さじぺん『イジメられッ娘』

TeasedGirls TVアニメ版『アズールレーン』第3話「【優雅】或いはヒトのように」を観ました。エンタープライズさんのある種のストッパーとしてベルファストさんが役割を果たすのかなぁという感じですね。それにしてもおっぱいがエッチ過ぎるッッ!!
第3話にして水着回というサービスも嬉しいですが、背景に危険なロイヤル空母が居た気がするんですよねぇ・・・。

  さて本日は、さじぺん先生の『イジメられッ娘』(ワニマガジン社)の遅延へたレビューです。先生の前単行本(初単行本)『淫乱彼女の初恋情事』(富士美出版)のへたレビューもよろしければ併せてご参照下さい。
もっちり&どっしりヒップの健康的肉付きボディなヒロイン達が何だかんだでラブ&エロの快楽に染まっていくエピソードが揃った1冊となっています。

  収録作はいずれも読み切り形式の短編で計10作。1作当りのページ数は16~22P(平均17P強)と控えめながら旧コンビニ誌初出としては概ね標準的な水準。短編集であることもあって、個々にコンパクトな構築であり、小粒の作劇と適度なボリューム感のエロシーンで良くも悪くも手堅くまとまっています。

【多彩なシチュエーションで蕩けちゃうヒロイン達の様子】
  男女間の関係性やシチュエーションなどに幅があり、また作劇の指向するところも多彩という印象がありますが、押しに弱いタイプの女性が性的快楽等で圧倒されつつ、充足も得ていくという流れが多くの作品に共通しています。
TeasedGirls1 単行本タイトルから想起されるように、ヒロイン側が男性の好き勝手にされるような展開(短編「いじめられっ娘」)や、ヒロインの家庭環境が侵犯されるような状況などもありつつ、男性側の欲望や思慕をヒロインが受け入れて男女双方が充足していくという流れが基本(←参照 “今回だけ”と言いつつも・・・ 短編「お母さんの内緒」より)。
短編「いじめられっ娘」のように、従順なヒロインがラブ&エロに流され続けていくタイプの作品もあれば、逆にツンツンと反抗的であったり強気であったりなヒロインが最終的にはやはりラブ&エロの快楽でメロメロにされてしまうタイプの作品もあり、ヒロインの積極性が描かれることも多いながら、比較的男性の快楽が状況を支配していく展開がいずれにしても明瞭。
  なお、お嬢様学校での秘密の性接待で友人と共に快楽堕ちするダーク&インモラル系な短編「鳥籠」、腹ペコ新人サキュバスさんを偶然拾ってしまう短編「どきどき❤悪魔の卒業試験」、はたまた“ヒモ”を派遣するサービスがある世界の話である短編「kept: man」など、漫画チックなものも含めて作劇の方向性に多彩さを感じさせるのは短編集らしい面白さと感じます。
  微笑ましいラブラブエンドでまとめることが多いものの、それらもヒロイン側が状況に流される様子の追認といった様相が多い分、ラブエロ系としての甘味を求める諸氏には物足りないと思われるタイプ。
  なんだかんだで恋愛感情と性的な充足が叶えられていくという、素直になりきれないが満たされた男女の関係性を描くことに成功している作品もありつつ、そのアンビバレンツさの中途半端さやご都合主義テイストが面白みやフックの無さにつながっている作品も多いという印象です。

【健康的な肉感の巨乳&安産型ヒップな美少女&美女】
  バツイチなママさんや厳しい女性上司さんなど30歳前後~30代前半程度でおかしくないアダルト美人さん達も存在しつつ、女子校生~女子大生クラスが過半数を占める陣容。
 気弱であったり尽くすタイプであったりでとにかく押しに弱いタイプも居れば、気が強かったりサバサバしていたりしながら実は・・・というタイプも居ますが、どちらにしてもエッチとなれば男性側に主導権を握られてしまうパターンが多く、男女の優位性の変遷は一定の嗜虐欲や支配欲を掻き立てるタイプとも言えます。
心情描写やキャラクター属性の掘り下げはさほど目立たないものの、ストレスをためているキャリアウーマン、仕事では厳しいがエッチでは逆転を許すことになる美人上司、ヤンデレ(ヤンキーがデレる)系不良少女に意外な積極性を示す地味系ガールなどなど、エロ漫画的にお馴染みのキャラ設定を多彩に取り揃えているのは短編集らしい美点でしょう。
TeasedGirls2  一部におっぱいサイズ控えめのヒロインも存在しますが、主力となるのはもっちり弾力の巨乳&安産型ヒップ&ぷにっとしたパイパン股間をお持ちの健康的な肉感の強さがある女体。
おっぱいや太股にも相応の存在感を持たせつつ、殊にヒップの量感の強さを強調するのが特色で、バックショットでのどっしり桃尻を大ゴマで魅せる描写を随所に配置しています(←参照 サキュバス尻! 短編「どきどき❤悪魔の卒業試験」より)。また、淫液に濡れる柔肌や秘所、適度に大粒な乳首など、体パーツ描写にも絵柄との相性を保った上での適度な淫猥さがあります。
  初出時期に最大で約4年の開きがあるため、等身や肉付きのまとめ方などのキャラデザには少々の変遷を感じることはあるものの、評価に気になる程ではなく、絵柄の印象は表紙絵との互換性が高いもので一貫しています。

【肉感ヒップ&アナルの存在感と適度なアタックのエロ演出】
  ページ数がそれ程多くなく、導入パートに適度な尺を割いたり、エロシーンの分割構成を取るケースが稀にあったりで、抜きツールとしての満足感に強い不足はないですが、一方で一シークエンスをがっつり長尺で楽しみたい諸氏にはやや物足りなさがあるかもしれない分量。
 地味系ガールが友人に誘われた秘密のご奉仕会場でおじさん達との乱交をして快楽堕ちしていく短編「鳥籠」をやや例外としつつ、露出セックスやヒロインに支配されちゃう(男性にとっての)被虐系シチュなどのアブノーマル系も含めて、概ね和姦エロの範疇にまとまるように、濡れ場の前後のシナリオワークで空気感を整えています。
TeasedGirls3  なお、前述した様にむちむちヒップの存在感を強調する描写が多いこともあって、アナルの描写にも量的な充実感があり、前戯パートでのアナル弄りやピストンしながらのアナル指入れ(←参照 アナルビーズ尻尾の出し入れ 短編「マシュマロヒップは素直じゃない」より)、二穴挿しなどのプレイをしばしば投入。とは言え、前穴セックスがデフォルトであって、アナル弄りは手数の増強やお尻描写のワンポイントとして機能していると感じます。
 ヒロインの性感帯をじっくりねっとりと愛撫するタイプと、ストッキング美脚での脚コキや、洗体密着手コキ、サキュバスフェラなどのプレイから射精シーンに導くタイプのいずれかな前戯パートは、作品によって尺の長短に幅がありつつ、後者のタイプでは基本的に射精シーンを用意。
TeasedGirls4  ぷっくり&ツヤツヤな大陰唇の質感と濡れる粘膜の描写が淫猥な結合部見せつけ構図や丁寧な描写の断面図と、蕩けた表情&じっとりと汗で濡れる全身の描写を組み合わせた画面構成はシンプル&パワフルな強みであって(←参照 全部乗せだ 短編「いじめられっ娘」より)、擬音や台詞表現での演出は量的に抑え気味にして、濡れる女体や粘膜の視覚的なエロさでじっくりと飽和させていくスタイル。
前述したアナル弄りやねっとりキスといったプレイとしての手数と、やや窮屈ながらも描写としての手数を確保していく流れでフィニッシュシーンへと突入していき、タメに欠いたり、複数ラウンド制の反面で早漏展開であったりしつつ、ビクビクとアクメで震えて嬌声を上げるヒロインにがっつり中出しの様子を大コマで提供して〆ています。

  もっちりヒップの柔らか弾力ボディの魅力が強く、それを快楽で染め上げて~というウハウハ感を形成してくれるエロ&シナリオと言えるでしょう。滑らかさ・手堅さのある分、読後の印象に薄いところはありますが、訴求層そのものは幅広く取られています。
個人的には、腹ペコなサキュバスさんが親切な男性を襲うも意外な体の相性から逆転されてしまい・・・な短編「どきどき❤悪魔の卒業試験」が最愛でございます。

のこっぱ『メスイキだいしゅき!』

LovesPleasureAsFemale おりもとみまな先生の『ばくおん!!』第13巻(秋田書店)を読みました。今回もアブないものを含めてネタ満載ですが、スズキワールドの旗がコンプラ的に特に危険度が高かったですねぇ・・・。
亀岩の洞窟のエピソードも酷かったですねぇ(誉め言葉)。あの形状♂の景色も、あれはあれで見てみたいと思いましたが。

  さて本日は、のこっぱ先生の初単行本『メスイキだいしゅき!』(メディアックス)の遅延へたレビューです。2か月ほど遅れてのレビューとなってしまい、申し訳ありません。
キュートでエッチな女装美少年&男の娘達がタイトル通りにメスイキ快感で乱れまくりな抜きツールとなっています。

  収録作はいずれも読み切り形式の短編で計11作。1作当りのページ数は16~20P(平均18P弱)と控えめな部類。ページ数の関係もあってコンパクトな構築であり、キャラ・シチュエーション重視の作りで十分な量のエロシーンを提供しています。

【倒錯性を持ちつつ作劇全体の印象はライト】
  “男の娘”の定義はなかなか判別の難しいところがあるのですが、いずれの作品も女装少年・男の娘が登場する作品であり、その存在自体で倒錯性を有していることは共通。
とは言え、作劇の存在感がそれ程強くないこともあって、読み口は比較的ライトに整えられており、可愛らしくもありつつ男性であるというキャラクターとのセックスを比較的イージーに楽しめる仕様。
LovesPleasureAsFemale1  エッチに積極的な彼らに積極的に迫られるケースもあれば(←参照 家出少女と思ったら!? 短編「おしかけスイーツ」より)、大人しい系の女装少年が興奮した男性に押し切られといったケースもありますが、男の娘側が積極的に展開を駆動する作品がメインと言えます。
男性主人公側は基本的に異性愛者と思われることが多く、相手が実は男性であるという事実に戸惑いを示すことも多いものの、女装少年・男の娘達の可愛らしさや積極性に惹きつけられ、彼らとのエッチに夢中になり、また彼らの側もメスイキ快感で蕩けまくりという状況に発展していきます。
  男の娘なサキュバス?さんに誘惑されたり(短編「小悪魔には逆らえない」)、男の娘メイドさんの特別サービスを満喫したり(短編「秘密のごちそう」)、ドスケベギャル女装少年に襲われちゃったりと(短編「真夜中の遊具」)、シチュエーションも様々であって、エロシーンのお膳立ての仕方に漫画チックな面白さがあるタイプ。
ラブラブ感を前面に出すタイプの作品もありつつ、エロシチュありきで欲望ドリブンな作劇が多く、あっけらかんとしたまとめ方もあってお話的な魅力には欠けますが、その分いい意味で読後感の軽さがあるスタイルと総括できるでしょう。

【多彩な衣装に身を包む華奢ボディのキュートボーイズ】
  年齢層が特に明示されないケースや、同世代の友人から考えて大学生程度の可能性がある女装少年・男の娘も存在しますが、概ねハイティーン級程度と推察される美少年たちが登場しており、竿役側の男性に対して年下であることが基本。
  機会的に女装をしておりあくまで自意識としては男性というタイプのキャラクターから、普段から女装をしていて男性に愛されたいという意識を持っているタイプの少年まで、女装少年・男の娘としての自意識はキャラクターによって様々ではあります。
元から中性的な可愛らしさのあるショートヘア美少年といったタイプもありつつ(短編「LOVELOVEお兄ちゃん」)、ギャル系の派手な格好をしていたり、髪の毛を伸ばしたり女性装をしていたりで、女性的な可愛らしさを自ら意識して纏っているキャラクターが多くなっています。
LovesPleasureAsFemale2  当然ながらぺたんこなバストと肉付きの弱い四肢とで全体的に華奢な印象を持たせることで、未成熟感に由来する背徳感を喚起しつつ、ツルツル仕様の股間に備わるショタち○こはキュートなサイズからご立派さんまで幅があります(←参照 立派な黒ギャルちんちん女装ちゃんだ! 短編「放課後性処理倶楽部」より)。とは言え、可愛らしい容姿と股間のソレのギャップが特徴的なのはこのタイプのキャラクターとしての特色。
設定・シチュエーションの多彩さもあって、メイド服にギャル系衣装、制服(競技)に個人撮影ドスケベ水着、セクシーランジェリーにふわっと柔らかなワンピースなどなど衣装も様々なものを用意しています。
  描線の濃淡に多少の変化を感じることはあるものの、絵柄の安定感は初単行本として十二分。多少ラフな印象はあるものの、親しみ易い二次元絵柄で女装ボーイズのキャッチーな可愛らしさを引き出しています。

【キュート美少年たちに翻弄されつつメスイキさせる展開】
  ページ数の関係上、それ程長尺という印象は無いものの、前述した様にヒロイン的なポジションにある男性キャラクターの存在そのものが十分なインパクトを持っており、彼らがメス快感で蕩ける姿に質的な満腹感があります。
  ヒロインが終始リードを取ることもあれば、相手を舐めてかかっていた年下ボーイズが興奮した竿役男性に押し切られて快感屈服しちゃうケースもありますが、双方の快感がドンドン高まって無我夢中になっていくエネルギー感は共通。
LovesPleasureAsFemale3  キュートフェイスでのフェラご奉仕を投入することもありつつ、兜合わせ状態での同時手コキや女装ボーイへの密着手コキなど女装少年・男の娘のち○こを気持ちよくするプレイも多いですし、彼らのちんこをフェラやシックスナインで気持ち良くしたり、男の娘ザーメンを口で受けたりのプレイも多いのが特色であり(←参照 ギャル女装ボーイのちんこを 短編「アメスクギャルは男の娘!?」より)、好みが分かれる点ではあるでしょう。
  攻め/受けのいずれかに射精シーンを用意する前戯パートを経てから突入する抽挿パートは、前戯パートが質・量ともに充実している分、量的に圧迫されていることも多いですが、アナル中出しフィニッシュへ向けて痴態描写のアタックが前のめりに盛り上がっていく流れを形成。
LovesPleasureAsFemale4柔らかアナルをパワフルにピストンしつつ、その前にあるちんこの存在感をアピールしていますし、すっかりメス顔で嬌声を上げて蕩けまくる女装男子・男の娘ヒロイン達の様子と、夢中になってガンガン責め立てる竿役との対比や、汁気たっぷりのアナルの結合部描写などを用意(←参照 初めてのメス快感 短編「魅惑の制服」より)。
 直線的なコマ割りで小ゴマが画面の中で埋没することがしばしばありつつ、大ゴマで個々に適度なインパクトのある絵作りが為されており、アナルに中出しされつつ自身のちんこからも発射するところてん式フィニッシュが基本であり、エロ可愛く蕩ける女装ボーイ&男の娘達の痴態を大ゴマで提供して〆ています。

  キュートな女装少年・男の娘に翻弄されちゃう倒錯感も、彼らをトロトロに蕩けさせる征服感もどちらも楽しめる作品集となっています。
個人的には、家出ガールかと思いきや実はエッチな男の娘なユキちゃんとのエッチが楽しめる短編「おしかけスイーツ」とアメスクギャル男の娘に騎乗位&バックで中出し連発な短編「アメスクギャルは男の娘!?」が特にお気に入り。

ハチゴ『ハーレム女学院❤体験入学』

TrialEnrollMentToHaremSchool 船津紳平先生(原作:天樹征丸氏・金成陽三郎氏・さとうふみや先生)の『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』第7巻(講談社)を読みました。セックスしたいから毒キノコを食わせる金田一、相当なもんですが、狂犬病の演技をさせるという犬の調教も今思えばかなりのトンデモですよねぇ。“やはり暴力・・・!!”のコマには爆笑しました。

 さて本日は、ハチゴ先生の『ハーレム女学院❤体験入学』(ヒット出版社)のへたレビューです。当ブログでは初単行本は未レビューなのですが、これが2冊目となる作家さんですね。
柔らかボディの多彩な美少女さん達と種付けエッチ三昧な学園まるごとハーレム模様が楽しめる1冊となっています。

TrialEnrollMentToHaremSchool1  収録作は、体験入学に応募した主人公はその体験入学の内容は女生徒達の性教育の一環として種付けエッチをすることであることを知らされ、案内役の一年生の委員長とのエッチを皮切りに全学年の女子達とエッチをすることに・・・!な長編「蜂蜜女学院体験入学!」全8話(←参照 主人公に与えられたミッションは全員との種付けセックス! 同長編第1話より)。
1話当りのページ数は24~30P(平均25P強)と中の上クラスのボリュームで推移。軽い読書感の中でハーレムHをとにかく満喫できる作りとなっています。

【分かり易い棚ボタ的幸福感に包まれる学園ハーレム】
  女子校の体験入学で突然エッチ三昧の3日間が始まるというドストレートな棚ボタハーレム仕様な作品であり、長編を通して明るく楽しいイージーゴーイングな展開となっています。
  三学年それぞれとのエッチを満喫し、ラストでは全ヒロイン集合の大ハーレムH、主人公のサポートをし続けてくれた委員長さんとのちょっとしたラブ模様など、ハーレム系エロ漫画として王道的な話運びとなっており、その安定感もエロに集中しやすい読書感に貢献。
TrialEnrollMentToHaremSchool2エッチな保健体育の実践授業やら、わざわざ危険日に調整した上、メイド衣装で主人公を待ち受けてのハーレムHやら(←参照 ダメと言われて余計に燃える展開へと 長編第5話より)、エッチなチアリーディングの特訓に膣トレやらと、色々な理由を付けつつ積極的なヒロインがエッチを大満喫していきます。
また、素直になれない系ギャルさんが友人のエッチなサポートを受けつつセックスをする3Pや、恥ずかしがり屋のヒロインが敢えて無理やりして欲しいとのお願い、素直になれず負けず嫌いな親友の仲を取り持つ3Pセックスなど、各ヒロインの設定や性格に合わせたシチュエーションを各エピソードにおいて用意しており、エロの味付けの多彩さに貢献。
  主人公の少年はエッチに関して真面目に?頑張っているものの、話を牽引するタイプのキャラではなく、また一応はメインヒロインである委員長との関係性の描写もそれほど為されていないこともあって、ストーリー全体としてのドラマ性などはほとんど無いのは確か。
とは言え、セックスを介してヒロイン達にポジティブなものがもたらされたり、エッチなことを楽しんだりといった描き方である分、読み口の良さは一貫しており、彼女達とより仲を深めようと決意した主人公の姿を描いてハッピーエンドとしています。

【もちもち柔らかボディの美少女達が大勢登場】
  計20名以上のヒロインが登場しており、いずれも女子校生級の美少女さん。体験入学の三日間では、初日は一年生達と、二日目は二年生達、三日目は三年生達&お別れ会での全ヒロインとのハーレムHが用意されています。
主人公に体験入学を説明する委員長さんとのH(第1話)や、恥ずかしがり屋ガールのお願いでの緊縛ムリヤリプレイ(第4話)など個別エッチも存在しつつ、3Pから全ヒロインとのエッチまで複数人とのセックスが基本。
  人数が多い分、個々のキャラの掘り下げが難しいことも多いですが、真面目で優しい委員長さんや素直になれない系黒ギャルさん、快活なお姉さんタイプのチアリーダーさん、主人公とのエッチを熱望していた健気眼鏡っ子さんなどなど、多彩なキャラクター性を用意しているのもハーレム系らしい特徴。
TrialEnrollMentToHaremSchool3おっぱいサイズ控えめの低身長ガールからスレンダー巨乳ボディの女の子まで女体のデザインも多彩ですが、基本的には健康的な肉感が相応に強いボディが揃っており、特に丸みの強い桃尻の存在感は各ヒロインに共通しています(←参照 左右に桃尻、正面に黒ギャルおっぱい 長編第8話より)。
 しっとりとした柔肌の表現や、パイパン仕様の股間に程好いサイズ感の乳首等、体パーツ描写は適度な淫猥さもありつつクドサは排したタイプであり、全体的に強い特徴こそ無いものの、万人受けするタイプの女体描写。
 多少オールドスクール感はあるものの、漫画チックな親しみ易さがあり、また程好い修飾性の強さで一密度の高さを感じさせることで痴態描写の濃厚感を高める絵柄。表紙絵と中身の絵柄の間に印象の差異はほとんど無いのも安心材料です。

【エロ可愛く蕩けまくりな汁だく種付けセックス】
  分かり易くエロメインの作品構築ということもあってエロシーンには十分なボリューム感があり、エロシーンの分割構成が為される場合でも核となるエロシーンに尺があるため、あまり気にならないタイプ。
  前述した様に複数人エッチがメインであり、プレイとして拘束セックスなどはありつついずれも和姦エロ。主人公がち○こパワーで圧倒するケースもあるものの、ヒロイン側の積極性が明瞭であって、リードをして貰いつつ彼女達を蕩けさせるシチュエーションがメイン。
 豊満ヒップに顔を包まれながらのシックスナイン、初めてのち○この感覚にドキドキしながらの手コキやフェラ、ヒロインの柔らかボディを気持ち良くする愛撫など、前戯パートのプレイ内容は多彩であり、尺の長短には幅がありますが、基本的には射精シーンを投入。
TrialEnrollMentToHaremSchool4  膣トレなるトレーニングをしている三年生達はどちらか不明なものの、ほとんどのヒロインが処女でありつつ、挿入してピストンが開始されれば皆さん蕩けまくりのドリーム仕様であって、潤んだ瞳の蕩けフェイスにハートマーク付きの嬌声&エロ台詞といったエロ可愛いタイプの演出を十分な密度で施しています(←参照 ギャルコンビと3Pセックス 長編第3話より)。
異なるヒロインに次々と挿入していくというエロ展開を取ることが多い一方で、騎乗位で交わりつつ別のヒロインに手マンをしたり、結合部や金玉への愛撫が別のヒロインに行われたり、はたまた挿入おねだりの尻並べがあったり、騎乗位&顔面騎乗の同時進行があったりと、複数人エッチとしての手数の多さを要所で確保しています。
  “種付け”エッチということもあって、生中出しを連続する構成において妊娠に関する言及がヒロインの口からされることで、興奮を高めて射精に突入していく流れを形成。迸る精液なども含めて、液汁描写の適度な豊富さもエロ演出における特色と言えるでしょう。

  ハーレムエロとしてのウハウハ感を分かり易く楽しめる1冊であり、多彩な美少女さんの痴態が勢揃いなゴージャス感も魅力。
個人的には黒ギャルの梓ちゃんとロングポニテ・チアガールお姉さんの百合先輩が特にお気に入りでございます。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ