岩崎ユウキ『閲覧注意』

CarefulToRead 拙著のファンタジー小説『ダークエルフ王国見聞録』シリーズ(リンク)ですが、前回の第41話もピクシブの週間ランキング入りしました(最高22位)。読んでくれた方、ありがとうございます。本日に続編となる最新第42話をアップしましたので、こちらも是非よろしくお願いします。
この調子でなんとか知名度を上げていきたいもんですが、どうなんでしょうねぇ・・・。

  さて本日は、岩崎ユウキ先生の初単行本『閲覧注意』(文苑堂)のへたレビューです。レビュー遅れて申し訳ないのですが、これがなかなかの逸品でようやくご紹介することが出来まして嬉しく思います。
ホラーとエロスを融合した妖しい雰囲気の中で官能的な表情&肢体のヒロインとのセックスが描かれる作品集となっています。

  収録作はいずれも読み切り形式の短編で計10作。1作当りのページ数は12~22P(平均19P強)と控えめな部類ながら、短編ならではの切れ味の良さがある作劇であって、エロシーンにも十分な存在感のある構築が揃っています

【欲望の中に非日常の怪異が沁み込んでくるホラーとエロスの融合】
  いずれの短編も現代日本を舞台としながら、人知を超越した存在が登場人物を襲うホラー作品であり、後述する官能的なエロ描写と無理なく融合して妖しい雰囲気を生み出しているのが最たる特色となっています。
CarefulToRead1  “メリーさん”や呪いのビデオといった都市伝説(←参照 少女の後ろに迫るのは・・・ 短編「アナタノウシロ」より)、“ヤマノケ”的な怪異と既存のホラー的題材をエロ的に翻案したものもありますし、地縛霊的な古典的な怪異が描かれることもあります。
不倫要素が絡んでくる短編「事故物件」は典型的ですが、それ以外でも性的な耽溺や女性への劣情とそれによる被害が怪異に関して織り込まれていることが多く、そういった暗く湿った情念や欲望が怪異と結びつくというのはジャパニーズ・ホラー的な特色を踏襲していると評して良いでしょう。
  男性にとってエロ的に美味しい状況が転がり込んでくる展開の短編「帰り道にて」「最終電車」「クモノイ」などは、エロ漫画的によくある棚ボタ感を打ち出しつつ、そこにある違和感が徐々に強まっていき、真相が明かされる時には取り返しがつかないことになっているという作品構築も、エロ漫画とホラー作品の融合という点で実に見事。
CarefulToRead2また、強烈な性的快楽に登場人物達が耽溺する非日常から、ホラーとしての非日常へと遷移する流れも見事であり、そこからホラーとしての恐ろしさを出すのに肝要な要素である話のオチへとつなげる作劇としての上手さがあるのも高く評価したいポイント(←参照 ショッキングな絵、暗転、そして・・・ 短編「事故物件」より)。
  短編集ということもあって、話としてはコンパクトであり、また各種の怪異について丁寧に謎解きをしてくれるタイプでもありませんが、ホラーとしてそれらはむしろ美点でもあって、恐ろしく正体不明なものがそのままで存在し続けていくことを示唆するラストに仕上げているのも“らしさ”と評し得るでしょう。

【妖しさも感じさせる黒髪スレンダー巨乳の美少女&美女】
  ヒロイン自身が怪異に関わる存在である場合と、怪異の被害者となる場合がありますが、年齢層としては女子校生~女子大生クラスを中核として、20代前半~半ばクラスが加わる陣容。
男性をエロティックに誘惑してくる場合は、怪異に関連した存在であることが多く、ヒロインのキャラクター性をキャッチーに形成するのではなく、妖しげな存在としてか、または怪異の被害者としてごく普通の人物として描くことで、ホラーとしての魅力を高めるキャラクター造形と言えるでしょう。
  短編「アナタノウシロ」「山祇-ヤマツミ-」のように怪物めいた造形の存在が登場することもあり、これらでは美しい女性が異形に犯される恐怖感を形成していますが、どちらかと言えば男女を問わず、分かり易い性的欲望の発露の中に恐怖の存在が忍び込んでい来る話が多く、普通の人間の“愚かしさ”がホラーと結びついてくのも上手さ。
CarefulToRead3 上述した怪異に関わる存在であるか否かによってキャラデザの方向性は多少異なりますが、ほとんどのヒロインは艶やかな黒髪のスレンダー巨乳ボディであって、官能的な女体となまめかしい表情で男性を誘惑する妖しげなヒロインの描き方は非常に印象的であり(←参照 この目の表情、素晴らしい 短編「カワヒメサマ」より)、この蠱惑的な魅力に引き込まれることで怪異にも引き寄せられていく展開はエロスとホラーの融合において肝要な美点。
もちろん、もっちりとした肉感の巨乳&安産型ヒップの存在感はストレートなエロさにつながっており、エロ描写においてもそれらの存在感が実用性の基盤となることで、妖しさの表現だけでなく、エロの満足感にもつながっています。
  丁寧な描き込みを魅せつつも、修飾性を必要以上に高めることなく、黒と白のコントラストに印象深さのある絵柄であり、ホラーテイストに大きく貢献。青年誌作品的な健康的な印象もありつつ、そこにじゅわっと淫猥さが沁みだしてくる絵柄は魅力的で、初単行本ながら安定感も完成度も高いと評し得ます。

【官能的な痴態描写の濃厚感とマッシブな勢い】
  各エピソードのページ数の関係上、たっぷり長尺とは言い難いものの、エロシーンの占める割合は十分に高く、またエロ展開とホラーとしての非日常の浸蝕が無理なく融合しているのも作品としてのバランスの良さや安定感につながっています。
  ヒロインが怪異に襲われる凌辱展開、ヒロインに妖しく誘われ快楽に耽溺していく棚ボタ的な誘惑展開、恋人同士の恋愛セックスや不倫セックスなど、作品によって異なるエロシチュを用意しつつ、それぞれのエロシチュの一般的な魅力に踏み込むというよりかは、それらの行為が如何に怪異やその原因と結びつくかということが重視されたスタイルと感じます。
  蠱惑的な表情を浮かべながら豊満バストと艶っぽい唇でち○こを搾り取るパイズリご奉仕、頬をすぼめてのねっとりバキュームフェラといったヒロイン主導のプレイや、キスや愛撫で肌や粘膜を重ねるプレイも投入する前戯パートは短めのこともあれば、適度に長尺のことも存在し、口内射精や素股からのぶっかけなど基本的には射精パートを用意。
CarefulToRead4和姦・凌辱の両系統において、男女双方が目前の快楽を夢中に貪っていく流れを抽挿パートにおいて明瞭に形成しており、蕩けた瞳で嬌声を上げる官能的な痴態表現に(←参照 乳揺れ、尻わしづかみ、蕩け顔 短編「クモノイ」より)、仰け反りポージングや尻や乳房をわしづかみにするような動作など、マッシブな構図も併せて投入。
この強烈な快楽に飲み込まれていくことが、前述した様に妖しく恐ろしいものに飲み込まれていくことにつながっていく描き方も巧く、強烈な快感の耽溺に倒錯性が沁み込んでいるのも見事で、粘膜描写や液汁描写も含めて、適度な濃密さを生み出しつつ、量的にも質的にも絵柄の魅力を殺さない水準に留めることで、ホラーとしての雰囲気の形成に齟齬がないことも大きなポイント。
  複数ラウンド制の〆は、ビクビクと体を反応させ、アクメ絶叫を上げながら膣内射精を受け止めて時に破滅的なエロスを、時に妖しい喜悦を感じさせる痴態を表現しており、純粋に抜きツールとしても十二分な官能性と濃厚感を誇るエロ描写に一貫して仕上げています。

  ホラーとエロの融合が非常に上手く、異なる様で通底する部分もある妖しさや非日常というエッセンスが調和することで魅力的な読み口を形成しています。レビューが遅れてしまいましたが、大変にお勧めな1冊。
個人的には、妖しく淫猥な美少女に誘惑されるもその正体は・・・な短編「帰り道にて」と、彼女さんと宿泊した温泉旅館で夜の温泉で彼女さんが大胆な誘惑をしてくるも実は・・・な短編「カワヒメサマ」が特にお気に入りでございます。

なちすけ『恥辱仕置き淫録』

RecordOfShamefulPanishment TVアニメ版『まちカドまぞく』第5話「町内は罠だらけ??崖っぷちまぞくの新たなる能力」を観ました。みんな善人な訳ですが(小倉さんはちょっとアレですが、まぁ悪気はなさそうですし・・・)、シャミ子の妹・良子ちゃん、本当にええ子やなぁ~って思いますね。
新たなる能力は危機管理フォームのことかと思いますが、シャミ子、結構おっぱいが大きい!?(ゴクリ

  さて本日は、なちすけ先生の初単行本『恥辱仕置き淫録』(キルタイムコミュニケーション)の遅延へたレビューです。2DCレーベルからの出版ですが、紙媒体としての『二次元ドリームマガジン』は最終号を迎えるとのことで、やはり寂しく感じますね・・・。
それはともかく、ファンタジー凌辱系を中心に多彩なエロシチュで二次元美少女がハードに乱れまくりな作品集となっています。

RecordOfShamefulPanishment1  収録作は、領主の暗殺に失敗したくノ一の少女は首枷をされて町民や役人達に凌辱をされながら処刑場へと向かうことになるのだが・・・な短編「痴獄のギロチン制裁」(←参照 脱出の機会をうかがうくノ一さんを待つ結末は・・・? 同短編より)+描き下ろし後日談(4P)、および読み切り形式の短編8作。
描き下ろし作品を除き、1話当りのページ数は16~20P(平均19P弱)と平均値としては控えめ寄りの水準。ストーリー性こそ強くないものの、ファンタジー系らしい設定の多彩さには存在感がある程度あって、かつエロシーンの量的満足感を意識した構築で安定しています。

【各種エロシチュと分かり易く連結する設定の投入】
  お嬢様ヒロインがイケメン変態執事をお仕置き&拘束調教(金玉キックもあるよ!)な短編「変態執事はパンツがお好き!?」は男性にとっての被虐的なシチュエーションの作品となっていますが、その他の作品はヒロインがハードな凌辱に叩き込まれてしまうシチュエーションが揃っています
  敵に捕縛されて衆目の中で辱められる女忍者(短編「痴獄のギロチン制裁」)、妖魔の罠にかかってしまう退魔の巫女(短編「叛かれた母性」)、上官の裏切りにあって雌奴隷調教されてしまう秘密警察のエージェントなど(短編「潜入捜査官は罠に堕ちる」)、正義のヒロインが悪人に敗北して凌辱されてしまうというキルタイム系王道のファンタジー凌辱エロが方向性としてはメイン。
RecordOfShamefulPanishment2これらに加えて、女性へのレ○プを繰り返していた不良のリーダーが部下達の裏切りにあって、女体化させられた上に自分が凌辱される屈辱を味わうことになる短編「下剋上TRAP」(←参照 中身は男の意識のままで因果応報 同短編より)、高慢なお姫様が部下に命じていた兵器開発の副産物である触手生物で復讐されて快楽堕ちな短編「BIOLOVERS」など、ファンタジー作品らしいギミックや自由度を活かしたタイプの作品も存在します。
  我儘で世間知らずなお嬢様がアダルトグッズを万引きして店員に私的制裁を受けることになるという特にファンタジー要素のない短編「カゲキなオシオキ」、プレイとしてはハードでありつつラブラブな二人の関係を描く短編「勇者の嫁は肉オナホ」といった例外もありつつ、ファンタジー的なものを中心として設定の面白さや、それと分かり易くリンクするエロ展開を魅力とする作劇と総括できるでしょう。
  ある種テンプレ的な展開を踏襲していることもあって、話としての面白さや独自性は乏しくはあって強引さも感じさせるものの、分かり易さという意味では安定しており、ハード指向のエロシーンを経て、ヒロイン完全敗北のバットエンド系や、爛れた関係の持続を描くインモラル系のラストへとスムーズに進行させています。

【ロリ顔巨乳的なキャラデザの多彩な美少女ヒロイン】
 年齢不詳の人外ヒロインさんも数名登場しますが、彼女達の見た目の年齢も含めてハイティーン級と思しき美少女さん達で概ね統一された陣容となっています。
 気丈な女忍者に復讐に燃える吸血鬼、凛とした退魔の巫女にクールな潜入捜査官、高慢なお姫様やお嬢様などなど、気の強さや戦闘能力の高さを導入パートで表現されたヒロインが、強烈な快楽によってそれらを粉砕されて憐れ快楽の虜に~という王道的な流れを形成するキャラクター造形を揃えています。
RecordOfShamefulPanishment3 短編「勇者の嫁は肉オナホ」に登場する人間よりも小さな体の持ち主で控えめバストな半妖精ちゃんを例外として、たわわな巨乳とこれまたボリューミィなお尻を備えたボディデザインで統一されており、キュートな表情付けとの丸みの強いボディデザインの組み合わせが特徴(←参照 外道に捕まった美少女吸血鬼 短編「Endless Nightmare」より)。
デフォルメ感の強い絵柄ということもあって、各種体パーツ描写の淫猥さは抑え気味であり、どちらかと言えば二次元的な可愛らしさを重視したキャラデザインと言えます。
 二次元絵柄として親しみ易さが明瞭であり、初単行本ながらも表紙絵と完全互換で安定しているのも安心材料。程好い作画密度を保っているのも好印象ですが、全般的にコマ割りが単調であったり、アクションシーンを含めて見せ場で動きの表現にインパクトを欠いたりと、漫画としての絵の魅せ方には一定の物足りなさを個人的には感じます。

【アタックの強いエロ演出&アブノーマル系のエロシチュ】
  ページ数の関係上、それ程長尺という訳ではないものの、分かり易い設定からサクサクとエロシーンへと投入しており、抜きツールとして適度な満腹感を生む濡れ場が揃っています。
  シチュエーション特化のアンソロジーを初出とする作品が多く、妖精オナホや性転換凌辱、金玉責めを含む男性にとっての被虐的な調教プレイといったマニアック・アブノーマル系のシチュエーションもありますし、拘束凌辱や触手凌辱、薬物による強制発情からの調教凌辱などなど、凌辱系シチュでも多様な状況・プレイを提供。
  前戯パートは手短にまとめて抽挿パートを長く取る構成もありますが、前戯パートにも十分な尺を取ることが多く、強制フェラや一方的な愛撫といったプレイに加え、母乳を出るようにしての搾乳やスパンキングとアナル責めの組み合わせ、ローション状人工生物による全身愛撫など、ファンタジーエロらしいプレイも投入してヒロインを快楽と恥辱に染め上げていきます
RecordOfShamefulPanishment4  徐々に心身の抵抗を奪われてされるがままになっていくヒロインは、抽挿パートにおいて、全身の性感帯を嬲られたり、二穴を同時に犯されたりとハードなプレイにさらされ、悶絶めいたハートマーク付き嬌声やハートマークを浮かべる瞳、アヘ顔的な表情など、アタックの強いエロ演出で彩られた半狂乱の痴態を曝け出していきます(←参照 凛々しい退魔の巫女がアヘ顔を! 短編「叛かれた母性」より)。
演出・描写のリズムとしての単調さや、特に反復的な動作の連続コマにおける描写の緊張感の抜け方に不満はあるものの、個々のコマに関しては結合部見せつけ構図等のインパクトの強さがあって、それらをストレートに連打してくるストロングスタイルはそれはそれで魅力とも言えます。
  ヒロイン側が終盤まで精神的な抵抗や嫌悪を保ち続けることが多いものの、オーラスの中出し(アナル射精含む)への流れの中で終に精神的な防壁も崩されてしまい、茫然とした表情でアクメボイスを叫ぶ痴態と、白濁液が溢れ出す結合部をがっつり見せつける大ゴマのフィニッシュで完全決着となっています。

  作劇・作画共にラフさを感じさせるものはあるものの、絵柄自体の親しみ易い魅力やエロシチュの多彩さなどは明瞭な魅力となっています。
個人的には、凛々しくて強い退魔の巫女さんを触手搾乳孕ませ凌辱な短編「叛かれた母性」に愚息がお世話になりました。

ワカメさん『サレタガリ』

WantingSexWithYou TVアニメ『ダンベル何キロ持てる?』第6話「新しいライバルほしい?」を観ました。新キャラのジーナさんも可愛くて楽しいキャラですねぇ。金髪褐色巨乳と銀髪白肌巨乳の組み合わせ、大好きなんですよ。
アームレスリングのルール解説、全身の筋肉を使うことなど、なるほど~と思いましたが、なんかすごく画面がエッチでしたね、ヤッター!

 さて本日は、ワカメさん先生の『サレタガリ』(ワニマガジン社)の遅延へたレビューです。これが2冊目の単行本となる作家さんですね。
親しみ易い絵柄で描かれる多彩なヒロインとのこれまた多彩なエロシチュエーション&熱烈セックスが楽しめる作品集となっています。

  収録作はいずれも読み切り形式の短編で計11作。1作当りのページ数はいずれも16Pと控えめな水準で固定。ストーリー面の存在感は基本的に軽く、量的にも質的にも程好い満足感のエロシーンを安定供給しています。

【ラブコメ系からダーク&インモラル系まで多彩な方向性】
  短編集ということもあって、話自体はコンパクトにまとまった作品が揃っており、漫画チックな楽しさや軽いノリなどを魅力とする作品が多い一方で、作劇の方向性はかなり多彩。
WantingSexWithYou1  メインの作風の一つは、エッチなヒロインがぐいぐい迫ってくる棚ボタ的なラブコメ・エロコメ系であり、ふ○さと納税の特典サービスに幼馴染のお姉さんがエッチなことをしてくれることになったり(←参照 エッチは特別サービスだけど幼馴染特典だ! 短編「ふるさとのせい」より)、幼馴染ガールのからかいがエスカレートしてセックスにまで突入したり(短編「ヤリカエシ」)、ナンパAVを作ろうとしていた男優さんが街でエッチもAVも大好きな超積極的な逸材さんを見つけたりと(短編「文香Debut!」)、あっけらかんとエッチに突入していく快活さのあるスタイル。
雪山でビックフット美女と出会ってセックスなるものを教えることになったり(短編「雪が溶けたら」)、やたらと店の商品であるパンを食べる健啖家バイトガールは実はサキュバスで!?という展開であったりと(短編「サキュバスさんの腹事情」)、ファンタジー要素が絡むお話もしばしばあり、設定がどうのというよりも漫画チックな楽しさを優先した作りとも言えるでしょう。
  エッチの結果としてラブラブな関係性になったりしますが、これらの作風においても恋愛ストーリーとしての色彩はあまり強くなく、ラブエロ系の甘い幸福感をお求めですと物足りなさもあるでしょうが、ライト&ポジティブな読み口にまとまっています。
WantingSexWithYou2  これらの方向性に対して、腐れ縁的で憧れの神社の巫女さんが実は神事としておっさん達に淫らに性的調教をされていたことを知ってしまう短編「華ヒラク」(←参照 いつも凛として真面目なお姉ちゃんが男達の前で・・・ 同短編より)、憧れの先輩のために絵のモデルになった女の子がその魅力を引き出すためと称して凌辱されたり(短編「美しさのカタチ」)、娘が大ファンの人気Y○utuberに騙されてママさんがハメ撮りされてしまったりと(短編「NTRチューバー」)、ダーク&インモラル系の作品も存在しています。
コンパクトな作劇である分、話としての重さ・暗さは突き詰められておらず、また寝取られというより寝取らせ的な方向性である短編「サレタガリ」など明確にマイルドに仕上げた作品も存在しますが、寂寥感や喪失感を伴うラストや、非道な行為の持続が示唆されるラストになっており、雑食派の諸氏にはそれぞれの方向性が楽しめる加点材料、ラブエロ系のみ楽しみたい諸氏には一定の減点材料と言えるでしょう。

【親しみ易い絵柄での多彩な肉感巨乳ヒロインズ】
  自堕落系セクサロイドさんやサキュバスさんなど実年齢が不明なタイプも存在しつつ、過半数を占めるのは女子校生級の美少女さんであり、そこに20代半ばくらいの綺麗なお姉さんタイプや、若々しい見た目のママさんなども加わる陣容。
  寝取られ性癖の彼氏君に協力する大人しくて優しい彼女さん、いつも主人公をからかってくる競泳日焼け肌ガール(八重歯もあるよ!)、姉御肌でエッチな幼馴染年上美人、純真無垢な蛮族系ビックフッドガールに凛とした清楚な巫女さん、AV大好きドスケベガールに食いしん坊サキュバスさんなどなど、多彩な設定のヒロインを擁していることは短編集らしい魅力です。
WantingSexWithYou3キャラ設定が多彩であることもあって、衣装面も様々でピシッとしたスーツ姿や競泳水着、巫女装束にセクサロイドさんが着用するまさかの芋ジャージ、制服(狭義)、ピュアでおっとり系ママさんを騙して着用させるバニースーツなどが登場(←参照 ママさんバニーでハメ撮り配信だ! 短編「NTRチューバー」より)。全裸エッチも時々投入されつつ、基本的には着衣セックスがメインとなっています。
  一部に肉付き弱めで微~貧乳クラスのスレンダーボディな女の子も登場しますが、メインとなるのは健康的な肉付きの良さがある体幹にもっちり弾力の巨乳&安産型ヒップを組み合わせた肉感ボディの持ち主
程好くデフォルメ感のある絵柄は、漫画チックな親しみ易さ・可愛さを感じさせるタイプであり、万人向けするタイプですし、ボディデザインの丸みのある輪郭にもつながっています。体パーツ描写もデフォルメ寄りで個々の淫猥さはむしろ抑え気味とも感じますが、後述する様にハード&濃密なエロ演出を濡れ場で投入することで、絵柄との適度なギャップを形成しています。

【ハード&高密なエロ演出でインパクトの強さを打ち出す痴態描写】
  ページ数の関係もあって、濡れ場の量的なボリューム感はあまり強くはないものの、そこは強度の高いエロ演出を加えて質的な満腹感を図ることで一定カバーしています。
  ラブラブHもあれば、ヒロインの性欲や好意に押し切られる搾精エッチや童貞喰いなどの女性上位なシチュエーション、寝取られプレイ(寝取らせ)や輪姦エロ、騙しシチュでのコスプレハメ撮りといったインモラル系シチュなど、多彩な趣向のエロが用意されています。
  前戯パートでは、美少女&美女フェイスが淫らな水音を奏でながら肉棒をねっとりしゃぶって吸引するフェラ描写(含むパイズリフェラ)を充実させているケースが多く、根元まで銜え込んでいる顔の描写や亀頭への集中ぺろぺろ、セクサロイドさんの長舌トルネードフェラなど多彩な描写や、お口発射後にお口の中の精液を魅せる追撃描写などを各種投入。
 これに続く抽挿パートは量的にやや物足りなさはありつつ、旧コンビニ誌初出としては標準的なものであり、すっかり欲望スイッチが入った男性のパワフルなピストンやヒロインの積極的な腰振りで一気にエネルギー感を高めていく流れを形成
WantingSexWithYou4  要所で投入するアヘ顔チックな表情付けに、顔を真っ赤にしての蕩け顔、マッシブな擬音や乱れた描き文字での呂律の回らないエロ絶叫などなど、エロ演出のアタックは強く、かつ一定の過剰さを有する密度の高さで、ヒロインの激しい乱れっぷりを強調しています(←参照 短編「雪が溶けたら」より)。
激しい乳揺れでデカ尻アップなども含めて女体の存在感を主張する大ゴマと、表情や結合部、キスシーンなどのアップの小ゴマを組み合わせた安定的な画面構成の連続から、アヘ顔チックな蕩け顔にアクメ絶叫を曝け出すヒロインにたっぷり中出しな大ゴマ~1Pフルのフィニッシュへとつなげており、複数ラウンド制の〆としてパワフルで十分なインパクトのある抜き所になっています。

  エロは相応にハードに揃えつつ、絵柄の親しみ易さもあって、多彩なシチュエーションを全般的に読み易く提供してくれる作品群と言え、雑食派の諸氏にお勧めな1冊。
個人的には、おっとり系ママさんが騙されて人気Y○utuberにバニーコスプレハメ撮りされてしまう短編「NTRチューバー」と、勝気で凛とした巫女のお姉さんが淫らに開発されており、混乱の中彼女とセックスさせられてしまい・・・な短編「華ヒラク」に愚息が大変お世話になりました。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ