロ同人)に大変オープンなところと、二次元ギャルが大好きな諸氏(管理人含む)には垂涎のキャラとなっております。
ご存知ないという方は、まず配信の動画を見て下さい。きっと心惹かれるものがあると思いますよ。

  さて、皇牙サキさんの雑談配信回で、自分のエロイラストを描いて欲しい作家さんの話題を彼女がしていたのですが、当然ながら全てエロ漫画家さんでして、それを聞きながら確かにギャル系ヒロインは十年前に比べて随分とポピュラーになったし、キャラの傾向も変化して来たなぁと思っておりました。
同時に、皇牙サキさんが好きな、私を含めた“オタクくん”が好きそうなエロ漫画作品をお勧めしたいなと思って、本記事を書いている次第です。喜ばしいことに、作品単位で選ぶとキリが無い程存在しますので、単行本単位で個人的なお勧めを敢えて5冊に絞ってみました。なお、詳細なレビューについては、それぞれのリンク先をご参照下さい。

Sian『生ハメ☆ギャルびっち!』(ワニマガジン社)
EnjoyBitchGalsAtHameLive 肉食系ギャル系ヒロインを用い、カラッと明るい雰囲気かつエロはガツガツとしたラブコメ・エロコメ系統の作品をメジャーなものに押し上げた一つの要因は、快楽天系列のコンビニ誌が結構注力したからと個人的には思っているのですが、その路線を代表する作家さんの一人と言えます。頼もしくエロを牽引してくれる黒ギャルヒロインという意味では短編「一日限定彼女」が特にお勧めです。→単行本レビュー

もずや紫『白黒❤ロワイヤル』(エンジェル出版)
BlackAndWhiteRoyal.jpg ギャル系ヒロインを登場させると、彼女達の属するコミュニティという点で同系統のキャラが揃いがちなのですが、お嬢様ヒロイン一家とギャル軍団が主人公の争奪戦を繰り広げるというユニークなハーレム系作品。清楚系お嬢様と肉食ギャルという対照的な構図が、双方の魅力を高めていました。気が強く強引でビッチだけど、人の好いギャルさん達という王道のキャラメイクが楽しめます。→単行本レビュー

丸居まる『Cherry&GAL’s↑↑』(茜新社)
CherryAndGALS.jpg ギャルヒロインに完全にリードされながらたっぷり搾られたいという諸氏にお勧め。ハードなM向け作品も多かった『Girls for M』作品群の中では比較的ソフトな路線です。エッチな黒ギャルヒロインをよく登場させる作家さんですが、この単行本は中でも黒ギャルさんの登場頻度が高くなっており、からかわれたり言葉攻めされたりしながら気持ち良くしてもらえるプレイが充実しています。→単行本レビュー

たまごろー『ハメトモコレクション』(富士美出版)
SexFriendCollection.jpg
 ヒロイン造形において、ギャル要素というよりかは、ビッチ属性に重きを置くタイプの作風で、キャラデザとしてギャル要素が必ずしも多い訳では無いですが、両要素の組み合わせの安定感は見事。全体的に非常にポジティブであっけらかんとした作風が持ち味です。飄々かつ快活な黒ギャルビッチさんが登場の短編「TAKE OUT」は大変お気に入りの作品で、この次の単行本では続編が収録されています。→単行本レビュー

史鬼匠人『ギャルトモ❤ハーレム』(ティーアイネット)

GalFriendsHarem 内向的なオタク少年と、快活で優しく、かつ芯の強さのある黒ギャルさんとの青春ラブストーリーであり、主人公のオタクボーイが黒ギャルさんとの関係の中で、勇気付けられ“属性”と関係なく、好きなことを素直に楽しむことの価値を知っていく流れは、皇牙サキさんの言動と一致する部分が多く、彼女が好きな方ならグッとくると思いますよ。→単行本レビュー

いかがでしょうか?ギャル系ヒロインがメインで、かつ彼女達が主導するタイプの作品を選んでみました。
  作品単位ですと、幾花にいろ先生の短編「寄辺」、東鉄神先生の短編「残業~警備員は見た!~」、六角八十助先生の短編「おべんきょう≒せっくす」、レオパルド先生の短編「黒い三年生」、もじゃりん先生の短編「フェスックス」などなど、魅力的なギャルヒロインを擁した作品は多くあります。

  2010年台後半に人気のある属性となっていたギャル系ヒロインの魅力を考え得る時、個人的には“異質さ故の距離感と親近感の両立”が重要な要素だと思っています。
 自分と他人が分かり合えないかもという疎外感や、自身に人間的・性的な魅力が無いのではという不安は、“リア充”的な人すら含めて老若男女全てが抱えることがあります。
誰しもそういったネガティブな感情故に内向的になってしまうことはあるのですが、エロ漫画における内向的なオタク男子であったり、日々の生活に疲弊した社会人のおじさんであったりな男性キャラというのは、それらのネガティブな感情を分かり易く打ち出すキャラクターであると言えるでしょう。
それに対し、ギャルというキャラクターは、例えばオタク男子と同じく、“普通”とは距離を置いた要素を有しつつ、そこに閉じこもらず、自信を以て闊歩していく力強さを持つキャラとして対比的に描かれていると言えるでしょう。
 対照的な双方が、完全に同じタイプの人物像になるのではなく、互いに異質さのある距離感を保ちつつも、ギャル系ヒロインの力強さ・自由さが時にネガティブな感情に閉じこもってしまう主人公を勇気付け、分からない存在から親近感を持てる存在へと変容していくこと、それがギャル系ヒロインを擁する作品の一つの魅力と考えています。
  これからも魅力的なギャルヒロイン、特に巨乳黒ギャルなヒロインのエロ漫画が増えてくれるといいなぁと思っています。そして、皇牙サキさんの漫画語りも凄く楽しみにしております!!

へどばん拝

カスガソウイチ『赤い糸が繋がるあなたとキスがしたい。』

KissYouDestinied  TVアニメ版『ひなまつり』第10話「川の流れのように」を観ました。瞳ちゃんのママさん、ちっこくて可愛らしいですな。社畜の悲しみ漂う瞳ちゃんと、ゲス街道まっしぐらな詩子さんの対比がひどい・・・。
『ウマむすめ』と同じ及川監督で競馬が描かれましたが、こっちはシビアに現実的・・・

  さて本日は、カスガソウイチ先生の初単行本『赤い糸が繋がるあなたとキスがしたい。』(ジーオーティー)の遅延へたレビューです。帯の文章がポエティックですが、中身の印象がよく伝わるものですねぇ。
甘味たっぷりのピュアラブストーリー&快楽と恋の熱情に蕩けるラブラブHがたっぷりと詰まった作品集となっています。

KissYouDestinied1  収録作は、憧れていた塾の講師に見合う男性になろうと頑張ってきた少年が終に告白をして優しい年上美人にリードされながら結ばれる連作「大器晩成プリンス」「君色プリンセス」(←参照 同連作前編「大器晩成プリンス」より)、背が大きいことがコンプレックスな彼女さんとのラブラブ模様な三連作「乙女のパンプス」「長身の彼女」「身長差のある恋人」、および独立した短編6作。
1話・作当りのページ数は18~24P(平均20P弱)と控えめな部類。とは言え、恋愛ストーリーとしての濃度が高いこともあってストーリーの存在感は相応に強く、その上で適度に満腹感のあるエロシーンを用意しているため、ページ数以上のボリューム感があります

【甘味たっぷりのピュア&リリカル恋愛ストーリー】
  作劇の方向性としては、善男善女のピュアなラブ模様を甘味たっぷりの雰囲気で描く青春恋愛ストーリーであって、少女漫画チックなリリカルさなどが特長。
恥かしがりながらも男性を受け入れるヒロイン達のピュア&キュートな姿にもしっかりとフォーカスしつつ、同時に不器用ながらも恋愛に頑張ったり、ヒロイン達を優しくリードしたりなイケメンボーイ達の姿も丁寧に描き、男女双方の気持ちが重なり合うことでの甘い幸福感を打ち出していると評し得るでしょう。
KissYouDestinied2  相手への好意を素直で等身大の言葉で語りかける愛の囁き、二人の間でだけ通じ合うことを互いに知っているような台詞回しに加え、高まる気持ちのもどかしさや自らの幸福を噛み締めるモノローグも魅力的で、それらの気持ちが言葉にされずとも二人の間で共有されているかのような見せ方が巧みと感じるところ(←参照 三連作第一話「乙女のパンプス」より)。
男性キャラクターの台詞回しに、男性読者としては少々キザっぽさを感じさせることが好みを分ける可能性はありますが、決してやり過ぎ感はなく、その辺りも思春期の恋の高揚感に由来するものと考えれば、ある種の微笑ましさにつながっているとも言えるでしょう。
  幼馴染から恋人へのステップアップ、自身のコンプレックスと恋愛関係におけるその解消、男女が互いを素直に求めていることの再確認と、ストーリー自体は小粒ではありますが、そうであっても当人達には大きな価値を持つことを読み手にもしっかりと含ませる話回しであるのも○。
もちろん甘味をたっぷりと読後にも残してくれるラブラブハッピーエンドでまとめており、甘く平和な空間にどっぷりつからせてくれる構築と言えるでしょう。

【ふわっと柔らかい印象のあるキャラデザ&肉感ボディ】
  思春期真っ只中の女子校生級美少女をメインとしつつ、主人公の少年よりも年上の20代前半程度と思しき綺麗なお姉さんタイプのヒロインも複数名登場。
長身がコンプレックスなピュアな乙女の彼女さん、ボーイッシュな幼馴染ガールに初めての彼氏に喜ぶ元気で初心な女の子に優しく童貞男子をリードしてくれるお姉さんキャラなど、それぞれの恋心や恋愛に対するリアクションの多彩さを前述した丁寧な心情描写で描き分けています
  また、前述した通り、思春期ボーイな男性キャラクター達にも存在感があり、時にショタ的な可愛らしさもあれば、甘い言葉をささやく積極的なイケメンキャラとして描かれることもあり、どちらも女性受けしそうなタイプのキャラ造形と感じます。
KissYouDestinied3短編「俺の世界の中心」ではちんまりボディ&ちっぱいな女の子が登場していますが、それ以外ではたっぷりふかふか巨乳を中心として豊満さを感じさせる柔らか女体で概ね統一しており、その柔らかさや温かさに包まれることが、恋愛エロとしての抱擁感・幸福感を大きく高めています(←参照 メガネ美人の柔らかボディだ! 短編「花粉彼女」より)。
肢体造形の方向性は統一しつつ、日焼けボディや黒髪ロングの眼鏡美人さん、ふわふわのウェーブヘアな優しいお姉さんに男性を包み込み長身巨乳ボディなど、キャラデザやリボンなどのガーリーな小道具を含めて視覚的な多彩さを生み出しています。
  初単行本であり、また初出時期にも最大8年もの開きがあるため、特にキャラデザインのデフォルメ感や萌えっぽさには一定の変遷はあるのですが、女の子のふんわりとしたキュートネスを重視した絵柄の方向性は明確に安定しており、表紙絵と印象の差異を感じることは単行本を通してほぼありません。

【豊満ボディと密着する陶酔感と汁気感充実の濡れ場】
  サクサクとエロシーンに突入して十分な尺を濡れ場に設ける構成ですが、この導入パートに単調さ・勢い任せな印象を持たせず、ラブラブ感をしっかりと打ち出すことでエロシーンの熱っぽさを醸成していきます。
  職場でのHなど羞恥心を刺激するシチュエーションもありますが、それらは相手を求める気持ちが止められない故の若者らしい熱情として描かれており、いずれの作品もあくまで王道の甘いラブラブHを貫徹しています。
エロシーンの始まりは、互いに唇を寄せあう幸せそうなキスを必ず用意し、絡まりあった舌が涎の糸を引きながら名残惜しげに離れる描写から、より積極的に相手を求め、愛撫をしたりご奉仕をしたりな前戯パートへと移行。
愛撫描写やち○この擦り付けなど、前戯パートにも一定の尺と濃度を用意していますが、これはあくまで助走としての位置付けであり、互いに密着し、相手の反応を見ながら全身で愛情を表現し、求めあう抽挿パートの熱っぽさを実用面での核としています
KissYouDestinied4  男性の肢体にも存在感を持たせた上で抱きしめ合う密着感、キスやおつゆがたっぷり漏れ出る結合部のアップ描写、ふにゃっと蕩けて涙や涎に濡れる蕩けフェイスなど、体の密着感や汁だく感を重視したエロ描写は(←参照 抱きしめ合う体、重なる唇、濡れる秘所 三連作中編「長身の彼女」より)、キュートネスをしっかりと保ちつつ、断面図などのアタックの強いエロ演出とも無理なく融和した絵作りで高い実用性を叩き出します
  抽挿パートがかなり短めにまとまってしまうケースもありますが、前述した表情描写や結合部描写などを情報量多く詰め込む作画で質的なボリューム感を確保しており、前戯パートから十二分なタメを作ってたっぷり中出し・トロトロアクメなフィニッシュへ持ち込む1回戦を組み立てています。

  甘ラブエロの魅力を砂糖で更に煮込んだかのような作品群であり、少女漫画チックなリリカル成分を持たせつつ、男性向けエロとしてのアタックもたっぷり含有した構築となっています。
個人的には、憧れのお姉さんに相応しい男性になろうと頑張った少年が全て報われて優しくてエッチなお姉さんとイチャラブH三昧な連作「大器晩成プリンス」「君色プリンセス」が特にお気に入りでございます。

時丸佳久『エルフの国の宮廷魔導師になれたので姫様に性的な悪戯をしてみた THE COMIC』

SexualLessonForElfenPrincess  TVアニメ版『ウマ娘 プリティーダービー』第11話「おかえりなさい!」を観ました。スズカが、スズカが走って勝った!その事実だけで十分な夢を叶えてくれた作品であったなと感じます。細江さんの“走って、スズカ!”の台詞でぐっときましたよ。
JC、日本総大将のスペちゃんの走りに期待したいですね。

  さて本日は、時丸佳久先生(原作:磯貝武連先生、キャラクター原案:成海クリスティアノート氏)の『エルフの国の宮廷魔導師になれたので姫様に性的な悪戯をしてみた THE COMIC』(キルタイムコミュニケーション)の遅延へたレビューです。タイトルが長過ぎです!!
ピュアなエルフのお姫様と凛々しいダークエルフ女騎士にエッチなことを好き放題なウハウハ感が楽しめる作品となっています。

SexualLessonForElfenPrincess1  収録作は、一応優秀でイケメンではあるがスケベなゲス中年である魔導師の主人公は、魔物から助けたお姫様に魔術を教える宮廷魔導師となったのだが、彼がレッスンに用いるのはスケベな手法ばかりであるし、無垢なお姫様はそのスケベプレイを疑いも無く受け入れていくのだが・・・なタイトル長編全8話(←参照 素直なお姫様とゲス魔導師 同長編第2話より)。
1話当りのページ数は12~24P(平均20P強)と中の下クラスのボリュームで推移。長編作として一定の読み応えを有しつつ、全体的に軽い読書感と適度な満腹感のエロシーンとで構築されています。

【都合よくエッチなことが転がり込み続けるウハウハ全能感】
  単行本タイトルに“The Comic”とある通り、本作は同名の小説(二次元ドリーム文庫)を原作としており、今単行本のオープニングとエンディングで本作のエピソードの前にも後にもお話が続いていることを示す通り、その話の一部をコミカライズしたもの
原作はより幅広いエピソードとヒロインを擁しているそうなので、原作のファンである諸氏には物足りなさがあるのかもしれませんが、原作未読の管理人としては、姫様とのエロエロ特訓がエスカレート→姫騎士さんに露見してピンチ!→口八丁ち○こ八丁で回避!→なんだかんだでハッピーエンドという起承転結はよくまとまっていると感じました。
SexualLessonForElfenPrincess2  色々とゲスな主人公ではありますが、宮廷魔術師としての職務はしっかり果たして姫様の魔力を成長させますし、真面目な姫騎士さんともエロバトルの果てに仲良くなりますし(←参照 凛々しい姫騎士さんのカワイイな衣装だ! 長編第7話より)、彼との関係性を通じてお姫様と姫騎士さんの信頼関係も深まってと、Win-Winな関係となっていることも読み口の軽さ・平和さにつながっています
姫騎士さんを屈服させるための凌辱・調教シチュエーションもありますが、主人公がゲスとはいえ悪人ではないので、あくまで追求から逃れるための策であり、いずれのエロシーンも、エロ的に美味しい状況がどんどん転がり込んでくるウハウハ感の形成が重んじられていると評し得るでしょう。
  その意味ではラノベ作品における幸福感や全能感といった分かり易い魅力を安定的に供給できているコミカライズと言え、この辺りはこれまでも複数の原作付きコミカライズをしてきたこの作家さんの技量の高さと総括できます。

【キュートなロリ系ボディのお姫様&凛々しい巨乳美人騎士】
  エルフ種族なので実際の年齢はそれより高いと思われますが、少なくとも外見上はロー~ミドルティーン級と思しき可愛らしいエルフのお姫様・ナイア、20代前半程度に見える凛々しいダークエルフの護衛騎士であるアイシャの二人ヒロイン制。
優しく健気で主人公のエロレッスンを真面目に信じて魔法の練習の励むナイアさんと、姫様を大切に想い、それを騙していると分かった主人公を討とうとするもエロ的に返り討ちにある真面目で意外にちょろいところもある騎士・アイシャさんは、好対照な性格設定であり、もちろん両手に花的な幸福感に直結しています。
  なお、中年という設定ながらもイケメンである魔導師の主人公は、時々見せる下卑た笑顔の通りに、スケベ大好きで口八丁手八丁ないい加減さと立ち回りの上手さがあるキャラクターですが、邪悪さや害意が含まれたキャラではなく、むしろ漫画チックに楽しく親しみ易いキャラであることも、前述した作品の軽快さを形作っています
SexualLessonForElfenPrincess3  清らかな白い肌に包まれた、華奢な四肢の伸びる小さめボディに膨らみかけのバスト(陥没乳首だ!)、鏡面仕様のぷにぷに股間なお姫様のロリ寄りボディ(←参照 長編第4話より)、柔らかお肉がたっぷり詰まった豊満バスト&ヒップ、陰毛が濃い目に茂るアダルト股間をお持ちな騎士さんのグラマラス褐色ボディと、ボディデザインの面でも好対照。
  最先端とは言い難く、ある程度絵としてのあざとさを重視した故の平板さを感じる時があるものの、適度に萌え的キュートネスもある二次元絵柄は表紙絵と完全互換で安定しており、お姫様の可愛らしさも騎士さんの凛々しさもしっかりとアピールできています。

【お姫様&騎士が熱っぽく蕩けるソフト調教系エロ】
  ページ数の都合上、たっぷり長尺とは言い難いものの、十分な尺のあるエロシーンを用意しており、分かり易いキャラクター性で魅力を引き出したヒロイン達の、快楽へのリアクションをじっくりと見せることが出来る構成を取っています。
  単行本タイトルに“悪戯”とある通り、性的に完全に無知なお姫様に、実際に効果のある魔法のレッスンなのですが、ローションマッサージをしたり、目隠しをして手コキやフェラをさせたり、股間の魔道具(お察し下さい)を直接インサートしたり、魔法のビデオカメラでハメ撮りしたり、アナルも開発したりと、騙しエロ的・調教エロ的なプレイ内容で、かつ主人公のやりたい放題をお姫様が全部好意的に受け止めてくれるという仕様。
SexualLessonForElfenPrincess4これに対して、いわゆる“くっ殺系”女騎士であるアイシャさんには、拘束凌辱や奉仕強制、羞恥心を刺激する隠れながらセックスなどなど、より嗜虐性の強い調教・屈服シチュエーションを用意していますが(←参照 ファンタジー世界にも魔法の電マが!? 長編第6話より)、最終的には和姦セックスをする仲となり、最終話では姫様とのラブラブ3Pセックスもご用意。
  姫様の陥没乳首に顔を出させる丁寧な乳房・乳首への愛撫、恥ずかしそうな表情を引き出すクンニに、性的なことがよく分かっていないお姫様による無邪気な手コキ・フェラなど、高貴な存在や凛々しい女性を騙したり、優位を奪ったりな状態で好き放題するという背徳感をある程度刺激する前戯パートは、射精シーンやヒロインのアクメシーンなどで抜き所を配置。
  性器表現の質が高くないのは一定のネックではありますが、大きく押し広げられる結合部を見せ付ける構図、未知の快感に包まれて羞恥や混乱を覚えながらも気持ちよさそうに蕩けていく表情付けに、姫様や騎士が口にしちゃいけないお下品なエロ台詞などなど、アタックの強い演出を適度な密度で織り込んで抽挿パートを力強く進めていきます。
フィニッシュは透過図等も絡めながら、アクメ嬌声を上げながら快感に震えるヒロインに中出しして、双方セックスを大満喫して終了という流れになっており、その面でもWin-Winな関係性と言えましょう。

  前述した様に原作小説を未読ですが、主人公を含めたキャラの楽しさとそれ故のエロのウハウハ感がよく打ち出されていて、エロもお話も楽しめました。
なんといっても、ダークエルフ美人騎士はジャスティス!
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ